世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0166919_1133893.jpg


           7月27日ロンドン・オリンピック「開会式」


英国:主催国の「資格」問われる「軽さ」と「重さ」

                            山上 真

 昨夜、英国スコットランド・グラスゴーHampden Park スタジアムで開催されたオリンピック女子サッカー「北朝鮮対コロンビア」の試合で、「何と言いましょうか」的なハプニングが起こって、今日の英国各紙・BBC・米国ABC などが筆頭ニュースとして伝える騒ぎになった。


f0166919_14253650.jpg


               「南」国旗と「北」選手」

 如何にも英国で有りそうな事だが、試合前に、「南」との間で「厳しい緊張」関係が続いている「北」朝鮮の出場選手を紹介する際に、こともあろうに「南」朝鮮の国旗を掲示するという ‘gaffe’ (大失態)を演じてしまったのだ。

f0166919_14301328.jpg


                驚き、嘆く「北」観客

 これに驚き、激怒した「北」チームは、約一時間退場して、「強い抗議」の意思を表したという。組織委員会の「平謝り」を受けて気を取り直した「北」チームは、コロンビアに対して2—0 で勝利して終わった。

f0166919_14333123.jpg



f0166919_1432452.jpg



f0166919_14341282.jpg



 英国では一般的に極東での事情に疎く、五輪係員が朝鮮半島の「分裂状態」も知らずに、使用頻度が多い「南」国旗を「うっかり」出してしまった可能性が高いが、意地の悪い向きが、「閉鎖独裁国」というレッテルを張られている国の反応を見る為に、意識的に「南」国旗を使ったという見方も有り得る。

 英国メディアが「五輪試合が始まって僅か4時間後」に起きた「ヘマ」に非常に困惑している様子であることは、例えば 'BBC Radio 5' が定時ニュースの冒頭に「事件」を有りのまま詳述し、「北」チーム関係者の抗議の声を紹介している点からも分かる。


f0166919_9423038.jpg



f0166919_14374911.jpg



 今度の「ロンドン・オリンピック」は、過去十数年間の英国軍の対外「軍事介入」ー イラク・アフガン・リビア ー を背景として開催されたことを忘却され得ないだろう。「平和」の象徴としてのスポーツ祭典とは、一線を画されねばならない。「仮想敵」からのテロの恐れを排除出来ないからだ。一万八千人もの軍隊が動員され、テームズ河上の軍艦、五輪会場周囲でのミサイル配置という「異常事態」を現出させている所以である。


f0166919_1439539.jpg


           「ミサイル設置」に抗議するロンドン東部住民

 こうした厳重警備にも拘らず、「テロの恐れ」は少しも去りそうにない。それを象徴しているのが、バッキンガム宮殿周辺などロンドン市内の夥しい交通規制である。その為か、英国人一般に「オリンピック騒ぎ」への反感が大きく広がっている印象がある。昨日も、五輪会場近くで 「反オリンピック」デモを展開している人々の様子を ‘BBC World’が放映していた。サッカー試合のチケットが75万枚も売れ残っているのも理解できる。

 ここまで来れば、ロンドン五輪が「大成功」とまで言わないまでも、恙無く終わることを祈るばかりだ。スポーツ観戦嫌いの筆者も、偶には競技の一コマを覗いてみたいと思っている。(2012.07.26)

                   <追記>
1. 「国旗間違い」問題について、昨日26日、IOCロゲ会長は「他意ないミスだった」という談話を出し、キャメロン英首相も、「'honest mistake' であって、今後二度と起こらない」ことを誓ったという。一方、「北」代表者は、「故意に行ったかどうか、厳しい調査を続ける」ことを求めている。なお、間違った国旗表示を出した責任者は、名を明かされていない侭だが、辞職を申し出ているようだ。 (2012.07.27)

f0166919_11362369.jpg


                 7月27日「開会式」

2. ロンドン五輪「開会式」は、「絢爛豪華」ばかりの前回「北京オリンピック」とは聊か趣が異なった、如何にも英国らしい特徴と機知に富んだ「秀作」と言えるものだった。この国の緑豊かな「自然」、産業革命時代を中心とする先駆的「歴史」、世界的な芸術家・文化人など「人的資源」の豊かさを強調した趣向だった。ただ真面目さだけでなく、喜劇役者「ビーン」を登場させたり、NHS(国営医療保健制度)を肯定的に表に出して、キャメロン政権の「民営化方針への抵抗」を示唆したりする「オリジナリティ」が見られた。 大方の予想を超えた規模の開会式と言って差し支えないだろう。 (2012.07.28)


f0166919_13301718.jpg



f0166919_13305852.jpg



f0166919_13312634.jpg



f0166919_13325177.jpg



f0166919_13335784.jpg



f0166919_13343636.jpg



f0166919_13352227.jpg



f0166919_13361081.jpg



f0166919_13362943.jpg



f0166919_13394749.jpg



f0166919_13383150.jpg



f0166919_1339633.jpg



f0166919_13323184.jpg



3. この所、ロンドン五輪会場の「空席問題」が現地関係者の注目を集めている。一方では、外国貴賓などに贈られた多くのティケットが 'touts' (ダフ屋)に流れ、高価で売られている為、警察当局はその十数人を掴まえたという。英国民一般の「五輪」に対する関心が低いことと、少なくとも競技の一部が「不人気」の上、変なカラクリが上記の現象を生んでいるのだろう。 (2012.07.30)


f0166919_1028496.jpg



f0166919_10201844.jpg


   マンチェスター・スタジアム:サッカー「エジプト対ニュージーランド」戦


4. 英国左翼陣営からは、「ロンドン五輪」が「新自由主義のスポーツに対する不健全な介入の未曾有の表れ」として厳しい批判に曝されている。そこでは、例えば、ロンドン・オリンピック主宰者のSebastian Coe 氏が年俸に加えてボーナス・企業寄付金など年間600,000ポンド(約7,500万円)の収入を得ること、後援企業として、Dow Chemical , BP など世界的な「環境公害」原因企業から、McDonald's, Coca-Cola, Cadbury's, Gucci, Louis Vuitton, Versace, Tiffany などに至るまでの夥しい大企業が名を連ね、現在それらの社主である大富豪の面々が豪華ヨットに乗って会場に集合しつつあるとしている。(2012.07.30)

f0166919_22274693.jpg


     ロンドン「五輪村」の中心部に世界最大の店舗を構えたMcDonald's

5. 昨日30日の「五輪体操」で日本チームと英国チームが関わるハプニングが起こったようだ。この会場には、英国王子ウィリアムとハリーが偶々観戦しており、英国人観客の「ブーイング」に加わる騒ぎになり、今後の「日英」関係に微妙な影響を及ぼす恐れが出て来た。筆者は見ていなかったので、特に感想は無いが、日本選手の「ちょっとした失敗」で団体4位になったのを抗議し、覆して2位に上がり、英国はその煽りで2位から3位に下がったということだ。最初3位のウクライナは4位に落ちた。しかし、英国人大方は「100年ぶり」の入賞を遂げて、満足している様子であるが、問題は、特に「タブロイド」紙の記事内容である。ひょっとすると、「日本人横暴」の印象が広まりかねないからだ。ー<参考資料2>  (2012.07.31)


f0166919_1341775.jpg


                 抗議中の日本チーム


f0166919_13422767.jpg


              熱心に観戦中のウィリアム・ハリー両王子


f0166919_1344196.jpg


       英国チーム「シルバーからブロンズ」で、ウィリアム王子「この表情」


f0166919_13524643.jpg


              3位確定で「納得」の英国チーム

6.「 ロンドン五輪」を訪れた各国首脳の内、「準備不足」に言及して大方の顰蹙を買ったのは、先ず「とんま」米大統領候補「ロムニー」の名が挙げられるが、ごく最近では、仏新大統領オランドが五輪会場で隣り合って座る英首相キャメロンに、「英国は大企業に空切符を買ってもらって大儲けをしているが、我々はお陰で金メダルを稼がせて貰っている」と 'taunt' (なぶって)いるのを、7月31日付『テレグラフ』紙がスッパ抜いて話題になっている。例の「会場空席」問題が大きく騒がれて、主催当局が説明と収拾に追われている最中であり、また、主催国英国が未だに「金」一つも取れないという「不成績」と、フランスが「金4つ」という好成績を背景にした話題である。
 ところで、日本の幾つかの大新聞・TVなどが、「メダル獲得数」を日本のものだけ表示するに留めているのは、「敵国」中国や「北」朝鮮が、幾つもの「金」を獲得しているのを「気にして」いるからなのだろうか?そうだとすれば、とんだ「お笑い種」だ。 (2012.08.01)

f0166919_1155492.jpg


          英国首相キャメロンを「嬲る?」仏大統領オランド

7. 昨日1日、英国チームは漸く「女子ボート」と「男子自転車」で金メダルを獲得した。前日、大衆紙 'The Sun' が悲痛な 'Wanted Gold' の文字を第一面に出していただけに、主催国の「面子」を守れた喜びは一入のものがある。日本も「体操個人」で内村航平氏が「金」を獲得したのは当然の結果だ。2日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙で、一般的に「金」の数順に並べるのが普通であるのを、3位までの獲得メダル数で順位を表示した結果、日本(17個)が、中国 (30)・米国 (29)に次いで、見事に「世界第三位」に位置づけられたのは、「ご同慶の至り」だ。(2012.08.02)


<写真> Daily Telegraph, Daily Mail, The Independent, BBC news, Red Pepper


                <参考資料>

1. 7月30日付『レッド・ペッパー』ー「新自由主義ゲーム:誰が2012年ロンドン五輪の真の勝者か?」

The neoliberal Games: who are the real winners from London 2012?

Far from embodying some timeless ‘Olympic spirit’, the 2012 Games reflect the injustice and inequality of the current economic system, writes David Renton

Long before John Carlos stood beside Tommie Smith to give their famous clenched-fist salutes on the podium at the 1968 Olympics, he was a boy growing up in Harlem. ‘When I first learned about the existence of the Olympics,’ he recalls, ‘my reaction was different from anything I had ever felt when listening to baseball or basketball or football or any of the sports that I’d seen people play in the neighbourhood. The sheer variety of sports, the idea of the finest athletes from around the globe gathering and representing their countries: it was different, and the fact that it was every four years made it feel like an extra kind of special.’

The origins of the Olympic wonder lie in International Olympic Committee founder Pierre de Coubertin’s struggle with the French sporting authorities, and in the Olympic Charter, with its promises ‘to place sport at the service of the harmonious development of humankind, with a view to promoting a peaceful society concerned with the preservation of human dignity’.

The London Olympics have always had a much narrower set of ambitions. One of the five promises made in the original Olympic bid was: ‘To demonstrate that the UK is a creative, inclusive and welcoming place to live in, to visit and for business.’

Welcoming business has meant that the 4,700 medals being given out at the event have been struck from gold, silver and bronze donated by Rio Tinto, mined chiefly from its Bingham Canyon mine in Utah, USA. According to the London Mining Network, Rio Tinto’s mining operation has generated air pollution causing between 300 and 600 deaths in Utah each year.

London 2012’s main ‘sustainability partner’ will be BP, responsible for the April 2010 Deepwater Horizon disaster. This saw some 200 million gallons of crude oil released into the Gulf of Mexico, poisoning fishing stocks, endangering birds and other wildlife, and putting tens of thousands of fishermen out of work. BP is also one of the companies involved in extracting tar sands in Canada, a process that destroys forest, wastes untold volumes of fresh water, causes illness in mining areas, and is already responsible for around 10 per cent of all of that country’s carbon emissions, with production set to increase continuously over the next decade.

The companies sponsoring the Games include chocolate firm Cadbury’s. And right in the heart of the athletes’ village, the London organisers have authorised building the world’s largest McDonald’s. Another company hoping to be associated with the health and vigour of the athletes is Coca-Cola, the sponsors of the Olympic torch relay.

<中略>

Inevitably, the London Games have been subject to protest. Several Occupy veterans joined local residents in the Leyton Marsh campaign. Various coalitions have formed, including a new Olympic Project for Human Rights (OPHR), backed by the RMT union, and a Counter Olympics Network (CON), which has called a day of action on 28 July.

Sports begin in the most basic of human responses – the pleasure of running, jumping, testing your own reflexes and those of the people around you. But the sports business is escaping from these moorings. All over the sporting world, we see the same phenomena: declining access to public land or to other free facilities to enable people to participate in sports directly, declining opportunities even to watch sports live (supporting sport is increasingly done via television, more and more on pay-per-view satellite television), rising ticket prices, increasing salaries for sports stars and sports administrators, and a tendency for sport not merely to mirror the worst excesses of private capital but to be used to give allure to some of the most controversial of businesses.

The London Olympics is merely the grandest expression of neoliberalism’s unhealthy involvement in sport.

2. 7月30日付『デイリーメール』紙 ー「奪われた!英国体操チームは歴史的銀メダルを与えられた後、日本の抗議に依り銅メダルにどすんと落とされ落胆遣る方無し」

Daily Mail

Robbed! Heartbreak for GB gymnasts as they are handed historic silver medal then bumped down to bronze after Japanese appeal

Brits edged out Ukraine for bronze - then disaster struck for second-placed Japan, knocking them into fourth and GB into second
But judges accepted Japan's appeal over botched pommel dismount, bumping GB back down to third
Bronze is still Britain's first medal in the event for a century
Louis Smith stars on the pommel, chalking up 15.966
Kristian Thomas scores an enormous 16.550 in the vault
Champions China take gold
USA's medal hopes left in tatters after disappointing turn in the vault
By LOUISE ECCLES
PUBLISHED: 16:27 GMT, 30 July 2012 | UPDATED: 02:40 GMT, 31 July 2012

They blew kisses to the crowd and thumped the air with joy after being crowned Olympic silver medallists.
But within minutes, Britain’s male gymnasts were told there had been a mistake with the score. They had, in fact, won bronze.
The gymnastics team were told they had been downgraded after the Japanese successfully appealed against their own marks.
Japan leaped from fourth to second and China convincingly took the gold.

Rollercoaster: Top, the Team GB gymnasts celebrate what looks like a silver medal win before, bottom, hearing the Japanese appeal means it is in fact bronze

Bronze medalists Daniel Purvis, Max Whitlock, Louis Smith, Kristian Thomas and Sam Oldham on the podium
Yet, in a display of dignity and sportsmanship, the five stoical young Britons refused to be disappointed and, as they stood on the podium, they kissed their medals and waved to their adoring fans.

More...
LIVE: Olympics - follow all the latest action unfolding on day three
Crunch time for Britain's little Twiglet: GB's youngest competitor makes it to gymnastics final
BBC TOLD TO STOP MEDDLING WITH MEDAL CEREMONIES
Viewers are demanding more medal ceremonies on the BBC’s main Olympics coverage – even when a British competitor is not involved.
Fans have been frustrated by the broadcaster’s decision to ignore various presentations in favour of studio chat or cutting to other coverage.
Critics say it is as much a part of the Games to see the medal ceremonies as the contests themselves.

It was, after all, the first podium medal for a British gymnastics team for 100 years, since the 1912 Stockholm Olympics.
London 2012 poster boy and Beijing bronze medallist Louis Smith, 23, and his four teammates had entered the North Greenwich Arena with an outside chance of a medal.
But the deafening roars of the home crowd cheered Smith, Daniel Purvis, 21, Max Whitlock, 19, Kristian Thomas, 23, and Sam Oldham, 19, through to a podium position.
The athletes were watched by Prince William and Prince Harry – who sat tensely with their fists in front of their mouths during the final minutes – as the team performed spectacular routines in all six disciplines.
Smith, the captain of the team and a favourite to win a medal later this week on the pommel horse, said: ‘Despite the protesting getting the scoring changed, this is a dream come true for all of us.
‘For these guys, it’s their first Olympics, so to get a medal, a bronze medal, is unbelievable.
‘Silver, bronze, it doesn’t matter. Our target was to get fifth in the competition and enjoy the competition. We enjoyed it and we got a bronze medal.’
After a spectacular performance on the floor exercises in the final round, Britain jumped from fourth to second on the scoreboard, causing the 16,000-strong crowd to leap up from their seats in jubilation.

Prince William and Prince Harry look tense as they watch a gymnastics final full of twists and turns

Team Japan sit dejected after the initial result places them fourth. After judges spent about five minutes reviewing three-time world champion Kohei Uchimura on the pommel horse, his score was revised and Japan was awarded the silver medal

Great Britain gymnast Louis Smith in a star turn on the pommel horse

Smith gestures after his performance on the pommel horse gets the Brits off to a strong start in the gymnastics men's team final

But after the Japanese believed they had been marked too harshly on the pommel horse, they appealed to judges for a re-mark.

Then came the revelation that there had been an error.
The devastated Ukrainian team, who thought they had won bronze, were relegated to fourth and left empty-handed.
Thomas said: ‘A silver would have been nice but I couldn’t complain at all right now.’
His teammate Purvis added: ‘If someone had said to us before the competition we would come away with a bronze, we would be buzzing. Getting a bronze is absolutely amazing.’ After a great performance, Smith now looks in a strong position to take gold in the individual event on the pommel horse.
He has conceived the most difficult 50-second pommel horse routine in the world which, if performed cleanly, should prove unbeatable.

Prince William discusses the nail-biting finish with rowing legend Sir Steve Redgrave, while former Olympic athlete Denise Lewis can barely watch

Sir Steve Redgrave, Denise Lewis, Prince William and Prince Harry cheer for the triumphant Team GB gymnasts
And at the British Championships last month, Smith recorded a personal best of 16.375 – one of the highest scores ever for pommel.

William shows his dismay after Britain's silver turns to bronze
The natural showman is known for his outlandish hairstyles and outspoken views, as well as his ability to work the crowd up into a frenzy.
Three years ago, after his success in the individual events at the Beijing Olympics, he decided to pursue his second dream of singing and entered the X Factor.
But his singing failed to impress Cowell and he was not sent through to the next round. He admits he looked ‘like a goon’ and will focus on his sport – for now.
It will come as a relief to his many fans, who waved flags and screamed themselves hoarse during yesterday’s tense competition.
Spectator Kerstin Wolgast, 34, from the City of London, said: ‘First we expected nothing, then out of nothing we had silver, and then bronze – it was an emotional rollercoaster.’
Her partner John Mills, 45, a former PE teacher, added: ‘It was fantastic. The boys did really well. Talk about home advantage.’
Prime Minister David Cameron announced the team’s success to a huge cheer and applause as he began his speech at a reception at the Royal Academy of Arts in central London last night.
by shin-yamakami16 | 2012-07-26 14:39 | Comments(0)
f0166919_1429169.jpg


    7月18日キム・ジョン・ウン氏「元帥」就任を祝う朝鮮人民軍兵士たち


金正恩氏「元帥」着任:さて何が起きるか?

                                    山上 真

 最近、「北」朝鮮で起こっていることが、世界的に「驚異」の的となっている。

 舞台上に、「敵国」米国文化の象徴たるディズニーランドの「ミッキーマウス」が現われたり、如何にもモダンな欧米音楽の歌唱・演奏が為されたりしている。


f0166919_143368.jpg



 折しも、先日17日、若き新指導者・金正恩氏に文字通り軍最高位の「元帥」という称号が朝鮮労働党中央委員会・国防委員会から与えられたと云う。これで、この国の実権を完全に握ったことになる。

f0166919_14333644.jpg



f0166919_14345311.jpg



f0166919_14352483.jpg



f0166919_14381437.jpg



f0166919_14385568.jpg




 我々から見れば、「北」の政治体制は、世襲的「独裁」体制と呼ぶしかないが、現実に存在して統治を行っている以上、国際的にも国内的にも、人々にとって「より良き」政治を行ってくれることが望ましいのは言うまでもない。
 

f0166919_14393119.jpg



f0166919_14414084.jpg



 もし最近「北」に現われている現象が、南・北朝鮮の緊張緩和に繋がり、延いては極東アジアの平和確立に資する動きに発展するならば、誠に喜ばしい方向として歓迎される。

 恐らく、こうした動きを拒絶したいのは、米国軍部・日本自衛隊幹部、右翼グループなどであろう。例えば、危険な垂直離着陸機「オスプレイ」配備を強行しようとしている米国防総省報道官は、「中国・北朝鮮の脅威」に備えることを理由に挙げているからだ。

 米国及び日本の「産業・軍事複合体」は、極東での「緊張緩和」が彼らの利益にとってマイナスに働くことを懸念していることは間違いない。

 英国『デイリーメール』紙が7月18日掲載した何枚もの写真は、「北」人民が新しい行動形式の新指導者に対して、少なくとも好感を抱いていること、更に言えば、「明るい前途」に期待感を露にしていることを示している。海外留学体験を持つ新指導者が、国際的な場で、どのような「新行動」に出るか、大いに注目される。 (2012.07.19)


<写真> The Daily Mail

                    <参考資料>

7月18日付『デイリーメール』ー「キム・ジョン・ウンが軍事最高職を与えられたことを知って、兵士たちがピョンヤン市街の通りで踊っている」

Dancing on the street of Pyongyang... after soldiers learn Kim Jong Un has given himself top military job
Son of Kim Jong-Il is already leader of Korean People's Army
Scenes of jubilation from soldiers as son of former leader is revealed as head of military
By MAIL FOREIGN SERVICE
PUBLISHED: 19:27 GMT, 18 July 2012 | UPDATED: 19:51 GMT, 18 July 2012

North Korean soldiers danced in the streets and shopping centres of Pyongyang yesterday after it was announced that leader Kim Jong Un was named as head of the reclusive nation’s military.
State media said in a special noon bulletin that North Korea’s military, government and political leadership had decided to award the top title to Kim, who already is supreme commander of the Korean People’s Army.
It solidifies his standing seven months into Kim’s rule and follows several days of reshuffling at the highest levels of the military.

Stand easy: North Korean soldiers from the Korean People's Army dance in Pyongyang following the Kim Jong Un announcement

Celebration time: Thousands of soldiers gathered following the announcement that Kim Jong Un would become the head of North Korea's military
The announcement of Kim Jong Un’s title as marshal and the presentation of the new military leadership comes just three days after the dismissal of army chief Ri Yong Ho, a high-ranking figure in both political and military circles and seen as a close adviser to Kim.
The government said Ri was ill, but there was widespread speculation abroad of a military reshuffle at the top levels.

More...
North Korea's top military chief is mysteriously removed from all his posts
Who's the mystery woman with Kim Jong-Un? Rogue state's leader appears in public with lady who could be 'sister or lover'
We ARE a nuclear power: North Korea's chilling claim in new constitution
The title of marshal - held previously by Kim’s father and grandfather, North Korea founder Kim Il Sung - is 'another brick in the wall of consolidating Kim Jong Un’s power, across party, state and military institutions,' said John Delury, a North Korea analyst at Yonsei University in South Korea.
'In the wake of Ri’s stepping down, it takes on added significance,' he said. 'Titles, of course, do not ensure authority. But the regime would appear to be closing ranks around their young leader.'

Members of the military in North Korea had gathered to offer their new leader 'their highest glory and congratulations'

New regime: Kim Jong Un, pictured here with former military chief Ri Yong Ho in February, was made supreme commander of the Korean People's Army in December following the death of his father

Choreographed: Kim Jong Un, who is already supreme commander of North Korea's army, is now the head of the nation's entire military
Soldiers and students in uniform filled the streets of the capital to celebrate, dancing and singing patriotic songs despite the rain.
'I am pleased that our cherished desire came into reality,' Kim Jong Gum, a student at the Kang Pan Sok Revolutionary School dressed in a military uniform, told The Associated Press. 'July 18th: This day will be remembered in our hearts as another meaningful and auspicious day.'
One by one, Kim Jong Un has collected top posts in the military and party, including first chairman of the National Defense Commission, first secretary of the ruling Workers’ Party, chairman of the party’s Central Military Commission and member of the Presidium of the Political Bureau.
He was made supreme commander of the army in December, just days after his father’s death from a heart attack.

Dancing in the streets: Koreans described the scenes greeting the announcement as 'another meaningful and auspicious day'

Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-2175486/Dancing-street-Pyongyang--soldiers-learn-Kim-Jong-Un-given-military-job.html#ixzz213SIOVS0
by shin-yamakami16 | 2012-07-19 14:43 | Comments(0)
f0166919_20384413.jpg


          
f0166919_20463480.jpg


          7.16 代々木公園「さよなら原発10万人集会」



経済・外交・軍事政策の全面的改変を!

                                  山上 真

 昨日11日、新党「国民の生活が第一」がマス・メディアの「大ブーイング」騒ぎの中で発足した。しかし、参加議員49人は、何の積りで取材しているかも分からぬメディアの「冷たい視線」にもめげず、非常に明るく小沢代表の周りに結集して、その団結ぶりを披瀝していた。


f0166919_12365195.jpg


        7月11日憲政記念館「国民の生活が第一」党・結党大会



 筆者自身は、政治的立場としてドラスティックな社会主義的変革の道を採るものであるが、そこに至る過程で、国民の「密かな支持」の下に日本の現実を身近な所から変えて行く政治勢力を大いに応援するものである。

 本来ならば、日本の「民主的変革」は、伝統的「革新勢力」、即ち共産党や社民党が担わねばならない筈なのだが、残念ながら、「革新共同」という統一戦線が熱意の不足からか成らず、日本の政治変革を担うべき現実的勢力を構成することからは程遠い。保守地盤が極めて強固な我が国で、もし一党だけで影響力を及ぼせる政治勢力に成り得ると考えているとすれば、誠にお目出度いどころか、政党「綱領」の具現を目指して献身的な活動を続けている一般党員に対する「犯罪行為」ですらある。

 斯くて、より身近な政治実現の為に、「小沢新党」に期待すること大なりなのだが、そこに掲げられている政策を基本的に支持する立場から、僭越乍ら幾つかの提言をさせて戴きたい。

 目下マス・メディアが小沢氏を叩くターゲットとしているのは、「政策の裏付け」としての財源問題であるが、「消費増税」に訴えずに「国民生活第一」の政策を実現する為には、フランス・オランド新政権が打ち出しているように、「富裕税」及び、「法人税増税」を基本政策として採用するのが至当だろう。

 貧困・失業問題改善の為には、経済を活性化することが先ず必要であるが、例えば、原子力に替わるエネルギー革命「ニューディール」政策として、太陽光発電の一層の拡大に加えて、地熱・海水流・風力発電など自然エネルギー開発への革命的な「投資と人的配置」を図ったらどうか。これには、民間企業に任せず、1930年代米国ルーズベルト大統領がやったように、国家的事業として乗り出すべきだ。この大事業には、多くの若年失業者を吸収出来るだろう。しかも、危機的な「核事故」とは無縁なエネルギーを確保出来る。

 「無駄を無くす」方策としては、大胆なまでの「防衛費削減」を実現する為に、次期戦闘機F35のキャンセル、護衛艦など重装備の発注中止、自衛隊員の10%削減などが挙げられる。これで、数年間で少なくとも2、3兆円が浮くことになるだろう。削減された隊員は、例えばアジア・アフリカなどへの国連・非軍事救援部門への派遣、国内災害救援隊員として雇用する。軍事支出抑制の努力は、今、欧州諸国なども必死になって傾注していることだ。

 上記の政策実現の為には、「敵を作らない」外交政策を大胆に採用するべきだ。領土など国際問題では、日本国憲法の「平和条項」を固守し、何事にも「話し合い」の原則で、時間をかけて解決を図る。幸いにして小沢氏は、鳩山氏と同様に、中国・ロシアなど近隣諸国と「太いパイプ」を持っていることが、大きな国益として働くことになるだろう。「北朝鮮」問題でも、現在新たな、好ましい状況が生まれつつあり、首脳間の早期の「話し合い」の可能性が大きくなっている。朝鮮半島での「緊張緩和」は、我が国の外交政策の根幹を「平和重視」へと大きく変えるに違いない。なお、米国の「産業・経済界救済」世界政策としての、TPP (環太平洋連携協定)は、言うまでもなく、日本農業者・消費者に測り知れない「災厄」を齎すものとして、排除しなければならない。


f0166919_1030412.jpg


               「未亡人製造機」オスプレイ

f0166919_854556.jpg


         7月16日山口県岩国「オスプレイ搬入阻止」市民集会


 米国に対する日本の「独立」強調が、最も「小沢新党」に求められる政策態度であろう。これによって、「沖縄」・基地問題の抜本的解決が図られる。「極東平和」が保障される環境の下では、「全ての問題の根源」たる米軍基地の存在は一切無くなる。

 日本独立指向の「小沢」を怖れて来たのは、他ならぬ米国政権・日本財界、それの「傭兵」たるマス・メディアである。しかし、世界的に見れば、日本にも漸く「従属」を脱して、米国の傘に入らない「まともな政権」が生まれたと、多くの国々と人民が歓迎することだろう。

 最後に一つ、小沢氏に対して大事な注文がある。決して「ファッシスト・橋下」を誘うな、ということだ。 この「粗忽者」に近づくことで、多くの心ある支持者を失うことだろう。 (2012.07.12)

                  <追記>
1. この党が所属議員に対する「党議拘束」を設けない方針を採ったことは賢明だ。それぞれの議員は必ずしも全ての案件に賛成という訳がないからだ。「基本の柱」だけを守ることで、党の存在意義を誇示できるだろう。
 昨日の参院予算委員会で「国民生活第一」所属議員がTPP問題を批判的に取り上げていたのは立派だ。この党は、「消費税増税」反対であるなら、TPP反対の立場を採ることが一貫した態度である。何故なら、いずれの案件も、「一般国民の生活」に打撃を及ぼすからだ。 (2012.07.13)

2. 7月上旬に実施した『時事通信』世論調査に依ると、野田内閣支持率は21.3%、民主党支持率は何と6.7%にまで落ち込んだという。これで政権続行とは「お笑い種」だ。


f0166919_1523832.jpg



f0166919_1531836.jpg


支持率最低に危機感=解散先送り論広がる−野田政権

 時事通信の7月の世論調査で野田内閣支持率が過去最低を更新し、政府・民主党は危機感を強めている。消費増税関連法案の衆院通過を受け、反転攻勢を目指す野田政権にとり、大きな痛手だ。民主党の政党支持率の落ち込みも激しく、衆院解散・総選挙の先送りを求める声が一段と強まりそうだ。
 3年前の政権交代直後、当時の鳩山内閣支持率は60.6%、民主党の政党支持率は29.4%だった。それが今回、内閣支持率が約3分の1、政党支持率は4分の1以下に激減した。
 「えっ、うそ。信じられない」。首相周辺は13日、内閣支持率の下落に加えて、民主党支持率が6.7%に下落し、自民党支持率との差が約6ポイントとなったことに絶句した。
 内閣や民主党支持率の下落要因について、消費増税法案をめぐる党内分裂による混乱が響いたとの見方が大勢だ。同党中堅議員は「政権与党としての責任感のなさをさらけだした」と指摘。また野田グループの若手は「次の衆院選で民主党におきゅうを据えてやろうという有権者は多い」と懸念を示す。
 これに対し、野党側は政権弱体化を徹底的に突く構えだ。自民党の大島理森副総裁は取材に対し「もう一度、政権選択をさせてくれという国民の声だ」と、法案成立後の解散を要求。新党「国民の生活が第一」幹部も「反増税を掲げて戦いたいので、早く解散に持ち込みたい」と野田政権を追い込む姿勢を鮮明にした。
 増税法案をめぐって、民主党は離党予備軍を抱え、低迷する支持率が回復する手だても見当たらないのも実情。このため、党内からは解散・総選挙に関し「勝算なき突入はやめてほしい」「今選挙をしたら党は壊滅する」などとして、否定的な声が広がっている。(2012/07/13-19:17)

3. ブログ『ジャーナリズム』に、マス・メディアが意識的に隠しているらしい消費増税「三党合意・支持率』が出ていたので、ここに紹介しておきたい。この事は、昨日13日付の『産経新聞』田中秀征氏執筆コラム「政権ウォッチ」を読んで分かったものである。 (2012.07.14)

3党合意 「支持しない」 89%  国民に主導権をとりもどそう!

<< 作成日時 : 2012/07/01 13:25 >>

3党合意を「支持しない」が 89% 国民に主導権をとりもどそう!!

国民は、国民の意見を代弁させるために、国会へ議員を送り込んでいるのだ

反することをするのは、国民への裏切りだ

飼い主への裏切りだ。

主導権を、国民にとりもどさねばならない。

これでは、国会議員のための、国会議員による政治となっていて、

なんら、国民のための政治ではない。

国民に主導権をとりもどそう!!

消費増税に賛成した国会議員は、落選させよう!!


3党合意に 

賛成 11% 

反対 89% 

3党合意を支持していない人が、89% もいることとなる

という投票結果(6/25)

また、3党の政党支持率は、さらに下がりました

民主党   14 %
自民党    9 %
公明党    2 %

支持政党なし 55% 
 
3政党を支持しない人が 75% もいることになりました

なにが3党合意だ! 

国民の支持もない3党の合意なんて、国民の意思に反している

国民の意見を、代表して、国会に送り込んでいる国会議員なのに、

87%の 国民が、消費増税に反対、3党合意に反対しているというのに、

国民の意見を、無視して、その主導権の国民を無視して、

国民の意見に反した法案を通そうとする、

これは、国民に対する裏切りであり、

国会議員が、本来の国民の依頼の仕事をしていないことになる

給与を支払うのはやめよう。

このような国民の意見を無視した法案を通過させようとする

国会議員は落選させろ

4. 今日15日のTV報道に注意して、ちらほら各番組の様子を視ていたところ、特にNHK の「日曜討論」(政権寄りで「悪名高い」島田某司会)には驚いた。冒頭に「小沢新党」に対する感想を出席者に聞く場面があったが、殆ど全てがこの新党への「中傷」を述べ立てていた。これは偶然ではなく、NHK論説委員会が意識的に「反小沢キャンペーン」を張るべく、揃えた人物たちだ。明らかに公共放送としての「報道の中立性」に違反しており、国民一般の「視聴料」を求める資格が失われる事態だ。「放送倫理検証委員会」BPOは、審査・出動することが求められる。(2012.07.15)

5. 今日7月16日、東京・代々木公園で大江健三郎、坂本龍一、瀬戸内寂聴さんなどの呼びかけで「さよなら原発10万人集会」が何と17万人の市民を集めて開かれた。毎週金曜日に行われている「首相官邸デモ」が拡大していることと並んで、日本の「反核運動」は最早押し止めることは不可能な規模にまで発展していると見ることが出来る。これに対する野田首相の態度は、相変わらず、財界・大企業「盲従」の鉄面皮なものだ。この人物には、東北の原発被災地の人々が体験している言い知れぬ苦しみや、大飯原発の脅威下にある関西市民たちの怖れが「一人間として」分かっていない。腹にあるのは、「大産業利益」を図ることだけだ。一日でも早く、退陣に追い込むことが、「国民の幸福」に直結している。 (2012.07.16)

6. 「オスプレイ」問題ー新聞記事より

<東京新聞> 国際
オスプレイ「安全性立証されず」 米専門家、他機の気流で墜落も
2012年7月17日 02時00分
 【ワシントン共同】米軍が沖縄配備を予定する垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて、国防総省系の研究所で分析に当たっていた専門家が議会証言などで、近くを飛ぶ他機によって生じる乱気流の影響で墜落する危険性がある上、激しい飛行を要求される戦時任務での安全性は立証されていないと警告していたことが16日分かった。
 今年に入り、モロッコや米フロリダ州で発生した墜落事故は人為ミスのほか、訓練時に発生した追い風や予期せぬ気流が一因との見方が浮上している。米軍は沖縄配備後、日本各地で低空飛行訓練などを予定しており、関連自治体や住民の懸念がさらに高まりそうだ。

<朝日新聞> 政治
首相「日本からどうこう言う話でない」 オスプレイ配備
 野田佳彦首相は16日、米軍が沖縄に配備予定の新型輸送機オスプレイについて「配備は米政府の方針であり、同盟関係にあるとはいえ(日本から)どうしろこうしろと言う話では基本的にはない」と述べ、日本側から見直しや延期は要請できないとの認識を示した。フジテレビのニュース番組に出演して語った。(後略)

*筆者・注:上記の如き発言を公然とする首相は、「防衛相・森本某」と共に、「国籍不明」の「売国奴」と言って差し支えない。裏を返せば、日米「安保」条約なるものが、日本国民の「安全」にとって如何に有害かつ危険なものであるかを如実に示している。こうした「悪辣な」首相・大臣を早く引き摺り下ろさないと、大変なことになる。 (2012.07.17)

<朝日新聞> 政治
連合山口がオスプレイ反対集会 「たとえ与党でも反対」
 連合山口は16日、米軍新型輸送機オスプレイの岩国基地搬入に反対する集会を山口県の岩国市民会館で開いた。組合員ら約1千人が参加し、安全性が確保されないまま搬入することに反対する集会アピールを採択し、抗議の声を上げた。

 連合山口が岩国基地を巡って集会を開くのは、政権交代後で初めて。杉本郁夫会長は「政府の対応はあまりに不誠実。安全性が確保されているとはとてもいえず、全国的に(反対の)運動が広がりつつある。反対の強い声を政府やアメリカに届けましょう」とあいさつした。

 民主党山口県連の加藤寿彦代表は「民主党は政権与党だが、たとえ与党でもいけないものはいけない。反対は反対とはっきり申し上げていきたい」と述べた。

<東京新聞> 政治

オスプレイ 米で反対運動、訓練延期

2012年7月19日 07時09分

f0166919_11152890.jpg


 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの低空飛行訓練計画に対し、米国南西部にある空軍基地周辺で反対運動が起き、訓練を半年延期し、内容を見直していたことが十八日、横浜市のNPOによる調査で確認された。米国で住民の不安に配慮していたことは、訓練への懸念が強まっている日本への配備や訓練計画にも影響を与えそうだ。
 見直しが行われたのはニューメキシコ州キャノン空軍基地。オスプレイの空軍仕様(CV22)機の低空飛行訓練計画を立て、昨年八月、簡易な環境評価書案を公表した。訓練は夜間に行われ、垂直発着陸のほか、乗組員の降下や物資の投下・回収などだった。
 住民らから騒音や安全性、自然環境への影響を懸念する意見が約千六百件寄せられ、空軍は先月、訓練開始の延期を決定。訓練内容を見直し来年の早い時期に発表することにした。
 平和問題に関するシンクタンクのピースデポ(横浜市)が評価書案を入手した。
 日本では、オスプレイの海兵隊仕様(MV22)機十二機が今月二十四日に岩国基地(山口県岩国市)に陸揚げされた後、八月に普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備される。早ければ十月にも全国で低空飛行訓練が始まる予定。
 日本政府は同機の配備に関し、日米安全保障条約の事前協議の対象ではなく、低空飛行訓練も、日米地位協定に基づく「基地間の移動」として受け入れを決めている。
 政府は近く防衛省などの専門家チームを米国に派遣し、安全性を確認させる方針だが、与党内からは「民意を軽視している」との批判も起きている。
 ピースデポの塚田晋一郎研究員は「米国では住民の懸念を受け止め、訓練延期が実現している。日本政府も配備や訓練の中止、再検討を行うべきだ」と求めた。
 <オスプレイ> 主翼両端のプロペラ部分の角度を変えることでヘリコプターのような垂直離着陸と固定翼機並みの速度の双方の飛行が可能。試作段階の1991年から2000年まで4件の事故で30人が死亡。飛行を一時中断したが、米政府は再設計などで技術的な問題はクリアしたとして量産を決定。今年4月にモロッコで海兵隊仕様のMV22が、6月に空軍仕様のCV22が米フロリダ州で墜落事故を起こした。今月9日にはMV22が機体トラブルで緊急着陸した。

7. 「民主参院3人離党」ー7月17日『共同通信』
民主参院3人が離党へ 政権運営、苦境に
 民主党の舟山康江(山形選挙区)、行田邦子(埼玉選挙区)、谷岡郁子(愛知選挙区)各参院議員は17日午後、輿石東幹事長と国会内で会い、離党届を提出した。原発再稼働や消費税増税への反対が理由とみられる。民主党は消費税増税をめぐり分裂、離党者が相次いでおり、野田佳彦首相の政権運営は一層の苦境に陥りそうだ。
 3人は先に国民新党を離党した亀井亜紀子参院議員と統一会派を組む方針で、17日夕に亀井氏とともに国会内で記者会見する。
 参院第1会派の民主党会派は88議席となり、第2会派の自民党会派86議席との差は2議席となる。
2012/07/17 16:47 【共同通信】

f0166919_2005385.jpg


離党届を提出した民主党の参院3議員 (左から)舟山康江、行田邦子、谷岡郁子各氏

筆者・注:この記事を今日昼頃見つけたが、大手新聞は一切報道していなかった。民主・興石幹事長も離党届けを出されて絶句した状態だったようだ。未だ猶、『朝日』、『毎日』は出していない所を見ると、野田を支えてきた立場の連中の「ショック」が如何に大きなものかが分かる。NHK、民放TVなどはいずれも、このニュースを一日遅れで極短時間放映していたが、彼女たちの動きを「選挙目当ての行動」という風な印象を植え付けようとしていた。暑い中、「首相官邸・反核デモ」に参加して、「理想政治」を求める彼女らに対して「皮肉や揶揄」しかぶつけられないメディア子飼共の「哀れな宿命」を見る思いだ。(2012.07.17-18)


<写真> 西日本新聞、朝日新聞、共同通信
by shin-yamakami16 | 2012-07-12 12:22 | Comments(0)
f0166919_2034413.jpg


   7月9日・5千人参加「マルクス主義2012大会」ーロンドン中心部 'Friends House'             


現代資本主義「全般的危機」:欧米若年層の心を捉える「革命思想」

                                  山上 真


 昨日7月4日付の英国中立紙 『ガーディアン』は、 ‘Why Marxism is on the rise again?’ (上記主題)という長文論説記事を掲載した。その副題は次のように記している。

 「資本主義は世界的な危機に瀕している。しかし、一体何処に代替制度があるのか?そこで、19世紀ドイツの或る哲学者の書いた本をじっくりひも解いたらどうだろうか。そう、カール・マルクスが主流になっており、その行き着く果ては神のみぞ知るところなのだ」


f0166919_2142994.jpg


             カール・マルクス(1818-1883)


 この論文では先ず、マルクス・エンゲルスが「共産党宣言」—聖書に次いで世界的「ベスト・セラー」—の冒頭に書いた言葉、即ち

 「ブルジョワジーが就中生み出したのは、自らの墓掘り人たちである。彼らの衰退とプロレタリアートの勝利は共に不可避である」ことを引用して、「階級闘争は嘗て極めて単純明快なものであった」が、その出版後164年目の今日では、
「労働者階級は資本主義に頼って生活し、史上最大の社会主義革命(中国)によって解放された過重労働・低賃金の労働者が、西欧の労働者をi-pad で遊ばせる為に、自殺の瀬戸際に追いやられているのだ。中国のマネーが、そうしなければ破産してしまう米国に、資金提供をしているのだ」とする。

 この様な「皮肉」にも拘らず、本論文は、英国に於ける金融機関・富裕層優遇社会の下、負債と生活苦・失業に呻吟する多くの人々の間でマルクスや、その思想への関心が近年高まっている事実を強調し、ドイツ、特に東ドイツでは、大手Sparkasse銀行のマスターカードに10人の候補者の中からカール・マルクスの顔が選ばれる程の人気を博しており、ある調査に依れば、東ドイツ人の52%の人々は、自由主義経済制度が「不適切」と考え、昔の「社会主義」に回帰することを望んでいるという。

f0166919_20395786.jpg


             2011年保守党大会での「緊縮政策・抗議」

 英国の若年層の間でマルクス主義が高い人気度を保っている理由としては、スターリン時代の「強制収容所」とか、「武力による革命」の現実、或は「ソ連」を、彼らが全く知らない世代であることが挙げられている。彼ら若者たちは、直面している資本主義の解明・分析の為に、マルクス主義が不可欠の「道具」と看做しているという。更には、現代資本主義の危機を解明する上で、マルクス学説の「使用価値と交換価値のギャップ」という指摘が最も力を発揮しているようだ。

この論文の末尾で、ロンドン大学Eric Hobsbawm 教授(歴史学)が、その著書『共産党宣言』改訂版・序文で、「赤裸々な自己利益追求でしかない市場原理の矛盾、搾取制度、止むことのない資本蓄積は決して克服し得ない」と述べ、これらの不安定性を変革・再構築して行く最終段階で、資本主義とは最早呼ばれない状況に必ずや立ち至るだろう」と結んでいることを紹介している。

 なお、論文後半に、’VAT rises affect working people disproportionately, for instance’ (例えば付加価値税増税は不公平な形で労働者に影響を及ぼしている)という表現があるが、日本でも「消費税」を欧米並みに引き上げる策謀が進行中であり、とりわけ若年層に経済的打撃を及ぼす「愚策」として大いに注意しておかなければならない。 (2012.07.05)

               
                   <追記>
今日7月10日付仏『フィガロ』紙に依れば、パリに本部を置くOECD (経済協力開発機構)は、2012年度の先進国に於ける「失業状況」に関するレポートを発表したという。それに依れば、欧州などの富裕国全体で、4800万人が長期に渉って失業中であり、特に25歳以下の若年層では、比較的低いドイツの8%から、ギリシャ・スペインの50%にまで大きな格差が生まれているということだ。ー<記事原文・参考資料2> (2012.07.10)

<写真> The Guardian, Wikipedia, Socialist Worker

                   <参考資料>

1. 7月4日付英国「ガーディアン』紙 ー 「何故マルクス主義が再び上げ潮なのか?」

Why Marxism is on the rise again
Capitalism is in crisis across the globe – but what on earth is the alternative? Well, what about the musings of a certain 19th-century German philosopher? Yes, Karl Marx is going mainstream – and goodness knows where it will end

Stuart Jeffries
guardian.co.uk, Wednesday 4 July 2012 20.00 BST

Class conflict once seemed so straightforward. Marx and Engels wrote in the second best-selling book of all time, The Communist Manifesto: "What the bourgeoisie therefore produces, above all, are its own grave-diggers. Its fall and the victory of the proletariat are equally inevitable." (The best-selling book of all time, incidentally, is the Bible – it only feels like it's 50 Shades of Grey.)

Today, 164 years after Marx and Engels wrote about grave-diggers, the truth is almost the exact opposite. The proletariat, far from burying capitalism, are keeping it on life support. Overworked, underpaid workers ostensibly liberated by the largest socialist revolution in history (China's) are driven to the brink of suicide to keep those in the west playing with their iPads. Chinese money bankrolls an otherwise bankrupt America.

The irony is scarcely wasted on leading Marxist thinkers. "The domination of capitalism globally depends today on the existence of a Chinese Communist party that gives de-localised capitalist enterprises cheap labour to lower prices and deprive workers of the rights of self-organisation," says Jacques Rancière, the French marxist thinker and Professor of Philosophy at the University of Paris VIII. "Happily, it is possible to hope for a world less absurd and more just than today's."

That hope, perhaps, explains another improbable truth of our economically catastrophic times – the revival in interest in Marx and Marxist thought. Sales of Das Kapital, Marx's masterpiece of political economy, have soared ever since 2008, as have those of The Communist Manifesto and the Grundrisse (or, to give it its English title, Outlines of the Critique of Political Economy). Their sales rose as British workers bailed out the banks to keep the degraded system going and the snouts of the rich firmly in their troughs while the rest of us struggle in debt, job insecurity or worse. There's even a Chinese theatre director called He Nian who capitalised on Das Kapital's renaissance to create an all-singing, all-dancing musical.

And in perhaps the most lovely reversal of the luxuriantly bearded revolutionary theorist's fortunes, Karl Marx was recently chosen from a list of 10 contenders to appear on a new issue of MasterCard by customers of German bank Sparkasse in Chemnitz. In communist East Germany from 1953 to 1990, Chemnitz was known as Karl Marx Stadt. Clearly, more than two decades after the fall of the Berlin Wall, the former East Germany hasn't airbrushed its Marxist past. In 2008, Reuters reports, a survey of east Germans found 52% believed the free-market economy was "unsuitable" and 43% said they wanted socialism back. Karl Marx may be dead and buried in Highgate cemetery, but he's alive and well among credit-hungry Germans. Would Marx have appreciated the irony of his image being deployed on a card to get Germans deeper in debt? You'd think.

Later this week in London, several thousand people will attend Marxism 2012, a five-day festival organised by the Socialist Workers' Party. It's an annual event, but what strikes organiser Joseph Choonara is how, in recent years, many more of its attendees are young. "The revival of interest in Marxism, especially for young people comes because it provides tools for analysing capitalism, and especially capitalist crises such as the one we're in now," Choonara says.

There has been a glut of books trumpeting Marxism's relevance. English literature professor Terry Eagleton last year published a book called Why Marx Was Right. French Maoist philosopher Alain Badiou published a little red book called The Communist Hypothesis with a red star on the cover (very Mao, very now) in which he rallied the faithful to usher in the third era of the communist idea (the previous two having gone from the establishment of the French Republic in 1792 to the massacre of the Paris communards in 1871, and from 1917 to the collapse of Mao's Cultural Revolution in 1976). Isn't this all a delusion?

Aren't Marx's venerable ideas as useful to us as the hand loom would be to shoring up Apple's reputation for innovation? Isn't the dream of socialist revolution and communist society an irrelevance in 2012? After all, I suggest to Rancière, the bourgeoisie has failed to produce its own gravediggers. Rancière refuses to be downbeat: "The bourgeoisie has learned to make the exploited pay for its crisis and to use them to disarm its adversaries. But we must not reverse the idea of historical necessity and conclude that the current situation is eternal. The gravediggers are still here, in the form of workers in precarious conditions like the over-exploited workers of factories in the far east. And today's popular movements – Greece or elsewhere – also indicate that there's a new will not to let our governments and our bankers inflict their crisis on the people."

That, at least, is the perspective of a seventysomething Marxist professor. What about younger people of a Marxist temper? I ask Jaswinder Blackwell-Pal, a 22 year-old English and drama student at Goldsmiths College, London, who has just finished her BA course in English and Drama, why she considers Marxist thought still relevant. "The point is that younger people weren't around when Thatcher was in power or when Marxism was associated with the Soviet Union," she says. "We tend to see it more as a way of understanding what we're going through now. Think of what's happening in Egypt. When Mubarak fell it was so inspiring. It broke so many stereotypes – democracy wasn't supposed to be something that people would fight for in the Muslim world. It vindicates revolution as a process, not as an event. So there was a revolution in Egypt, and a counter-revolution and a counter-counter revolution. What we learned from it was the importance of organisation."

This, surely is the key to understanding Marxism's renaissance in the west: for younger people, it is untainted by association with Stalinist gulags. For younger people too, Francis Fukuyama's triumphalism in his 1992 book The End of History – in which capitalism seemed incontrovertible, its overthrow impossible to imagine – exercises less of a choke-hold on their imaginations than it does on those of their elders.

Blackwell-Pal will be speaking Thursday on Che Guevara and the Cuban revolution at the Marxism festival. "It's going to be the first time I'll have spoken on Marxism," she says nervously. But what's the point thinking about Guevara and Castro in this day and age? Surely violent socialist revolution is irrelevant to workers' struggles today? "Not at all!" she replies. "What's happening in Britain is quite interesting. We have a very, very weak government mired in in-fighting. I think if we can really organise we can oust them." Could Britain have its Tahrir Square, its equivalent to Castro's 26th of July Movement? Let a young woman dream. After last year's riots and today with most of Britain alienated from the rich men in its government's cabinet, only a fool would rule it out.

For a different perspective I catch up with Owen Jones, 27-year-old poster boy of the new left and author of the bestselling politics book of 2011, Chavs: the Demonisation of the Working Class. He's on the train to Brighton to address the Unite conference. "There isn't going to be a bloody revolution in Britain, but there is hope for a society by working people and for working people," he counsels.

Indeed, he says, in the 1860s the later Marx imagined such a post-capitalist society as being won by means other than violent revolution. "He did look at expanding the suffrage and other peaceful means of achieving socialist society. Today not even the Trotskyist left call for armed revolution. The radical left would say that the break with capitalism could only be achieved by democracy and organisation of working people to establish and hold on to that just society against forces that would destroy it."

<中略>

There's another reason why Marxism has something to teach us as we struggle through economic depression, other than its analysis of class struggle. It is in its analysis of economic crisis. In his formidable new tome Less Than Nothing: Hegel and the Shadow of Dialectical Materialism, Slavoj Žižek tries to apply Marxist thought on economic crises to what we're enduring right now. Žižek considers the fundamental class antagonism to be between "use value" and "exchange value".

What's the difference between the two? Each commodity has a use value, he explains, measured by its usefulness in satisfying needs and wants. The exchange value of a commodity, by contrast, is traditionally measured by the amount of labour that goes into making it. Under current capitalism, Žižek argues, exchange value becomes autonomous. "It is transformed into a spectre of self-propelling capital which uses the productive capacities and needs of actual people only as its temporary disposable embodiment. Marx derived his notion of economic crisis from this very gap: a crisis occurs when reality catches up with the illusory self-generating mirage of money begetting more money – this speculative madness cannot go on indefinitely, it has to explode in even more serious crises. The ultimate root of the crisis for Marx is the gap between use and exchange value: the logic of exchange-value follows its own path, its own made dance, irrespective of the real needs of real people."

In such uneasy times, who better to read than the greatest catastrophist theoriser of human history, Karl Marx? And yet the renaissance of interest in Marxism has been pigeonholed as an apologia for Stalinist totalitarianism. In a recent blog on "the new communism" for the journal World Affairs, Alan Johnson, professor of democratic theory and practice at Edge Hill University in Lancashire, wrote: "A worldview recently the source of immense suffering and misery, and responsible for more deaths than fascism and Nazism, is mounting a comeback; a new form of leftwing totalitarianism that enjoys intellectual celebrity but aspires to political power.

"The New Communism matters not because of its intellectual merits but because it may yet influence layers of young Europeans in the context of an exhausted social democracy, austerity and a self-loathing intellectual culture," wrote Johnson. "Tempting as it is, we can't afford to just shake our heads and pass on by."

That's the fear: that these nasty old left farts such as Žižek, Badiou, Rancière and Eagleton will corrupt the minds of innocent youth. But does reading Marx and Engels's critique of capitalism mean that you thereby take on a worldview responsible for more deaths than the Nazis? Surely there is no straight line from The Communist Manifesto to the gulags, and no reason why young lefties need uncritically to adopt Badiou at his most chilling. In his introduction to a new edition of The Communist Manifesto, Professor Eric Hobsbawm suggests that Marx was right to argue that the "contradictions of a market system based on no other nexus between man and man than naked self-interest, than callous 'cash payment', a system of exploitation and of 'endless accumulation' can never be overcome: that at some point in a series of transformations and restructurings the development of this essentially destabilising system will lead to a state of affairs that can no longer be described as capitalism".

That is post-capitalist society as dreamed of by Marxists. But what would it be like? "It is extremely unlikely that such a 'post-capitalist society' would respond to the traditional models of socialism and still less to the 'really existing' socialisms of the Soviet era," argues Hobsbawm, adding that it will, however, necessarily involve a shift from private appropriation to social management on a global scale. "What forms it might take and how far it would embody the humanist values of Marx's and Engels's communism, would depend on the political action through which this change came about."

This is surely Marxism at its most liberating, suggesting that our futures depend on us and our readiness for struggle. Or as Marx and Engels put it at the end of The Communist Manifesto: "Let the ruling classes tremble at a communist revolution. The proletarians have nothing to lose but their chains. They have a world to win."

Marxism 2012, University College and Friends Meeting House London, 5-9 July. Further information: marxismfestival.org.uk

2. 7月10日付仏『フィガロ』紙 ー「富裕国で5,000万人近くが失業中」

Près de 50 millions de chômeurs dans les pays riches

Par Anne Cheyvialle
Mis à jour le 10/07/2012 à 12:34 | publié le 10/07/2012 à 11:01

L'OCDE s'inquiète dans son dernier rapport sur l'emploi du chômage des jeunes et de longue durée. Les pays de la zone euro sont les plus touchés.

Il ne faut pas attendre d'embellie sur le front de l'emploi avant l'année prochaine, prévient l'OCDE. Le rapport annuel 2012, présenté ce mardi, dresse un sombre panorama du chômage qui touche 48 millions de personnes dans les pays riches, soit 15 millions de plus qu'avant la crise financière de 2008. Le taux, qui a atteint 7,9% en mai, ne baissera que très progressivement dans la deuxième partie de 2013 autour de 7,7%, après avoir culminé à 8%.

«C'est l'effet du ralentissement généralisé, d'une croissance très molle et même négative dans certains pays et du climat d'incertitude qui pèse sur les décisions d'embauche des entreprises», commente Stefano Scarpetta, directeur de la division emploi et politiques sociales.

Une fois encore, le château de la Muette s'inquiète de la situation des jeunes et du chômage de longue durée. Le taux des sans-emploi chez les moins de 25 ans atteint globalement 16%, avec d'importants écarts, de 8% en Allemagne jusqu'à 50% dans le cas de la Grèce et de l'Espagne.

Signe de la faible dynamique des embauches, plus de 40% des personnes privées d'emploi le sont depuis plus d'un an. Plus inquiétant encore, ils sont 20% à l'être depuis plus de deux ans. Les États-Unis, note l'OCDE, ont connu une hausse sans précédent des chômeurs de longue durée, de 10% en 2007 à 30% début 2012.

Grandes disparités
Le rapport souligne les très grandes disparités entre les pays: un premier groupe doté d'un faible taux de chômage entre 3,5 et 5% comprend l'Australie, l'Autriche, la Corée, le Japon, le Luxembourg, le Mexique, la Norvège, la Suisse et les Pays-Bas. À noter une très forte baisse en Allemagne, de 8,2% fin 2007 à 5,6% en mai.

À l'inverse, neuf pays affichent des taux à deux chiffres, pour l'essentiel dans la zone euro: France, Espagne, Estonie, Grèce, Irlande, Italie et Portugal. La lanterne rouge revient aux pays du Sud, Espagne et Grèce, où le taux dépasse les 20%. L'OCDE prévoit encore respectivement 25,2% et 21,6% à horizon fin 2013. En cause, l'impact de la crise bancaire et des dettes souveraines. «Le stress sur les marchés financiers couplé aux mesures de consolidation fiscales freine la demande et la création d'emplois en Europe», précise l'OCDE.

Pour enrayer la spirale négative, il faut d'urgence relancer la croissance économique. L'OCDE, à l'instar du message lancé au G20 au Mexique, plaide pour une austérité moins systématique et des mesures de relance pour les pays disposant de marge de manœuvre.

À l'échelle européenne, il faut mettre en application rapidement les décisions prises au sommet européen du 29. «Les politiques publiques d'emploi doivent cibler les populations les plus vulnérables pour éviter le cercle vicieux de baisse des revenus, creusement des inégalités, augmentation de la pauvreté et des tensions sociales», recommande Stefano Scarpetta.
by shin-yamakami16 | 2012-07-05 20:50 | Comments(0)