世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0166919_205311.jpg


「日本の新指導者は係争諸島について強硬路線を執る」ー18日付英国『タイムズ』紙 ー「国家主義者の次期首相安倍晋三は、『尖閣問題』で中国との和解の余地は全くないと述べた」

f0166919_8361398.jpg


   「日本選挙での『戦争屋』復帰で、アジアの隣人たちは不安がっている」 ー英国
'The Independent' 紙 ー<参考資料2>

  「日本タカ派の選挙勝利は、地域的緊張の恐れを駆り立てる」ー英国 'The Guardian' 紙ー<参考資料3>

f0166919_1056068.jpg


  「日本:安倍晋三はもう既に、中国を挑発している」ー仏 'Libération' 紙 ー<参考資料4)



自民「絶対多数」獲得予測の波紋

                                   山上 真

 12月16日夜9時半に聴いたフランス『国際ラジオ』は、早速、今日行われた衆議院選挙の、NHKなどに依る「結果予測」に基づいて、安倍・自民政権の誕生の見通しを語っていた。

 「来るべき安倍政権は、憲法を変えて軍事予算を増やし、国防軍を米国の戦略に統合させようとしている。しかし、その経済政策は、まったく漠然としたものに過ぎない」

f0166919_2255549.jpg
 

                  <RFI記事・原文>

f0166919_8535673.jpg


Législatives au Japon: le sursaut nationaliste
Créé le 2012-12-15 14:52
Par RFI
Japon
Les conservateurs du Parti libéral-démocrate (PLD) ont remporté la majorité absolue à la chambre des députés, lors des élections législatives de ce dimanche 16 décembre au Japon, annonçant un retour au pouvoir, après trois ans dans l'opposition, avec à leur tête l'ancien Premier ministre et «faucon», Shinzo Abe. Selon la chaîne de télévision publique NHK, sur la base de sondages de sortie des urnes, le PLD emporte de 275 à 310 sièges à la chambre basse qui en compte 480.

Avec notre correspondant à Tokyo, Frédéric Charles

Les Japonais n'ont pas voulu reconduire au pouvoir le Parti démocrate de centre-gauche. En trois ans, il a été incapable de mener les réformes qu’il avait promises pour réduire la dette publique, relancer la croissance, financer le vieillissement de la population. Ils ne lui pardonnent pas non plus sa gestion désastreuse de l’accident de Fukushima.

La traversée du désert du Parti conservateur n’aura duré que trois ans. Ce parti a dominé la vie politique japonaise pendant plus d’un demi-siècle. Il revient au pouvoir avec Shinzo Abe, un ancien et éphémère Premier ministre.

Shinzo Abe veut augmenter les dépenses militaires, modifier la Constitution pacifiste pour mieux intégrer l’armée japonaise dans la stratégie américaine, face à la montée en puissance de la Chine. Enfin, le PLD est décidé à réactiver les réacteurs à l’arrêt depuis l’accident de Fukushima.

La droite japonaise, que l'on pouvait encore récemment qualifier de «classique», en est venue à adopter des prises de positions de plus en plus nationalistes. Ce nationalisme, surtout dirigé contre les voisins coréens et chinois, a été exacerbé ces derniers mois par la crise autour des îles Senkaku, en mer de Chine orientale, contrôlées par le Japon mais revendiquées par la Chine

<写真> RFI HP

                   <参考資料>
1. 12月17日付『日本経済新聞』
海外メディアは日本の右傾化警戒 自民圧勝で
2012/12/16 21:30 (2012/12/17 1:08更新)

 海外主要メディアは16日、「自民党圧勝」を一斉に速報で伝えた。安倍晋三政権の誕生が確実な情勢を受け、日本の外交・安全保障政策が右傾化することへの警戒感を示す論調が目立った。デフレ脱却に向け、安倍氏が日銀に大胆な金融緩和を求めていることへの注目度も高い。「原発ゼロ」の可能性が遠のいたと伝えるメディアもある。

 中国の国営新華社(英字版)は選挙速報を伝えながら「日本は急速に右傾化している」と分析。安倍氏が首相になることを念頭に「本当の為政者ならナショナリズムの感傷に左右されるべきではない」とし、日中関係で冷静な対応を求めた。

 同時に日本は政権交代で「隣国からの視線を変える貴重なチャンスを得た」と指摘。自民党を「半世紀にわたり政権与党にあったので、外交政策は現実的かつ柔軟になるだろう」と論評し、新政権下での日中関係改善に期待を示した。

 韓国の聯合ニュースは安倍氏を「右翼政治家」と報道。「新政権が右傾化した外交・安保政策を押し通し、領土や歴史問題で強硬な姿勢を見せれば、韓国や中国など周辺国との深刻な摩擦をもたらすだろう」との悲観的な見方を示した。

 日本との経済的な結び付きが強い東南アジア各国では、日中関係の悪化が域内の政治、経済に悪影響を及ぼすことへの懸念が強い。タイの英字紙バンコクポストは自民党圧勝により「日本の軍事力強化が可能となり、中国との緊張を高めかねない」と伝えた。

 欧米では「保守政権誕生」との報道が目立つ。独紙ターゲスツァイトゥングは「強硬派の復活」との見出しを掲げ、民主党政権への失望も自民党支持につながったと分析した。

 仏AFP通信は東京電力福島第1原子力発電所の事故後初の国政選挙で、日本の原発を存続させるかが争点の一つだったと説明したうえで「有権者は原発廃止を約束していない自民党を選んだ」と報じた。

 英紙フィナンシャル・タイムズは経済・金融政策も選挙戦の争点になったと伝え「その中には過激な金融政策や大規模な公的支出も含まれる」と指摘した。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、安倍氏が物価上昇率の目標を2%に引き上げることを日銀と協議する意向を示していると紹介。金融緩和を推進するうえで、来年4月に任期が切れる日銀の白川方明総裁の後任に、どのような人物を選べるかがポイントになると指摘した。

2. 12月16日付英国『インディペンデント』紙ー「日本の選挙での『戦争屋」復帰でアジアの隣人たちは神経が昂っている」

Asian neighbours nervous after election comeback for Japanese 'warmonger'

LDP leader Shinzo Abe vows to challenge the pacifist constitution and spend on defence
David McNeill
Sunday, 16 December 2012
Three years after being dumped from power and written off by some as a political force, Japan's conservative Liberal Democrats have scored a remarkable electoral comeback in a victory with potentially ominous implications for the rest of Asia.


With votes still being counted from today's general election, the LDP was projected to win control of the 480-seat lower house with coalition partner New Komeito.

The hawkish LDP leader Shinzo Abe, who has pledged to revive Japan's stagnant economy and aggressively defend its territorial interests, is now certain to become the nation's next Prime Minister – its seventh in six years.

The LDP's liberal-left rival, the Democratic Party, was pummelled at the polls for breaking electoral promises on welfare, tax and defence, shedding more than 200 seats. The Prime Minister, Yoshihiko Noda, who lost much of his public support by backing a tax rise and supporting nuclear power, conceded defeat last night.

Mr Abe wants to boost spending on public works and restart Japan's nuclear reactors, most of which are idling in the wake of last year's Fukushima nuclear disaster. His remedy for the economy, which is sliding into its fifth recession in 15 years, involves forcing the nation's central bank to buy billions of yen in special government bonds. "What's first and foremost is to achieve an economic recovery and pull Japan out of deflation," he told a television station last night.

But it is his foreign policy views that worry some in Asia. Mr Abe has repeatedly pledged to challenge Japan's pacifist constitution and increase defence spending, a strategy likely to anger China and South Korea. The China Daily has dubbed him a "warmonger with dangerous designs".

In campaign speeches, he dwelt on deteriorating Sino-Japanese ties, which have soured over a bitter territorial dispute. "Japan's beautiful seas and its territory are under threat," he said this month. "I promise to protect Japan's land and sea, and the lives of the Japanese people no matter what."
(後略)

3. 12月16日付英国『ガーディアン』紙ー「日本タカ派選挙勝利は、地域緊張の恐れを駆り立てる」

Japanese hawk's election victory prompts fears of regional tension
Shinzo Abe has promised to take tough stance on row with China over Senkaku Islands

Justin McCurry in Tokyo
guardian.co.uk, Sunday 16 December 2012 17.22 GMT

Shinzo Abe, who is expected to be installed as Japan's prime minister on Boxing Day. Photograph: Franck Robichon/EPA
East Asia is bracing for an era of tension and confrontation after Japan's general elections returned a hawkish conservative to power.

The Liberal Democratic party's resounding victory on Sunday threatens to further impair relations with China if the new prime minister, Shinzo Abe, makes good on promises to take a tough stance in a territorial row.

Yesterday's result marked a dramatic comeback for the LDP, three years after it was ousted by the left-of-centre Democratic Party of Japan (DPJ), ending its near monopoly on power for five decades.

Abe, who is expected to be installed as Japan's seventh prime minister in six years on Boxing day, has vowed to strengthen Japan's military in the face of Beijing's more aggressive posture in the East China Sea and North Korea's ballistic missile and nuclear weapons programmes.

A furious reaction is expected from Beijing if the LDP goes ahead with campaign pledges to develop fisheries and build on the Senkakus, a group of islands administered by Japan but also claimed by China, which calls them the Diaoyu.

China's Xinhua news agency warned Japan to resist the shift to the right that has characterised the election, held months after Chinese demonstrators attacked Japanese businesses following Japan's purchase of the islands from their private owners.

"An economically weak and politically angry Japan will not only hurt the country, but also hurt the region and the world at large," Xinhua said. "Japan, which brought great harm and devastation to other Asian countries in the second world war, will raise further suspicions among its neighbours if the current political trend of turning right is not stopped in time."

Some analysts believe Abe, who resigned as prime minister in 2007 after only a year in office, will adopt a more conciliatory approach towards China – Japan's biggest trading partner – once the realities of political office kick in, citing his fence-mending visit to Beijing early during his previous term as prime minister.
(後略)

4.12月16日付仏『リベラシオン』紙ー「日本:シンゾー・アベは既に中国を挑発」ー「この日曜日の衆議院選挙での勝利をかさにきて、次期首相予定者は北京に対して、尖閣諸島の日本帰属を喚起した」
MONDE
Japon : Shinzo Abe provoque déjà la Chine
16 décembre 2012 à 15:41 (Mis à jour: 15:44)
Fort de la victoire de son parti aux législatives ce dimanche, le probable prochain Premier ministre a averti Pékin que les îles Senkaku appartenaient au Japon.

Le probable prochain Premier ministre japonais Shinzo Abe, dont le parti conservateur (PLD) a remporté dimanche une victoire écrasante aux législatives, a rapidement averti la Chine que les îles Senkaku revendiquées fortement par Pékin appartenaient au Japon.

«La Chine conteste le fait que (ces îles) sont une partie inhérente du territoire japonais. Notre objectif est de mettre fin à cette revendication», a déclaré M. Abe à la télévision privée NTV peu après l’annonce de la victoire attendue de son parti.

«Nous n’avons pas l’intention de détériorer les relations entre le Japon et la Chine», a toutefois tenu à ajouter Shinzo Abe, réputé être un «faucon» en matière de politique étrangère.

Le différend territorial entre Tokyo et Pékin n’a fait que s’envenimer depuis septembre après la nationalisation par le Japon du petit archipel des Senkaku en mer de Chine orientale, racheté à un propriétaire privé nippon. Pékin le revendique sous le nom de Diaoyu.

Des manifestations antijaponaises, parfois violentes, avaient alors eu lieu pendant une semaine dans de nombreuses villes chinoises avant que Pékin n’y mette le holà.

Jeudi dernier, la crise est montée d’un cran avec le survol de cet archipel par un avion gouvernemental chinois, dénoncé par le Japon comme la première violation de son espace aérien depuis l’aggravation du conflit.

Les autorités nippones avaient dénoncé ce survol jugé «extrêmement regrettable» et immédiatement fait décoller des chasseurs F-15.

Depuis l’aggravation du conflit en septembre, des navires chinois de surveillance maritime et de l’administration des pêches croisent en outre quasiment tous les jours à proximité ou dans les eaux territoriales des îles Senkaku.

Avant même l’annonce des résultats des élections japonaises, l’agence de presse officielle chinoise Chine nouvelle avait conseillé dimanche aux Japonais d'écarter les partis politiques prônant la fermeté dans les contentieux territoriaux sino-japonais.

A lire aussi : Poussée de nationalisme dans un Japon las du bipartisme
(後略)
(AFP)

5. 12月17日付『東京新聞」
【社会】
脱原発意志つなぐ 市民ら「望み捨てない」 日比谷イベント
2012年12月17日 朝刊
 民意とは何かを考えさせられる結果となった。自民党が政権復帰することになった衆院選。安倍晋三総裁は選挙中「誇りを持てる日本を取り戻す」と威勢良く、繰り返した。しかし国のありようについて、私たちには一人ひとりの思いがある。原発をなくしたい人、平和憲法を守りたい戦争体験者…。数は届かずとも切実な一票だ。3・11後、初めての総選挙。課題は山積するのに、投票率は伸び悩んだ。厳しいまなざしが、国の行方を見据えている。
 原発政策を推進してきた自民の大勝に、脱原発を訴えてきた人々から「あきらめない」の声が上がった。
 十五日に続き、脱原発イベント「Nuclear Free Now」が行われた東京・日比谷公園。福島県白河市に「原発災害情報センター」の設立を呼び掛けるチラシを配っていた自由業小原紘さん(70)=千葉県我孫子市=は、期日前投票で比例は未来に投じた。共産支持層だが、反原発勢力の広がりに期待した一票だ。「変えるのは本当に大変だね。でも自民に戻るのも一時的で、半年後『あの選挙はなんだったのか』と思うはず。望みは捨ててないですよ」と語気を強めた。
 「(今回の結果も)歴史の一こまにすぎない。僕らがちゃんと物事を知っていくことが大事」。トークイベントで語る宮台真司首都大学東京教授の言葉にうなずいていた学校職員武田理香さん(28)=世田谷区=は福島県出身だ。「あれだけ大きな原発事故が起きても変わらない。無関心な人が多い」ともどかしい表情を浮かべた。
 「原発をやめられない状況を私たちの意識と力で変えられたらと思う。選挙も私たちができることの一つ」。前回は政権交代に期待し深く考えず民主を選んだ。今回は各党の政策を比べ、投票所で鉛筆を握った後も悩んだ末、再び民主と書いた。
 大学教授茅野(かやの)佳子さん(55)=東京都日野市=は小選挙区と比例も未来に投票した後、国内外の活動家が議論する「脱原発世界会議」に足を運んだ。草の根の力強さを信じている。「国会を取りまく市民の行動は、政治に影響を与えていると思う。選挙の結果がどうであれ、今までと同じようにはいかないのでは」
 投票締め切りの一時間前。延べ五千五百人が訪れた二日間のイベントを振り返りながら、主催団体の一つの環境NGO「FoE」渡辺瑛莉(えり)さん(30)は、脱原発の民意とかけ離れる結果を踏まえ、決意を話した。「日本社会は変化を好まず、どうせ自分一人では何もできないと思っている人が多い。でも、体験すれば変わる。自分の考えを政治や社会の仕組みに反映させる体験を身近にするために、市民活動をもっと広げなくてはいけない」

6. 12月18日付『東京新聞』
【政治】
小選挙区24% 比例代表15% 自民 民意薄い圧勝
2012年12月18日 朝刊
 戦後最低の投票率となった十六日の衆院選は、自民党が定数(四八〇)の六割を超える二百九十四議席を確保する圧勝で終わった。しかし小選挙区で自民党候補の名を書いたのは全有権者の約四分の一、比例代表に至っては15・99%だった。自民党の勝利は、必ずしも民意を反映したものではない。多党乱立と低投票率が自民党を利した結果であるということが、はっきり分かる。
 衆院選の投票率は小選挙区で59・32%。戦後最低を記録した。
 一方、自民党の得票率は小選挙区が43・01%。比例代表は27・62%。ただし、これは投票した人の中での比率だ。
 全有権者に占める比率は24・67%、比例代表は15・99%となる。選挙区でも比例代表でも自民党候補や党名を書いた有権者は「少数派」だ。
 ところが、自民党が獲得した議席は小選挙区で定数の79%にあたる二百三十七議席、比例代表は、同31・67%の五十七議席だった。
 現在の衆院選挙制度は、小選挙区制と比例代表の並立制を採用している。民意を集約して二大政党制に導く小選挙区制で自民党は、有権者全体に占める得票率の三倍以上の議席を獲得。信じられないような世論との乖離(かいり)が生じた。
 民主党は、小選挙区で自民党の約半分にあたる22・81%の得票だったが小選挙区での獲得議席は自民党の一割強の二十七にとどまった。ここで両党が明暗を分けた。
 このようなずれは、十二党が乱立した今回の衆院選で、多くの候補が票を食い合ったことが最大の要因。特に、最大の争点の一つだった原発政策で「原発ゼロ」を公約する政党が小選挙区で競合し、結果として原発を容認する自民党を利した形だ。

7. (A) 12月22日付『しんぶん赤旗』
f0166919_215559.jpg

(写真)ファミリーエリアで歌やコールで「原発やめろ」と訴える人たち=21日、国会正門前

自民の勝手にさせない
“原発ゼロ”の声さらに 官邸前行動

 首都圏反原発連合は21日、総選挙後初の首相官邸前抗議行動を国会・霞が関一帯で行いました。冬至の厳しい寒さを吹き飛ばすように、8000人(主催者発表)の参加者は「全原発即時廃炉」「再稼働反対」と唱和。「原発ゼロにむけて力をあわせて運動を広げよう」と訴えました。

 原発推進の自民党・公明連立政権の誕生を前にしたこの日、「政権変わっても原発いらない あきらめない!」のプラカードも登場。サンタクロースに扮(ふん)して「子どもたちに放射能のプレゼントはいらない!」の垂れ幕を掲げて訴える男性の姿もありました。

 東京都町田市の会社員の男性(48)は「先々週にも大きな地震があった上に、今日も東通原発(青森県東通村)の断層が活断層だといわれ、もう一刻の猶予もない。政権がかわっても、私たちが訴える原発即時廃炉に変わりはありません。自民党政権に好きにさせないため、抗議の声をより高めなくては」と話しました。

 東京都中央区の男性(35)は「選挙の結果が出たので来ました。原発反対なのに、どこにも話せなくてストレスがたまりがちだったけど、ここは原発は嫌だということが意思表示できる」といいます。

 東京都新宿区の女性(53)は「そもそも原発をつくったのは自民党政権。だから運動を続け、もっと広げなければならない。市民の声を大きくまとめていきたい」。

 「総選挙の結果が気に入らなくて初めてきました」というのは、埼玉県所沢市の男性(72)。「日本が怖い方向に行こうとしているときに、年寄りが頑張らないといけない。行動を起こす一員でいたいと思います」と語りました。

 首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんは「来週もさらに大人数で新内閣に向けて抗議を続けていきましょう」と訴えました。

(B) 12月22日付『朝日新聞』
f0166919_2283657.jpg

首相官邸前で抗議する人たち=21日午後6時3分、東京・永田町、山本壮一郎撮影

自民圧勝、でも「再稼働反対!」 脱原発の抗議、越年へ

 首相官邸前で続く「脱原発」の抗議行動が21日夜もあった。この夏の大きなうねりは衆院選の結果につながらず、脱原発に慎重な自民が圧勝した。民主政権下の「動かぬ政治」へのいらだちから始まった街頭での行動に、参加者らは新たな意味を見いだそうとしている。

 最も短い昼が暮れた冬至の夜、官邸前は冷え込んだ。午後6時、ドラムに合わせて「再稼働反対!」の連呼が始まった。主催する首都圏反原発連合によると、今回が36回目になる。

 「『脱原発』を進めるなら一人一人が考え、地道に声をあげるしかない」。東京都内に住むアルバイト橋沢達也さん(20)は初めての選挙で、脱原発を訴えた候補と政党に票を投じた。だが自民が圧勝したため、半年ぶりに参加した。

 「双葉を返せ」のプラカードを掲げた女性(68)は福島県双葉町から都内に避難中。ほぼ毎週参加してきたといい、「原発を進めたのは自民。私たちは誰に頼ればいいのか。自民をテングにさせないためにも抗議を続けていかないと」と語った。

 野田政権が関西電力大飯原発の再稼働を決めたのは6月。直後に万単位の人波ができ、抗議行動は全国数十カ所に広がった。異例の首相との面会も実現。野田政権は「2030年代の原発ゼロ」を打ち出した。

 主催団体スタッフの古閑康さん(29)は世間の関心を集めた点は満足しつつ、「感情的に訴えるだけでなく、原発の影響について論理的に訴えていくべきだったのではないか」との思いを明かした。

 「再稼働した責任は一生忘れない」「次の政権に『原発ゼロ』を引き継げ」——。参加者たちがマイクを握って叫んだ抗議行動は午後8時に終了。警察関係者によると、参加者数は1千人近くだった。主催団体は「来年も官邸前抗議を続けていく」としている。

 呼応した抗議行動は、関西電力本店前(大阪市)や九州電力本店前(福岡市)でも。関電前抗議の主催者の一人は「僕らの権利は選挙だけではない。ここに来て声をあげることに意味がある」と言った。
by shin-yamakami16 | 2012-12-16 22:09 | Comments(0)
f0166919_7402274.jpg


今日12月15日の世界トップニュース:米国で繰り返される悲劇を、日本の拝米「民主・自民」などはどう説明するのか?ー<参考資料 3>


日本「極右傾化」に繰り返し警鐘を鳴らす海外メディア
                                    山上 真

 「8機のジェット戦闘機が紛争列島に緊急出動し、ナショナリストの雄弁が更に大きく響き渡る」
という副題からも分かることだが、今、世界中の良識ある人々が、「総選挙」を目前にして日本全体を覆う国家主義的雰囲気の中で、「尖閣列島」を巡っての「日中衝突」の行方を、固唾を呑んで見守っている。

f0166919_11582795.jpg

         
   『インディペンデント』紙・記事冒頭写真:日本の現実はこの様な伝われ方だ。

 『インディペンデント』紙記事では、
 前都知事石原慎太郎氏が「醜い」日本国憲法「改正」と中国に対する「より強硬な」態度を取ることを主張しているが、彼が率いる「維新」は、最近の世論調査ではさ程伸びていないこと。

「自民」長期政権を終わらせた後、鳩山氏率いる「民主」は、当初、官僚政治打破と米国追随を脱して「福祉・平和外交」推進する「革命的」政治を目指したが、失敗に帰したこと。

 今や野田「民主」政権は、2009年「民主マニフェスト」から乖離し、「原発維持」と「消費増税」に転換した「保守政治」に回帰した為、「民主・左派」は離脱し、総選挙後には、「自民・民主」連立さえも、噂されていること。

 石原氏は相変わらず「核武装」など「右翼挑発」言辞を弄する一方、「現憲法廃棄」を主張する「自民」安倍晋三氏は、「歴史改訂」を唱え、戦犯を祀る「靖国神社」に参拝する積りであること。

 日本の選挙民は、必ずしも「侵略的国家主義」に熱狂している訳ではないが、内外の難問にいかに対処するべきか、苦衷の中にあること。

 以上の諸点を指摘している。

 日本の次期指導者が、「平和維持」を基調としてきた日本を、仮にも、「日中衝突」などという危険な方向へと導くことがあったとしたら、それこそ、我が国の物理的ならびに経済的「自滅」に直結することを、理解できない人々がいるだろうか。 (2012.12.14)
   
<写真> The Daily Telegraph, The Independent


                <記事原文>
Alarmed Japanese voters head to polls as threat of conflict with China looms
As eight fighter jets are scrambled over disputed islands, nationalist rhetoric grows louder
David McNeill
Thursday, 13 December 2012

The threat of war has a way of concentrating minds and while few Japanese people believe conflict with China will actually come, they are heading to the polls this weekend with alarm bells ringing.
Japan scrambled eight F-15 fighter jets today after a Chinese government plane was reportedly spotted over territory disputed by both sides. The incursion, the latest by China over a small group of goat-infested islands they call the Diaoyu (Senkaku in Japan), may push Japanese voters further into the arms of right-wing candidates who want the nation to face down its increasingly powerful neighbour.
Among the most outspoken candidates is Shintaro Ishihara, who quit as Governor of Tokyo last month, pledging to ditch Japan's "ugly" war-renouncing constitution and take a tougher stance toward Beijing. At 80, the conservative warhorse has ruled himself out as the next Prime Minister and his sabre-rattling rhetoric is, in any case, too rich for most voters. But Mr Ishihara's Restoration Party, which wants to boost defence spending and revise the constitution, may hold the balance of power – the latest polls show it trailing behind the conservative Liberal Democrats (LDP) but ahead of the ruling Democrats (DPJ) in Sunday's general election.
Three years ago the left-leaning Democrats ended over half a century of LDP rule after promising something akin to a political revolution, tugging policy out of the hands of unelected bureaucrats, decoupling Japan from its six-decade US military embrace and shifting spending toward welfare. The Prime Minister at the time, Yukio Hatoyama, famously talked about feelings of "fraternity" toward China and the possibility of better relations.
Things look very different today. The DPJ has been reduced to a conservative rump. Most of its left has bolted, alienated by the party's drift from its 2009 manifesto.
The current Prime Minister, Yoshihiko Noda, has made little progress taming the bureaucracy, now strongly supports the US alliance and wants to cut welfare spending. He lost much of his support by backing the return of nuclear power after the Fukushima disaster and working with the LDP to introduce a controversial sales tax. With the economy now sliding into recession, some even predict a post-election DPJ/LDP merger.
A record 12 parties have announced battle stations since Mr Noda called the election last month. That leaves a lot to fight for in an election with possibly ominous implications for Japan's increasingly tense relationship with China. Several of the newer parties disagree on policy but merged anyway, united in their determination to pull Japan out of its economic and spiritual torpor, a strategy reflected in their vanguardist monikers: Sunrise, Restoration, Stand-Up, Renaissance. They also share a penchant for nationalist rhetoric.
Mr Ishihara has quickly showed his flair for commanding headlines with a string of inflammatory bon mots. He has repeatedly said that Japan should consider building nuclear weapons to combat the growing military threat from China. This week he said that Japan's pacifism emboldened North Korea to kidnap Japanese citizens. "North Koreans see Japan's constitution and think: 'They will never wage war'," he said. His decision earlier this year as Tokyo Governor to buy the Senkaku/Diaoyu islands triggered a damaging spat with Beijing that has sent relations into the deep freeze.
Japanese voters are desperate for solutions to these problems and generally show less enthusiasm for aggressive nationalism. But the question of how much power the nationalist right will wield may be key. One likely outcome is merger or coalition with the LDP under its new leader Shinzo Abe. Mr Abe also wants to dump the constitution. A well-known historical revisionist, he has said he will visit the Yasukuni Shrine in Tokyo to honour Japan's wartime leaders.
Mr Abe, who was also Prime Minister five years ago, along with Mr Ishihara and their colleagues have tellingly dropped all references to Japan's war history as the election looms.
Key policy issues: What will decide the election?
Stagnating economy
All parties agree that the economy needs a jump-start, now that Japan has slid back into recession for the fifth time in 15 years. They are at odds, however, over how to achieve enduring growth.
China tensions
Relations with China have been severely damaged by a territorial dispute over a group of islands known as Senkaku in Japanese and Diaoyu in Chinese.
Nuclear power
Prime Minister Yoshihiko Noda has lost much of his support by backing the return of nuclear power after the Fukushima disaster, despite mass protests.

                   <参考資料>
1. 12月14日付『東京新聞』
【社会】
不戦の誓いに価値 改憲「ノー」の声を
2012年12月14日 07時08分

f0166919_17515897.jpg

憲法9条について話す東京沖縄県人会の島袋徹さん=東京都中央区で(木口慎子撮影)

 「あれだけ日本は戦争で犠牲を払い、二度と戦争しないという憲法九条ができた。国内向けというより『武器は持ちません』という外国に対するメッセージだ。改正は絶対反対」
 東京沖縄県人会事務局長の島袋徹さん(75)=東京都東久留米市=は、改憲論が政党を超えて広がる衆院選を、もどかしい思いで見つめている。北朝鮮が選挙期間中の十二日、ミサイルを発射し沖縄上空を通過。尖閣諸島問題をめぐる日中間の緊張の現場も沖縄だ。
 父親の一夫さんは沖縄県首里市(現那覇市)出身。名古屋大で学び、四十代半ばだった一九四一年に沖縄に戻り病院を開業したが、三年ちょっとで空襲で全焼。その後軍医として働き、沖縄戦で戦死した。
 疎開先の大分市内で食堂を開き、女手一つで徹さんら七人のきょうだいを育てた母親園子さんは、口癖のように「憲法は守るんだよ」「選挙は棄権しちゃだめ」と話していたという。
 米軍の新型輸送機オスプレイの普天間飛行場への配備では国会前で抗議活動をするなど、沖縄出身者らは東京でも怒りの声を上げ始めている。「改憲で日米の軍事同盟関係が強まれば、追随する形で日本が戦争に加担する恐れだってある」。その前線もまた、基地が集中する沖縄だ。
    ◇
 衆院選を通じ大きな論争にならない改憲問題。その要因を、米国出身の映画監督で早稲田大教授のジャン・ユンカーマンさん(60)は「現在の日本には軍事的な文化がない。戦場で人を殺すことを想像できないから、強い反対もないのでは」とみる。
 六〇年代、ベトナム戦争に突き進む米国の姿勢に疑問を感じ、日本に留学。二〇〇五年にドキュメンタリー映画「日本国憲法」を製作した。世界の知識人に平和憲法の価値を聞いて回った。
 現在、世論調査では九条改定の賛否が拮抗(きっこう)する。米国の占領下で生まれた平和憲法。日本人にとって自らつかみ取ったとの意識は薄く、空気のように隣にあった。「改憲が議論なく進むのは怖い。憲法は民主主義の結晶で、社会の心臓。もっと慎重に話し合ってほしい」
 学徒出陣の経験を持つ政治学者、石田雄(たけし)東大名誉教授(89)=東京都文京区=も「憲法九条が戦力の保持や交戦権を認めなかったから、自衛隊は海外で誰も殺していない」と、その価値をあらためて強調する。
 今回の選挙結果で改憲勢力が多数になったとしても、改憲を白紙委任したとは考えていない。石田さんが選挙後も希望をつなぐのは首相官邸前の脱原発や反貧困のデモ。「生活に根差した個人の運動で、選ばれた議員に『次の選挙は危ないぞ』と圧力をかけられる。かつてのように国会を物理的に占拠するのでなく、心理的に包囲するんです。憲法改正までの手順を踏ませず、最後は国民投票でノーと言えるようにしなくては」
(東京新聞)

2. 12月14日付仏『ル・モンド』紙 ー「日本の選挙:保守主義者の回帰?」ー「『裏切り』首相野田氏の後、日本の権勢の回復を唱える『強いリーダー』安倍氏が新首相として、国家主義者石原慎太郎と共に、戦争行為を禁じている憲法第九条を変えようとしている」が、「政治危機・経済危機に対して、どの伝統的政党も有効な必須条件を具備せず、これから日本は、『国際的大国としての最後の一時』を過ごすことになるだろう」と締めくくっている。 (2012.12.14)

Elections au Japon : le retour des conservateurs ?
Le Monde.fr | 14.12.2012 à 10h57

Les élections législatives anticipées qui auront lieu dimanche 16 décembre au Japon devraient être marquées par le retour de la droite au pouvoir (Kyodo). L'ancien premier ministre conservateur Shinzo Abe pourrait être réélu à la tête du gouvernement, cinq ans après son précédent mandat. M. Abe, qui promet de restaurer la puissance du Japon, incarne le 'leader fort" vers lequel les électeurs devraient se tourner pour mettre un terme au déclin du pays, après le mandat jugé décevant du PM de centre gauche, Yoshihko Noda, (voir le reportage vidéo de la chaîne ABC).
S'il est élu, Shinzo Abe prévoit entre autres de modifier l'article 9 de la Constitution, qui empêche le pays d'entrer en guerre (Asia Sentinel), un point qu'il partage avec le nouveau parti japonais de la restauration du nationaliste Shintaro Ishihara, à l'origine du conflit territorial sur le rachat des îles Senkaku. Son parti nationaliste-populiste est la 3e force du pays, selon des sondages nationaux concordants (FT).

La Chine surveille de près les élections de dimanche, car un virage à droite du Japon serait synonyme de nouvelles tensions entre les deux voisins. Sur le plan économique, le Japon, entré en récession et écrasé par une dette publique colossale, aurait du mal à se passer de cet important partenaire (Asahi Shimbum). En jeu également lors de ces élections, la résolution de la crise politique : le PM élu dimanche sera le septième en six ans.

Peu importe l'issue des élections, ce que proposent les partis traditionnels ne permettra pas au Japon de sortir de la crise politique, condition sine qua non à la fin de la crise économique, estime l'Asia Times. Et le site de poursuivre : faute de renouveau sur le plan politique, le Japon pourrait être en train de vivre ses "derniers instants de grande puissance internationale".

3. 12月14日付『ニュ=ヨーク・タイムズ』紙 ー「コネティカットで20人の児童が射殺される」ー「昨夜11時30分頃(日本時間)米国北東部コネティカット・Newtown の小学校で、20歳の若者が銃を乱射し、20人の児童と、その前後に彼の母親の教師を含む6人の大人が死亡した。米国に於ける乱射事件死亡者数では、ヴァージニア工科大学での32人死亡事件に次ぐものとなった」 (2012.12.15)
The New York Times
December 14, 2012
Gunman Kills 20 Schoolchildren in Connecticut
By JAMES BARRON
A 20-year-old man wearing combat gear and armed with pistols and a semi-automatic rifle killed 26 people — 20 of them children — in an attack on Friday in an elementary school in wooded Connecticut. Witnesses and officials described a horrific scene as the gunman, with brutal efficiency, chose his victims in two specific classrooms while other students dove under desks and hid in closets.

Hundreds of terrified parents, fearing the worst, descended on the school in Newtown, about 65 miles north of New York City, after news of the shootings spread. Many arrived as their sobbing children were led out, each with a hand on the shoulder of the child in front. But by that time, all the victims were shot and most were dead, as was the gunman, identified as Adam Lanza, who committed suicide. The children who were killed were said to be from 5 to 10 years old.

A 28th person was found dead in a house in the town and was also believed to have been shot by Mr. Lanza. That victim, one law enforcement official said, was Mr. Lanza’s mother, Nancy Lanza, a teacher at the school, Sandy Hook Elementary School.

The rampage, coming less than two weeks before Christmas, was the nation’s second-deadliest school shooting, exceeded only by the 2007 Virginia Tech massacre, in which a gunman killed 32 people and then himself.

Law enforcement officials said Mr. Lanza had grown up in Newtown, and he was remembered by high school classmates as smart, introverted and nervous. They said he had gone out of his way to not attract attention when he was younger. Several said they believed he suffered from Asperger syndrome.

The gunman was chillingly accurate. A spokesman for the state police said that only one person had been injured at the school. All the others hit by the barrage of bullets from the guns Mr. Lanza carried — the rifle was similar to a weapon widely used by troops in Afghanistan and Iraq — died, suggesting that they were shot at point-blank range.

One law enforcement official said the shootings occurred in two classrooms in one portion of the school. The principal was among the dead adults.

Law enforcement officials offered no hint of what motivated Mr. Lanza. They were trying to determine if he suffered from a personality disorder. One official said that investigators were asking why — if Mr. Lanza’s rage was directed mainly toward his mother, as appeared to be the case — he had opened fire on other people’s children.

F.B.I. agents interviewed his brother, Ryan Lanza, in Hoboken, N.J.; his father, Peter Lanza, who was divorced from Nancy Lanza, was also expected to be questioned, one official said.

Newtown, a postcard-perfect New England town where everyone seems to know everyone else and where there had lately been holiday tree lightings with apple cider and hot chocolate, was plunged into mourning. Stunned residents attended four memorial services in the town on Friday evening as detectives continued the search for clues.

Maureen Kerins, a hospital nurse who lives close to the school, learned of the shooting from television and hurried to the school to see if she could help. “I stood outside waiting to go in, but a police officer came out and said they didn’t need any nurses, so I knew it wasn’t good,” Ms. Kerins said.

In the cold light of Friday morning, faces had told the story outside the stricken school. There were the frightened faces of children who were crying as they were led out in a line. There were the grim faces of three women who emerged with their arms around one another, as if they were protecting the one in the middle. There were the relieved-looking faces of a couple and a little girl in a light blue jacket, riding high on her father’s shoulders.

The shootings, 10 days before Christmas, set off a tide of anguish nationwide. In Illinois and Georgia, flags were lowered to half-staff in memory of the victims. And at the White House, President Obama struggled to read a statement in the White House briefing room. More than once, he dabbed his eyes.

“Our hearts are broken,” Mr. Obama said, adding that his first reaction was not as a president but as a parent.

“I know there is not a parent in America who does not feel the same overwhelming grief that I do,” he said.

He called the victims “beautiful little kids.”

“They had their entire lives ahead of them: birthdays, graduations, weddings, kids of their own,” he said. Then the president reached up to the corner of one eye.

Mr. Obama called for “meaningful action” to stop such shootings, but he did not spell out details. In his nearly four years in office, he has not pressed for expanded gun control. But he did allude on Friday to a desire to have politicians put aside their differences to deal with ways to prevent future shootings.

Mayor Michael R. Bloomberg of New York, who has been a vocal advocate for gun control, issued an exasperated statement after the president‘s speech.

“President Obama rightly sent his heartfelt condolences to the families in Newtown,” Mr. Bloomberg said. “But the country needs him to send a bill to Congress to fix this problem. Calling for ‘meaningful action’ is not enough. We need immediate action.”

Gov. Dannel P. Malloy of Connecticut, who went to Newtown, called the shootings “a tragedy of unspeakable terms.”

“Evil visited this community today,” he said.

Lt. J. Paul Vance, a spokesman for the Connecticut State Police, described “a very horrific and difficult scene” at the school, a one-story building that had 700 students in kindergarten through fourth grade. It had a security protocol that called for doors to be locked during the school day and visitors to be checked on a video monitor inside.

“You had to buzz in and out and the whole nine yards,” said the former chairwoman of the Newtown board of education, Lillian Bittman. “When you buzz, you come up on our screen.”

But the lock system did not go into effect until 9:30 each morning, according to a letter sent to parents by the principal, Dawn Hochsprung, that was posted on several news Web sites. The letter was apparently written earlier in the school year; Ms. Hochsprung was among the dead, although no victims’ names had been confirmed by the authorities.
(後略)
by shin-yamakami16 | 2012-12-14 12:12 | Comments(0)
漸く日本「極右傾化」に警鐘を鳴らし始めたマス・メディア

                                  山上 真

 近年の大新聞、TV局などは、財界からの「要請」を背景に、「消費増税・TPP・原発」など国民の安寧を脅かす重要問題に対して、「保守・政権」側の支持に回ることが日常化しており、大いに不信感を抱かざるを得ない状況を呈しているが、そんな中で、今日12月5日付『毎日新聞』夕刊は、極めて注目すべき「特集ワイド」記事を掲載している。最近の危機的とも言える「極右」台頭の政情に直面して、マス・メディアの中にも、一部ではあるが、漸く「警鐘」を鳴らす動きが出てきたことを歓迎したい。以下に、その『毎日』記事全文を紹介する。

特集ワイド:「右傾化ニッポン」なぜ 公約に「国防軍」「尖閣常駐」 「核武装」に言及も
毎日新聞 2012年12月05日 東京夕刊

 ◇75年前、第三極躍進→日中戦争へ 「今回の衆院選に類似」

 衆院選が公示され、各党・候補者の論戦がいよいよ本格化してきた。それにしても、前哨戦の段階から「核武装」「国防軍」など、これほどきなくさい言葉が飛び交った選挙も記憶にない。海外の一部メディアに「右傾化」と指摘されるような現在の状況をどう見たらいいのか。識者と考えた。【井田純】

 「日本は徐々にではあるが明確な右傾化のただ中にあり、第二次大戦以来、地域で最も対決的な姿勢を示している」。今年9月、米紙ワシントン・ポストは「中国の台頭と日本の右傾化」と題してこう論評した。英誌エコノミストも同月、尖閣諸島の写真を表紙に使い、巻頭記事で「対中強硬派の都知事による購入計画」が発端となり、尖閣をめぐる対立が日中の衝突に発展する危険性を警告している。

f0166919_204785.jpg


東郷和彦・元外務省条約局長=手塚耕一郎撮影

 元外交官の東郷和彦さん(67)はこれらの報道について、「事実認識に不正確な点はあるが、日本の政策が右寄りになっているのは事実」と語る。

 右傾化の厳密な定義は難しい。保守化をとおりすぎて、国粋主義的な対外強硬論に傾くことを指すことが多い。

 外交・防衛問題についていえば、野田佳彦首相は7月12日の衆院予算委員会で、集団的自衛権の法的解釈見直しに言及している。総選挙では「自衛隊の国防軍化」を公約する安倍晋三総裁の自民党が第1党をうかがい、躍進の予想もある日本維新の会の石原慎太郎代表は「核保有検討」に言及する状況だ。

 国民感情も変化している。内閣府が先月発表した世論調査では、中国に対して「親しみを感じない」「どちらかというと感じない」と答えた人は合計80・6%で1978年の調査開始以来、過去最高だ。韓国についても「親しみを感じない」が昨年より23・7ポイント増えて59・0%に達した。竹島に李明博韓国大統領が上陸し、尖閣諸島近海に中国の海洋監視船が毎日のように現れる現状では、両国への反発は“自然な”感情とも言える。

 しかし、東郷さんは「外に強いことを言う指導者を待望するポピュリズムは民心がへこたれている表れ。右傾化を望む人にとっては中韓の一連の対応は、天の配剤でしょう」と話す。

 東郷さんが特に警戒するのは、自民党が政権公約の「領土・主権」の項目で、尖閣に公務員を常駐させるなどとしていることだ。新政権が、常駐を「さやに収めた刀」として使い、現実的な落としどころを探る外交政策を展開する可能性はあるとしたうえで、「実際に日本がそういう対応を取ったら、中国はどう出るか」と問いかける。
例えば、監視船が今のように日本の領海に定期的に入っては出ていくのではなく、常時10隻単位で領海内にとどまるかもしれない。あるいは1日に10メートルずつ尖閣に近づいてくるかもしれない。多数の漁船を領海内操業に誘引し、それを保護する形をとるかもしれない。その時、日本はどうしますか? 監視船に放水や銃撃を加えるのですか?」

 東郷さんは、尖閣領有の法的根拠については日本に100%理があると考える。だが現状は、国による同諸島の購入が、中国側に対応をエスカレートさせる口実を与えてしまった。その元は石原代表が都知事時代に打ち出した都による購入計画だ。「中国の今の行為は、国連憲章に照らして許されないが、既得権化してしまった行為をやめさせるには外交力を結集した対話がいる。尖閣情勢を今の状況にしてしまったのは、戦後の日本外交で最大級の失敗です」

 中国は10手先を読んでいる。こちらは20手先を読まなければならない、と東郷さん。「巡視船を急速に増やし、海保の人員を大幅増員、海保と海自の連携を訓練する。当然すべて国民の税金です。そういう覚悟と準備を整え、なおかつ、できる限りの対話を尽くす。ただ公務員を常駐させるのでは単なる挑発です」

    ■

f0166919_20484587.jpg


坂野潤治さん=岸俊光撮影

 「今回の情勢を見ていて思い出すのは、昭和12(1937)年4月の総選挙です」。淡々とした口調で語るのは、「昭和史の決定的瞬間」「日本近代史」などの著作がある坂野(ばんの)潤治・東大名誉教授(75)だ。

 坂野さんが類似を指摘したのは、戦前最後の正常な総選挙とされる1937年の第20回衆院選。議会第1、2党は民政党と政友会で、いわゆる「第三極」の一角だった社会大衆党(社大党)が躍進した。社大党のスローガン「広義国防」は、国民生活の改善を柱に国防政策では陸軍支持を意味するものだった。

 「資料によると、社大党に投票した有権者の多くは、生活水準の底上げとともに戦争回避への期待があった。ところが、社大党がそうした声に応じて軌道修正をする前、選挙からわずか2カ月余りで盧溝橋事件が起きた」

 そこから時代は日中全面戦争、そして太平洋戦争へと向かう。坂野さんが社大党に重ねるのは、旧・太陽の党と合流した日本維新の会だ。坂野さんは、維新の橋下徹代表代行のもともとの支持者は、既得権益の打破、国内の政治行政改革を求める層だったと見る。その支持層が、旧・太陽との合流で、石原代表ら対外強硬勢力に糾合されていく構図がよく似ているという。

現在と大きく違うのは日中の立場だ。「日本は米ソに次ぐ世界第3位の軍事大国で、経済力でも中国をはるかに上回っていた」。だからこそ日本は力を付けるべきだという声が選挙戦でも聞こえてくるが、「中国に拮抗(きっこう)する力を整えるには少なくとも20年かかるでしょう。安倍自民党総裁は、憲法改正、国防軍設置と言いますが、中国がそれを黙ってみているという保証がありますか」と警告する。

 坂野さんは「今、生活の苦しいフリーターなど若い世代が、対中強硬発言にひかれる気持ちもわからなくもない」と言う。そのうえで、歴史家としては、と続けた。「盧溝橋事件当時だって、日本陸軍内に日中戦争を回避したい勢力があったが、開戦に至ってしまった。同様に、今偶発的事態が尖閣で起きた場合、中国側がみな理性的に対処するとは限らない。『現代は国際社会が日中の武力衝突を許さない』と思うのは楽観論だ」

 選挙で強硬論を唱える勢力は、極論に訴えて人気を得ようとする少数者、いわば「ノイジーマイノリティー」に過ぎない、と坂野さんは信じる。東郷さんも「戦後日本が築いてきた平和主義が無意味だったはずがないし、あってはならない」と語る。

 行く手にあるのは「いつか来た道」ではないのか。立ち止まって考えたい。

==============

 <外交・防衛に関する気になる発言>

 ◇安倍晋三・自民党総裁

 「(中国と)話し合う余地はない。領土問題はないのだから、1ミリも譲る気はない」(10月15日)

 「憲法を改正して自衛隊を国防軍とする」(11月21日)

 「まずは物理力で(中国船による領海侵犯を)阻止しなければならない」(11月29日)

 「尖閣諸島に船だまりも含めて、公務員常駐を検討する」(11月30日)

 ◇野田佳彦・民主党代表

 「(集団的自衛権の解釈見直しについて)その議論というのはさまざまなレベルで行われてしかるべきだろう」(7月12日)

 ◇石原慎太郎・日本維新の会代表

 「核を持っていないと発言権が圧倒的にない」「日本は核兵器に関するシミュレーションぐらいやったらいい」(11月20日)

 「シナになめられ、アメリカのめかけに甘んじた日本をしたたかな国に」(11月21日)

 「尖閣問題を放置したら、チャイナはどんどん勝手なことをする」(11月26日)

 ◇橋下徹・日本維新の会代表代行

 「日本に必要な防衛力をしっかりと考えるべきだ。海洋国家日本において海保も含めた海防力強化が喫緊の課題。集団的自衛権の行使も必要。日米安保の強化も必要だ」(9月27日)

「それにしても中国は品がない。僕に言われたらおしまいだね。これではまだまだ世界において名誉ある地位を占めることはできない」(9月28日)

 「韓国と中国は民主国家として先進国入りしていない」(11月29日)

                                  (2012.12.05)

                    <追記>
1. 各メディアの中で、日本の「極右」石原・安倍・橋下などを激励している『産経』・『読売』グループは、「日本未来の党」代表・嘉田女史の動きを一々批判的に取材しているが、今日も、彦根市長が、衆議院選挙戦への参加で、一時的に知事職から離れることを余儀なくされている嘉田知事に対して、「給与不払い」の住民監査請求を出した件を大きく報道している。同じ「事情」を抱える大阪・橋下のことは無視して、嘉田女史だけを「差別」する手法は、公的メディアとしての「倫理」に著しく違背する行為であることを銘記するべきだ。まあ、進出が予想される「未来の党」を何とかして「閉じ込めたい」という体制側の願望を反映した策動の一つには違いないが、幼稚な妨害行為に加担することは、メディアとしての「自殺行為」だ。 (2012.12.06)

2. 今月2日、三重県桑名市長選挙で、嘉田女史率いる「日本未来の党」・伊藤徳宇氏が圧勝したが、マス・メディアは全て、当選者が「未来の党」出身であることを隠して報道していた。ここに、その事実を指摘しておきたい。 (2012.12.07)

f0166919_10493886.jpg


      嘉田「未来政治塾」出身・桑名市長伊藤徳宇(いとう・なるたか)氏

(1)ブログ「日月神示の研究と実践」より

桑名市長選で示された日本未来の党の実力
2012-12-07 04:24:26 | 政治・社会
<陽光堂主人の読書日記より転載>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

桑名市長選で示された日本未来の党の実力

 直近の世論調査では、自民党が有利な状態で、日本未来の党は支持率が伸び悩んでいるとされています。相変わらずマスコミは、虎ノ門の指示に従って情報操作しているようです。

 今月2日に三重県桑名市の市長選がありましたが、注目すべき結果が出ています。新人の伊藤徳宇氏が圧倒的な勝利を収めたのですが、この人は日本未来の党党首の嘉田由紀子氏が塾長を務める未来政治塾の出身です。

 ところがマスコミはこの選挙結果そのものを採り上げず、わずかに報道されたケースでも、嘉田未来政治塾の存在は言及されていません。日テレNEWS24は、3日付でこう報じています。(http://news24.jp/nnn/news86211255.html)

   桑名市長選、36歳の伊藤氏が初当選(三重県)

 2日、三重県桑名市の市長選挙の投開票が行われ、前市議会議員で新人の伊藤徳宇氏が、現職の水谷元氏を破り初当選した。伊藤氏は現在36歳で、民放テレビ局勤務と桑名市議会議員を経て今回、桑名市長選に2度目の立候補。合併前の旧桑名市時代を含め事実上の6選を狙った現職の水谷氏を倍以上の得票数で破り、初当選を果たした。桑名市では去年、公共工事をめぐる入札妨害事件で市の職員や水谷氏の支援者らが逮捕されるなど、不祥事が相次いでいた。当選した伊藤氏は「うみを出し切って、市民が誇れる桑名市にしたい」と意気込みを述べた。 (下線は引用者による)

 上述のごとく、伊藤氏の履歴に未来政治塾の名は出て来ません。今回の総選挙では、嘉田氏の日本未来の党が(良きにつけ悪しきにつけ)話題をさらっていますから、マスコミなら採り上げてしかるべきです。わざと無視したとしか思えません。

 この桑名市長選は、現職が長いこと市長の座を独占し、不祥事も相次いでいたことから、嘉田氏の知名度や塾生の実力による当選と言い切ることはできませんが、圧倒的な得票数から期待されていることは間違いありません。

 嘉田滋賀県知事は近畿地方では人気があって、ここを基盤とする日本維新の会も安閑とはしていられないと言われています。今回の市長選でこれが裏付けられました。日本未来の党やその支持者にとって、明るい材料です。

 一兵卒となって地方を遊説している小沢氏は、石原慎太郎が自民党との連携に前向きなことを捉えて、「旧守勢力である自民党と組もうとしている政党が維新を名乗るのは可笑しい」ときつい一発をお見舞いしています。

 この点、自民との連携を否定した松井幹事長の方が筋が通っています。石原らと組んだのが間違いで、これでは支持は伸びません。空中分解するのも時間の問題でしょう。面白い展開になって来ました。

(2)ブログ「永人のよそ道」より

桑名市長選で「嘉田未来塾出身者」が圧勝!!

さる12月2日に行われた三重県桑名市の市長選挙に立候補した伊藤徳宇(なるたか)氏(36歳)が、現職の水谷 元(げん)氏(56歳)を一騎討ちの末、大差で破り、初当選した。

水谷氏は過去17年の間市長を続け、合併後の桑名市においても今回は3選目を目指したが、前回に続いて2回目挑戦の伊藤氏に3倍差をつけられ、落選した。

伊藤氏は嘉田未来塾の出身で、今回は未来塾推薦。

水谷氏は民主・自民・公明・維新の4党相乗りでの推薦を受けたが、約3倍の差をつけられ落選の憂き目を見た。

それにしても「未来の党」に対する期待は、ものすごいものがある。

全国のマスコミはこの事実をひた隠しにする。困ったものだ!!!

当選・伊藤徳宇36(なるたか)42.354
   無職、元市議、未来の党推薦

次点・水谷 元56(げん)   16.254
   現職市長
民主・自民・公明・維新の四党推薦

☆☆
前回の市長選は、2008年11月30日に投開票された。

当選・水谷 元(52)     23、249
次点・伊藤徳宇(32)    17、485
津坂勝哉        7、235
岡村信子        6、566


◎桑名市では平成21年以降収賄や競売入札妨害事件などで市の職員4人と市長の私的運転手が逮捕された。

伊藤氏は「元市長の長期政権、多選の弊害で、組織が硬直化し停滞している」と主張し、「市民と一緒になり、信頼される市政に刷新したい」と訴えて支持を集めた。

市民団体が昨年末に水谷氏の解職請求(リコール)運動を展開したが、期限内に必要な数の署名が集まらず、お流れになった。◎

このことで水谷市長は変な自信を持ったのかも知れないが、やはり市民は「事の善悪を見抜いていた」のだろう。

◎今の衆院選への影響を恐れてか、民・自・公・維新を勝たせたいマスコミはこの選挙の結果を報道しないので、できる限り皆様に拡散願いたく、よろしくお願い申しあげます。

3. 米国経済紙 'The Wall Street Journal' 日本版に、米国在住女性記者が「日本右傾化」を厳しく論難する注目すべき評論を掲載しているので、ここに紹介しておきたい。 (2012.12.13)

【肥田美佐子のNYリポート】世界が右傾化日本に「ノー」 総選挙を前に
2012年 12月 10日 7:03 JST

 最近、欧米メディアで、「Japan(ジャパン)」の5文字をたびたび見かけるようになった。通常なら、ツイート・ゼロも珍しくない日本の政治のニュースが、かなり読まれている。報道数も従来より多い。マイナーなオンラインメディアまでが日本について論じている。なぜか。

 沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)に続き、石原慎太郎・前東京都知事や橋下徹・大阪市長、安倍晋三・元首相の動向など、ナショナリズムの台頭を懸念してのことだ。日本では、軍事大国化防止と平和推進が務めであるはずのメディアの中に、彼らを持ち上げ、はやし立てるようなケースも見受けられるが、欧米では、日本社会右傾化の兆しとして警戒されている。

 東日本大震災では、国民の忍耐強さや誠実さ、秩序などに世界中から称賛が集まった。だが、長期低迷する経済を含め、今や一転して、要注意の存在として、注目されているのだ。

 藤崎一郎駐米大使が首都ワシントンでの講演会で反論を試みたとされる英誌『エコノミスト』(9月22日号)の特集「アジアは、これら(尖閣諸島)をめぐって本当に戦争に突入するのか――諸島をめぐる争いは、同地域の平和と繁栄への重大な脅威」は、12月7日現在、オンライン上で約200のツイートと4100の「いいね!」、2273件のコメントを集めている。

 また、同誌10月6日号の「日本のナショナリズム――ポピュリスト(大衆迎合主義者)に気をつけろ<迎合するメディアの追い風を受け、一握りの国粋主義者が、日本沿岸を超えて危険な影響を及ぼしうる>」も、ツイート349、「いいね!」が499という人気ぶりである。コメントも451件と、日本ネタとしては異例の大ヒットだ。

 「ポピュリストに気をつけろ」によれば、敗戦以来、アジアの平和と繁栄の力強い源泉となってきた日本が、保守派さえも懸念を抱く、石原前都知事の尖閣購入案という右派的ポピュリズムで中国の怒りを買い、かき回されているという。安倍元首相の自民党総裁就任により、そうした極右的見解が、今や国政の本流にまで流れ込む可能性があると指摘する。

 維新の会などの第3極を論じた英紙『フィナンシャル・タイムズ』(11月19日付電子版)では、両者とも強烈な個性で知られ、領土問題や原発など、カギとなる政策でズレのある橋下市長と石原氏の連携について、上智大学の中野晃一氏(政治学)の弁を借り、「真の問題は、政策の違いよりもエゴのぶつかり合いだろう」と結論づけている。

 米ブルームバーグニュース(11月12日付電子版)も、言い得て妙だ。コラムニスト、ウィリアム・ペセック氏は、個人的見解という但し書きは付いているものの、「右翼日本、19世紀に帰る」と題する記事の中で、日本の指導者たちは、軍事大国化へと突き進んだ1800年代と決別できないようだと、痛烈に批判する。

 次期首相になるであろう安倍氏と石原氏、橋下氏という三大政治家は、機会があふれているダイナミックなグローバル環境に飛び出していくのではなく、国粋主義の下で、日本の内向き化という誤った方向に進もうとしていると、ペセック氏は残念がる。

 米国人エコノミストなどに取材すると決まって言われることの1つに、日本の「内向き志向」があるが、次期国務長官の就任も取りざたされる知日派のハーバード大学のジョセフ・ナイ教授も、『フィナンシャル・タイムズ』への寄稿「日本のナショナリズムは、弱さの表れ」(11月27日付)で論じている。

 安倍、石原、橋下3氏や日本の世論の右傾化について、同教授は、「真の問題は、日本が国際社会で過度に力を示そうとしているのではなく、弱く、内向きになっていることかもしれない」と分析。20年に及ぶ低成長や財政赤字、米国の大学に留学する日本人が、2000年当時の半分以下に落ち込んだことを挙げながら、「日本は、偉大な力強い国であり続けたいのか。それとも、甘んじて二流の地位へと流されるのか」と、問いかける。

 経済のかじ取りについても辛らつだ。米国の経済専門テレビ局CNBC(12月4日付電子版)は、6年間で、もうすぐ7人目の首相が誕生する日本は、長きにわたって金融緩和を行いながら、いまだに停滞から抜け出せないどころか縮小していると指摘。毎年、10%ずつ膨らみ、国内総生産(GDP)比で220%余りに達した先進国中最悪の公的債務残高を例に挙げ、欧州も米国も日本の状況に比べたら、まだ序の口だが、日本を警報とすべきだという。

 どれも耳に痛い指摘ばかりだが、特に政治家は、警告として肝に銘じるべきだ。ポピュリズムで国民を手なずけようとしても、国際社会の目はシビアである。経済にしても、根拠のない楽観論は、国民の問題認識の目をくもらせ、日本の競争力をそぐだけだ。

 日本からは、「内向きで、どこが悪い。ぜいたくや成長さえ望まなければ、まだまだ食べていけるのだから、今のままでいいじゃないか。国際社会でのプレゼンス(存在感)を高めて何の得がある?」といった声も耳にするが、企業、個人を問わず、食うか食われるかのグローバル化時代にそんな悠長なことを言っていては、現状維持もおぼつかない。

 最大の経済成長圏であるアジアの安定が損なわれれば、状況に応じて交渉国や戦略などを変える東アジアでのピボット外交で経済的恩恵を得ようとする米国にとっても厄介だ。日中関係の悪化や日中韓のあつれきは、世界経済の足も引っ張りかねない。

 なにより日本は、福島の復興、原発・放射能問題、被ばくした人たちの長期健康管理という最重要任務を抱えている。40年にも及ぶ東京電力福島第1原発廃炉への技術的・人的・財政的算段や賠償金の確保すら、いまだにおぼつかない状況だ。そんな中、「国防軍」論議や防衛費のGDP1%枠撤廃などで、最大の貿易国である中国や他のアジア諸国を刺激し、国際社会を不安にさせることが、義援金やボランティア活動で応援してくれた世界の人々への答えなのか。

 「美しい日本」はけっこうだが、「強い」のは、経済と、復興と危機解決に向けた結束力だけでいい。

 *****************
f0166919_15252828.jpg

肥田美佐子 (ひだ・みさこ) フリージャーナリスト
 東京生まれ。『ニューズウィーク日本版』の編集などを経て、1997年渡米。ニューヨークの米系広告代理店やケーブルテレビネットワーク・制作会社などにエディター、シニアエディターとして勤務後、フリーに。2007年、国際労働機関国際研修所(ITC-ILO)の報道機関向け研修・コンペ(イタリア・トリノ)に参加。日本の過労死問題の英文報道記事で同機関第1回メディア賞を受賞。2008年6月、ジュネーブでの授賞式、およびILO年次総会に招聘される。2009年10月、ペンシルベニア大学ウォートン校(経営大学院)のビジネスジャーナリスト向け研修を修了。現在、『週刊エコノミスト』 『週刊東洋経済』 『プレジデント』などに寄稿。『週刊新潮』、NHKなどの取材、ラジオの時事番組への出演、日本語の著書(ルポ)や英文記事の執筆、経済関連書籍の翻訳にも携わるかたわら、日米での講演も行う。共訳書に『プレニテュード――新しい<豊かさ>の経済学』『ワーキング・プア――アメリカの下層社会』(いずれも岩波書店刊)など。マンハッタン在住。 http://www.misakohida.com
by shin-yamakami16 | 2012-12-05 20:51 | Comments(0)