世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0166919_2313618.jpg


            米国の「殺人ロボット」・無人偵察爆撃機 'Drone'


「対テロ」に手段を選ばぬ大国指導者たち

                              山上 真

  2月22日付の *‘The New York Times’ 紙に依れば、米・オバマ政権は、マリ隣国・ニジェールの首都 Niamey に ‘Drone Base’ 「無人偵察・爆撃機基地」を新たに設けることを発表したという。オバマ大統領の説明では、マリでの仏軍作戦を助ける目的であり、既にアフリカ西部ジプチに ‘drone’ の常設基地があるが、マリから3,000マイル離れて遠過ぎるため、新設することにした様だ。早くも 100人の要員が配置され、「アルカイダ掃討」の為、マリGaoやKidalで作戦中の仏軍との共同作戦を行う構えだ。
 
f0166919_2325415.jpg


 ‘Drone’ については、つい先日2月5日、『ニューヨーク・タイムズ』・『ワシントン・ポスト』など全ての米国メデイアが、サウジアラビアに実在する米国 ‘drone’基地 について、二年間も「その存在を知りながら隠してきた」事実が*すっぱ抜かれたばかりだ。マス・メディアが「国策に協力して、重大な事実を隠匿」した典型的な「恥ずべき事件」として、記憶されるだろう。
 
f0166919_2334874.jpg


上院 'Drone' 公聴会 で「16歳の米国市民がdroneに殺された」と抗議される次期CIA長官


 更には、ロボット爆撃機に「人を殺させる」という非人間的な作戦は、米国内でも、その「危険性」故に、大きな憤激と反対論を惹起させている。この2月7日、米国上院「情報活動委員会」は、初めて ‘Drone’ 作戦のヒアリングを、次期CIA 長官 John O. Brennan を呼んで開いたが、その冒頭、この作戦に反対・抗議する数十人の人々が会議場で、’ Assassination is against the Constitution!’
「暗殺は合衆国憲法に違反する!」とか、’Drones Fly Children Die’ 「無人機が飛び子供が死ぬ」などと次々と叫んで、何度か公聴会が中断する騒ぎになった。
 
f0166919_2374960.jpg


     米軍 'Drone' 攻撃を受けて廃虚と化したイェーメン南東部 Shabwa の村落

 事実として、この ‘Drone’ 作戦は2004年以来、パキスタンで 2597人を殺害し、民間人780人を犠牲にしている。アフリカでは、西部ジプチ、インド洋セイシェル基地又は、サウジ基地から発進した ‘Drone’ がソマリアで 112人を殺害し、その内 57人 が子供だという。2010年ウガンダでは、一人の「悪名高い」テロリスト殺害の巻き添えで、サッカー観戦の市民74人が犠牲になったということだ。
 
 この様な状況を見ても、これからアフリカで展開される「悲劇的現実」が容易に看て取れる。テロ撲滅という「大義」の為なら、どんな手段でも許されると大国の指導者たちが考えているとすれば、実にお粗末かつ重大な錯誤だ。  (2013.02.23)


<写真> The New York Times, Daily Telegraph
      

                   <追記>
1. 米国政府はこの程、シリア「反政府勢力」への直接支援を抑制してきた政策を変えて、EU諸国と共に、反体制派武装勢力への直接的援助を開始することに決めたという。このシリア「反政府勢力」は、首都ダマスでの「爆弾テロ」実行など、その「勇敢さ」故にアルカイダが主導権を握りつつあるとされ、結局のところ、欧米諸国は、一方ではアルカイダ・テロと戦うと言いながら、他方では、「アルカイダを助長する」という、全く矛盾した「統一行動」を打ち出したことに、自ら気付かないのだろうか。 (2013.03.02)

f0166919_21254943.jpg


       'Anti-Drone' で13時間以上の 'filibuster' を実行した Rand 上院議員          
2. 米国では今、 ’Drone’ 問題に「予想外の」注目が集まっている。
 ケンタッキー出身の共和党上院「自由擁護」議員 Rand Paul 氏が、オバマ大統領指名の次期CIA長官 John Brennan 氏・議会承認に反対して、13時間に及ぶ ’filibuster’「長時間議事妨害」を繰り広げたのである。
 Rand 氏の主張は、米軍が世界的に展開している’Drone’ 攻撃を「誰にしているのか、明確な定義がない」ことを危惧し、特に、米国内で’Drone’を使用することは、「法の支配」を蹂躙する憲法違反だということだ。こうして、6日水曜日午前11時47分、 ‘I will speak until I can no longer speak’ 「もはや話せなくなるまで話す」という冒頭発言と共に開始された ’filibuster’ は、「Jane Fonda にミサイルを落とす気か?」とか、「Droneは敵を殺しては増やしている」などと述べ、延々と7日木曜日午前12時39分まで続けられた。
オバマ政権の「テロ対策」補佐官として、世界的な ’Drone’ 作戦を指揮してきた John Brennan 氏のCIA長官指名に反対する議員は、Rand氏を含めて15人ほどおり、彼の行動に同調する議員も数人見られたという。しかし、オバマ大統領側は、すでに「指名可決」に必要な60議員を確保していると看做され、最終的にはそれを阻止することは出来なくとも、「米国全体に問題提起する」べく、今度の ’filibuster’ となったようだ。
この「示威行動」は、全ての*全国紙の冒頭を飾る程の反響を呼び、Rand 議員の意図は達せられたと言えるだろう。 (2013.03.07)


                 <参考資料>
1. * The New York Times:「米国の存在を示すべく、ニジェールにDrone基地を開設」
February 22, 2013

U.S. Opens Drone Base in Niger, Building Africa Presence

By ERIC SCHMITT and SCOTT SAYARE
WASHINGTON — Opening a new front in the drone wars against Al Qaeda and its affiliates, President Obama announced on Friday that about 100 American troops had been sent to Niger in West Africa to help set up a new base from which unarmed Predator aircraft would conduct surveillance in the region.
The new drone base, located for now in the capital, Niamey, is an indication of the priority Africa has become in American antiterrorism efforts. The United States military has a limited presence in Africa, with only one permanent base, in Djibouti, more than 3,000 miles from Mali, where insurgents had taken over half the country until repelled by a French-led force.
In a letter to Congress, Mr. Obama said about 40 United States military service members arrived in Niger on Wednesday, bringing the total number of those deployed in the country to about 100 people. A military official said the troops were largely Air Force logistics specialists, intelligence analysts and security officers.
Mr. Obama said the troops, who are armed for self-protection, would support the French-led operation that last month drove the Qaeda and affiliated fighters out of a desert refuge the size of Texas in neighboring Mali.
Niger, one of the poorest countries in the world, signed a status-of-forces agreement last month with the United States that has cleared the way for greater American military involvement in the country and provides legal protection to American troops there.
In an interview last month in Niamey, President Mahamadou Issoufou voiced concern about the spillover of violence and refugees from Mali, as well as growing threats from Boko Haram, an Islamist extremist group to the south, in neighboring Nigeria.
French and African troops have retaken Mali’s northern cities, including Timbuktu, Gao and Kidal, but about 2,000 militants have melted back into desert and mountain hideaways and have begun a small campaign of harassment and terror, dispatching suicide bombers, attacking guard posts, infiltrating liberated cities or ordering attacks by militants hidden among civilians.
“Africa Command has positioned unarmed remotely piloted aircraft in Niger to support a range of regional security missions and engagements with partner nations,” Benjamin Benson, a command spokesman in Stuttgart, Germany, said in an e-mail message on Friday.
Mr. Benson did not say how many aircraft or troops ultimately would be deployed, but other American officials have said the base could eventually have as many as 300 United States military service members and contractors.
For now, American officials said Predator drones would at first fly only unarmed surveillance drones, although they have not ruled out conducting missile strikes at some point if the threat worsens.
American officials would like to move the aircraft eventually to Agadez, a city in northern Niger that is closer to parts of northern Mali where cells of Al Qaeda in the Islamic Maghreb and other militants groups are operating. Gen. Carter F. Ham, the leader of the Pentagon’s Africa Command, visited the base last month as part of discussions with Niger’s leaders on closer counterterrorism cooperation.
The new drone base will join a constellation of small airstrips in recent years on the continent, including one in Ethiopia, for surveillance missions flown by drones or turboprop planes designed to look like civilian aircraft.
A handful of unarmed Predator drones will fill a desperate need for more detailed information on regional threats, including the militants in Mali and the unabated flow of fighters and weapons from

2. *すっぱぬかれた:2月6日付英国「テレグラフ」紙 ー「米国メディアはサウジの無人機基地を2年間も秘密にしてきた」

The Telegraph
 
US media kept Saudi drone base secret for two years

The revelation that the US has been operating a drone base in Saudi Arabia was kept secret by American media organisations for two years.
The Washington Post said several US media organisations knew of the drone base but abided by official requests not to disclose its location
By Alex Spillius, Diplomatic Correspondent
5:08PM GMT 06 Feb 2013

It only came to light after a blackout on reporting agreed by the media and the Obama administration was broken by two US newspapers.
The revelation that the US has been operating a secret drone base in Saudi Arabia for the past two years came after a blackout on reporting agreed by American media and the Obama administration was broken by two US newspapers.
The first pilotless CIA mission flown from the base killed Anwar al-Awlaki, a US-born cleric and senior figure in al-Qaeda in the Arabian Peninsula, and a deputy in September 2011, reports said.
Another Predator drone strike killed Awlaki’s 16-year-old son Abdulrahman weeks later, though US officials claimed in the Washington Post that he was not the target of the attack.
The Washington Post said several US media organisations knew of the drone base but abided by official requests not to disclose its location because of the risk to counter-terrorism cooperation with Saudi Arabia.
Related Articles
White House to release legal rationale for drone killings 07 Feb 2013
US uses Blair defence to justify drone killings 05 Feb 2013The Post said that when it learned that another news organisation - the New York Times - planned to break the agreement, it decided to publish what it knew.
Greg Miller and Karen DeYoung of the Post said: "The Washington Post had refrained from disclosing the location at the request of the administration, which cited concern that exposing the facility would undermine operations against an al-Qaeda affiliate regarded as the network’s most potent threat to the United States, as well as potentially damage counterterrorism collaboration with Saudi Arabia.
"The Post learned Tuesday night that another news organisation was planning to reveal the location of the base, effectively ending an informal arrangement among several news organisations that had been aware of the location for more than a year."
A Justice Department memo published by NBC News on Tuesday argued that Americans high up in Al-Qaeda could be lawfully killed, even without evidence they are actively plotting an attack.
President Barack Obama’s decision to nominate John Brennan as CIA director has brought into focus the quasi-official lethal drone programme, which has killed an estimated 3,000 militants and civilians in Afghanistan, Pakistan and Yemen.
Mr Brennan faces a confirmation hearing in Congress on Thursday that provides critics a rare chance to question the ethics of using drone missiles.

3. *全国紙:3月7日付『ワシントン・ポスト』紙ー「ランド・ポールはジョン・ブレナンとオバマの drone 政策の反対してフィリバスターを行った」

The Washington Post
Rand Paul conducts filibuster in opposition to John Brennan, Obama's drone policy

By Ed O’Keefe and Aaron Blake, Updated: Thursday, March 7, 1:05 PM

One of the oldest and most storied traditions of the Senate made a sudden return to Capitol Hill on Wednesday when a junior senator seized control of the chamber with an hours-long filibuster involving rambling speeches aimed at blocking a vote on President Obama’s choice to lead the CIA.

Led by Sen. Rand Paul (R-Ky.) with help from other junior senators, the filibuster stretched more than 12 hours and was aimed at drawing attention to deep concern on both sides of the aisle about the administration’s use of unmanned aerial drones in its fight against terrorists and whether the government would ever use them in the United States.

Shortly before noon, Paul — the scion of a political family at the heart of the libertarian movement — came to the Senate floor and declared his opposition to the nomination of John O. Brennan, Obama’s choice to lead the spy agency, who has overseen the drone program.

“I will speak until I can no longer speak,” Paul said as he began. “I will speak as long as it takes, until the alarm is sounded from coast to coast that our Constitution is important, that your rights to trial by jury are precious, that no American should be killed by a drone on American soil without first being charged with a crime, without first being found to be guilty by a court.”

The filibuster is legend and endlessly controversial in the Senate, but extended ones are relatively rare, especially in the modern-day Senate, where the chamber’s rules are used more often to block legislation or to hold show votes on trivial matters. The modern filibuster usually deprives the majority of the 60 votes needed to end debate on a measure or a nomination. Brennan probably has the 60 votes to end a filibuster, which is why Paul’s filibuster required him to actually talk.

Paul’s talking filibuster was the first conducted by a senator since December 2010, when Sen. Bernard Sanders (I-Vt.) held the Senate floor for more than eight hours to oppose a tax-cut plan Obama proposed.

The record for the longest filibuster belongs to Sen. Strom Thurmond (R-S.C.), who spoke for 24 hours and 18 minutes beginning on Aug. 28, 1957, in opposition to civil rights legislation. During his remarks, Thurmond recited from the Declaration of Independence, the Bill of Rights, George Washington’s farewell address and other historical documents.

As Paul spoke, a collection of security guards, Senate pages and tourists kept watch. During one stretch, a man responsible for operating the Senate television cameras was seen reading a newspaper.

Paul said he was “alarmed” by a lack of definition for who can be targeted by drone strikes. He suggested that many colleges in the 1960s were full of people who may have been considered enemies of the state.

“Are you going to drop . . . a Hellfire missile on Jane Fonda?” he asked at one point.

Repeatedly, Paul suggested that his cause was not partisan and not meant as a personal attack on the president — only on his drone policy. Concern about the administration’s use of drones has been part of the debate on the left and the right, and that was reflected in some responses to Paul’s filibuster.

Adding bipartisan credibility to the effort, Sen. Ron Wyden (D-Ore.) — the most outspoken liberal antagonist of the CIA — praised Paul for pushing Brennan to clarify whether the CIA could ever target Americans on U.S. soil.

“When I asked the president, ‘Can you kill an American on American soil?’ it should have been an easy answer. It’s an easy question. It should have been a resounding, an unequivocal, ‘No,’ ” Paul said. “The president’s response? He hasn’t killed anyone yet. We’re supposed to be comforted by that.”

“I would be here if it were a Republican president doing this,” Paul added. “Really, the great irony of this is that President Obama’s opinion on this is an extension of George Bush’s opinion.”

About 3 p.m., several other junior Republicans joined Paul from their seats in the far right corner of the chamber. By tradition, the most junior senators of either party occupy the far corners of the room, with the more tenured members sitting closer to the middle.

Under the rules, the senator from Kentucky was allowed to yield to another senator “for a question,” but no rules mandate the form or length of the question. So Sens. Ted Cruz (Tex.) and Mike Lee (Utah) delivered long speeches in opposition to the drone program, sometimes stopping to ask Paul a question, other times going on for extended periods.

During his remarks, Cruz compared Paul to another famous — if fictional — senator.

“You’re standing here like a modern-day ‘Mr. Smith Goes to Washington,’ ” he said. “You must surely be making Jimmy Stewart smile.”

Paul, Cruz and Lee spoke out against the CIA nominee from contiguous desks in the deep right corner of the room. Later, they were joined briefly by Republican Sens. John Barasso (Wyo.), Saxby Chambliss (Ga.), John Cornyn (Tex.), Mitch McConnell (Ky.), Jerry Moran (Kan.), Marco Rubio (Fla.), John Thune (S.D.), and Patrick J. Toomey (Pa.), all of whom voiced support.

Senate Democrats said they received no warning of Paul’s intent to filibuster for most of Wednesday. Majority Leader Harry M. Reid (D-Nev.) had hoped to move Brennan’s nomination to a final vote Wednesday, but aides said it would be moved to Thursday.

Brennan’s nomination easily cleared the Senate Intelligence Committee this week, suggesting that he would have the 60 votes required to end Paul’s filibuster and bring the nomination to a vote. He has gained the support of some Republican senators, even as others want to hold up his nomination in hopes of getting more answers from the White House about the deaths of four Americans in an attack on a U.S. diplomatic outpost in Benghazi, Libya, on Sept. 11.

Throughout the day, Paul conceded that Brennan would ultimately get the job.

“I don’t know how long I’ll be able to do this, so I can’t ultimately stop the nomination,” he said late in the afternoon. “But what I can do is try to draw attention to this and try to get an answer.”

Paul Kane contributed to this report.
by shin-yamakami16 | 2013-02-23 23:12 | Comments(3)
f0166919_21412255.jpg


4月20日 'フランス2'TV で紹介された Moulin-Fournier氏家族:「カメルーンに帰る」と語る

f0166919_1025140.jpg


 4月20日パリ・オルリー空港でオランド首相らに出迎えられた一家ー*'Libération' 紙

f0166919_115687.jpg


4月19日無事解放されてカメルーン・ヤウンデの仏大使館で寛ぐMoulin-Fournier 氏家族


f0166919_11495086.jpg


          仏人家族誘拐事件の舞台となったWaza 国立公園


仏・マリ軍事介入の「予期された」結果

                                    山上 真

 一昨日2月19日、カメルーン北部 Dabanga で、フランス人成人3人、子供4 人の家族が Waza 国立公園で休暇を過ごしていた際に、イスラム・ジハディストグループに拉致され、隣国ナイジェリアに連れ去られるという事件が発生した。

f0166919_21323743.jpg


    19日テロリストに拉致・誘拐された一家の父親 *Tanguy Moulin-Fournier氏

f0166919_11531615.jpg


 この事実を最初に明らかにしたのは、他ならぬ仏大統領オランド氏で、彼はギリシャを旅行中に事件情報に接して、発表したのであった。

 犯人たちは、モーターバイクに乗った5人組で、大統領は、彼らが「よく知られたテロリスト」という表現を使って、現地周辺で活動するイスラム過激派 'Boko Haram’ であることを示唆した。

f0166919_2015246.jpg


      拉致された仏人家族が、事件直前まで乗っていた4輪駆動車

f0166919_11541164.jpg


        フランス人家族誘拐「犯行声明」を出した'Baco Haram'一味

 この深刻な事件について、メディア側からの「フランスのマリ軍事介入が惹起したのではないか」という質問に対して、仏政府筋は、「彼らテロリストは以前から欧米勢力を標的にして活動中のグループ」だとして、因果関係を即座に否定している。

f0166919_121458.jpg


                マリ北部で作戦中の仏軍部隊

 しかし、例えば2月20日付 ’France Info’ が伝えている様に、今度の事件と「マリ軍事介入」との関係を「肯定的に論じる」傾向は強まっているのが現状だ。
 
.......................................................................................................................................

 France Info ‘L'enlèvement des Français au Cameroun lié à l'intervention au Mali ?’
 「カメルーン でのフランス人誘拐はマリ介入と関係するか?」 ー原文<参考資料1>

<記事内容>

 *GDF スエズ・グループ は、2月19日、家族と共にカメルーンに滞在して、偶々北部・ナイジェリア国境近くで休暇を過ごしていた作業仲間の一人が連れ去られたことを確認した。その家族は、大人3人と5歳から12歳までの4人の子供から成るという。オランド大統領は、犯人について、カメルーン北部辺りで活動するイスラム派Baco Haram として知られるテロ・グループだと断言した。

 AFPに依れば、観光中の家族はナイジェリア国境近くのDadanga でモーターバイクに乗った男たちに捕まり、ナイジェリアに連れ去られたという可能性が最も大きい。
  
 一家は昨日からWaza 自然公園のキャンプ地に泊まり、今朝出発したところであった。父親が勤めているGDF Suez は、フランスの液化天然ガス・プロジェクト会社であるが、この家族の運命に対して深甚なる思いと協力を表明している。

 過去に於いては、2月8日にイスラム・グループによってフランス人8人が拘束されるなど、カメルーン海岸沖合での誘拐事件は頻繁に起きているものの、今度の事件は、欧米人旅行者がカメルーンで誘拐された初めてのケースである。

 カメルーン国境に接するナイジェリア北東部はBaco Haramの揺籃の地であり、彼らはこの国の北半分に*「シャリア」を課すべくナイジェリア軍と戦っている。彼らは「誘拐戦術」を使い、例えば昨年12 月には、アルカイダに繋がるイスラム過激派 Ansaru (Baco Haram分派)は、ナイジェリア北部で仏人技術者を誘拐し、先週末には*Setraco 社の外国人従業員(英国人・イタリア人など)7人を拉致している。

 今度の事件と仏軍マリ介入との直接的な繋がりを、オランド大統領は否定しているものの、マリのグループとナイジェリアのイスラム集団との間の「相似性」に言及している。一方、フランスの専門家たちは、より肯定的であって、「仏マリ介入以前にサハラ砂漠圏での誘拐事件が始まっていることは確かだが、セネガルからカメルーンに至る地帯での危険性はますます高まっている」と *'Iris' の研究者Philippe Hugon 氏は言う。彼は更に、「人質を取ることと、自爆テロを行うことが、フランスがマリでやったような『非対称的な』戦争に於いては、異なるジハディスト・グループの採る唯一の手段なのだ」と付け加える。

f0166919_11581721.jpg


          2009年以後のサハラ圏でのフランス人誘拐事件  
......................................................................................................................................                                 
この外、ナイジェリア北部で2月10日、ポリオ・ワクチン接種に従事していた北朝鮮医師3人など4人が殺害され、7人の女性医療スタッフが負傷した事件、2月20日には、ナイジェリア南部港湾都市Bayelsaの石油基地で、ウクライナ人、ロシア人など外国人6人が誘拐され、身代金100万ユーロを要求される事件が起きている。—仏『リベラシオン』紙
 これだけ相次いで「テロ・誘拐」事件が起きていると、「国内」に忙しい日本のメディアは、「アフリカ報道」などの暇が無いことになるのだろうか。

f0166919_1243229.jpg


   昨日2月20日,、ロシア人などの誘拐事件が起きたナイジェリア港湾部 Bayelsa

 今日2月21日の仏TV5 Monde の討論番組 ‘C Dans L’Air’ では、’Otage: même les enfants’ 「誘拐:子供たちさえも」というタイトルで、一昨日のカメルーンでの事件を論じていた。そこでは、白人・黒人各2人のアフリカ問題専門家が、アルジェリアからカメルーンに至るまでの広範囲に渉るアルカイダ系イスラム過激集団各派の活発な活動の実態や目的を語っていたが、今後も、仏軍のマリに対する様な欧米「軍事介入」が、果たして繰り返されるのかとか、民間事業展開が新たに可能なのかどうかとか、或は一般旅行者の安全が図れるかなどの肝心の問題については、各論者共、明快な回答を出すには程遠い印象だった。

 斯くして、仏・オランド政権の「マリ武力行使」から始まったアフリカでの「全般的な混乱」は、全く先の見えない「アフリカ・アフガン化」の様相を呈し始めている。 (2013.02.21)


<注>
*GDF スエズ:フランスに基盤を置く電気・天然ガス事業者で、世界第二位の売上高を誇る。従業員数 236.120人(2010 年) 
 
*Setraco 社:1977年創業のナイジェリア国土基盤整備を目的とする建設会社
 
*Iris =Institute de Relations Internationales et Stratégiques:国際関係戦略研究所(パリ)

*Tanguy Moulin-Fournier 氏:GDF Suez 幹部 (cadre) 5年前に仏からカメルーン首都Yaoundé に移り住む。青年時代をイタリア・ミラノで過ごし、モスクワで経済学を学ぶ。1995年にリヨン大学で経営学修了後、ルーマニア、ギリシャ、アルバニア、トルコで職務。妻はAlbane、息子は12,10,8,5 歳の4人。同行した、もう一人の成人は叔父の様だ。

                    <追記>
1. カメルーンでの「家族7人人質」事件が解決して、ほっとしたのも束の間、リビア・トリポリのフランス大使館が、昨日4月23日、自動車爆弾によるテロ攻撃を受け、2人の仏人警護員が重傷を負い、建物の80%以上が破壊されるという大被害を蒙った。ファビウス外相は、早速トリポリに向かい、被害状況確認と「リビア情勢」の把握に努めている。米国大使館襲撃と大使殺害に次ぐ事件だけに、リビアでの混迷状況に、西側指導者たちの苦悩は深い。 (2013.04.24)

f0166919_1356598.jpg


           爆弾テロ攻撃を受けたトリポリ仏大使館

2. ちょうど2か月前の2月19日、カメルーンでイスラム過激派Boko Haram に誘拐されたTanguy Moulin-Fournier 氏一家7人は、昨日無事解放されてカメルーン・Yaoundé の空港に降り立った。出迎えた仏ファビウス外相は、テログループに「金銭の支払い」はなかったと述べている。いずれにせよ、子供4人を含む一家が、痩せ衰えていたものの、何とか無事に帰還出来たことを喜びたい。 (2013.04.20)

3. 今夕から仏メディアは、カメルーンで誘拐された仏人家族7人が全員「無事に」ナイジェリア北東部 Dikwa の民家で発見されたという情報を、ナイジェリア軍からカメルーン軍に伝えられたものとして、一斉に流している。しかしその後、一向に具体的なニュースは無く、仏政府当局は否定し、ナイジェリア・カメルーン両政府も先の情報を全くの虚偽として一蹴している。先程8時に見たBBC World ニュースでも、「矛盾する」情報として扱っている。 (2013.02.21)

f0166919_20342369.png


4. オランド大統領がフランスのマリ軍事介入の「最終段階」と呼んでいる中、2月19日、マリ北部・アルジェリア国境近くの山岳地帯で、外人部隊パラシュート隊員一人が「テロリスト」と交戦中に死亡したという。今度の「マリ作戦」でフランス兵としては2人目の戦死者となった。現在、戦闘は、Gao市中心部で激しく続けられており、今日22日の'France 2 TV' は、約100人のジハディスト戦闘員の激しい攻撃に直面して、マリ軍は退却を余儀なくされ、急遽フランス軍の戦車・ヘリの応援を受けている様を放映していた。最北部 Kidal でも、自動車爆弾が仏軍駐留キャンプ付近で爆発して、民間人2人が負傷したということだ。 (2013.02.22)

5. 上記の記事を書き終えて、再び仏メディアに当ろうとした途端、マリで新たなテロ事件が本日起こっていた。'Le Nouvel Observateur' 及び 'Libération' 紙に依れば、マリ北東部で今朝、二台の自動車爆弾がInhalil と呼ばれる町の、元々マリ中央政権に敵対していたが、最近は仏軍に協力姿勢を見せている原住民「トウアレグ」族・軍事拠点近くで爆発し、多数の死傷者が出ているようだ。現場近くに居合わせた「国際赤十字」関係者の話では、マリの状況は全く「平穏・安定」とは程遠い状況だという。 (2013.02.22)

f0166919_1956464.jpg

        
               西アフリカに在留するフランス人数

6. 昨日22日付の 'France Info' に依れば、仏人「家族7人誘拐」事件を受けて、約6,100人に及ぶカメルーン在住のフランス人社会に動揺が広がっているという。例えば、仏・建設大企業* 'Vinci' は、今度の事件を契機に、北部カメルーンで働いていたフランス人従業員を西部港湾に近い都市 Douala に移動させて、帰国準備をさせることに決めたということだ。 (2013.02.23)

f0166919_8463540.jpg


      2月27日仏『フィガロ』紙が掲載しているヴィデオ写真

7. 昨日、仏7人家族を拉致したジハディストグループ Boko Haram は、インターネットを通じて一家のヴィデオ映像を公開した。7人とも「無事な」様子で、3人のテロリストが映っている。彼らは、フランス軍のマリ侵攻を「イスラムに対する戦争」として非難し、カメルーン・ナイジェリアなどで捕らえられている数多くの「同胞」の解放を要求した。このヴィデオ映像を確認したフランス国防相Le Drian 氏は、テロリストグループと「交渉の余地」はなく、引き続き拉致一家の居場所特定と解放作戦を追求することを表明した。(2013,02.26)

<注> *Vinci :1899年創業の世界一(収益)のインフラ基盤建設会社。世界各地の道路・トンネル・橋梁・駐車場などを建設。全従業員数は179,000人以上。


<写真> Le Monde, Libération, France Info, Le Nouvel Observateur


                 <参考資料>

1. 4月20日付『リベラシオン』紙ー「人質一家がフランスに帰還」
Libération: MONDE
Cameroun : les ex-otages de retour en France
Par AFP
Fatigués mais souriants, les sept Français d’une même famille, dont quatre enfants, libérés après avoir été retenus en otages par le groupe islamiste Boko Haram au Nigeria, sont arrivés samedi matin à Paris, deux mois après leur enlèvement au Cameroun. «Aujourd’hui, c’est la vie qui a gagné», a déclaré devant la presse le président François Hollande, venu accueillir les anciens otages au petit matin à leur arrivée à l’aéroport d’Orly, en provenance de Yaoundé, après leur libération dans la nuit de jeudi à vendredi.

Le père de famille Tanguy Moulin-Fournier à ses côtés, le chef de l’Etat a souligné que «les autorités françaises (avaient) fait leur devoir, dans la discrétion». Il a «remercié aussi bien le Cameroun que le Nigeria», avec une «pensée particulière pour le président (camerounais Paul) Biya, qui dans ces derniers jours a eu un rôle important». Les otages «ont souffert de la chaleur et du manque d’eau, mais ont été correctement traités», a ensuite confié à des journalistes François Hollande, «impressionné» par les enfants, quatre garçons de 5 à 12 ans. «Ils ont été des appuis solides. S’ils (la famille Moulin-Fournier) ont pu retrouver leur liberté, les enfants y sont pour beaucoup», a ajouté le président.

«On retournera au Cameroun»

Les anciens otages sont arrivés à 6h, à bord du Falcon du ministre des Affaires étrangères Laurent Fabius qui avait fait un aller-retour au Cameroun pour aller les chercher. Sur le tarmac attendaient une dizaine de membres de leur famille, frères, soeurs et grands-parents, et une soixantaine de journalistes. Des couvertures sur les épaules pour se protéger du froid, ils sont tombés dans les bras de leurs proches, avant de s’acheminer vers le pavillon d’honneur où ils sont restés un moment, à l’écart de la presse.

Tanguy Moulin-Fournier, visage amaigri, épaisse barbe, a ensuite fait part de son «immense émotion», de son «immense bonheur». «C’est fini, on en est sortis...», a-t-il déclaré. «Je suis très heureux d’être de retour en France, c’est un grand moment. Après, on retournera également au Cameroun, qui est un très beau pays où on se plait beaucoup», a-t-il ajouté. La famille est ensuite partie dans un véhicule monospace, sous escorte policière. Les enfants, en short, avaient les yeux cernés mais le sourire aux lèvres.

Les trois adultes et quatre enfants - Clarence, 5 ans, Maël, 8 ans, Andeol, 10 ans, et Eloi, 12 ans - avaient été enlevés le 19 février alors qu’il étaient en vacances dans un parc national dans l’extrême nord du Cameroun. Le père, la mère et leurs quatre garçons résidaient depuis 2011 à Yaoundé, où Tanguy Moulin-Fournier est employé comme expatrié par GDF Suez. Cyril Moulin-Fournier, le frère de Tanguy, qui vit en Espagne, les avait rejoints pour des vacances. Le PDG de GDF Suez, Gérard Mestrallet, était présent à leur arrivée à Orly.

Pas de rançon

Les autorités françaises et camerounaises ont indiqué que la famille avait été libérée dans la nuit de jeudi à vendredi à la frontière entre le Cameroun et le Nigeria. Très peu d’informations ont filtré sur les conditions de cette libération, annoncée par la présidence camerounaise dès vendredi matin. François Hollande avait alors remercié les autorités camerounaises et nigérianes, faisant valoir que «c’est en étant le plus discret possible que nous pouvons être les plus efficaces».

Il avait également assuré que la France ne changeait pas son «principe», qui est «le non versement de rançons». L’Elysée a également affirmé que la libération des otages n’était pas «une action de force» mais le fruit de «contacts multiples». «L’heureux dénouement de cette affaire est incontestablement le fruit d’une coopération exemplaire entre les gouvernements français, nigérian et camerounais», a de son côté estimé le président camerounais Paul Biya, appelant à un «renforcement» de la coopération internationale pour faire face à l’insécurité sur le continent africain.
<後略>

2. 2月20日付『フランス・アンフォ』—「 カメルーンでのフランス人誘拐はマリ介入と関係するか?」
L'enlèvement des Français au Cameroun lié à l'intervention au Mali ?
LE MERCREDI 20 FÉVRIER 2013 À 10:47

Si le gouvernement refuse de faire un lien direct entre la prise d'otage mardi des sept Français dans le nord du Cameroun et l'intervention de la France au Mali, les experts sont beaucoup plus affirmatifs.
Le rapt des sept Français au Cameroun mardi n'a pas encore été publiquement revendiqué mais Paris pointe du doigt la secte islamiste Boko Haram. Ansaru, "filiale" de la secte islamiste nigériane, a en effet déjà fait un lien avec l'intervention française pour justifier l'enlèvement d'employés étrangers le week-end dernier au Nigeria. Son communiqué évoquait "des transgressions et des atrocités commises envers la religion d'Allah (...) par les pays européens dans plusieurs endroits dont l'Afghanistan et le Mali". Ansaru avait également cité le soutien de la France à l'intervention armée en préparation au Mali pour justifier l'enlèvement du Français Francis Collomp en décembre dernier au Nigeria.
Le gouvernement refuse de faire le lien
Pour autant, "le lien n'est pas établi à l'heure actuelle", a assuré Jean-Yves Le Drian mercredi sur France 2. Pour le ministre de la Défense, seule "la méthode est similaire" entre les différents groupes islamistes du Sahel. "Ce sont des groupes qui se réclament du même fondamentalisme, qui ont les mêmes méthodes que ce soit au Mali, en Somalie ou au Nigeria".
Lundi déjà, François Hollande avait déjà rejeté l'idée d'un lien direct entre l'intervention militaire française au Mali et la prise d'otages au Cameroun. Pourtant, le chef de l'Etat avait déjà fait un parallèle entre les groupes présents au Mali et les islamistes nigérians.
Un moyen de peser dans une guerre asymétrique
Mais les experts, eux, sont beaucoup plus affirmatifs. Si "les enlèvements d'otages dans la zone saharo-sahélienne commencent bien avant l'intervention au Mali (...), les risques sont de plus en plus importants dans des zones qui peuvent aller du Sénégal au Cameroun", d'après Philippe Hugon. Pour le directeur de recherche à l'Iris, "prendre en otages et faire des attentats suicides sont les deux seuls moyens des différents djihadistes" dans le cadre d'une guerre asymétrique, comme celle menée par la France au Mali.
Pour Philippe Hugon, chercheur à l'Iris, les risques d'enlèvements sont plus grands avec l'intervention au Mali Au micro d'Ersin Leibowitch 


f0166919_155655.jpg


              サハラ:イスラム・ジハディスト活動領域

3. 2月19日付『フランス・アンフォ』—「カメルーンで誘拐されたフランス人たちはナイジェリアに移されただろう」
Les otages Français enlevés au Cameroun seraient passés au Nigeria
LE MARDI 19 FÉVRIER 2013 À 00:45
Sept Français ont été enlevés mardi matin dans le nord du Cameroun, près de la frontière avec le Nigeria, a confirmé François Hollande. Il s'agit de trois adultes et quatre enfants, enlevés par "un groupe terroriste que nous connaissons", a précisé le président français. GDF Suez a confirmé un peu plus tard qu'il s'agissait "d'un de ses collaborateurs avec sa famille". Vers minuit, le gouvernement camerounais a annoncé que les ravisseurs étaient "passés au Nigeria".
C'est la première fois qu'un enlèvement d'Occidentaux a lieu dans cette région de l'extrême nord du Cameroun, à moins de dix kilomètres du Nigeria. Sept Français ont été enlevés mardi matin tôt près de la ville de Dabanga.
On pensait d'abord qu'il s'agissait de touristes français. Mais quelques heures plus tard, GDF Suez a confirmé qu'il s'agissait "d'un de ses collaborateurs avec sa famille", expatriés dans la capitale Yaoundé et actuellement en vacances dans le nord du pays. "GDF Suez apporte toute sa collaboration au ministère des Affaires étrangères", a ajouté la société multinationale.
L'ambassade de France à Yaoundé a conseillé, par sms "à tous les Français présents dans l'Extrême-nord de se mettre immédiatement à l'abri".
"Les ravisseurs ont traversé la frontière du Nigeria avec leur otages" (gouvernement camerounais)
Dans la nuit de mardi à mercredi, le ministre des Affaires étrangères a rédigé un communiqué lu sur les antennes de la radio d'Etat pour dire que "les ravisseurs [avaient] traversé la frontière du Nigeria avec leurs otages".
Selon le texte, "l'événement s'est produit au lieu dit Sabongari situé à 7 km au nord de la localité de Dabanga (nord) sur la route nationale numéro 1 qui longe à cet endroit la frontière terrestre entre le Cameroun et la République fédérale du Nigeria".
<後略>
by shin-yamakami16 | 2013-02-21 12:17 | Comments(34)
f0166919_18275868.png


     憲法上「戦力不保持」の筈の日本が、軍事費世界第6位とは、一体何だ?


国際的に疑問視される「安倍ノミクス」とやら
                                  山上 真
 
 この数年来稀に見る形で経済現象が動いている。瞬く間に対ドルで93円の円安になり、2,000円もの株高を記録している。見たところ、経済界は一様に浮かれており、メディアの多くも、「明るいニュース」として歓迎している。恰も、これで日本経済が転機を迎え、その繁栄が約束されたかの様だ。

 確かに株は上がって、それでかなり儲けている人々が久々に現れているだろうし、為替差益と輸出増で巨額の黒字を出している企業が続々と名乗りを挙げている現象が見られる。

 しかし一般社会では、全て輸入に頼るガソリン・灯油が「円安」故に徐々に値上がりしており、それに連動して、諸物価が上がり始めている。特に寒冷地の燃料代は生活を直撃することだろう。
 殆ど輸入に依存している食料品、特に小麦粉など主食に近いものは、今後大きく都市生活者に影響を及ぼすに違いない。

 けれども、マス・メディアの殆どは、最近の変化の「肯定的」一面だけを大きく伝え、一般庶民の苦衷を無視している趣だ。 

 安倍政権は、「インフレ・ターゲット2%」を掲げ、物価上昇に従って、経済も好況になり、賃金も上がって行くという、かなり昔の「失敗体験」を、恰も新たな「ドリーム」の様に打ち出している。

 しかし政権が現実にやっていることは、地方公務員の「賃下げ」や、約10%の生活保護費切り下げである。これらの矛盾した政策によって現れるのは、例えば、教員が学年末を待たずして教壇を離れるという教育の場の「混乱」であり、困窮家庭子弟の教育費減少による「貧富格差の再生産」である。更には、「消費増税」などが待ち構えている。やっと年間3万人を割ったとされる自殺者数も、今後また増加に転じる恐れが出て来た。この数日間でも、都内JR駅などでの次の様な「人身事故」は連日と言える位報じられているが、恐らく最近の「世の成り行き」を察しての悲しい現象だろう。

JR大阪環状線、一時運転見合わせ 人身事故
 7日午後10時45分ごろ、大阪市都島区のJR大阪環状線桜ノ宮—京橋間で、走行中の上り普通電車(8両編成)に男性がはねられて死亡した。JR西日本は同環状線全線で運転を見合わせていたが、約1時間半後に運転を再開した。ー『朝日新聞』

総武快速線で人身事故、東京―千葉運転見合わせ
 7日午後3時51分頃、JR総武快速線新小岩駅で人身事故が発生した。
 この影響で、同線は東京―千葉駅間の上下線で運転を見合わせている。
(2013年2月7日16時13分 読売新聞)

東海道線、一時運転見合わせ 踏切で人身事故
 7日午後2時20分ごろ、神奈川県茅ケ崎市下町屋の東海道線茅ケ崎—平塚間の踏切で、東京発熱海行き普通列車(15両)が女性をはねた。上下線で一時運転を見合わせていたが、午後3時30分ごろ運転を再開した。この事故の影響で普通列車8本が運休、11本に最大1時間2分の遅れが出た。私鉄各社が振り替え輸送を実施している。–『朝日新聞』

JR山手線運転見合わせ 秋葉原駅で人身事故
 【JR東日本発表】 6日午前9時6分ごろ、山手線秋葉原駅で人身事故が発生し、同線は内回り、外回りで一時運転を見合わせている。再開は午前10時ごろの見込み。—『朝日新聞』

「JR山手線、全線で運転見合わせ 上野駅で人身事故
 5日午前7時10分ごろ、JR上野駅で人身事故が発生。山手線は内回りと外回りの全線で運転を見合わせている。JR東日本によると、運転再開は午前8時10分ごろの見通し。」—『朝日新聞』


f0166919_18303856.jpg



              一機150億円のF35戦闘爆撃機

 一方では「新予算」で、4兆6千億円の「防衛費」に1,200億円もの上乗せを行い、一機当り150億円のF35ステルス戦闘機を42機も米国から購入しようとしている。平和憲法の定める「戦争放棄」規定を全く無視した挙動だ。自民党など保守勢力がいとも簡単に軍事費拡大を言い出せる背景には、「尖閣」問題を巡っての「日中対立」を利用できることと、それが明らかに「憲法違反」行為であることを、右傾化した「民意」を慮(おもんばか)るマス・メデイアが、指摘・批判することを憚っているということがある。
 欧米先進国では、財政緊迫化の中、民生を重視すべく、軍事費を極力抑えようと奮闘しているところである。アフガンなどで戦争に参加している英国・フランスなどでさえ、軍事費を減らしている。日本安倍政権の軍事費拡張という方針は誠に異常と言う外ない。

 一見したところ、「アベノミクス」が国民に受け入れられている理由としては、野田前政権の「○○の一つ憶え」のような「緊縮策」に対する失望が余りに大きく、反撥したことと、所謂国民・中間層が一時的に過ぎない「株高」などの現象を見て、「おこぼれ頂戴」の期待感を抱きつつ、目先の利益を追おうとしていることがあるだろうが、これらはいずれ「失望」に転じる運命だ。

 ところで、世に言う「アベノミクス」について、海外から、特に欧米から「疑問」が相次いで呈されている。例えば*「ダボス会議」に出席したメルケル・ドイツ首相とか、ラガルドIMF専務理事などは、日本の「円安」誘導政策を、正常な交易を妨げる「為替操作」として糾弾している。米国の自動車業界も、日本車大量流入を図ろうとする動きとして、警戒感を強めている。これは、隣国韓国などでも同じで、一種の「貿易戦争」の趣を呈しつつある。

 そんな中で、昨日2月4日付米国紙『ワシントン・ポスト』は、安倍政権の経済政策を全面的に批判した論説記事を掲載しているので、ここにその「要旨」を紹介したい。

f0166919_18371060.png


               Robert J. Samuelson 氏

‘Japan is caught in a stimulus trap’ —「日本は景気刺激策という罠に嵌り込んでいる」 By Robert J. Samuelson —<原文・参考資料1>

<要旨>
「1980年代に世界第二位の経済大国にまで上り詰めた日本は、1990年代に『株高と不動産騰貴』のバブルが弾け、株式は4分の1に、地価は1975年時点まで降下した。それ以後、経済成長は年率1%以下になり、財政赤字はGDPの214%まで上昇し、先進国平均の二倍に達している。

「そこで今度安倍が提起したのは、10兆3,000億円(1140億ドル)、即ちGDPの2.2%という『景気刺激策』であり、日本銀行(BOJ) に対して金融緩和を強く求めた。これは、ごくありふれた『たわごと』である。日本は、1995年以来、ずっと景気刺激策を取り続けて来ており、日本銀行も金融緩和を続けて来た為に、財政赤字が爆発的に増大したのである。

「この様な政策はどれも日本の栄光ある時代を回復出来ていない。歴史的に見て、日本は輸出と新たな工場への投資が経済成長を支えて来たが、低コストの他のアジア新興国の登場で日本の競争力は失われた。

「日本は少数の輸出産業にばかり依存しており、国内産業の多くは遅れている為に、国家的活力を欠いている。そこで、景気刺激策が援用されるのだが、飽くまでそれは経済再生の発進力として有効だが、一時的に効く『麻薬』に過ぎず、幾度も注射すれば、新たな問題、例えば、過度な負債・資産バブル・インフレなどを生み出すことになる。これらは日本で起こってきたことだ。

「罠に落ちた日本は、一方では成長を刺激する必要があるが、他方では、過去の刺激策による負債が将来の成長を阻害する恐れが出ている。財政再建の為の消費増税や緊縮策も、経済を引き戻す要因として働く恐れがある。

「こうして見ると、日本は個人的投資の場として魅力的ではなく、人口減少もマイナス要素だ。不効率な国内産業への『保護』を無くして、優良企業を伸ばすことが急務だが、日本政府にはその勇気が無い故、現在の景気刺激効果が次第に消え失せれば、日本は再び経済不況 (stagnation) に戻って行くことになりそうだ。
                                   (2013.02.05)
<注>
*ダボス会議:スイス・ダボスでの世界経済フォーラム。日本安倍首相や麻生財務相など「大物」が参加しなかったのは、「円安」誘導に罪を感じているからか。

<写真> The Washington Post, Wikipedia


                   <追記>
1. 安倍政権は日本にインフレを起こそうと必死の構えだが、今朝の各紙は東京・大阪の物価が「世界最高」であることを伝えている。日本は食料品・地価を中心にして、「充分に」物価騰貴している国である。これから更にインフレを起こそうとするのは「正気の沙汰」ではない。 (2013.02.06)

東京と大阪が世界1、2位 生活費、英調査機関が比較
『産経新聞』
2013.2.5 22:17 [景気]
 英誌「エコノミスト」の調査機関は5日までに、世界主要都市の生活費ランキング2013年版を発表。東京が1位(12年2位)、大阪が2位(同3位)となり、長引くデフレにもかかわらず日本の生活費が高い実態が明らかになった。

 調査は「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」が世界93カ国の140都市を対象に食料品や家賃、燃料費など160品目の価格を比較し、指数化した。前回1位だったスイスのチューリヒが7位に落ちるなどし、日本の両都市の指数が相対的に上昇した。

 今回3位となったシドニー(同7位)や6位のシンガポール(同9位)など経済成長が著しいアジア・太平洋地域の都市のランキングが上昇した。同機関が発表した主な指数の中で、東京と大阪はワインやたばこの価格は低いがパンが高かった。(共同)

2. 安倍政権は、昨日の*「予算委員会」で指摘された様に、膨大な国家予算を「不急の」建設費や整備費に当てようとしている。正に「国土強靭化」という美名の下に、昔流行った「土建国家」建設に国民の血税を注ぎ込む愚策であるが、その果てには、間もなく一千兆円を超える*「国家財政赤字」という大問題が控えている。よく実例となる*アルゼンチンの様な、「破産国家」になってもいいのか、もう熟慮しても遅過ぎるかも知れない。
*印 <注> 『東京新聞』 ( 2013.02.09)                        【政治】
独法の施設整備費 補正 巨額積み増し
 二〇一二年度補正予算案で、総務、農林水産両省が所管する独立行政法人の研究施設の建て替え費用などに、最大で当初予算の八百倍以上の金額が計上されていた。みんなの党の柿沢未途氏が八日の衆院予算委員会で指摘した。民主党政権で予算執行を停止された事業を復活させたものもあり、必要性や緊急性を重視したはずの補正予算として適正だったのか疑問が生じている。 
 柿沢氏が問題視したのは、総務省所管の情報通信研究機構、農水省所管の農業・食品産業技術総合研究機構など計四法人。
 情報通信研究機構は一二年度当初予算で施設修繕費六千万円が認められたが、補正予算案では超高速通信などを研究する施設などの整備費として五百億円が追加された。
 農水省所管の三法人では、当初予算は計六億円だったが、補正予算案では計百六十二億円を計上。施設の老朽化を理由に、十三カ所で改修、二十カ所で建て替え、二カ所で防災強化を行うという。
 新藤義孝総務相は情報通信研究機構の施設整備費について、麻生政権当時の〇九年度に三百八十九億円を計上したものの、民主党政権で執行停止となったと説明。これに対し、柿沢氏は「今まで認められなかった予算を、補正予算は青天井だからと要求し、右から左に計上したのではないか」と追及した。また、柿沢氏は各都道府県にある林業支援の基金を積み増す目的で、農水省の「森林整備加速化・林業再生整備費補助金・交付金」が一二年度当初予算の五億円から、補正予算案では五百五十三億円に急増したことも指摘した。
 林芳正農相は基金について「使い勝手がいいと都道府県から好評だ」と説明。柿沢氏は、この基金が会計検査院から効果の分析が適切に行われていないと指摘されたことを取り上げ「効果度外視のばらまきだ」と批判した。

 2月8日付『日本経済新聞』
国の借金、12月末で997兆円 年度末に1千兆円超へ

 財務省は8日、国債や借入金など「国の借金」が2012年12月末時点で997兆2181億円になったと発表した。9月末から13兆9230億円増えた。今年3月末には1016兆円と初めて1千兆円の大台に乗る見込みだ。

 1月1日時点の人口推計で計算すると、国民1人当たりで約782万円の借金を抱えていることになる。「借金」の内訳は国債が812兆1519億円で、9月末から8兆4090億円増えた。政府短期証券も131兆3668億円と、5兆9999億円増えた。

ブログ 'Market Hack' から

日本がアルゼンチンのようになる日 アベノミクスがインフレを引き起こすタイミングはいつか?

「アベノミクスで本当にインフレを起こせるの?」そういう議論があります。

ネット上の議論を読んでいると「本当にインフレになるためには、賃金が上がらないといけない。賃金はなかなか上がらないだろう。だからインフレにはならない」という意見があります。

僕はこの意見に反対です。

外国株投資、とりわけ新興国への投資に長く携わってきた経験から言うと、別に賃金が上がらなくても、インフレは、来る時には、来る。

たしかに「好景気下で賃金が上昇しはじめるのは最後」という議論は正しいです。なぜなら雇用主は先ず利益を出すことに専念して、その間、なるべく利益圧迫要因となる賃上げには抵抗しようとするからです。だから今般のアベノミクス下においても、賃金は上がらないでしょう。

ただそれと「賃金が上がらないとインフレにはならない」というのは別問題。なぜなら通貨下落による、不景気下でのインフレという恐怖のシナリオが存在するからです。

南米やアジア通貨危機の頃の東南アジア諸国のように、賃金がぜんぜん上がっていないのに、強烈なインフレに見舞われた国の例は、掃いて捨てるほどあります。

f0166919_1212723.png

         アルゼンチン、2001年にデフォールト(債務不履行)に陥る

               <参考資料>
1. Japan is caught in a stimulus trap
By Robert J. Samuelson, Monday, February 4, 9:35 AM
Japan’s new prime minister, Shinzo Abe, is trying to revive the country’s flagging economy, and we could all learn from the exercise. You may recall that, in the 1980s, Japan was widely anointed as the next economic superpower, displacing the United States. It’s been a long slide since. In the 1990s, the “bubble economy” of high stock and real estate prices burst. The stock market is roughly a quarter of its high. Land prices have tumbled to 1975 levels. Since 2000, economic growth has averaged less than 1 percent annually. Government debt has ballooned to 214 percent of the economy (gross national product), about double the level of most advanced countries. Some superpower.
To get the economy moving, Abe has proposed a “stimulus” package of 10.3 trillion yen ($114 billion), about 2.2 percent of gross domestic product (GDP), and pushed the Bank of Japan (BOJ) — Japan’s Federal Reserve — to ease credit. This is familiar stuff. For years, Japanese governments have adopted stimulus plans. Since 1995, budget deficits have averaged 6 percent of GDP; that’s why debt (all past deficits) has exploded. The BOJ has repeatedly eased credit. In 1999, it cut short-term rates to near zero. It has had two episodes of “quantitative easing” — pumping more money into the economy — one from 2001 to 2006, the other from 2009 to now.
None of this has restored Japan’s glory days. In the largest sense, Japan is searching for a new economic model. Until the mid-1980s, it relied on export-led growth. Toyota, Panasonic and other multinationals seemed invincible. Exports and investment in new factories provided the main engine of growth. Unfortunately for Japan, developments in the 1980s doomed this model. The yen appreciated on foreign exchange markets, making exports more expensive. And the emergence of other low-cost Asian producers — first South Korea and Taiwan and later Thailand, Malaysia and China — displaced Japan as an export platform.
So the growth engine slowed. What could replace it? Japan has wrestled with this question for two decades. “Japan’s [economic] dynamism was exaggerated,” says economist Adam Posen of the Peterson Institute. “In the 1980s, people focused on a few great companies and ignored how much of Japanese business was relatively backward.” Japan’s domestic-based businesses (retailing, distribution, food production and health care, among others) have not powered the economy the way exports did.
Stimulus policies have been the substitute. To combat deep recessions, they’re justified; President Obama’s 2009 stimulus was warranted. But stimulus is supposed to be temporary. It’s supposed to “jump-start the economy.” Expansion becomes self-sustaining. In Japan, this transition never really occurred. The longest period of growth (2002-07) depended heavily on a cheap yen that revived the export model. Richard Katz, editor of the Oriental Economist, calculates that about 60 percent of GDP growth in those years reflected exports and investment tied to exports. This ended with the 2008-09 financial crisis.
The lesson is that huge budget deficits and ultra-low interest rates — the basics of stimulus — have limits and can be self-defeating. To use a well-worn metaphor: Stimulus becomes a narcotic. People feel better for a while, but the effect wears off. The economy then needs a new fix. Too many fixes may spawn new problems (examples: excessive debt, asset “bubbles,” inflation). That’s already happened in Japan.
It’s caught in a trap. On the one hand, it needs stimulus to grow. On the other, the debt from past stimulus measures threatens future growth. About 95 percent of government debt is held by Japanese investors — banks, insurance companies and pensions — that have been patient, report economists Takeo Hoshi and Takatoshi Ito. If investors lose patience and balk at buying government debt, the economy could implode. But their patience presumes that annual deficits will someday shrink. The trouble is that the required tax increases or spending cuts could act as a drag on the economy. Already, the Diet has voted to raise the consumption tax in 2014 and 2015 from 5 percent to 10 percent.
Considering this, Japan isn’t an attractive place for private investment. A declining population reinforces the effect. Katz of the Oriental Economist suggests spurring growth by dismantling protections for sheltered domestic industries. Higher growth would emerge as “inefficient firms die [and are] replaced by better firms.” But Japan’s leaders have generally shunned this complex and contentious approach. Once the present stimulus fades, Katz writes, it’s likely “Japan will fall back to stagnation.”
The United States isn’t Japan. The American economy is more flexible and entrepreneurial. The natural gas and oil boom is a godsend. Housing is reviving. Still, similarities with Japan loom. Growth rates have been stubbornly low. Both countries rely on stimulus policies — cheap credit, big deficits — to cure problems that are fundamentally structural and psychological. The parallels are worrying.

2. 日本「円安」政策に世界的批判

『日本経済新聞』
欧州で噴出「アベノミクス批判」 日本のとるべき道は  編集委員 菅野幹雄
 円安と株高をもたらした「アベノミクス」に、欧州から懸念の声が出始めた。日本の重要閣僚らは為替操作との批判に対する誤解を解いたと力説するが、疑念の構図はそう単純ではない。安倍政権が改革を着実に進める具体的な成果を示さないと、不信はなかなか消えないだろう。
 日本を名指しした政策批判は、欧州の中軸国であるドイツから続出した。ショイブレ財務相は1月17日の議会審議で「日本の新政権の政策に相当に重大な懸念…

『東京新聞』
【経済】
トヨタ、営業益千億円上方修正 円安で輸出採算改善
2013年2月5日 17時01分
 トヨタ自動車は5日、2013年3月期連結業績(米国会計基準)の予想を上方修正し、本業のもうけを示す営業利益を従来の1兆500億円から1兆1500億円に引き上げた。外国為替市場で円安基調が続き、輸出の採算改善などで利益が膨らむと予想した。
 金融緩和で円安を促す安倍政権の経済政策「アベノミクス」が国内製造業の業績回復を後押しする。
 主に国内生産のもうけを示す単体営業損益(日本基準)は5年ぶりに黒字になるとの予想も示した。
 12年4~12月期連結決算(米国会計基準)は、営業利益が前年同期の約7倍となる8185億円だった。

3. 「アベノ...」で物価高騰始まる。
2月16日付『日刊ゲンダイ』
タリアン受難の時代 円安で小麦また値上げ
【政治・経済】
2013年2月16日 掲載
アベノミクスがパスタ、オリーブオイルを直撃する
「イタリアン」受難の時代が来そうだ。
 4月から、政府が一括して輸入し、民間企業に売る小麦の価格が、10%程度値上げされるからだ。小麦粉が上がればパンやパスタ、お菓子など生活に不可欠な食品に影響が出る。それでなくても、円安でオリーブオイルなどが上がっている。パスタにオリーブオイル。こりゃあ、イタリアン直撃だ。
 中でも深刻なのは小麦だ。すでに国際的な価格高騰と、円安で輸入価格が上昇。昨年10月以降、政府が輸入し、民間企業に売る価格は3%上がっている。それがまた上がり、10%になるのである。
 日清製粉は、今年1月4日に価格を改定した。
「希望小売価格を設定していないため、小売店によって変わりますが、家庭用小麦粉(中力粉、薄力粉)は出荷ベースで2~5%。例えば、『フラワー』は、1キログラム238~245円から同243~250円くらいに上がりました。業務用は昨年12月20日に改定し、25キログラム当たり115円(税別)の値上げとなりました」(広報担当者)
 3%でこうだから、10%になれば、推して知るべし。しかも、小麦粉はパスタだけでなく、ピザの材料でもある。ホント、イタリアンは大変だ。経済ジャーナリストの有森隆氏がこう言う。
「円安で輸入品はほとんど上がっていくでしょうが、まずは小麦粉や油といった価格競争の少ない業界から値上げを始めるのです。競争がない業界であれば、談合して上げやすいからです。オリーブオイルの値段はアメ横では昨年末の1~2割増です。こうなると業務用、家庭用合わせて、生活防衛のための買い占めが始まり、ますます価格は上がっていく。店側は値上げに備えストックを始めていて、多少の保管料を支払ってでも、買い占める状況が始まっています」
 イタリアンレストランは高級店より、むしろサイゼリヤのような庶民向けのチェーン店の上げ幅が大きくなるかもしれない。ギリギリの価格設定をしているからだ。同じ理屈で、大衆向けの洋食店や学食なども一斉値上げになるかもしれない。アベノミクスなんてウンザリだ。
by shin-yamakami16 | 2013-02-05 18:32 | Comments(2)