世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0166919_19494561.jpg

カナダ・トロントのG20会場近くで、「貧富格差」を世界的に拡大する「グローバリゼイション」に抗議するデモ参加者



庶民よりも「財界」サービスに熱を入れる「民主」党

                                 山上 真

 
 鳩山前政権は、結局のところ、「普天間」問題で、沖縄民衆の願望よりも米国政権との「約束」を優先させて、社民党を脱落させた挙句国民大方の怒りを買い、墓穴を掘るという痛ましい終焉を迎えた。
 次なる、菅直人氏を首相として戴く「民主・国民新党」連立政権は、「普天間」を前政権の形のまま継承して背負い切れぬ難題を抱えた上に、「政権交代」ご祝儀の高い支持率を本物と勘違いして、「消費税10%引き上げ」という自民党案に組する愚策を発表した途端、急激に国民の支持を失うことと相成った。参議院選挙を迎えて、当初は,民主党・予想獲得議席が60に及んだのだが、今は50議席に届くかどうかという予測もかなりの説得力を持って受け止められるようだ。

 菅氏が一体どんな人物なのかということが、しばし巷間の話題に上ったが、現在進行中の事態を見る限り、「何の確たる政治信念もなく、ただ首相になりたかっただけ」という「通説」に落ち着きそうである。若くして市民運動家と評価された人も、毎日の生活の資にもこと欠く民衆の痛みへの配慮を持ち合わさず、「軍事基地」という存在物が今や民の苦しみの元凶でしかないことを、理解出来ない,或は理解しようとしない俗物「政治屋」であることを、日々証明しているのである。

 「民主」党政権が、臆面もなく財界べったりの姿勢に転換したのは、一つには、沖縄問題を巡って社民党を切ってしまったことに起因するだろう。新政権は、この契機を「プラスに転じて」、公約になかった「消費税引き上げ」を復活させ、直嶋財務相に「法人税引き下げ」を言わしめ、安全性を捨象した形で海外への「原子炉売り込み」を図り、インドの「核武装」問題を無視して技術協力などを行う「原子力協定」を結ぼうとしている。自民党政権当時より無原則的「大企業・財界寄り」政策を推し進めているのである。更には、「社民」反対で「停止」していた憲法「改正」の為の「審査会を開始する」ことを枝野幹事長が表明している。正に「右寄り」政策の連続である。

 財界が後押しするマス・メディアの「鳴り物入り」大宣伝にも拘らず、国民一般の「消費税引き上げ」反対の声は、このところ高まるばかりだ。最近の「毎日新聞」では、過半数が「反対」であり、NHK調査では、27% 対38% で反対が圧倒している。幾つかのインターネット調査でも、早くから「消費税引き上げ反対」の声が6割に達していた。
 参院選公示前から、国民の6割は「賛成だ」と嘯いていた民放TV各局・「読売新聞」、それに最近の調査で「やや賛成派が多い」とする「朝日新聞」などは、どういう調査をやったのだろうか。

 「消費税引き上げ10%」で一転「民主」支持に回っていたマス・メディアも、ごく最近の各種世論調査での「民主急落」の結果を受けて、やや客観報道にもどりつつあるようだ。とんだ恥をかいたものだ。

 財政赤字を理由に「消費税引き上げ」をやる前に先ず、現代では「無駄」に限りなく近く、にも拘らず膨大な「防衛費」を大幅に縮小し、少なくない「皇室費」も「仕分け」の対象とし、議員「歳費」を大きく減らすことなどこそ、手をつけるべきだ。
 
 一億円から10億円近くまでの所得を手にする民間企業役員が280人(7月1日『朝日新聞』)も居る一方、国民の多くが辛酸を嘗める生活に追いやられていることを「当然」とする「グローバリゼーション」謳歌の政治を、何としても「投票行動」によって阻止しなければならないだろう。「拝米・右派」政策で、「民主」が「自民」の先を行くかも知れぬことが明らかになりつつある今日、我々はこれら「新・旧」保守を超えるべき新たな選択をしなければならない。
                   
                                 (2010.06.30)
 

<追記> 今晩(7月1日)偶々TV朝日の『ニュース・ステーション』冒頭で、菅首相を招いたインタヴューを見たが、古館君が一方的な口調で、議員定数削減を要求し、「社民,共産」は反対しているけれども、是非実現して欲しいと言っていたが、この古館君は、民主主義の原理が「少数意見」を十分に反映することによって成立つことを知らない「無知」ぶりを露呈した。もし今の制度で定数減をやるならば、少数政党はほぼ全ての議席を失うであろう。如何にも「2大政党制」支持らしい古館君の意見であるが、少数政党「切り捨て」の発言は、公的メディアの司会者としては、不適格だ。日本の国会議員が特に「多過ぎる」ということが事実でないのは、民主党も「模範」としている英国の場合を見れば分かる。日本の衆議院(定数480)に当たる英国下院定数は650、日本の参議院(定数242)に当たる上院は、742である。しかも、英国の人口は,日本の半分に近い。議員経費削減を言うならば、高額過ぎるとされる「歳費」を減らすのが常識というものだ。
 このような横暴極まる「古館発言」に対して、菅首相が「定数減」を実行したいと応じていたが、目障りな「少数意見」を圧殺したいという願望でもあるのだろうか。今後の出方を注視して行きたい。
       (2010.07.01)



<参考資料>
 菅政権は、「逆進性」の強い消費税を引き上げる一方、日本の法人税が高過ぎるとして、「国際競争力を強める為に企業体法人税を25%に引き下げる」ことを方針としているが、現実には、「優遇措置」で法人税が実質的に引き下げられていることを示す資料をここに紹介しておきたい。



f0166919_1932599.jpg
 




f0166919_19344561.jpg


 


f0166919_195531.jpg
 
        一億円以上の高所得者の税負担が軽くなっていることを示す




<資料> kojitakenの日記,『東京新聞』、日本共産党『赤旗』、Le Monde
by shin-yamakami16 | 2010-06-30 19:14 | Comments(0)
f0166919_1843241.jpg


               先週 Wootton Bassett での葬送



「厭戦感情」広がる英国世論と、見通し暗い「戦争の行方」

                                山上 真

 6月20日、英国バーミンガムの病院で、家族に見守られながら、一兵士が亡くなった。その死亡が、翌日、英国国防相リアム・フォックス氏よって公表されたのは、アフガニスタンでの戦争に英国が2001年10月に参戦して以来、英国兵「300人目の戦死」という特別な意味を持つものであったからである。


f0166919_187554.jpg



その兵士の氏名は発表されていないが、彼は去る6月12日、アフガン南部ヘルマンド州 Sangin 地区で作戦行動中に、路傍爆弾爆発で負傷し、一週間後に移送された母国で死亡したのであった。

 首相キャメロン氏も、次のような特別声明を出して、その兵士の死を悼んだ。

 「絶望的な程悲しい知らせだ。更なる家族の悲痛さ、苦悩、そして喪失感を生んだ。既に亡くなった299人と同じ悲劇ではあるが、この際、彼らが英国と世界の安全の為に払った、献身的且つ犠牲心溢れる奉仕というものを,全国民が思い起こすように望む」

 しかしながら、ブラウン前政権と同様、現政権も、ブレア首相時代に始まったアフガン戦争「参戦」という、今や明白になりつつある「誤謬」を正そうとはしていない。

 英国内の一般的空気としては、この戦争についての懐疑論が圧倒的になっており、つい最近も、アフガン・パキスタン担当「英国特使」 Sherard Cowper-Coles 卿が、アフガニスタンでのNATO軍事作戦に疑問を呈し、タリバンとの「和平」交渉を行うように提案したところ、現地米軍指導部などと衝突し、事実上、辞任に追い込まれる事態になったようだ。


f0166919_2231556.jpg

      
       タリバンとの「和平工作」に動いたSherard Cowper-Coles 卿


 英国のマス・メディアの中で、英国の「戦争政策」を伝統的に支持してきたことで有名な『デイリー・テレグラフ』紙さえも、6月21日付の記事の中で、’the Stop the War Coalition’ 「反戦連合」議長 Lindsey German女史の談話を次のように紹介しているが、以前には考えられない状況の変化だ。

 「300人の戦死者という悲しむべき事実は、政府が、アフガン戦争に勝利は有り得ず、犠牲者だけが増大するという現実を直視する為の適切な機会だ。速やかな撤退を求める」



<アフガン英国軍戦死者 写真・氏名>


f0166919_18271390.jpg

f0166919_18115746.jpg




Fallen heroes: The 300 British soldiers killed in Afghanistan

April 9 2002 Private Darren George, 23
August 17 Sergeant Robert Busuttil, 30
January 28 2004 Private Jonathan Kitulagoda, 23
October 29 2005 Lance Corporal Steven Sherwood, 23
March 22 2006 Corporal Mark Cridge, 25
March 27 Corporal Peter Craddock, 31
June 11 Captain Jim Philippson, 29
June 27Captain David Patten, 38, and Sergeant Paul Bartlett, 35
July 1 Corporal Peter Thorpe, 27, Lance Corporal Jabron Hashmi, 24,
July 5 Private Damien Jackson, 19,
August 1 Captain Alex Eida, 29, 2nd Lieutenant Ralph Johnson, 24, Lance Corporal Ross Nicholls, 27
August 6 Private Andrew Cutts, 19
August 9 Private Leigh Reeves, 25
August 12 Lance Corporal Sean Tansey, 26
August 20 Corporal Bryan Budd, 29
August 27 Lance Corporal Jonathan Hetherington, 22
September 1 Ranger Anare Draiva, 27, Lance Corporal Paul Muirhead, 29
September 2 14 soldiers killed in Nimrod crash: Flight Lieutenant Steven Johnson, 38, Flt Lt Leigh Mitchelmore, 28, Flt Lt Gareth Nicholas, 40, Flt Lt Allan Squires, 39, Flt Lt Steven Swarbrick, 28, Flight Sergeant Gary Andrews, 48, Flt Sgt Stephen Beattie, 42, Flt Sgt Gerard Bell, 48, Flt Sgt Adrian Davies, 49, Sgt Benjamin Knight, 25, Sgt John Langton, 29, Sgt Gary Quilliam, 42, Lance Corporal Oliver Dicketts, 27, Marine Joseph Windall, 22
September 4 Private Craig O'Donnell, 24
September 6 Corporal Mark Wright, 27, Lance Corporal Luke McCulloch, 21
October 19 Marine Gary Wright, 22
December 5 Marine Jonathan Wigley, 21
December 12 Richard Watson, 23
December 27 Lance Bombardier James Dwyer, 22
January 13 2007 Marine Tom Curry, 21
January 15 Lance Corporal Mathew Ford, 30
February 21 2007 Marine Jonathan Holland, 23, Marine Scott Summers, 23
March 3 Lance Bombardier Ross Clark, 25, Lance Bombardier Liam 'Paddy' McLaughlin, 21
March 6 Royal Marine Ben Reddy, 22
March 8 Warrant Officer Class 2 Mick Smith, 39
April 13 Private Chris Gray, 19
May 3 Guardsman Simon Davison, 22
May 20 Lance Corporal George Russell Davey, 23
May 26 Guardsman Daniel Probyn, 22
May 28 Corporal Darren Bonner, 31
May 30 Corporal Mike Gilyeat, 28,
June 6 Lance Corporal Paul Sandford, 23
June 9 Guardsman Neil Downes, 20
June 24 Drummer Thomas Wright, 26
June 30 Captain Sean Dolan, 40
July 1 Sergeant Dave Wilkinson, 33
July 12 Guardsman Daryl Hickey, 27
July 25 Lance Corporal Alex Hawkins, 22
July 26 Guardsman David Atherton, 25
July 27 Sergeant Barry Keen, 34
July 29 Lance Corporal Michael Jones, 26
August 10 Private Tony Rawson, 27
August 11 Captain David Hicks, 26
August 23 Private Aaron McClure, 19, Private Robert Foster, 19, Private John Thrumble, 21
August 30 Senior Aircraftman Christopher Bridge, 20
September 5 Private Ben Ford, 18, and Private Damian Wright, 23
September 8 Sergeant Craig Brelsford, 25, and Private Johan Botha, 25
September 17 Lance Corporal Ivano Violino, 29
September 20 Colour Sergeant Phillip Newman, 36, Private Brian Tunnicliffe, 33
October 4 Major Alexis Roberts, 32
November 9 Lance Corporal Jake Alderton, 22, Captain John McDermid, 43
December 4 Trooper Jack Sadler, 21
December 8 Sergeant Lee Johnson, 33
January 20 2008 Corporal Darryl Gardiner, 25
January 17 Corporal Damian Lawrence, 25
February 20 Corporal Damian Mulvihill, 32
March 30 Lieutenant John Thornton, 22, Marine David Marsh, 23
April 13 Senior Aircraftman Graham Livingstone, 23, Senior Aircraftman Gary Thompson, 51
April 21 Trooper Robert Pearson, 22
May 2 Trooper Ratu Babakobau, 29
May 19 James Thompson, 27
May 25 Marine Dale Gostick, 22
June 8 Private Nathan Cuthbertson, 19, Private Daniel Gamble, 22, Private Charles David Murray, 19
June 12 Lance Corporal James Bateman, 29, Private Jeff Doherty, 20
June 17 Corporal Sarah Bryant, 26, Corporal Sean Robert Reeve, 28, Lance Corporal Richard Larkin, 39, Private Paul Stout, 31
June 24 Sergeant Major Michael Williams, 40, Private Joe Whittaker, 20
June 27 Warrant Officer Dan Shirley, 32
June 28 Lance Corporal James Johnson, 31
July 22 Corporal Jason Barnes, 25
July 24 Army dog handler Lance Corporal Kenneth Michael Rowe, 24
July 28 Sergeant Jonathan Mathews, 35
July 29 Private Peter Cowton, 25
August 11 Signaller Wayne Bland, 21
August 18 2008 Corporal Barry Dempsey, 29
September 4 Ranger Justin James Cupples, 29
September 10 Warrant Officer Class 2 Gary O'Donnell, 40
September 12 Private Jason Lee Rawstron, 23
September 13 Lance Corporal Nicky Mason, 26
October 15 Trooper James Munday, 21
November 4 Rifleman Yubraj Rai,28
November 12 Marine Robert McKibben, 32, Marine Neil Dunstan, 32
November 15 Colour Sergeant Krishnabahadur Dura, 36
November 24 Marine Alexander Lucas, 24
November 27 Marine Tony Evans, 20, Marine Georgie Sparks, 19
December 12 Lance Corporal Steven 'Jamie' Fellows, 26, Sergeant John Manuel, 38, Corporal Marc Birch, 26, Marine Damian Davies, 27
December 15 Lieutenant Aaron Lewis, 26
December 17 Rifleman Stuart Nash, 21
December 21 Corporal Robert Christopher Deering, 33
December 24 Lance Corporal Ben Whatley, 20
December 31 Corporal Liam Elms, 26
January 1 2009 Serjeant Chris Reed, 25
January 11Marine Travis Mackin, 22
January 14 Captain Tom Sawyer, 26, Corporal Danny Winter, 28
January 17 Acting Corporal Richard Robinson, 21
January 30 Corporal Daniel Nield, 31
February 14 Marine Darren Smith, 28
February 16 Lance Corporal Stephen Kingscott, 22
February 25 Acting Lance Corporal Paul Upton, 31, Corporal Tom Gaden, 24, Rifleman Jamie Gunn, 21
February 25 Marine Michael Laski, 21,
March 14 Lance Corporal Christopher Harkett, 22
March 15 Corporal Graeme Stiff, 24, Corporal Dean John, 25
April 28 Lance Sergeant Tobie Fasfous, 29
May 7 Corporal Sean Binnie, 22
May 7 Rifleman Adrian Sheldon, 25
May 7Sergeant Ben Ross, 34, Corporal Kumar Pun, 31
May 12 Lieutenant Mark Evison, 26
May 14 Marine Jason Mackie, 21
May 22 Fusilier Petero 'Pat' Suesue, 28
May 23 Sapper Jordan Rossi, 22,
May 27 Lance Corporal Martin Richards, 24
May 28 Lance Corporal Kieron Hill, 20
May 30 Lance Corporal Nigel Moffett, 28, Corporal Stephen Bolger
June 2 Rifleman Cyrus Thatcher, 19
June 11 Private Robert McLaren, 20
June 12 Lieutenant Paul Mervis, 27
June 19 Major Sean Birchall, 33
July 1 Lieutenant Colonel Rupert Thorneloe, 39, Trooper Joshua Hammond, 18
July 4 Lance Corporal David Dennis, 29, Private Robert Laws, 18
July 5 Lance Corporal Dane Elson, 22
July 6 Captain Ben Babington-Browne, 27
July 7 Trooper Christopher Whiteside, 20
July 9 Rifleman Daniel Hume, 22, Private John Brackpool, 27
July 10 Corporal Lee Scott, 26, Corporal Jonathan Horne, 28, Rifleman James Backhouse, 18, Rifleman Joseph Murphy, 18, Rifleman Daniel Simpson, 20, Rifleman William Aldridge, 28
July 16 Rifleman Aminiasi Toge, 26
July 19 Corporal Joseph Etchells, 22
July 20 Captain Daniel Shepherd, 28
July 22 Guardsman Christopher King, 20
July 25 Bombardier Craig Hopson, 24
July 27 Warrant Officer Class 2 Sean Upton, 35
July 27 Trooper Phillip Lawrence, 22
August 4 Craftsman Anthony Lombardi, 21
August 6 Corporal Kevin Mulligan, 26, Lance Corporal Dale Hopkins, 23, and Private Kyle Adams, 21
August 8 Private Jason Williams, 23
August 13 Captain Mark Hale, 42, Rifleman Daniel Wild, 19, Lance Bombardier Matthew Hatton, 23
August 15 Private Richard Hunt, 21, Sergeant Simon Valentine, 29
August 16 Fusilier Simon Annis, 22, Fusilier Louis Carter, 18, Lance Corporal James Fullarton, 24
August 20 Serjeant Paul McAleese, 29, Private Johnathon Young, 18,
August 25 Fusilier Shaun Bush, 24
August 29 Sergeant Lee Houltram,
August 31Sergeant Stuart Millar, 40, Private Kevin Elliott, 24
September 2 Lance Corporal Richard Brandon, 24
September 3 Private Gavin Elliott, 19
September 9 Corporal John Harrison, 29
September 13 Kingsman Jason Dunn-Bridgeman, 20
September 16 Trooper Brett Hall, 21,
September 16 Acting Serjeant Stuart McGrath, 28
September 21 Acting Sergeant Michael Lockett, 29
September 27 Private James Prosser, 21
October 1 Senior Aircraftsman Marcin Wojtak, 24
October 5 Guardsman Jamie Janes, 20
October 8 Lance Corporal James Hill, 23
October 22 Corporal James Oakland, 26
October 25 Corporal Thomas Mason, 27
October 31 Staff Sergeant Olaf Schmid, 30
November 3 Warrant Officer Class 1 Darren Chant, 40, Sergeant Matthew Telford, 37, Guardsman Jimmy Major, 18, Corporal Steven Boote, 22, Corporal Nicholas Webster-Smith, 24
November 5 Serjeant Phillip Scott, 30
November 7 Rifleman Philip Allen, 20
November 8 Rifleman Samuel Bassett, 20
November 15 Rifleman Andrew Fentiman, 23, Corporal Loren Marlton-Thomas, 28
November 18 Sergeant Robert Loughran-Dickson, 33
November 30 Acting Sergeant John Amer, 30
December 7 Lance Corporal Adam Drane, 23
December 15 Lance Corporal David Kirkness, 24, Rifleman James Brown, 18
December 19 Corporal Simon Hornby, 29,
December 20 Lance Corporal Michael Pritchard, 22
December 21 Lance Corporal Christopher Roney, 23
December 22 Lance Corporal Tommy Brown
December 28 Rifleman Aidan Howell, 19,
December 31 Sapper David Michael Watson, 23

January 3 2010 Private Robert Hayes, 19
January 11 Captain Daniel Read, 31
January 15 Corporal Lee Brownson, 30, Rifleman Luke Farmer, 19
January 22 Rifleman Peter Aldridge, 19
January 24 Lance Corporal Daniel Cooper, 22
February 1 Corporal Liam Riley, 21, Lance Corporal Graham Shaw, 27
February 7 Corporal John Moore, 22, Private Sean McDonald, 26
February 8 Warrant Officer Class 2 David Markland, 36
February 11 Lance Corporal Darren Hicks, 29
February 13 Lance Sergeant Dave Greenhalgh, 25
February 14 Rifleman Mark Marshall, 29, Kingsman Sean Dawson, 19
February 15 Sapper Guy Mellors, 20,
February 18 Lieutenant Douglas Dalzell, 27, Lance Sergeant David Walker, 36
February 24 Senior Aircraftman Luke Southgate, 20,
February 25 Rifleman Martin Kinggett, 19
February 26 Sergeant Paul Fox, 34
March 1 Rifleman Carlo Apolis, 28
March 2 Corporal Richard Green, 23
March 5 Rifleman Jonathon Allott, 19
March 6 Rifleman Liam Maughan, 18
March 7 Corporal Stephen Thompson, 31, Lance Corporal Tom Keogh, 24
March 15 Captain Martin Driver, 31
March 16 Lance Corporal Scott Hardy, 26, Private James Grigg, 21
March 22 Serjeant Steven Campbell, 30
March 26 Lance Corporal of Horse Jonathan Woodgate, 27
March 27 Rifleman Daniel Holkham, 19
April 1 Guardsman Michael Sweeney, 19
April 4 Rifleman Mark Turner, 21
April 7 Fusilier Jonathan Burgess, 20
May 2 Corporal Harvey Alex Holmes, 22
May 3 Sapper Daryn Roy, 28, Lance Corporal Barry Buxton, 27
May 9 Corporal Christopher Lewis Harrison, 26
May 21 Corporal Stephen Walker, 42
May 26 Gunner Zack Cusack, 20, Corporal Stephen Curley, 26
May 30 Marine Scott Gregory Taylor, 21
June 1 Marine Anthony Hotine, 21
June 4 Corporal Terry Webster, 24, Lance Corporal Alan Cochran, 23
June 8 Lance Bombardier Mark Chandler, 32
June 9 Private Jonathan Monk, 25
June 12 Lance Corporal Andrew Breeze, 31
June 14 Marine Steven Birdsall, 20
June 15 Corporal Taniela Tolevu Rogoiruwai, 32, Kingsman Ponipate Tagitaginimoce, 29
June 18 Trooper Ashley Smith, 21
June 20 Royal Marine from 40 Commando


 このような人的損害も然ることながら、膨大な財政赤字に苦しむ英国政府にとって、「イラク」そして「アフガン」と続く戦争への出費も、ますます堪え難い問題になっている。これまでの調査で、イラク戦争に要した戦費が92.4 億ポンドであったのに対して、アフガン戦争では既に、111 億ポンド(約2兆2千億円)に達している。オズボーン蔵相は、22日、付加価値税の増税や、公務員給与の凍結、福祉手当のカットなどを発表しているが、戦争での「出血」を続けながらの「緊縮財政」は、到底国民が納得するものではないだろう。
 
 アフガニスタン戦線では、6月21日、南部で米軍ヘリが「墜落」し、3人のオーストラリヤ兵と、一人の米兵が死亡するなど、6月中だけで57人のNATO軍兵士が戦死している。市街での爆弾テロも相次いで起こり、アフガン民間人の犠牲者も増えるばかりだ。

 一方、米軍司令官マクリスタル将軍がオバマ大統領や政権を批判していたことが明るみになり、自ら辞任を申し出ているという動きも、今後のアフガン戦争の見通しを一層不明瞭なものにしそうである。
                                 (2010.06.23)
 
 
f0166919_2252342.jpg



<追記 1> 6月24日付英国各紙が伝えている処によると、アフガン・ヘルマンド州 Gereshk 近郊で、重装甲車(写真上掲)が夜間、運河に転落・転覆し、中に居た4人の英国兵が溺れ死んだという。その外、今週中に3兵士が未詳の原因で死亡しており、アフガン戦争で早くも307人が死亡したことになるという。                     (2010.06.24)


f0166919_20493822.jpg


G8 summit 会場でのキャメロン首相(中央)、オバマ米大統領、ハーパー・カナダ首相


<追記 2> 『ガーディアン』紙によると、 6月26日、カナダ・トロントでのG8サミットに出席中のキャメロン首相は、アフガニスタン駐留の英国軍を、遅くとも2015年から撤退させることを初めて表明した。これは、次の総選挙前に、「アフガンでの混迷」から一定の出口を見出すことを迫られた表白と受け取られる。              (2010.06.26)




<写真・資料> Daily Mail. The Independent, Daily Telegraph, AFP
by shin-yamakami16 | 2010-06-23 18:20 | Comments(4)
f0166919_10384369.jpg




風当たり強まる一方の日本「調査捕鯨」

                           山上 真

 英国の『タイムズ』紙と言えば、女王も愛読していると言われる代表的な英国メディアであるが、6月13日付の日曜版は、大方の日本人を驚愕させるであろうと思われる記事を掲載した。

 「本紙は、日本が鯨の大量殺戮への支持を得る為に、小国に現金と売春婦を与えて買収していることを暴くことに成功した」

 「秘密裡の調査によって、六か国の代表がIWC(国際捕鯨委員会)総会で彼らの持ち票を売ることを考慮していることが判明した」

 「このことは、日本が商業捕鯨の24年間のモラトリウムを壊そうと努めている矢先に、暴露されたものである。絶滅の恐れのある種を含む数千頭の鯨の運命を決めるIWC総会は、今月モロッコで始まる」


f0166919_1040439.jpg


 IWC 総会での日本代表団


 「日本はIWC加盟国の票を買い取ろうとしていることを否定している。しかし、本紙は、捕鯨支持国の委員が次のことを認めているのをカメラに収めた」

—日本の多額の経済援助を受けて捕鯨支持に回ったある委員は、自国周辺に鯨がいるのかも分からないと言う。また別の国の委員は、その国に海がないと言う。

—彼らは、交通費や旅費として、IWC総会場で日本の委員から封筒に入れた現金を受け取った。

—ある委員は、その国の漁業相や役員が日本での会議に行った際に、コール・ガールが提供されたことを明かした。

 これらの事実を取材した『タイムズ』記者は、億万長者の「環境保護」主義者になりすまし、捕鯨支持国の委員と接触して、「投票態度を変更すれば大規模援助を与える」と提案した。

 その結果、St Kitts and Nevis, The Marshall Islands, Kiribati, Grenada, Republic of Guinea, Ivory Coast の六か国が「援助と引き換えに、票を売る」交渉に応じてきたということだ。

 そこでギニアの漁業担当幹部は、「日本は通常、IWC 総会や漁業会合で、最小限一日1,000 ドルの現金を経費として提供してくれる」と述べ、「日本のその担当組織は、漁業省・経済援助局・海外漁業協力基金の三つのチャンネルだ」と結んだ。

 『タイムズ』紙は、日本の「費用丸抱え」で滞日していたタンザニアの大臣や役人の為に、「素敵な女性」がホテルで提供されたことを、同国のIWC幹部が明かしたことまで付け加えている。

 このタイムズ記事は、フランスの高級紙『ル・モンド』に即日紹介された。
 ‘Le Japon accusé de corrompre des Etats pour leur soutien à la chasse à la baleine’ 「日本は、その捕鯨への支持の為に幾つかの国を買収していることを非難される」というタイトルを掲げて、
 
 「我々は,日本が捕鯨権の防衛に極めて熱意を込めていることを知っているが、6月13日付の『サンデー・タイムズ』紙によれば、この熱意は論証の作業という域を超えて、現金と娼婦による、より直接的な説得法を用いている」という表現で始めて、英国紙の記事内容を掲載している。

 さて、これだけ派手に報道されたスキャンダルに対して、日本政府はどう対応するのだろうか。今のところ我が国では、ごく一部を除いて、この件について、マス・メディアは知らぬ振りをしており、政府も沈黙している。もし前記報道が事実でないならば、堂々と反論するなり、「記事訂正」を求めなければならない。これは日本という国家の「矜持」に関わる事柄だからである。


f0166919_10423450.jpg



 南極海での日本「調査捕鯨」は、5月31日、オーストラリアがついにハーグの「国際司法裁判所」に提訴に踏み切ったことで、事実上の日本「商業捕鯨」の是非が、国際舞台で裁かれることとなった。

 一方、日本・太地町での「イルカ漁」の模様を撮影したアカデミー賞・長編ドキュメンタリー賞受賞の米国映画 ‘The Cove’ 「入り江」の、日本国内での上映が、東京会場などで、右翼団体によるものと思われる妨害圧力で上映中止に「追い込まれている」という。
 このことは、映画関係者の「抗議声明」を待つまでもなく、基本的な人権である「表現の自由」に関わる重大事件であるにも拘らず、マス・メディア、政府当局いずれも、上映妨害者に対する適切な対応を取っていない。この事実も、いずれ、極めて「特殊な日本社会」についての、国際的な「評価と非難」の対象になることだろう。
                        (2010.06.15)

 

<追記 1> 日本の「捕鯨買収」に就いての報道は、『デイリーメイル』、『ガーディアン』などの英国他紙でも行われていることが判明したが、『タイムズ』紙のように具体的証人を見い出した形での報道は初めてのようだ。                   (2010.06.15)


<追記 2> 今月末モロッコで開かれる IWC 総会に、現在「焦点の人」日本・農水省山田大臣が、「口蹄疫」を理由に、15日、急遽欠席することを決めたという。「票買いスキャンダル」を晴らすべき絶好の機会を逸すとは、どういうことか? とにかく、今回の IWC 総会は、「病気」を理由にマキエラ議長が欠席を決めるなど、不可解な動きが目立つようだ。    (2010.06.16)


<追記 3> 2010 IWC 総会は、6月21日から25日にかけて、モロッコ Agadir で開催されるが、この総会で予定されている議事「大要」(1)と、日本、米国などの動きについての批判(2)記事が見出されたので、ご参考までにそのままの形でここに紹介させて戴きます。     (2010.06.18) 

(1)NEWSAHEAD World News Forecast より


MOROCCO 21-25 Jun 2010 International Whaling Commission countries meet in search of compromise



The 62nd meeting of the International Whaling Commission takes place in Agadir. The main quest will be for a grand compromise on an IWC ad hoc proposal. It would allow Japan, Norway and Iceland to hunt openly despite a 1986 moratorium on commercial whaling, but put their programs under strict IWC monitoring and aim for sharp reductions in their catch over 10 years. A vote by three-quarters of the 88 IWC countries would be needed for any deal, making it doubtful the IWC can find consensus.

The ad hoc IWC group suggested Monday that the commission condone commercial whaling for the first time in nearly 30 years in exchange for reducing the number of whales killed each year. The draft plan, the product of nearly a year and a half of closed-door talks, aims to break a long-standing deadlock between countries that favor whaling and those that oppose it. Only three nations -- Japan, Norway and Iceland -- hunt whales, although they have the support of dozens of other members of the commission.

Environmentalists condemned the draft plan, saying that it would open the door to official whaling.

At the meeting Japan will propose scaling down its annual whale hunt in Antarctica on condition it is allowed to whale commercially in its own coastal waters. A similar plan was rejected by the IWC in 2009. The Australian Government supports an end to all commercial and scientific whaling. Canberra had said that the IWC proposal was unacceptable as it does not stop Japanese whaling in the Antarctic. It has set a deadline for Japan to stop whaling in the Southern Ocean by Nov 2010, or face international legal action. Japan justifies its hunts as scientific research, which is allowed, while not hiding the fact that the whale meat is later sold in shops and restaurants.Norway and Iceland defy the moratorium altogether by lodging objections with the IWC. As Japan is a major market for Australian goods, trade realities, rather than the IWC or the courts, could help Australia and Japan come to an understanding on the Southern Ocean issue. The wider compromise, as envisioned by the IWC, however, could be much harder to win.

As in 2009, a full day has been set aside, on Jun 20, for a private meeting of commissioners.The future of the IWC and other routine business will be discussed at the closed session. Efforts continue to reform the 64-year-old organization to end the chronic state of deadlock over most aspects of whale welfare. Australia and New Zealand are mobilizing to play a more aggressive role in both issues. Efforts to reform the body began at the 2007 IWC meeting in Alaska, where the organization decided to hold intercessional meetings to examine the function and effectiveness of the body as a whole. (Written Mar 2010)


(2)SURFSPOTS-GPS より

A Sea of Deceit and Capitulation

The trajectory of the International Whaling Commission (IWC), meeting in Morocco this June, is on a disastrous course for the world’s whales. A new proposal to resume commercial whaling will be presented at the IWC summit. Simply put, it’s an awful deal. In order to foresee the fate of the whales with this proposal on the table, look no further than how all the marine species fared at the Convention on International Trade in Endangered Species (CITES) last month, where each and every proposed aquatic species was denied protection. This was a Japanese orchestrated “victory,” and the same bullying, vote swapping and “influencing” that Japan deployed at CITES to prevent marine protection is also entrenched to dictate the fate of the whales at the IWC.

The IWC proposal would actually reward the whaling abuses of Japan, Norway, and Iceland. This “compromise” deal allows whaling countries to continue killing for at least the next 10 years, with an unachievable requirement for reduced kill quotas. It offers no true enforcement, it can’t hold the whalers to any promises, and it obviously undoes all conservation measures made since the 1986 declaration of a whaling moratorium. Furthermore, it would legitimize Japan’s slaughter in the Southern Ocean Whale Sanctuary and promote a Japanese generated ploy wherein “Indigenous” whaling would apply to Japan’s coastal whalers, allowing more killing of whales in the North Pacific.

Japan has unfailingly undermined every marine regulatory convention that may affect its ability to plunder the world’s oceans — systematically rolling back years of international conventions and marine protections. Removing the moratorium on commercial whaling would also remove the most recognizable boundary to Japan’s hubris and greed, and would assist in the unrestrained taking of the less “cuddly” species such as the highly lucrative tunas and other fish species.

Japan wants a resumption of commercial whaling to divert the focus away from its unsustainable pillage of the seas. Whales are highly sentient beings, and, despite what Japan projects, they aren’t universally perceived as a “product.” From elaborate scientific study to casual observation, they’ve proven to be extremely social, communicative, highly intelligent, and able to feel intense emotion and pain. Japan realizes that if the killing of such iconic species is sanctioned, the remainder of what’s left of aquatic life will be theirs for the taking.

A recent document by Professor Shohei Yonemoto, titled “Useless Research Whaling Should Be Abolished,” gives his pragmatic perspective on Japan’s ambitions of dominance of the dwindling life in the oceans. He speaks of trading off “research” whaling only to go unhampered in the whaling closer to Japan. In the last two paragraphs, Dr. Yonemoto reveals Japan’s ultimate objective in relentlessly exploiting the more valuable tunas, sharks and other fish:

“It is said that eating whales is Japan’s traditional culture. But this is a myth that was started through a PR company during the mid-1970s. Actually, whale meat does not sell well and there is surplus stock. If Japan proposes to the IWC to allow it to engage in coastal whaling in exchange for giving up research whaling, I expect the long-standing opposition to be immediately settled.
Currently, there is a growing trend for strengthening control over marine resources such as tuna on a global scale. Also in order not to raise questions over Japan’s scientific data in international forums to discuss regulations on fishing of tuna and other fish, Japan should abolish research whaling as a government project.”

Japan now has a formidable ally in its quest to lift the ban on commercial whaling: President Barack Obama. In the March intersessional IWC meeting, the Obama Administration was the chief proponent in advancing the plan to resume commercial whaling and is currently urging other nations to follow. This is clearly based on geopolitical maneuvering and Japan’s leverage with our debt obligation; devoid of scientific or ethical consideration.

-

The U.S. position is a drastic departure from then-Senator Obama’s campaign promise made on March 16, 2008, when he stated: “As president, I will ensure that the U.S. provides leadership in enforcing international wildlife protection agreements, including strengthening the international moratorium on commercial whaling. Allowing Japan to continue commercial whaling is unacceptable.”

-

As the current proposal is written, pro-whaling countries will directly benefit with a return to what was described by the president as “unacceptable” commercial whaling. Nearly 25 years of conservation efforts may be swept aside if former staunch allies of the whales, the U.S. and other nations following our lead, capitulate to Japan as they have indicated.

-

The president’s unfulfilled pledge to “ensure that the US provides leadership in enforcing international wildlife protection agreements” could be achieved by compelling Japan to honor all the agreements it has broken with impunity. Japan has violated the Law of the Sea Convention, the International Convention for the Regulation of Whaling, the Convention on the Conservation of Antarctic Marine Living Resources, the Convention on Biological Diversity, and the Convention on International Trade in Endangered Species (CITES).

-

If the president truly wanted to see these agreements upheld, he could seek redress from the rogue whaling nations by using the sanctioning powers available under the Pelly Amendment against Japan, Norway, and Iceland until they stop whaling completely.

The president should be urged to be true to his word and protect the whales — and not to insure their demise. Over 75% of Americans oppose the barbaric practice of whaling, and the U.S. government should mirror their demands. In order to fulfill his promise of “strengthening the international moratorium on commercial whaling,” President Obama should be lending his full support towards the rapid passage of the International Whale Conservation and Protection Act of 2010, sponsored by Senator John Kerry.

Of critical importance: there’s absolutely no method to kill a whale “humanely.” An explosive harpoon is shot into them, they’re then electrocuted through an attached cable, repeatedly shot by high caliber rifles, and drowned by being dragged through the water. Even with this torture, which wouldn’t be tolerated in the most hellish slaughterhouse, it’s not unusual for a whale to take over an hour to finally die. With a fiendish abuse of language, this atrocity has been labeled by pro-whaling states as “harvest” or “culling,” and any dissent is dismissed as “emotional.”

It’s high time to make all whale species off-limits to slaughter and to acknowledge them as unique beings that are fully deserving of inherent rights. It’s now been empirically shown that the cetaceans (whales and dolphins) possess such a high order of sentience that they can’t rationally be designated as some “product” to be butchered, bartered, or compromised.

If mankind is going to continue in benefiting from the gifts that the ocean offers, we must recognize that no nation or cartel of nations should be allowed to dominate the seas and deplete its bounty at the expense of the future. Experience and knowledge are there to reveal the boundaries of not only sustainability, but of sentience and sanity as well. We must now realize that this threshold has been breached by Japan with its continuing assault upon the world’s whales and its accompanying lust to eliminate what’s left of the oceans. This must be stopped, not revived.

Edward Dorson is Director of Conservation Strategies for the Shark Research Institute


<追記 4> 今日6月22日午後7:30からのNHK『クローズ・アップ現代』で、モロッコ・アガヂィールで始まったIWC 総会での、日本代表の動きをを中心とする番組を放映していたが、こと水産資源問題になると、あっさり「公正報道」の立場を投げ捨てて、こうも NHKが「日の本」主義に変身するものかということを如実に示すものとなった。日本水産庁の意を受けているらしい「御用学者」に、今や国際的に,「商業捕鯨」の隠れ蓑に過ぎないと断じられている「調査捕鯨」の「科学的妥当性」を語らせ、欧米諸国の「生物保護」の立場を「感情論」として批判するという報道態度は、将来に渉る日本の「資源確保」だけに目を奪われ、「地球市民」として国際的協調の下に地球全体の資源保護を目指すという公正な態度を忘れたものと言うべきであろう。安易に日本政府の推進する「資源ナショナリズム」に組する「公共放送」NHKの国際的評価は、比較的に客観報道に努めている英国BBCと較べて、その足元にも及ばぬものと断じられるに違いない。放送関係者の猛省を促したい。                       (2010.06.22)



<写真・資料> The Times, Daily Mail, AP   
by shin-yamakami16 | 2010-06-15 10:45 | Comments(0)
f0166919_8335713.jpg

              
 6月10日「賃上げ」などの労働環境改善を求める中山市『ホンダ・ロック』労働者たち



拡大する『ホンダ』争議と、高まる「海外進出」のリスク

                                  山上 真

 6月10日付『ニューヨーク・タイムズ』紙は、中国に進出している『ホンダ』部品工場で起きている同盟罷業問題を大きく取り上げている。Keith Bradsher記者が書いたこの長文の取材記事では、この中山市の争議が、従来の「待遇改善」要求から更に進んで、中国では一般に禁止されている「独立組合」の結成を求める運動へと発展しつつあることを具に伝えている。中山市は、中国革命の先駆者とされる孫文の生地であることで有名だ。


f0166919_8364267.gif




 中国『ホンダ』は、広東省仏山市の変速機製造工場で、5月中旬に賃上げストライキが起きて、労働者の賃金を約50%引き上げて漸く終息したのであるが、今度は、隣接する中山市で自動車キーなどの部品を生産している、従業員約1,700人の工場での争議である。

 「6月4日金曜日、スローガンを叫びながらも非暴力的な労働者たちは、工場正門の外に集合し、賃金の倍増を求めるデモ行進を暫くした後、若い研磨工労働者たちと合流して、工場一帯の道路を埋め尽くした」

「その先に待ち構えていたのは、覆面で、黒い制服、ヘルメットを身に着け、小型の盾を持った機動隊であった。しかし、労働者たちは少しも臆する所なく行進を続け、衝突を回避すべく警官隊が立ち去った後は、そのままストライキに入った」

 「会社側は工場正門に公告を張り出して、他工場のストの為に部品調達が出来ず工場閉鎖になった期間の、休業分の賃金を払うこと、午後から作業に着けば処罰しないことなどの甘言で労働者を釣ろうとするが、結局のところ、労働者が求める賃上げを認めようとはしなかった」

 このように『ホンダ』工場の様子を描く記事は、闘争に立ち上がった中国人労働者たちの要求するものの実態を探ろうとする。

 筆者から見ると、中国の現段階での「労働争議」は、大分前のイタリア映画『わが青春のフロレンス』の中の風景、即ち20世紀初頭のそれに酷似しているように思われる。無権利状態の労働者の厳しい労働環境と、貧しい生活。それに襲いかかるような「権力の犬」たち。
 それが、「労働者の天国」の筈の社会主義国で起きているという事実。俄には信じ難い様相だ。


f0166919_11103791.jpg



 今度のスト参加者たちは、経営当局との団体交渉を行う為の「職場委員」を選び出すなど、念入りな民主的手続きを踏んだ組織を作り出している。更には、これまで長らく、海外からの進出企業体との平和的な労使関係を維持することに傾注してきた「中華全国総工会」という、政府による支配組織から独立した労働組合を結成する権利を要求している。要するに,労働者自身の利益を守ろうとする動きだ。
 中国政府は表向き、これらの運動についての取材に関しては、寛大な態度を取っているように見えるが、実際には、『ホンダ』のような大企業での「独立組合」を認める気がないことは、スト現場に動員されている数多くの警察官の姿を見れば分かるという。

 中山市『ホンダ』の労働者たちは、現在、週42時間労働に対して、900元(132米ドル)支払われているが、彼らは、既にストが終結している仏山市の『ホンダ』労働者と同じレベルの賃金,即ち、89%増しの賃金、月額で約117米ドルの増額を要求している。



f0166919_96213.jpg




 中山『ホンダ』労働者は、「職場で一日8時間立ちっぱなしで働かされ、その間、私語を交わすことが禁じられている。トイレに行くにも、職制の許可を得なければならない。水一杯飲むにも、時間がかかり過ぎると判断されれば、注意されてしまう」と、口々に不満をぶちまけている。

 中国人労働者の賃上げ要求の高まりの背景には、年率7%を超えるインフレで、住宅費を始め諸物価が高騰している要素が一番大きく働いているが、その外に、日本人駐在員との「50倍」に達すると言われる「賃金格差」の問題が根底にあるとされる。
 中国では、台湾系企業での労働者「自殺」問題も深刻になっており、ストライキ発生は各業種で全国規模に至っている。

 中山『ホンダ』のストが始まったきっかけは、一女性労働者が身分証を「だらしなく」身に着けたまま入場しようとした際に、警備員によって入場拒否され、それに女性が抗議したところ、地面に突き飛ばされたということだ。一昔前の日本でも、そういう話がよく聞かれたものだ。
 『ホンダ』に限らないが、このような日本式労務管理の仕方が、「中国」という土地で果たして妥当なものなのか、疑問が残るところだ。

 中国の人々の日本を見る目は、どうしても、日中戦争という不幸な歴史的事件との関わり抜きには考えられない厳しさが伴う。ともすれば、数年前に起こった「反日デモ」のような形をとることは、かなり容易に予見されることだ。
 
 日本企業が、中国を始めとするアジア諸国に進出する際に、そこでの日本との歴史的関わりを忘却して、或は無視して、「低コスト労働力」だけを目的とした企業活動に走るならば、まず間違いなく、現地民衆の「合理的な」報復を受けることを避けられないだろう。それは、「労働搾取」の形であったり、「公害垂れ流し」工場経営であったりするだろうが、「心を忘れた」企業活動が、それ相応のリスクを必ず惹起することを、銘記するべきだ。
                   (2010.06.13)



<追記 1> 中山市『ホンダ・ロック』の中国人労働者ストの模様は、BBC China で映像が放映されている。ロイター通信でも伝えられており、このニュースは世界を駆け巡っていることになる。
                    (2010.06.13)

<BBC China ニュース・ヴィデオを含むもの>

www.labornetjp.org/labornet/news/2010/1276342919196staff01


<追記 2> 6月11日付の英国紙『ガーディアン』も、『ホンダ・ロック』スト問題を詳報しており、「中国に於ける労働不安は、低賃金による低コスト生産の終焉を意味する」としている。
                                   (2010.06.13)


<追記 3> 6月14日午後6:30 のBBC World News に依ると、中国『ホンダ・ロック』当局の話として、大部分の「中山」工場スト参加者は職場に戻ったということだ。会社側は賃上げについて一定の譲歩をした模様であるが、一部労働者は依然としてストを続行しているようだ。
                          (2010.06.14)



 <写真・資料> The New York Times, AraChina, Jan Jan, Labornet, The Guardian
by shin-yamakami16 | 2010-06-13 08:42 | Comments(0)
f0166919_13281811.jpg


        ロンドン・ダウニング街での「イスラエル抗議」デモ


パレスチナ問題:問われる「擁護者」米国の責任

                             山上 真

 事は去る5月31日未明、地中海公海上で起こった。
 イスラエルによって、人口約150万、面積360k㎡のガザ地区は完全に封鎖されており、その住民の80% は、食料など基本的な生活物資さえこと欠いた状態がここ数年続いている。
 今回は、トルコの民間支援団体が、ガザ地区住民に食料・医薬品・建設資材などを届けようとして、小型船舶を意味する ’flotilla’ 6隻を派遣したのであった。それらには、アイルランドの1976年ノーベル平和賞受賞者Mairead Corrigan Maguire氏を含む各国人道活動家など約600人が乗船していた。

f0166919_1331296.jpg



f0166919_1337099.jpg



   5月31日公海上でイスラエル軍の襲撃を受けたトルコ『マヴィ・マルマラ号』


 早くからflotilla の動きを察知していたイスラエル政府は、これら船舶のガザ着岸を未然に阻止しようとして、公海上での拿捕方針を決めていた。「ガザ地区への武器・弾薬などの持ち込みを阻む」為というのがその理由であるが、flotilla側は、飽くまで人道支援物資の搬入であることを公言していた。しかし、イスラエル政府による「ガザ封鎖」を解こうとする試みの一環であることは、明らかであった。


f0166919_1949359.gif




 イスラエル軍は、ヘリコプターで先ず3人の戦闘員を、flotillaの一つで最も大きな ‘Mavi Marmara’ 号に降下させたのだが、ここで、既に甲板上にいた活動家たちと衝突が起こった。これを見たイスラエル軍は、更に多数の戦闘員を乗船させ、活動家・乗員に向かって射撃を浴びせ、十人以上を射殺し、数十人を負傷させたが、正確な犠牲者数は分かっていない。flotillaを拿捕したイスラエル軍は、Tel-Aviv南部の港 Ashdodに向かわせ、そこで、英国人30人を含む約400人の活動家たちを逮捕し、勾留した。報道関係者のカメラ・機材なども全て破壊又は没収されたという。


f0166919_13421356.jpg


            勾留された各国「ガザ支援」活動家たち


 このような「海賊行為」を、イスラエル政府は、「国家の安全保障のため」と正当化するが、国際社会は一斉に厳しい非難をイスラエルに浴びせている。「公海上」の武力行使は、どのような言訳があろうとも、許される筈がない。トルコの要請で開かれた「国連安保理」で、緊急「非難決議」が採択されたが、そこには、「イスラエル」の名前がなかった。毎度のことであるが、イスラエルに「理解を示す」米国代表が、イスラエル名指しの非難声明に反対したからである。


f0166919_13445180.jpg


          イスタンブールでの「イスラエル抗議」デモ


 今度の事件では、伝統的にイスラエル寄りの姿勢が目立つ英仏両国をはじめ、多くのEU諸国が「イスラエル非難」に踏み切っている。特に、flotillaが出航したトルコは、イスラム系国家としては親イスラエル姿勢が目立っていたのだが、今回は厳しい対応に転じ、「拘束活動家を解放しなければ、イスラエルとの断交も辞さない」という強いメセージをイスラエル政府に送った。

 結局、イスラエルは、約400人の逮捕者を24時間後に釈放せざるを得ず、航空機で、死傷者及び活動家をアンカラに送還した。国際的な圧力に屈した形になったイスラエルの失ったものは、余りにも大き過ぎるというのが、大方の見方だ。


f0166919_13473423.jpg


      6月5日イスラエル軍に拿捕された『レイチェル・コリー号』


 次いで6月5日、アイルランドを出航してガザに向かっていた人道援助船 *’Rachel Corrie’ (1,200トン) が同じくガザ沖30キロの公海上でイスラエル軍によって拿捕された。この船にも、ノーベル平和賞受賞者など平和運動活動家が乗船していたが、今度は無抵抗のまま、テル・アヴィヴ南部Ashdod港に着岸させられた。積み荷のガザ援助物資は、検査後に陸路ガザに運び込まれるという。イスラエル当局としては、ガザ地区に於ける「イスラエル主権」と封鎖の維持姿勢を強調した措置であろう。

 現在、パリ、ロンドン、イスタンブールなどで、いずれも数万人規模の「反ガザ封鎖」デモが展開されている。つい先程入った情報では、イスラエルのテル・アヴィヴでも、「ガザ解放」を叫ぶ6,000人規模のデモが、左翼連合によって展開されているということだ。

 イスラエルの不法行為に対して、英国キャメロン首相、更に仏サルコジ大統領までが、従来の「親イスラエル姿勢」から転じて、「封鎖解除」を求める厳しい態度を示しているのと対照的に、事実上の「イスラエルの保護者」米国のオバマ大統領は、当惑の表情を浮かべつつも、明確な「対イスラエル政策」の見直しを打ち出していない。これは、相変わらず、米国内ユダヤ勢力の隠然たる圧力を受けて、中近東に於ける国際関係の正常化に踏み出せないでいる「米国外交の限界」を如実に示すものだ。斯くして、「国際連合」UNを始めとする国際舞台での威信は、確実に低下しつつある事実を直視するべきである。 (2010.06.06)

 
*<注> この船は、2003年3月16日、ガザ地区で、「国際連帯運動」活動家としてイスラエル軍のパレスチナ人家屋破壊に抗議中、イスラエル軍ブルドーザーに轢かれて死亡した米国人Rachel Corrieさん(当時23歳)に因んで名付けられたものである。



f0166919_20155928.jpg



f0166919_20174776.jpg


             在りし日のレイチェル・コリーさん



<写真・資料> Le Monde, Libération, The Guardian, The Independent, BBC News, Wikipedia

 
by shin-yamakami16 | 2010-06-06 13:58 | Comments(2)
f0166919_18383455.jpg

        
         「北」発射魚雷で「沈没」した韓国哨戒艇『天安』


裏切られた「チェインジ」待望と破綻した「友愛外交」


                                   山上 真

 今や与野党共に、鳩山首相「辞任」を求める声が圧倒的になろうとしている。彼を庇っているのは、一握りの現政権閣僚だけという様相を呈している有様だ。去年九月に政権が発足してから、僅か 9か月に満たない間の出来事だ。

 何故こうした異常事態が現出したのか。当初あれだけの期待を集めて出発した内閣が、支持率を急角度に下げた理由は、決していい加減な根拠に基づいている訳ではない。そこには,幾つもの分かり過ぎる位の「公約違背」があった。

 マス・メディアは挙って、小沢・鳩山両氏の「金権体質」を攻撃したが、筆者からすれば、「何を今更」の感が強かった。これら二人は、たとえ「民主」を標榜していても、元々保守政治家であり、それぞれ金銭感覚は凡そ庶民のものとはかけ離れていることは自明の事柄であったからである。彼らに「清廉潔白」を求めるのは、瓦礫の中からダイヤモンドを見つけようとするようなものだ。メディアが彼らを攻撃した理由は、別の所に狙いがあったと見た方が妥当だろう。

 財界の声を代弁したメディアが必死になって攻撃目標としたのは、他ならぬ「小泉・郵政民営化」路線「修正」である。鳩山政権の政策の中で、僅かな「前向きの」ものの一つである「郵政法案」は、国民が求める郵便「全国一律サービス」の維持を保障する極めて重要な施策であるのだが、マス・メディアは、民間銀行を危機に晒すものとか、「郵便局員の失業を救うだけ」とか、或は、郵便公社が集める巨額な金が無駄な投資に浪費される、などの当を得ない批判に終始している。この法案を、何故米国や日本の財界が反対しているかを具に調べれば、反対論が所謂「新自由主義」即ち、徹底した「資本のグローバル化」論に基づいていることが分かる。新自由主義が「小さな政府」を目指して、結果的に「国民福祉・サービス切り捨て」と、一部大企業擁護の姿勢に繋がることは、今や常識となっている。
 
 ブレア政権の下で、郵政民営化が日本より先行している英国では、小さな町や村の郵便局が閉鎖されたり縮小されたりして、人々が大弱りしている日常を,筆者は目の当たりにしていた。英国南東部エセックス、人口約1万5千人の町では、「郵便民営化」によって、以前は二つあった郵便局が一つに統合されてしまい、郵便切手から「車検証」発行までの、幾つもの業務を扱う郵便局窓口は、いつも長蛇の列を為すようになっていた。更に小さい田舎町では、一つだけの局が無くなってしまい、「切手を買う」為に、十数キロ離れた隣町まで出かけなければならなくなっている。

 特に日本「小泉・竹中民営化」では、巨額の投資をして作られた「簡保」施設が、「格安」で特定民間企業に払い下げられるというような不条理が罷り通った。この事件は、自民党政権の「大企業奉仕」の本質を如実に表しているものであり、司法的に厳しく追及されるべきだ。

 与党民主党の少なくない部分が民営化「大賛成」であり、郵政民営化路線に消極的な議員がちらほら居るという中で、曲がりなりにも法案が成立する見込みであることは、評価されて当然である。

 マス・メディア、特に多くの人々の目に触れるテレビが、巨大資本に経営が握られている故に、資本側のイデオロギーを四六時中流している現象は、日本だけの事情ではないにしても、国民一般の利益を守る観点から見ると、極めて由々しき事態と言わなければならない。この事は,今度の「郵政問題」で特に際立っていた。例えば、ある夕べのA局は、郵便局員の集会を取材して、「この人々は,自分たちの雇用を守る為に民主党郵政法案に賛成している」と誇張・強調するばかりで、郵便サービスを必須とする「地域住民」の存在に全く触れなかった。他局でも押し並べて同様の報道を連日続けており、こうした傾向は、特に日本のTV局に顕著に見られるものであることを指摘しておきたい。

 本ブログで既に数回触れている沖縄「普天間」問題は、鳩山政権が結局「辺野古」移転という最悪の選択をしたことで、国民大方の憤激を買っている。鳩山氏の見通しの「甘さ」が先ず非難されているが、根本的には、この「民主党政権」の性格の曖昧さに原因が求められなければならないだろう。
 
 鳩山氏は政権発足当初、米国・オバマ氏に倣って、「チェインジ」という世界的流行語をもって政治に臨んだ訳だが、蓋を開けて見れば何の実体も無いことが今や明白になっている。それは、アジア「友愛外交」という同氏のモットーの場合も同じだ。

 鳩山氏は、沖縄問題の解決を志すに当たって、極東アジアの「緊張緩和」ということを当然の前提条件と考えている筈と思われたのだが、事実はそうではなかったようだ。「北」朝鮮へのアプローチも、「拉致問題」も含めて当然為される筈と思われたが、結局何も無かった。

 今や多くの識者が指摘するように、米軍基地問題を先に進める為には、「日米安保」を改定又は撤廃するしか、有効な方策はないことは明白な事実になっているにも拘らず、鳩山・岡田・前原・平野などの面々は、「日米安保・深化」などと嘯き、この「不平等条約」に何の手も付けようとせず、沖縄の人々に基地が無くなるという「期待感」だけを抱かせたのである。

 そして、米国政府が一歩も譲らないことが分かると、ちょうどタイミングよく起こった韓国艦「沈没」事件を利用することを思い付いたに違いない。何の独自調査もせず、「北」の魚雷攻撃によって韓国哨戒艇が沈められた、という韓国政府発表が「正しい」という前提の下に、こういう「北の脅威」があるから、米軍基地は必要だという、いかにも尤もらしい論理展開だ。まことに都合の好い「合理化」だ。

 韓国艦「沈没」事件については、様々な推測・憶測が可能だ。
 伝えられているような「北」政府の「挑発」の外、例えば、「北」の反政府分子が最終的に、「金王朝」転覆を狙った仕業、或は、「南」軍・米CIA合作の陰謀事件の可能性があり得るだろう。
 とにかく、この「沈没」事件で素早い対応をみせたのは、米国務長官クリントン女史である。事件が起こるや、間もなく、「北」の仕業とする「韓国政府発表」を支持し、この「結論」を説得するべく、日本政府,次いで中国政府と会談を重ねた。そこでは、頻りに「北」の脅威論を展開した。ひと頃、「北」の核武装を阻止する為の「6か国協議」を強く主張していたのが、嘘のようだ。

 勘ぐれば、「北脅威」論で、「普天間」を米国に有利に進めようとする腹のように見える。日本のメディアも、このシナリオに乗って呉れると思っただろう。
 しかし,事は必ずしも米国にとって好ましい方向に向かっていない。中国は、「大事にならぬように、冷静にしましょう」という態度を崩さないし、ロシアは、「真相解明の為に調査団を派遣する」という、飽くまで「冷静対応」だ。更に意外にも、我が国の新聞・テレビの多くの論調は、事実報道に止めている。

 確かに多くの軍人が亡くなった不幸な事件であるが、日本人を含む多くの各国国民は、この事件を契機とする新たな「朝鮮戦争」勃発を望んではいないだろう。しかし、我が鳩山首相は、「北」に対処する為に「しっかり戦う」と言って、訪日した中国首相を説得するなど、率先した「行動力」を示したのは、何処に真意があるのだろうか。

 それは,やっぱり、「失敗に帰した」普天間問題の落とし処として、クリントン女史に倣って、「北脅威」論を高く掲げることが最善と看做したからだろう。
 沖縄の人々を始め、日本国民は、「北」の脅威が消えない限り、米軍基地が必要なのだということを納得するだろうという思い込みである。

 そんな虚妄にしか頼れなくなった民主党政権は、誠に残念ながら、「これまで」としか言いようがない。ひょっとすると戦争に繋がるかも知れない、外交という最重要局面での「誤謬」は許されない。鳩山由紀夫さん、さようなら。
                             (2010.06.01)

                           
<追記 1> 韓国艦『天安』が沈没した原因については、既に幾つかのブログなどで、韓国政府発表の「北」魚雷説への疑問符が出ている。先ず,単純な疑問として、レーダー探知装置など装備の現代軍艦が「何故斯くも容易に撃沈されたのか?」ということである。そして、「北」犯行説の唯一の証拠とされる「魚雷スクリュー残骸」について、サビ付着の状況、強烈な爆発の割に低い損傷の程度から、事件現場のものではなく、以前に手に入れていた物を、何処かから運んだものではないか?」という疑問が出ている。一方、一部韓国メディアが伝えていた「誤認による米原潜との交戦の結果、韓国艦が爆沈,原潜も沈没」という衝撃的報道は、当の米原潜『コロンビア号』が沖縄基地に帰投したという『沖縄新報』の記事で,否定されたようだ。ただ、韓米作戦中に起きた「誤認事故」の線は残っている。これらの疑問に応える為にも、中・露・日などを含めた、新たな国際調査団による検証が求められるところだ。             (2010.06.01)


<追記 2> つい一時間程前から入っているメディア情報に依ると、鳩山首相は、2日朝、閣僚に対して辞意を表明したという。更に、午前中の民主党両院議員総会で、「普天間」不首尾と「政治と金」問題を理由として、正式に「首相辞任」を表明した。この席で、小沢幹事長の辞任も求め、小沢氏は受け入れたということだ。これで、民主党トップが一新することが確定した。(10:30 AM NHK ニュースより)
結局、鳩山首相は「普天間」を「辺野古」へと移転させるという「日米合意」が契機となって、「社民党・政権離脱」で窮地に立ち、首相辞任することになった訳だが、事実上、米国政権が鳩山首相を辞任に追い込んだことになる。このことは、米国政権関係者,特に直接「日米交渉」に当たったクリントン国務長官には衝撃を与えることになるだろう。  (2010.06.02, 10:40AM)


f0166919_11574882.jpg


        6月2日『ニューヨーク・タイムズ』 掲載の鳩山首相


<追記 3> 『ニューヨーク・タイムズ』、『ワシントン・ポスト』紙、BBC World など欧米メディアは時を経ずして、「鳩山辞任」を伝えている。『ワシントン・ポスト』は、次期首相として、管財務相の名を挙げている。    (2010.06.02, 11:10AM)
 

<追記 4> 6月2日の韓国「統一地方選挙」で保守系与党ハンナラ党が左派民主党に敗北したことは、韓国艦沈没事件を「北」犯行と断定して、米国と共に「北脅威論」を殊更煽った李明博政権にとって大きな衝撃となった。政権党のプロパガンダを吹聴した多くのメディアによる選挙中の世論調査も、全く真実を反映していなかったようだ。特に、若年層有権者は「戦争の危機」を恐れ、民主党に投票したという。李明博政権の主張を鵜呑みにして、「北」に「先頭を切って戦おう」とした鳩山民主党の次なる政権は、「新局面」に際して、相変わらず、クリントン女史率いる米政権の「外交政策」に追従し続けるのだろうか。       (2010.06.04)


f0166919_2244048.jpg

                
               6月3日、新首相管直人氏(中央)


<追記 5> 予想された通り、今日、管直人氏を首相とする新政権が発足する運びとなったが、「小沢色」を払拭する努力が先行して、肝心の「普天間」問題を巡る日米関係など、主要課題をどうするかという点を明確にしない態度では、国民が一番望んでいる「新味」を期待出来ないことになる。政治への「失望」を三度招かない為にも、「鳩山政治」継承に止まることなく、外交関係を中心にした「新機軸」を、何とか打ち出して欲しいものだ。                                                      (2010.06.04)


<写真> The Times, The New York Times
by shin-yamakami16 | 2010-06-01 19:02 | Comments(0)