世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0166919_21565068.jpg


            「影の軍隊」NATO軍特殊部隊兵士


「虚偽」発表で窮地に追い込まれた「ベンガジCNT」

                                 山上 真

カダフィ「行方知れず」  市街殆ど閉鎖・人影なし これは何を物語るか?
侵攻軍への無言の抵抗と見るのが自然だろう。

西側メディア:町の様子を見せない、英語を話せる人を見つけて、「反政府軍歓迎」を言わせる。

大ショックな「カダフィの息子・無事で現れる」。
「サイフ・カダフィ拘束」で世界中振り回されたが、これも、CNT・NATOの「手段選ばず」の作戦一環か。

f0166919_21582762.jpg


「もぬけの殻」のカダフィ本拠を占拠した「反カダフィ軍」戦闘員:米軍戦闘機を握り潰す「人民の腕」を壊そうとするが空しく終る。

大きな道路の侵攻軍「検問所」の多さで、トリポリ95% を「制圧」と言う。

西欧メディアのNATO軍べったりの取材活動のお粗末さは、極めて重大。

24日Tripoli 仏カメラマン2人被弾、現地病院満杯、治療、国外チュニジアへ

f0166919_21593418.jpg


          病院を「占拠した」反カダフィ軍の「お兄さん」たち

24日Zawiya でイタリア4記者、「カダフィ軍」に拉致され行方知れず、後に「トリポリ市内のアパートに監禁されながらも無事でいる」というmobile phone。25日、何らかの動きにより、解放される。

BBC radio 5月25日 6:58am 'human disaster' 運び込まれる負傷者多過ぎて、病院受け入れられず「悲惨な状況」。

ベンガジCNT首脳、トリポリに入れず 「危険過ぎる」

トリポリ空港制圧で、激しい交戦。

トリポリ東部 Bin Jawadで予想外の戦闘。カダフィ軍、依然として優勢。

仏『ヌーベル・オプセルバトウール』 8月24日付 (原文・参考資料 1)
「Tripoli 侵攻軍の主体は、米国CIA、英国SAS、仏諜報機関員から成る特殊部隊であり、それらに率いられた、特別訓練を受けた「ベンガジ」戦闘員が参加した。数ヶ月前から準備されていた」

英国『インディペンデント』 8月25日付 
「一般民衆の家屋がベンガジ侵攻軍の攻撃を受け、死亡したり、負傷している」
「武器を政府軍から渡された民衆の、侵攻軍への狙い撃ちが行われている」
そう言えば、別の記事で、侵攻軍側戦闘員の、後ろ手に縛られて殺されている死体が道路端で目撃されたという。

ナポリNATO軍作戦本部・女性報道官:「トリポリ侵攻については一切関与せず」と、24日の記者会見で「しらを切る」。NATO関係国の申し合わせで、「地上軍」はリビアに派遣しないことになっており、「国連決議」違反の恐れもある。    

f0166919_2202735.jpg


欧米各メディア:最初の3日間で死者400人・負傷者2000人以上(ベンガジCNT発表)を他所に、仏・英・イタリアなど、「リビア石油」の商談を始めている。

              以上「緊急版」    (2011.08.25)  

<追記>
1. 「トリポリ電撃攻撃」以来、欧米メディアは例外なく「カダフィ政府軍」の反撃が散発的で、ごく限られた区域のものであることを強調しているが、8月25日付英国『デイリー・テレグラフ』紙は、数百人の海外メディア関係者が宿泊している首都海浜部 'Colinthia Hotel'への激しい攻撃の模様を具に伝えている。彼ら「カダフィ支持者」は、厳しい筈の検問所をくぐり抜けて豪華ホテルに到達し、重火器を使って正面から集中攻撃を浴びせた。これ程の攻撃力をカダフィ側が維持していることに、西側はショックを受けているようだ。             (2011.08.26)

f0166919_11173833.jpg

          
              Colinthia Hotel で銃撃を避ける人々
                 
f0166919_11202397.jpg


By Damien McElroy, Tripoli9:11PM BST 25 Aug 2011
Sneaking through rebel checkpoints that are supposed to be securing the capital, they mounted a surprise and sustained attack on a waterfront hotel housing hundreds of international journalists in an attempt to shatter what fragile calm exists in the centre of this war-torn city.
High-powered rounds smashed through exterior walls and windows of the Corinthia Hotel ricocheting around the bedrooms, while a muzzle flash in the lobby forced dozens of people to the floor in panic. A handful of men dashed from the linen-clad dining tables in the lower atrium to hide behind a low wall in a garden amid fears Gaddafi troops might try to storm the five-star hotel.
In response, rebel fighters opened fire with anti-aircraft artillery while their light infantry comrades used rocket-propelled grenades and machine guns to fire in the direction of the incoming rounds.
The afternoon assault was emblematic of the change of tack from the remaining Gaddafi forces in Tripoli as loyalist fighters sought to prove they were still capable of striking against the rebel army. (以下略)

2. トリポリでは、多くの西側メディアの「カダフィ側の抵抗が弱まっている」という説明にも拘らず、数多くの銃撃などによる負傷者が病院に運び込まれても、全く対応出来ず、中には、医療スタッフ全員が消え失せてしまった所もあると言う。水道・電力が途絶し、食料も底をついた状態の上、治療に不可欠の「酸素」が、製造工場がNATO「空爆」受けて破壊された為に、手に入らないということだ。                                (2011.08.28)

3. 先日の『インディペンデント』紙に依ると、「反カダフィ軍」によって「解放され」たトリポリ刑務所・囚人の中には、数百人の、イラク反政府勢力と結びついていた「アルカイーダ」メンバーが含まれているという。また、CNT・トリポリ制圧軍の司令官は、アフガンでタリバンと組んで闘っていた「イスラム原理主義者」で、米国CIAが「テロ容疑者」として拘束し、取り調べた人物だということだ。ベンガジ・CNTの構成員に「アルカイーダ」に関わる人物が居ることは、早くから取沙汰されていたが、これでますますその情報の真実性が明らかになった。「テロとの戦い」を標榜してきた米国など西側の「自己矛盾」をどうするつもりか?            (2011.08.29)

Yesterday, The Independent on Sunday learned that the rebel military commander behind the successful assault on Tripoli had fought in Afghanistan alongside the Taliban and was an Islamist terror suspect interrogated by the CIA. Abdelhakim Belhadj, the newly appointed commander of the Tripoli Military Council is a former emir of the Libyan Islamic Fighting Group (LIFG) – banned by Britain and the US as a terrorist organisation after the 9/11 attacks.
The 45-year-old first went to Afghanistan in the late 1980s, where he fought against occupying Soviet forces. Arrested in Malaysia in 2004, he was interrogated by the CIA in Thailand before being extradited to Libya, where he was released from prison last year; he has since renounced violence. Mr Belhadj has become a hero of the Libyan revolution – and ally of the West. ---The Independent, 28 August 2011

同趣旨の CNT「アルカイーダ」危険性について、仏『フィガロ』紙が指摘している。
Qui aider dans les rangs des rebelles ?
Pour les États-Unis, la France et la Grande-Bretagne, l'après-guerre en Libye est un casse-tête qui commence par la question suivante: qui aider dans les rangs des rebelles ? Tout au long de la guerre, le CNT a lutté pour présenter l'insurrection comme un mouvement laïque, uni et libéral. Mais cette image est loin de refléter la réalité. L'organe politique de la rébellion est en fait traversé par de nombreuses fractures, notamment celle qui oppose les insurgés laïques et modérés aux rebelles islamistes radicaux. Avant la fin de la guerre, une délégation d'experts menée notamment par le Ciret (Centre international de recherche et d'études sur le terrorisme) s'était inquiétée, en revenant de Libye, de l'existence d'une tentation islamiste parmi les insurgés. Son rapport, très critique, dénonçait le projet d'instaurer une charia islamique dans la Libye d'après Kadhafi. Il n'est un secret pour personne que des islamistes radicaux se sont battus dans les rangs rebelles. Le quotidien Libération a dressé vendredi le portrait d'Abdelhakim Belhaj, qui après être entré à la tête des rebelles à Tripoli, serait devenu le gouverneur militaire. Capturé par la CIA en 2003, nommé «émir» du Groupe islamique combattant (GICL) libyen adoubé par Ben Laden en 2007, il est connu pour avoir été proche de Zarqaoui, le chef d'al-Qaida en Irak. Belhaj, prévient le quotidien, est loin d'être le seul ancien du GIC à avoir été propulsé à un poste militaire de premier plan en Libye. «Qu'al-Qaida tente de profiter de la situation instable et de s'infiltrer là où elle le peut, sans doute. Mais nous sommes d'autant moins inquiets que le Qatar et les Émirats Arabes Unis, deux pays musulmans ayant participé à l'opération et qui sont très sensibles à la présence d'al-Qaida dans la région, sauront
très bien faire le tri parmi les rebelles» explique une source française.---Le Figaro 28.08.2011


f0166919_204909.jpg


トリポリ Radisson Blu ホテル:海外ジャーナリストが泊まっているが、CNT幹部が定宿にしようとして、部屋の明け渡しを求めているという。一泊400ポンドのホテルだが水も出ず、タオルも無くなっている。宿泊客がトイレの水を、プールから小さな紙容器で汲み上げている始末だという。

4. カダフィ大佐の妻子4人がアルジェリアに入り、政府から滞在を「人道的理由」で許可されたが、30日付の『ヌーベル・オプセルバトウール』誌は、「何故アルジェはカダフィを支えてきたか」というタイトルの記事を掲載している。その要旨は、ベンガジ・CNT上層部にアルカイーダ・イスラム原理主義勢力が居ることを早くから危惧しているアルジェリア・ブーテフリカ政権は、米国・フランス・英国などNATO軍の「リビア内戦」介入に強く反対しており、カダフィ政権に武器援助を行うなど積極的に支持しているが、つい最近もアルカイーダ・テロにより、国内で多くの犠牲者が出ている事実を見れば、アルジェリアの「リビア対応」は、少しも不思議ではないということだ。
                                   (2011.08.30)

f0166919_21203757.jpg


   2010年10月9日「アラブ連盟首脳会議」で、ブーテフリカ大統領とカダフィ大佐

Pourquoi Alger a soutenu Mouammar Kadhafi
Publié le 30-08-11 à 12:16 Modifié à 13:33 par Le Nouvel Observateur avec AFP

Les Algériens n'en font pas mystère : leur principale crainte est de voir le Conseil national de Transition peu à peu gangrené par les mouvements islamistes.

L'Algérie soutiendrait-elle le colonel Kadhafi, y compris en lui livrant des armes, comme le murmurent certains experts de la région? Peu probable. "L'armée libyenne n'a pas besoin d'armes, affirme un officier supérieur français. Elle en a assez, et des plus sophistiquées qu'elle n'a pas encore utilisées."
Toutefois, même si Paris et Alger se sont gardés d'étaler leurs divergences, la dernière visite d'Alain Juppé dans la capitale algérienne en juillet a été édifiante. Car le président Boutefika a de nouveau sévèrement critiqué l'intervention en Libye, sur la forme et sur le fond. En rappelant son opposition de principe à toute ingérence, quoi que l'on puisse penser de Kadhafi. Et en regrettant surtout que les objectifs de la coalition soient de facto passés de l'établissement d'une zone d'exclusion aérienne à la destitution du leader libyen, sans chercher à obtenir l'aval du Conseil de Sécurité de l'ONU.

Crainte des mouvements islamistes

Les Algériens n'en font pas mystère : leur principale crainte est de voir le Conseil national de Transition (CNT), l'organe politique de la rébellion libyenne, peu à peu gangrené par les mouvements islamistes. Et ils voient dans l'assassinat du général Abdel Fatah Younes, ancien ministre de l'Intérieur de Kadhafi, devenu chef d'état-major de la guérilla, la main des salafistes.
Certes, le général Younes n'avait pas que des amis au sein du CNT, en proie à des rivalités et des dissensions, comme vient de le prouver le limogeage de l'ensemble du bureau politique. Mais il s'était surtout illustré, lorsqu'il était à l'Intérieur, par sa férocité à l'encontre des militants islamistes de la région de Benghazi, fief traditionnel des intégristes.

Soldats algériens à la frontière

C'est aussi pour tenter d'éviter qu'Aqmi (Al-Qaida au Maghreb islamique) s'empare des armes livrées aux rebelles que l'armée algérienne a déployé des milliers de soldats dans le désert, sur les 960 kilomètres de la frontière. Il est vrai que, sous la houlette du Libyen Abou Yahia al-Liby, un responsable d'Al-Qaida très proche de feu Ben Laden, des centaines de salafistes libyens s'étaient entraînés en Afghanistan.
Farid Aïchoune – Le Nouvel Observateur

f0166919_21525286.jpg


    「カダフィ追放・祝勝集会」に集まったイスラム「熱烈信奉」女性たち

5. トリポリの「緑の広場」は、「反カダフィ軍」によって「殉教者広場」と手前勝手な名称に変えられて、ここに30日夜、「数千人」(共同通信)とも「数万人」(仏『リベラシオン』紙)とも言われる人々が集まったが、TV画像で見る所、殆どが「イスラム宗教者」と思われた。しかも、カダフィ支持の嘗ての「数十万」市民集会とは桁違いだ。恐らくごく普通の市民は、息を顰めて家の中に閉じこもって居るのだろう。この夜の集会では、最後の頃に「武装集団」が突然現われ、祝砲のつもりだろうが、機関銃や対空砲を空に向かって連射したことで、負傷者まで出る「混乱」に陥ったという。BBC・TVはこの映像を巧みに隠しているが、「味方」の筈の『テレグラフ』紙も流石に呆れ返っている。なお、この「革命」で、カダフィ時代に「男女同権と自由」を享受した女性たちが、予想される「イスラム原理主義」の女性蔑視・抑圧姿勢に警戒感を抱いていることが、BBCニュースのちょっとした映像で垣間みられた。「反カダフィ」男性たちがVサインを挙げている中、公務員だったらしい女性たちが「給与未払い」に困窮し、事務所のドアを叩いて抗議の声を挙げているのであった。
 西側メディアの「リビア報道」を較べてみると、例えば、今日の「ベンガジCNTが国連軍監視団派遣を拒絶した」という報道を見ても、英国側は比較的速く、客観的に伝えているのに対し、フランス・メディアは全く伝えず、CNT「アルカイーダの脅威」も多くが無視の態度をとっており、これ程仏言論界が「サルコジ体制・順応化」してしまったかと驚くばかりだ。            (2011.08.31)

f0166919_10404545.jpg


Saif al-Islam Gaddafi「徹底抗戦」

f0166919_104823.jpg

              
 Saadi Gaddafi「和平」?

6. 昨夜31日、欧米メディアは一斉に、カダフィ大佐の二人の息子の「相異なる」談話を伝えている。次男Saif は、シリアの'Al Rai TV'を通じて自分がトリポリ郊外に居ることを明かして、Sirte の2万人の若い兵士を率いて「緑の広場」を反乱軍の手から解放することを宣言し、NATO 軍及び「ベンガジCNT」勢力との徹底抗戦を呼びかけた。一方、三男Saadi は'Al Arabiya TV' を通じて、ベンガジCNTに対し、「父カダフィが交渉によって権力委譲する意思がある」ことを伝え、更なる流血を避ける為に停戦を呼びかけたという。                       (2011.09.01)

f0166919_6211753.jpg


9月1日パリ・リビア「後始末会議」に臨む「植民地・帝国主義者」サルコジ・キャメロン

f0166919_6521063.jpg


                  リビア石油産出地
7. 9月1日付・仏『フィガロ』紙が伝える所に依ると、「リビア国連決議」が採択されてから17日後に、つまり4月3日に早くもフランスとベンガジCNTとの間で、リビア産出石油の35%をフランスに供与する協定を「密かに」結んでいたことが明らかになった。リビアの石油埋蔵量は世界の2%、440億バレルと見積もられており、今度のリビア内戦に「空爆」参加した英国も、フランスと同様の契約を得ようと「奮闘中」であるが、リビア内戦の死者約6万人の犠牲の上に、サルコジ・キャメロン共に、それぞれ「国内の人気取り」の為に、営利に身を窶す姿は「犯罪的」に近く、何とも醜い。                                  (2011.09.01)
8. 英・仏の各メディアは2日、カダフィ大佐がシリアTVを通じて、欧米勢力とその手下(ベンガジCNT)に対して、リビア国民に「ゲリラ戦」形式の長期的なレジスタンス活動に立ち上がるように呼びかけたことを報じている。つまり、小グループに分かれて、'hit and run' で、敵に打撃を蒙らせるという「現実的」攻撃への指針である。これは、カダフィ側に軍「部隊規模」の攻撃をトリポリ周辺で実行することがもはや不可能になっていることを示すと同時に、西側・CNTにとっては、カダフィ「帰順」後に「石油輸出」を軌道の乗せようと目論んでいた矢先、「精油施設」などへのゲリラ攻撃を予期しなければならないという、「イラク」に似た「最悪のシナリオ」となる恐れが出てきたことになる。「反カダフィ軍」に対するゲリラ活動は既に始まっている模様で、最近でも、トリポリ市街で自動車が爆発・炎上する事件が少なくとも2件発生し、合わせて9人が死亡しているが、いずれの場合も、自動車「事故」扱いにされている。              (2011.09.02)

9. 現在トリポリなどで取材活動を続けている報道関係者が如何に過酷な条件の下に置かれているかということを垣間見せる記事が、英国 TV 'channel4' の現地特派員Lindsey Hilsum さんの'Living in a warzone' で見られる。そこでは、連日40℃以上の酷暑の中、ホテルで水は得られない為、シャワーも浴びれず、飲料水のボトルを捜し歩いて、即席食品を食べて寝袋で眠りに就く生活をしながら、防弾チョッキを身に着けて取材活動を何とかこなさねばならない苦しさを淡々と述べている。今夕の我がTBS・TV の「報道特集」は、そうした環境のトリポリに出向いた金平茂紀氏のレポートを報道していたが、局の「下準備」とベンガジ・CNTの周到な「ご案内」に沿っている番組構成の「限界」が見られるものの、「リビア内戦がこれまで起きたチュニジア・エジプトなどとは性格を異にして、NATO軍の数千回に及ぶ『空爆』が齎した結果が大きい」とする率直な指摘は、欧米配慮を優先し易い「商業放送」の報道姿勢を超える努力として、高く評価したい。     (2011.09.03)


<写真> The Independent, The Daily Telegraph, Le Nouvel Observateur
Alzazeera.NET, Libération

<参考資料1> 仏『ヌーベル・オプセルバトウール』誌
「NATO軍特殊部隊の勝利か?」

LIBYE. Une victoire des forces spéciales de la coalition ?
Publié le 24-08-11 à 15:14 Modifié le 25-08-11 à 14:29 par Sarah Diffalah 9 réactions
Officiellement il n'y a jamais eu de soldats sur le terrain. Pourtant, la présence de forces spéciales sur le sol libyen est de plus en plus précise et ont permis l'avancée spectaculaire des rebelles. Par Sarah Diffalah.
Les forces de l'Alliance atlantique seraient-elles devenues modestes ? "Nous ne prenons part à aucune coordination officielle sur le terrain", a affirmé mardi 22 août la porte-parole de l'Alliance atlantique, Oana Lungescu. L'alliance ne soutient pas les rebelles, ne leur fournit ni armes, ni instructions, selon le discours officiel. Les insurgés libyens ont donc piétiné pendant cinq mois à l’Est, à l’Ouest et au Sud, puis en l'espace de quinze jours ont libéré Tripoli. Presque seuls.
A l'Etat major français, on explique cette fulgurante offensive par une simple convergence des événements. "Depuis cinq mois et demi que l'opération en Libye est engagée, les frappes aériennes françaises ont toujours été régulières et ont affaibli les forces pro-Kadhafi", explique le colonel Burkhard, porte-parole de l'Etat major. "Les opérations menées ont neutralisé de l'armement, des sites de commandement et des pièces d’artillerie. Parallèlement, on peut imaginer que les forces de l'opposition, qui sont parties de rien, sont devenues plus efficaces. A un moment donné les deux courbes se croisent et une partie prend le dessus sur l'autre. Je pense que c'est assez logique que ça se termine comme ça."
"Foutaises !", s'exclame Eric Dénécé, directeur du Centre français de recherche sur le renseignement. "Avec tout le respect que j'ai pour les Libyens, les insurgés étaient totalement incapables de faire quoi que ce soit militairement".
On peut donc aussi imaginer que l'Otan a coordonné l'avancée des rebelles sur les fronts, permis à certaines forces de l'opposition de Misrata de passer par la mer pour entrer dans Tripoli et donné de cette manière le feu vert au soulèvement des Tripolitains.
Un porte-parole du Conseil national de transition (CNT), bien moins hypocrite, n'a, lui, pas pris de pincettes et a affirmé que l'Otan était "aussi impliquée" dans l'offensive "Sirène" lancée samedi soir contre le bastion de Kadhafi. Comment ? Là-dessus, le CNT est plus discret, mais plusieurs éléments portent à croire que la victoire militaire méritée des Libyens a été menée par l'Otan et des forces spéciales envoyées au sol.
Intensifications des frappes
<後略>
by shin-yamakami16 | 2011-08-25 21:53 | Comments(0)
f0166919_103518100.jpg


       トリポリ TV局・インフラにまで拡大されたNATO軍空爆



「Younes将軍暗殺」で新段階に至ったリビア内戦 (Libyan Civil War)

                                  山上 真

 リビア情勢を巡って、欧米のマス・メディアの間で興味深い現象が起きている。英国では、キャメロン保守連立政権を支持する『タイムズ』紙が一貫して「リビア空爆」続行を擁護しているのは不思議ではないが、伝統的に保守的大衆に基盤を置く『デイリー・テレグラフ』紙が、ベンガジの「反カダフィ政権移行委員会」(CNT) 及び、その軍事組織の実態と「無力さ」をリアルに伝え、和平交渉を速やかに進めることを提起しているのは、意外ながら、貴しとしなければならない。

f0166919_14241223.jpg


            トリポリ・医薬品店がNATO爆撃を受けた現場

 一方フランスでは、「進歩派」と一般的に見られている『ル・モンド』紙は、CNT・「反カダフィ軍」の発表する戦闘情報を一方的に流し、その信憑性を確かめない姿勢だ。そして、サルコジ政権のリビア「空爆」作戦に対して、「異を唱える」表現が殆ど見られないのは、不可思議と言える。保守系『フィガロ』紙が、露骨に「空爆」支持を明らかにしているのは当然としても、革新系?『リベラシオン』紙など、商業紙の全てが事実上「サルコジ戦争政策」支持に回っているのは醜い。僅かに仏共産党機関紙『ユマニテ』だけが、「断固とした」反戦姿勢を貫いているのが印象的だ。

 米国『ニューヨーク・タイムズ』紙は、報道面ではリアルな取材姿勢を取っているものの、「リビア内戦」勃発当初に、社説で「空爆支持」を表明してしまったことは、惜しまれる。何でも「オバマがやることは支持する」といった安易な態度が「錯誤」の根にあるのだろう。

 中東の「良心」の筈の『アル・ジャジーラ』が、これ程お粗末な報道を為し得るのかといやもう驚くばかりだ。リビア関連「戦況」ニュースの大半は、ベンガジ・CNT が一方的に発表したものを、何の検証もなく「垂れ流し」ており、後で間違っていたことが判明しても、訂正していない。例えば、リビア西部山岳地帯での戦況は目紛しく変わっているのだが、ひたすら「反カダフィ軍」進軍のニュースばかりだ。これが真実ならば、疾っくに首都トリポリは陥落している筈なのだが。まあ、『アル・ジャジーラ』は、「ベンガジ政権」に武器を頻繁に供給しているカタールが、当初、国営通信社として設立したものであることを、改めて喚起させられる事態だ。保守王国カタールが、「アフリカ変革」を説くカダフィに対して、敵意を抱いていることは理解し易いことではある。しかし、「中東で唯一公正で中立的」報道を唱っている通信社としては、お粗末な限りだ。

 さて、本題に戻ると、8月2日付英国『インディペンデント』紙は、Steve Richards 記者(政治主幹)の「リビアで歴史は繰り返す」と題する注目すべき長文記事を掲載した。その大要は次の通りである。

「スリラーの面白いものの中には、最悪の結末が予期されているのに、打ち勝てない暗黒の力によって、そのまま引きずり込まれて行ってしまうものがある。政治の世界でも同様の事がしばしば起こっており、最近のリビアを巡ってのキャメロン首相の態度が、その例に当て嵌まる。彼はトニー・ブレアとブッシュがイラク戦争に突入した際に、議会では賛成に回ったものの、『爆撃によって民主主義は獲得されない』と主張して、この戦争への疑念を呈した。ところが、今度のリビア内戦では、臆面もなく先を急いで空爆に踏み切り、カダフィの追い落としを最終目的とした。戦費も僅か数百万ポンドに過ぎないと見積もった。
しかしながら、それから数ヶ月を経た今も、カダフィは健在であり、英国の戦費は2億ポンドを超えようとしている。しかも、先の見通しは何も見えていない。結局、キャメロンは前の轍を踏まないように心掛けながら、過去の場合と同じ罠に嵌ってしまったのである」

 リビア情勢は、英国・フランス・NATO本部にとって、ますます不利な戦況になっている。加えて、ベンガジ・CNT内部の激しい抗争が表面化した。軍最高幹部 Younes 将軍が部下戦闘員によって惨殺された事件を契機にして、「親カダフィ」勢力がCNT軍事組織に潜んでいることが明らかになり、大規模な交戦で多数の死傷者が出ている。元々、ベンガジ勢力には、アルカイーダを含むイスラム原理主義者・親カダフィ派など地方部族が混在しており、ユネス将軍「暗殺」も、どの部分の犯行なのか明かされていない。
 こうした事態・混乱を受けて、英国・好戦派の Liam Fox国防相でさえ、「反カダフィ軍は政府軍に対して勝ち目はない」ことを最近認め、「勝利の可能性」はトリポリでの「宮廷革命」即ち、カダフィ大佐周辺での叛乱しか残っていないことを告白している。

更には、英国自民党の元党首で政界の重鎮であるメンジーズ・キャンベル氏は、7月31日、CNT・ ユネス将軍「暗殺」事件を受けて、保守・自民連立政権に対して、英国軍の「リビア関与」を全面的に再検討するように要求した。これは、英国のリビア軍事介入を停止させることを含むものであることは明らかだ。

 ベンガジ・ミスラータに拠っているCNTに「トリポリ攻略」の能力が無いのと同様に、カダフィ政府軍も、NATO空爆によって戦闘能力をひどく殺がれており、リビア「全土制圧」の見込みは無いだろう。残る選択肢は、このまま「消耗戦」を無目的で続けるか、それとも、「和平交渉」に踏み切ることしかない。NATO軍介入が無ければ、この「リビア内戦」がここまで拡大することが有り得なかったことを思えば、米・英・仏首脳の「責任は重大」と言う外ない。
               (2011.08.03)

<追記>
1. 8月2日付英国紙『ガーディアン』は、著名な評論家サイモン・ジェンキンズ氏の「毎晩英国はトリポリを爆撃している。死を除けば、我々は何を実現しているのか?」と題する論説記事を掲載している。その副題では、「英国は決してリビアに関与するべきではなかった。しかし、ホワイトホール(政権)の抑制が崩れて、権力の座に居る誰も、彼らの愚かさを認めない」としている。
 記事本文の冒頭では、「英国の中途半端なリビア参戦は、向こう見ずな身振りから完全な失敗に終ろうとしている」と始めて、「英国の政治家たちに代々、如何に根深く帝国主義的遺伝子が巣食っているかを見ると、ぞっとする」と結んでいる。            (2011.08.04)

f0166919_141918100.jpg


                 Simon Jenkins 氏

2. 8月2日付の仏『リベラシオン』紙は、ジャーナリストJean-Franaois Kahn 氏の「大失敗を告発することは禁じられているのか?」と題する評論記事を掲載している。そこでは、サルコジ大統領が煽動したNATOの「リビア軍事介入」が、民衆の生活基盤を破壊し、広範な人々の「リビア脱出」という惨事を引き起こしている事実を告発した上、フランス言論界・知識人が悲劇が起こっている実情を把握しながらも、口を閉ざしている状況を暴露・批判している。(原文:資料 1参照)    (2011.08.04)

f0166919_7352821.jpg


     イタリア領 Lampedusa 島に打ち上げられたリビア脱出難民犠牲者

3. 8月5日付・仏『ヌーベル・オプセルヴァトゥール』誌などが伝える所に依ると、イタリアと北アフリカの中間に位置するLampedusa島に、戦乱が続くリビアから逃れて来た数百人のアフリカ人が難民船で到着したという。彼らの話では、NATO軍空爆などでリビアでの「出稼ぎ」の仕事を失ってトリポリなどを離れ、約一週間の航海の間に100人程が飢えなどで死亡し、死体は海に投げ込まれたということだ。これまでに、こうした難民はNATO「空爆」開始以来2万4000人に上り、航海途中で死亡して海に遺棄された者は夥しい数になるようだ。また、イタリア難民収容所に受け入れられても、目指す欧州諸国などに入国が許されず、「送還」に抗議して、暴動に発展しているという。困惑するイタリア政府は、NATO本部に緊急対策を求めているが、英国・フランス両国は一切の難民受け入れを拒んでいる為、どうにもならない状況だ。                (2011.08.05)

4. 上記の事件を受けて、イタリア政府は昨日、ブリュッセルのNATO本部に対して、リビアからのアフリカ人難民を乗せた船舶が航海中難破した際に、NATO軍艦船が戦闘作戦行動を優先して、海に投げ出された多くの難民の救助を度々怠ったのではないかという質問書を送ったことを明らかにした。
目の前に展開している海難事故を無視するという「国際法」違反の、この重大な事件については、英国『ガーディアン』紙が、NATOに対して既に調査を求めているが、まともな答弁が全く為されていないという。                      (2011.08.06)

5. 8月6日月曜日、リビア東方Zlitenの南部近郊の村Majar に対するNATO軍空爆に因り、85人の村民が死亡したという。Zlitanは激戦の後、先日カダフィ政府軍が制圧した人口20万人の都市である。この重大な「誤爆」事件は、「市民の保護」を口実にしたNATO空爆が如何に空疎な理屈に基づいているかを示している。このニュースは、英国では『タイムズ』、『デイリー・テレグラフ』、フランスでは『ル・モンド』の各紙が伝えているが、政権側がトリポリ駐在の西側ジャーナリストを現地に案内しているだけに、事実は争えないが、85人の中に戦闘員が含まれているのではないかとする記者もいるようだ。                      (2011.08.10)

f0166919_14285771.jpg


8月5日のNATO軍空爆で「死亡した」筈のカダフィの息子Khamis、9日、TVに現れる    

6. 去る8月5日、上記 Zliten でのNATO軍空爆を受けて、リビア軍最精鋭部隊を率いるカダフィ大佐の息子 Khamis Gaddafi が死亡したという情報が、「ベンガジ・CNT」の報道官から大々的に発表されて、『アル・ジャジーラ』を始め、西側メディアが大きく報道したが、「トリポリ』側は、「ベンガジ」のいつもの虚偽宣伝に過ぎないと一蹴した。ところが、今日の『アル・ジャジーラ』、英国『デイリー・テレグラフ』は、リビアのTV局が 9日、Khamis が負傷した兵士を見舞う映像を流して、「死亡説」が虚偽であったことを事実上認めた。我が『朝日』・『読売』など日本メディアも「死亡説」をそのまま流し、特に『朝日』は、この事実が「リビア内戦の大きな転機になる」とまで言い切ったのであるが、さあ、果たして「訂正記事」をいつ掲載するのだろうか。  (2011.08.10)

f0166919_16183664.gif


7. 今日8月11日付の仏『ル・モンド』紙は、「ベンガジ・CNT」が2、3週間前から「占拠」を主張し、「トリポリ」政権側も「制圧・維持」と述べていた東部・石油基地 Brega の「真相」を漸く明らかにした。それに依ると、Brega 周辺で双方の激しいロケット・迫撃砲などの撃ち合いが続いているものの、Brega自体はカダフィ政府軍が、周りに地雷原と、可燃性液体を満たした塹壕を構築して「ベンガジ軍」を寄せ付けず、また、NATO軍空爆を遣り過ごす為に、未完成の水路網をトンネルの様に使って、巧みに戦車・軍用車両を短時間間隔で出入りさせて、攻撃を繰り返しているということだ。                        (2011.08.11)

8. リビア Zliten 近郊の村 Majar でNATO空爆に因り85人が犠牲になった事件について、英国紙『モーニング・スター』は、その内35人は子供だったことを伝えている。一方、カダフィ政権は、この事件について、8月10日、ハーグの国際司法裁判所に、NATO を「戦争犯罪者」として提訴することを明らかにした。                         (2011.08.11)

9. 8月12日付『モーニング・スター』紙が伝える所に依ると、国連事務総長 Ban Ki Moon 氏は、11日、リビアでの85人に上る「空爆犠牲者」を深く悼むと共に、「今後、同様の悲劇が繰り返されることの無いように、全ての当事者が停戦の為の交渉に加わる」ことを求めたという。国連安保理が「市民保護」を理由にリビアに対するNATO軍の作戦を認めたことを口実にして、仏・英などが事実上の「無差別空爆」に踏み切っている現状に、やはり、国連責任者としての「罪」を感じての発言だろう。                                (2011.08.13)

10. 8月16日付の仏・英各メディアは一斉に、リビア「反カダフィ軍」がトリポリ西部・南部のZawiya、Gariane、Sourmane などで「攻勢に転じ」ており、「いよいよカダフィの運命が決まり」そうだと報じている。フランス・メディアの場合、AFP通信社が配信したニュースを殆どそのまま紙面に載せており、AFPが事実上国営機関で、サルコジ政権の「息がかかった」報道をしていることが明らかである以上、まあ、政権の「希望的観測」の域を出ないだろう。これまでと同様、トリポリでの「反カダフィ叛乱」を誘おうとする「ベンガジCNT」の「大本営」発表を垂れ流しているに過ぎない。カダフィ側は、「鼠のように」次々とゲリラ戦法で攻撃目標を移す「反政府軍」に手を焼いていることは確かだが、政権中枢には何の影響も無いとしている。一方、チュニジア・チュニスで、国連・リビア政権・CNT(ベンガジ)3者の接触が始まっているという観測も出ているが、事実かどうか不明瞭だ。いずれにせよ、ここ二、三週間の内に「反カダフィ軍」の力量・実態が暴露されることで、リビア情勢の「帰趨」が明瞭になる可能性が大きいと思われる。       (2011.08.16)


f0166919_2128241.jpg


「アフガン大成功」・「カダフィ終焉は8月中」と大法螺を吹くパネッタ米国防長官  
   
11. 8月16日付の英国『モーニング・スター』紙がリビア政府Moussa Ibrahim 報道官の談話として、これまで「反カダフィ軍」が抑えていたリビア第三の都市(人口55万)ミスラータを、15日政府軍が制圧し、リビア軍は市中心街に進攻中で、部分的な抵抗を排除しつつあるという報道をしている。この報道官の記者会見には、BBC、『デイリー・テレグラフ』など西側特派員が幾人も参加している筈であるが、これまでの所、前述のニュースについては一切報道されておらず、ここ数日、「ミスラータ」への言及が全くない。恐らく、それほど「重大な事実」だからだろう。
  一方、Panetta 米国防長官 が討論会で「カダフィの終りは近い」と述べたニュースが、大した根拠も無く大々的に伝えられており、我がNHKも、今夜7時のニュースで、上の一言だけを言っていたのには呆れた。日頃、リビアで起こっていることに殆ど触れていなのに、米国高官が言ったことだけはどんなに唐突でもニュースに出すといった「報道姿勢」は、ジャーナリズムの「常識・良識」とは如何に無縁であるかを知るべきだ。米国CIA長官から国防長官に転身したパネッタ氏は、同じ討論会で、最近36人もの米兵が乗ったヘリが、アフガニスタン・タリバンに撃墜されて死亡した事件を無視して、「アフガンは全てうまく行っている」と宣う人物だけに、CIA 流「虚偽」の権化のような人物だ。ここに来て、リビア戦線に「実働部隊を展開していない」筈の米国が派手な発言に出ている訳は、「電話盗聴事件」と「英国暴動事件」に足を取られて「リビアどころでなくなった」英国・キャメロン、更には「ユーロ圏経済危機」の対処に忙しく、リビア沖に展開させていた原子力空母をツーロン港に引き揚げさせた仏・サルコジに替わって、「カダフィ追い落とし」の為の「仕草」をともかく買って出ようとした動きに違いないが、さて、その挙動の効果の程は如何? (2011.08.17)

12. リビア情勢は愈々重大な局面を迎えているようだ。NATO軍は、恐らく、ベンガジ側の要衝ミスラータ「陥落」の衝撃に因るのだろうが、「手段を選ばぬ」暴挙に出ている。先日、『ニューヨーク・タイムズ』紙の記事・ブログに「米軍はリビア国民70%に給水するリビア水道施設を爆撃しており、人道危機を起こそうとしている」という記述を見つけ、その時は「まさか」と思ったのであるが、今や真実であることが分かった。昨日の西側メディアに依ると、トリポリでは最近頻繁に断水や停電が続いているという。「人道支援」をリビア軍事介入の建前としていたNATO軍は、ここに来てリビア人民の「生活インフラ」破壊という「戦争犯罪」を犯そうとしている。 (2011.08.20)
 「ミスラータ陥落」説・関連記事として、昨日の『ル・モンド』紙の記事の一部「国連難民救済機関OIM の要請に依り、ミスラータに輸送船が派遣される」の原文)

Un bateau affrété par l'OIM doit quitter vendredi Benghazi pour Misrata, lors de la quinzième mission d'évacuation de migrants provenant principalement d'Afrique du Nord, indique l'OIM. Plus de 600 000 migrants ont déja quitté la Libye depuis le début de la crise.

13. 殆ど全ての欧米メディアが「反カダフィ軍」の最近の「見事な進撃」に熱烈な歓声を挙げている中、米国『ロス・アンジェレス・タイムズ』は、「NATOがリビア作戦規模を縮小する一方、速やかな停戦を求める声が高まっている」と題する「冷めた」記事を掲載している。そこでは、NATO作戦参加国が国内「緊縮財政」を余儀なくされ、リビアへの参戦規模を減退させており、仏・英・米三国が求める「3か月作戦延長」が、「全会一致」の原則のNATO理事会で否決される恐れが出てきたとしている。(原文・資料 2 )                            (2011.08.20)

14. リビア第三の大都市ミスラータがカダフィ政府軍の手に落ちたことをロシア『プラウダ』紙(英語版)が8月16日伝えていた。この事実を西側のマス・メディア全てが「ブラック・アウト」(差し止め)ているのは、極めて奇妙な現象だ。公器としての存在の「自己否定」に外ならない。『プラウダ』原文の一部は次の通り)                           (2011.08.21)
Two parting shots. As Cameron, Obama and Sarkozy cut public spending at home, has anyone an idea of just how much of their taxpayers' money they are wasting on bombing civilians and murdering children in Libya? No? Then it is better they do not know, for the author of this piece does not want to start any more problems than these countries already have.

Oh, and erm...Misratah has been taken 100% by the Libyan Armed Forces. In future any NATO vessel entering the port will have Libyan Government authority to dock or else we will see if the fish in the Mediterranean Sea really do like frogs and their Anglo-Saxon masters.
(以下略)
Timothy Bancroft-Hinchey
Pravda.Ru

f0166919_21334166.jpg


15. 「反カダフィ軍」が制圧したというZawiya から、首都トリポリへの彼らの進軍が始まったようだ。車両などは戦闘で焼かれて、多くは徒歩で行進している。彼ら約800人の戦闘員の多くは20歳前後の若者だ。恐らく「理想に燃えて」立ち上がったのであろうが、どうも、ベンガジ・CNTの狡賢い老人たちや、欧米メディアの「やれ!やれ!」という無責任且つ魂胆のある「激励」に操られている観がある。彼らの前途には、弱体化したとは言え、戦略に長けた「カダフィ軍」の猛反撃が待っている。食料・弾薬などの「補給体制」も侭ならない彼らが、果たしてトリポリに辿り着けるのか、そして、最後に、どれだけの者たちが生き残れるのか、非常に気がかりだ。一日も早く、「和平」が成ることを祈るばかりだ。                         (2011.08.21)

<写真> The Daily Telegraph, The Independent, Le Monde, Le Figaro, The Guardian
    BBC news, AFP, Los Angeles Times

<参考資料 1> 8月2日付 仏『リベラシオン』紙
02/08/2011 À 00H00
Est-il interdit de dénoncer le fiasco ?
TRIBUNE
Par JEAN-FRANÇOIS KAHN Journaliste, écrivain, fondateur de «Marianne»
La traque inquisitoriale et compulsive de tout propos «non conforme», comme dans l’extravagante affaire Eva Joly (à propos du défilé du 14 juillet), a-t-elle atteint en France une telle intensité qu’on en arrive à ce constat inquiétant ? Depuis près de six mois, à l’instigation de la présidence française qui s’est lancée dans cette aventure improvisée sans préparation sérieuse, l’Otan poursuit en Libye une intervention militaire qui tourne au fiasco, détruit les infrastructures du pays et accentue l’exode des populations civiles. Elle apporte de l’eau au moulin des délires propagandistes du dictateur, sème la zizanie au sein d’une rébellion qui fut originellement exemplaire mais risque de plus en plus d’apparaître comme supplétive d’une intervention «impérialiste» occidentale en partie financée par les monarchies les plus tyranniques du golfe Persique, brouille l’image de ce sublime printemps révolutionnaire arabe dont on voit bien que cette initiative mal pensée lui a donné un coup d’arrêt au profit des seules forces islamistes, paralyse le Conseil de sécurité de l’ONU au seul profit de Bachar al-Assad qui peut ainsi mener impunément son effroyable politique répressive.
(以下略)

<参考資料 2> 8月20日付『ロス・アンジェレス・タイムズ』
As NATO scales back in Libya, pressure mounts to end war soon
While Libyan rebels make strides against Moammar Kadafi's government, NATO members facing budget cuts are scrounging to keep their air campaign alive long enough to finish the job.
By Paul Richter, Los Angeles Times
August 20, 2011
Reporting from Washington
The French and Italians have sent their aircraft carriers home. The British have withdrawn their spy plane. Canada is pulling out air crews. The Danes are running out of bombs. And the Norwegians have dropped out entirely.
As their Libyan rebel allies finally are showing progress on the battlefield, members of the NATO alliance are scraping and scrounging these days to keep the five-month air campaign against Moammar Kadafi's government aloft long enough to make it to the finish line.
British, French and American officials now say Kadafi could stay in Libya after giving up power if the rebels advancing on Tripoli agree. But this formulation poses a risk, U.S. officials acknowledge, because of the possibility he will continue to exert a strong influence on a future government.
<中略>
The alliance has been "forgiving when the smaller countries decide there are limits to what they contribute," said Kurt Volker, who was U.S. ambassador to NATO during the George W. Bush administration.
North Atlantic Treaty Organization members will decide next month whether to extend the Libya mission for three more months. With the U.S., France and Britain all publicly committed to continuing the campaign indefinitely, an extension appears likely.
But the senior NATO official said that the growing pressures leave open the possibility that one of the countries will try to block the extension, which can only be adopted by unanimous vote.
"In this environment, there's reason to fear someone might just put up their hand and say, 'No more,'" the official said.
paul.richter@latimes.com
by shin-yamakami16 | 2011-08-03 09:59 | Comments(0)