世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0166919_2235917.jpg




タリバンとの「和平交渉」具体化へ

                              山上 真

 7月28日の英国『インディペンデント』紙によると、英国民大多数はアフガニスタンでの戦争に勝てないと思っており、英国軍の即時撤退を求めていることが分かった。

 この世論調査結果は、7月13日の『ガーディアン』紙のもの、即ち、国民の間で、アフガン戦争への英国軍派遣の支持・不支持が46%対47%で、ほぼ拮抗しているという結果とはかなり異なるものだ。

 英国民の52%が直ちに軍をアフガンから引き揚げることを望み、実に58%の人々は、タリバンとの戦争に勝利不可能としているのだ。


f0166919_22362722.jpg




 この大変化を生んだ動因は、明らかに、この7月中の英国兵戦死者が22人に及んだという厳粛な事実であることは疑いない。その多くが、南部ヘルマンド州での ‘Operation Panther’s Claw’ (豹の爪作戦)中に、タリバンが敷設した路傍爆弾などで死亡した。

 2週間毎に、8名或は4名の戦死者の車列が、英国空軍基地から南西部Wootton Bassettの町を粛々と通過するのを大勢の人々が見送る場面をTVなどで目にしている英国民は、否応なく戦争の酷薄なリアリティを思い知らされている。


f0166919_22374622.jpg



 ブラウン首相はしきりに、英国兵のアフガンでの戦闘が、英国本土でのテロを防ぐのに役立っていると強弁するのだが、遥か彼方での夥しい自国軍戦死者の悲劇を説明するには、根拠薄弱だと思われても仕方ない。

 ミリバンド外相は最近、ブリュッセルのNATO本部での演説で、アフガン政権がタリバンのパシュトン人を中心とする穏健派グループとの和平交渉を進めていることに支持表明している。軍事作戦と並行して、アルカイダ系と異なる多数派タリバンを政権側に近づける企てを支える構えだ。

 上記『インディペンデント』紙の7月28日付社説も、「我々はタリバンとの対話を恐れるべきではない」として、カルザイ政権が既に始めているタリバンとの休戦交渉を支持し、この方向への英国ブラウン政権の積極的イニシアチブを求めている。


f0166919_2247938.jpg

                サイモン・ジェンキンズ氏


 更には、7月29日付『ガーディアン』紙上で、著名な評論家・作家Simon Jenkins 氏が、「敗北を知らせるサイレンが、アフガニスタンでのブレアの虚栄に満ちた聖戦に対して、鳴り響いている」という長文の論説を掲載している。そこで同氏は、米国ブッシュ氏と共に、恰好よく「テロとの戦争」に乗り出したブレア前首相の自惚れた戦争が、過去に英国が遂行した帝国主義戦争と殆ど変わることなく、惨めな敗北を待つだけという本質を衝いている。それは、三派から成るタリバンが共通して持つ目標が、米英など西欧諸国の影響をアフガンから完全に排除しようとしているからだ、と指摘する。

 そうだとすれば、和平交渉は決して、西側の求める撤退の「花道」を保障してくれるものではないかも知れない。
 とにかく現時点で厳しく求められているのは、無差別爆撃などによる殺戮を止めることだ。                                       (2009.07.30)

 

<写真> The Independent, The Guardian, BBC News 
 
 
by shin-yamakami16 | 2009-07-30 22:54 | Comments(0)

仏軍演習で大火

f0166919_22224660.jpg



「軍隊の愚かさ」露呈
                      山上 真

 7月23日、フランス・マルセーユ東部郊外での仏軍爆撃演習中に火災が発生、1,300ヘクタールの山野を焼き、一家屋を焼失させ、周囲数百人の住民を避難させる事態となった。


f0166919_22234738.jpg



 この不祥事に接して、モラン国防相は現地指揮官を停職にし、フィヨン首相と共に急遽現地視察を行うことにしている。自国軍の「愚劣な所業」に苦り切っているようだ。

f0166919_22245429.jpg




 フランス南部は毎年と言ってよい程、異常乾燥による山林大火に見舞われている。自然発火の他、放火など人為的なものが多いのだが、国民の生活を「安全にする軍隊」の不注意が原因となると、人々は呆れ果てるばかりだ。

f0166919_2226550.jpg



 500人程の消火隊の動員によって、火災は鎮火に向かっているようだが、強風の予報が出ており、予断は許されないようだ。    (2009.07.23)

 
<写真> Le Figaro, Libération, Daily Mail
by shin-yamakami16 | 2009-07-23 22:26 | Comments(0)
望まれる「対米従属・民営化路線」との訣別
                         山上 真

 今日、漸く衆議院が解散した。自民・公明党政治が国民生活に深刻な歪みを齎し、政治不信が頂点に達している中でのことである。

 年間3万人以上が自殺し、交通機関での「人身事故」のニュースが見当たらぬ日は無い。生活苦を原因とする常識を超えた事件が跡を絶たない。

 どんなに働いても、極貧状態から脱せない、雇用不安に襲われている人々が何と多いことか。

 小泉民営化路線を押し進めた連中は、競争社会からの脱落者を救う「セイフティ・ネット」の存在を主張して、「弱肉強食」の路線を弁護したが、それは虚言に近かった。職を失えば、住む所も無くなる人々が巷に投げ出された。

 国内に夥しい数の米軍基地を置かせて、毎年二千億円もの「思いやり予算」を提供しているが、本当に日本の平和に資するのか疑わしい。オバマ政権下でも、こと極東の軍事面には「チェインジ」が見当たらない。寧ろ、原子力空母常駐などによって、人々の不安感を増している。

 財界・自民党は、「北」朝鮮の脅威をことさら強調することによって、「防衛費」、軍需を増大させ、米軍駐留を合理化しているようだ。確かに難しい相手ではあるが、真の平和を保障しようと思うなら、「対話路線」を選択することが賢明なのは、歴史を顧みれば明らかであろう。

 最近の地方選挙などの結果から見ると、国民意識が確かに「変化」に向かっているようだ。「8月30日総選挙」結果が大いに注目される。
                         (2009.07.21)
 
by shin-yamakami16 | 2009-07-21 23:18 | Comments(0)
f0166919_1124868.jpg

         WOOTTON BASSETT(英国南西部)の英国兵葬列


問われる戦争の意味

                 山上 真

 7月11日の英国各紙は、アフガニスタンで英国兵が24時間以内に8人も死亡したことを大きく伝えている。5人が歩兵として哨戒中に一発の路傍爆弾破裂で死亡し、3人はタリバンとの戦闘中の死であった。

f0166919_1141083.jpg




 アフガン戦争での英国兵犠牲者はこの所急増し、過去10日間で15人に及んでいる。2001年の派兵開始以来、184人が戦死し、遂にイラク戦争の戦死者数179を上回ることとなった。


f0166919_1152123.jpg



 イタリア・L’AQUILAのG8参加中にこの悲報に接したブラウン首相は、
「英国部隊は過酷な夏に遭遇しているが、国際的な使命を達するまで、部隊を引き揚げることは問題にならない」
と述べている。


f0166919_116283.jpg



 また、国防相BOB AINSWORTH氏は、
「この戦争は勝てない戦争ではないが、短期間で勝負のつく戦争ではない。我々は勇敢な戦いをしている兵士たちを支えなければならない」
と述べている。


f0166919_1182283.jpg



f0166919_1191978.jpg



両氏共、英国内で高まっている反戦感情の更なる高揚を切り抜けたいところであるが、取り敢えずはその場しのぎの言い訳を重ねるしかない。
                    (2009.07.11)

f0166919_2245313.gif



f0166919_2254858.gif



<追記> 英国内では、戦死した兵士の家族だけでなく、少なからずの国民の間にアフガン戦争の現状について憤激が巻き起こっている。これに対して、ミリバンド外相は、「英国の将来の為に致し方ないことだ」と、戦争行為を弁護する一方、野党側の保守党党首や自民党党首は、英国兵の「装備のお粗末さ」について政府の責任を追及する態度に終始しており、このアフガン戦争の当否という根本問題から逃避しているのは嘆かわしいことだ。    (2009.07.11)




<写真> THE INDEPENDENT, THE TIMES, DAILY MAIL, THE GUARDIAN, BBC NEWS
by SHIN-YAMAKAMI16 | 2009-07-11 11:10 | Comments(0)
f0166919_9135239.jpg




南部ヘルマンド渓谷に流れる「無益な血」
                         山上 真

 イラク都市部からの撤退を開始した米軍は、一転してアフガニスタンでは、4000人の兵士を動員して、南部陸上大作戦を開始した。2004年イラク「ファルージャ」包囲・殲滅作戦以来の大きな規模だという。

f0166919_9143634.jpg




 今や、アフガニスタンでの戦争は、「オバマのヴェトナム」になりつつある。この先に何が待っているかは、かなり予想困難であるが、航空機による爆撃に加えて、地上作戦に重点を置くことになれば、それ相応の人的被害の増大を覚悟しなければならない。既に、この6月のアフガン米軍死者数は28人に及び、同じく6月のイラク戦死者数29に接近しているのだ。アメリカ軍上層部にも、「イラク」より困難な戦争になることを懸念している人々がいる。

f0166919_9155087.jpg




 英国のアフガン情勢を熟知する多くの専門家は、この戦争が勝てない戦争であり、ドロ沼化していると見ている。最近も、アフガン駐在英国大使が、米軍は失敗していると語っている。英仏独の世論の大多数も、「アフガン撤退」を求めているようだ。同胞の血を流すに価しない戦争と看做しているのである。

f0166919_9164818.jpg




 確かに、タリバン勢力の「勝利」を許す訳には行かないだろう。しかし、彼らを壊滅させるのは不可能であるというのがほぼ定説である。そこで、交渉によって、「穏健化」したタリバンを政権内に包摂して、戦争を終結させるという主張が、カルザイ政権内や英国政界に生まれてきている。

f0166919_9185819.gif




 オバマ大統領自身も、戦争による解決の道だけではないことを認めている。戦火に巻き込まれて苦しむ民衆の救済を先ず念頭に置いて、一日も早く和平交渉を始めることが切望される。    (2009.07.03)



<写真> THE NEW YORK TIMES, LE MONDE, LE FIGARO,THE WASHINGTON POST
by SHIN-YAMAKAMI16 | 2009-07-03 09:29 | Comments(0)