世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0166919_1050051.jpg


    1月1日東京「福袋を選ぶ日本人」ーphoto : REUTERS/Yuya Shino


未曾有の国家「財政赤字1143兆円」と「生活難」に喘ぐ日本国民

                                山上 真
 
 一昨日・1月27日付のフランス国際ラジオ・RFI局のHPを覗いた所、日本の所謂「アベノミクス」についてかなり的確な内容の*論説記事が掲載されていたので、ここにその全文を訳して紹介しておきたい。

Les Japonais déçus par les «Abenomics»—「アベノミクスへの期待を裏切られた日本人」

<全文訳>

日本の記録的な*財政赤字は保守首相安倍晋三にとって悪いニュースである。エネルギー費用と過度かつ急速な円安によって罰せられて、彼の経済再生政治は日本人に不満を抱かせている。間もなく彼らは消費に課せられる増税に続いて、購買力の低下を目にすることになるだろう。
2013年に世界第三位の経済大国の財政赤字は820億ユーロ(約114兆8千億円)に達する。3年連続して財政赤字が続くことになるが、これは1979年の統計開始以来、初めてのことである。この新たな記録は日本列島の経済にとって悪い知らせであるが、首相にとってもそうである。金融政策の緩和と財政規律維持に基づく経済再生策である所謂「アベノミクス」の立ち上げ以来一年を過ぎて,その諸改革の矛盾した影響を蒙っている。

「常に増大する輸入」
安倍晋三の頑固な政治はとりわけ明確な円安(対ユーロで26%)を惹起させている。脆弱な円で輸出産業は確かに恩恵を蒙っているが、輸出量は僅かしか増えておらず、2013年には辛うじて 9.5% に過ぎない。同時に過度な円安は輸入品にマイナスの影響を及ぼしており,輸入総額は15%跳ね上がった。この増額は特に重要なエネルギー資源の購入費に起因するものだ。
事実として、福島の大災害後の原発停止に伴ってエネルギー相場は急騰し、自動的に日本が必要としている製品の価格の急上昇を招いた。消費材の中には数多くの大量消費製品即ち食料品・衣料品・コンピュータ、加えてスマートフォンなどが含まれる。 

「期待を裏切られた日本人」
「アベノミクス」のパッとしない恩恵は日本人を失望させている。共同通信社の世論調査によると、彼らの 73% は首相が目指している改革は彼らの生活状況に現実的な効果を及ぼしていないと看做している一方、66% の人々は首相によって約束されている賃上げの恩恵に浴していないことを懸念しているという。人々の購買力は4月1日から8%になる消費税(フランスでの付加価値税相当)増税後に事実上落ち込む恐れがある。
日本の国内総生産の50% を国内消費が占める。もし世帯の購買力が落ちれば、痛みを受けるのは日本経済全体である。政権が中流階級や庶民を彼らの政策に賛同させる為には、最大限の説得力を必要とするだろう。何故ならば、人々の目には切に望まれている経済再生の恩恵に彼らが未だ与っていないからだ。 
                                 (2014.01.29)

*<筆者注> 
財政赤字:国の借金、1143兆円に…1人当たり900万
 国債や借入金などを合わせた「国の借金」は、2014年度末に1143・9兆円になる見通しだ。13年度末見込みより約100兆円増える。一般会計の税収(14年度予算案では50・0兆円)の約23年分にあたり、1月1日時点の人口で割ると、国民1人当たり約899万円の借金となる。財務省が27日、国会に提出した14年度予算案の関連資料で明らかにした。14年度末の借金の内訳は、国債が885・7兆円、借入金が59・4兆円、短期の資金繰りのため発行する「政府短期証券」が198・9兆円。
(2014年1月27日20時18分 読売新聞)

1月26日付『東京新聞』ー「実質賃金1%超下落か 13年下期 増税で負担増懸念も」

f0166919_917121.jpg


【経済】
13年下半期実質賃金1%超下落 物価上昇で、増税でさらに負担も
2014年1月25日 17時06分
 労働者の賃金を物価の影響を考慮した「実質賃金」でみると、2013年下半期(7~12月)は前年同期と比べ、1%超下落した可能性の高いことが25日、分かった。実際に手にする賃金が伸び悩んだのに加え、原油高や円安に伴って物価が上昇に転じたためだ。
 デフレ脱却を目指す政権の経済政策で、今年に入っても物価の上昇傾向は続いている。3月に向けて本格化する春闘で企業の賃上げが広がらなければ、4月の消費税増税で家計負担がさらに増す懸念がある。
 実質賃金は、現金給与総額に消費者物価の変動を加味して賃金の実態を分かりやすくした指数で、厚生労働省が毎月公表している。
(共同)

日本経済「アベノミクス」ー『とわサーチ』より
最悪のシナリオ
デフレ対策におけるアナウンスメント効果

↓
円高修正(円安誘導)
    
 ↓
補正予算のために大量の国債を発行
   
 ↓
消費税増税による景気減速・税収減
    
 ↓ 
財政規律の悪化による国債&円の信認低下
  
 ↓ 
国債価格の下落&過度な円安
   
 ↓
経済再生失敗&食料品・資源価格の上昇
     
↓
スタグフレーション:経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇 が共存する状態を指す。

               <RFI論説記事・原文>
Les Japonais déçus par les «Abenomics»
Créé le 2014-01-27 18:07
Par Agnieszka Kumor
Japon
Au Japon, le déficit record du pays est une mauvaise nouvelle pour le Premier ministre conservateur Shinzo Abe. Pénalisée par la facture énergétique et la dépréciation trop forte et trop rapide du yen, sa politique de relance économique mécontente les Japonais. Bientôt, ils verront leur pouvoir d’achat baisser suite à une hausse de la taxe sur la consommation.
En 2013, le déficit commercial de la troisième économie mondiale s'est élevé à 82 milliards d'euros. Il s'agit du troisième déficit en trois ans, du jamais vu depuis l’établissement des statistiques en 1979. Ce nouveau record est une mauvaise nouvelle pour l'économie de l'archipel, mais aussi pour le Premier ministre. Plus d'un an après le lancement de ce qu'on appelle les « Abenomics », une politique de relance économique basée sur l'assouplissement de la politique monétaire et le soutien à l'activité, il subit les effets contradictoires de ses réformes.

Toujours plus d’importations
La politique volontaire de Shinzo Abe a entraîné, entre autres, une forte dépréciation du yen (26% face à l’euro). Avec un yen plus faible, les entreprises exportatrices ont certes conforté leurs bénéfices, mais les volumes exportés n'ont que très peu augmenté, à peine 9,5% sur 2013. En même temps, la chute trop forte du yen a eu un effet négatif sur les importations, dont le montant a bondi de 15%. Cette augmentation est due notamment à la facture énergétique, devenue très importante.
En effet, avec l'arrêt des centrales nucléaires suite à la catastrophe de Fukushima, les tarifs de l'énergie ont flambé, ce qui a fait mécaniquement grimper le prix de tous les produits dont le Japon a besoin et qu’il importe. Parmi ces biens, nombre de produits de grande consommation : aliments, vêtements, ordinateurs ou encore smartphones.

Les Japonais déçus
Les bienfaits mitigés des « Abenomics » déçoivent les Japonais. Selon un sondage de l’agence de presse Kyodo, 73% d’entre eux estiment que les réformes voulues par le chef du gouvernement n’ont pas encore eu d’effet positif sur leur situation personnelle, tandis que 66% craignent de ne pas bénéficier des hausses de salaire promises par le Premier ministre. Leur pouvoir d'achat risque, en effet, de souffrir encore après une hausse de la taxe sur la consommation (équivalent de la TVA française), qui passera à 8% le 1er avril.
La consommation intérieure représente 50% du PIB japonais. Si le pouvoir d’achat des ménages diminue, c’est l’économie japonaise dans son ensemble qui souffrira. Il faudra toute la force de persuasion des autorités nippones pour rallier les classes moyennes et populaires à leur projet politique. Car à leurs yeux, elles n’ont pas encore profité de la relance tant espérée.

                <参考資料>
1. 1月27日付英国『フィナンシャル・タイムズ』紙ー「日本は原発閉鎖に続いて、最悪の貿易赤字を記録した」
anuary 27, 2014 4:46 pm
Japan records worst trade deficit following nuclear shutdown
By Ben McLannahan in Tokyo and Shawn Donnan in London
anuary 27, 2014 4:46 pm

Japan has unveiled its worst annual trade deficit on record, underlining the impact of the total shutdown of nuclear power and putting the often heated debate over the currency-weakening effects of “Abenomics” in a new light.
Since the Fukushima nuclear disaster of March 2011, the energy-poor nation has had to increase imports of fossil fuels as a substitute, scrambling for supplies on spot markets to supplement longstanding contracts with the Middle East, Malaysia, Indonesia and Australia.

At the same time, tepid demand in significant export markets has resulted in sluggish shipments, even as a tumbling yen has boosted manufacturers’ profitability.
Combined, those forces have driven Japan’s trade balance – formerly among the most secure in the world, recording surpluses every year between 1980 and 2010 – deep into deficit. In 2013 the gap between imports and exports was a record high Y11.5tn ($111bn), the finance ministry reported on Monday, widening from the Y6.9tn and Y2.6tn deficits recorded in 2012 and 2011 respectively.
<後略>

2. 1月30日付『東京新聞」
NHK、脱原発論に難色 「都知事選中はやめて」
2014年1月30日 07時00分
 NHKラジオ第一放送で三十日朝に放送する番組で、中北徹東洋大教授(62)が「経済学の視点からリスクをゼロにできるのは原発を止めること」などとコメントする予定だったことにNHK側が難色を示し、中北教授が出演を拒否したことが二十九日、分かった。NHK側は中北教授に「東京都知事選の最中は、原発問題はやめてほしい」と求めたという。
 この番組は平日午前五時から八時までの「ラジオあさいちばん」で、中北教授は「ビジネス展望」のコーナーでコメントする予定だった。
 中北教授の予定原稿はNHK側に二十九日午後に提出。原稿では「安全確保の対策や保険の費用など、原発再稼働コストの世界的上昇や損害が巨額になること、事前に積み上げるべき廃炉費用が、電力会社の貸借対照表に計上されていないこと」を指摘。「廃炉費用が将来の国民が負担する、見えない大きな費用になる可能性がある」として、「即時脱原発か穏やかに原発依存を減らしていくのか」との費用の選択になると総括している。
 中北教授によると、NHKの担当ディレクターは「絶対にやめてほしい」と言い、中北教授は「趣旨を変えることはできない」などと拒否したという。
 中北教授は外務省を経て研究者となり、第一次安倍政権で「アジア・ゲートウェイ戦略会議」の座長代理を務めた。NHKでは「ビジネス展望」だけでなく、二〇一二年三月二十一日の「視点・論点」(総合テレビ)で「電力料金 引き上げの前に改革を」と論じたこともある。
 中北教授は「特定の立場に立っていない内容だ。NHKの対応が誠実でなく、問題意識が感じられない」として、約二十年間出演してきた「ビジネス展望」をこの日から降板することを明らかにした。
◆詳細は答え控える
<NHK広報局の話> 中北さんに番組に出演していただけなかったのは事実です。詳細は番組制作の過程に関わることなのでお答えを控えます。
【解説】公平公正 裏切る行為
 中北徹東洋大教授のNHK降板問題で、中北教授はNHK側に「都知事選期間中は原発の話はやめてほしい」と迫られたという。再稼働を進める安倍晋三政権の意向をくんで放送内容を変えようとした可能性は否定できない。
 選挙期間中であっても、報道の自由は保障されている。中北教授は予定原稿で「現状では原発稼働がゼロでもアベノミクスが成果を上げている。原発ゼロでも経済成長が実現できることを実証した」「経済学の観点から、巨大事故が起きた際の損害額のリスクをゼロにできるのは、原発を止めることだ」と指摘した。
 NHK側が問題視した中北教授の原稿は、都知事選で特定の候補者を支援する内容でもないし、特定の立場を擁護してもいない。
 NHKの籾井(もみい)勝人新会長は就任会見で「国際放送で日本政府の意向を伝える」としている。原発再稼働を強く打ち出している安倍政権の意向を忖度(そんたく)し、中北教授のコメントは不適切だと判断したとも推測できる。
 原発政策の是非にかかわらず受信料を払って、政府広報ではない公平公正な報道や番組を期待している国民・視聴者の信頼を裏切る行為と言えるのではないか。 (中村信也)

3. 1月29日付『ニューヨーク・タイムズ』紙ー最も読まれている記事
1.
Japan: Broadcast Chief Apologizes for Comment on ‘Comfort Women’
2.
Japan’s Leader Compares Strain With China to Germany and Britain in 1914
3.
INDIA INK
Raid in Delhi Neighborhood Rattles African Residents
4.
Japan and India Sign Energy and Telecommunications Agreements
5.
Wartime Claim to Fame Divides 2 Italian Towns
<以下略>

1. The New York Times

「 日本NHK会長:従軍慰安婦についてのコメントで謝罪」
Japan: Broadcast Chief Apologizes for Comment on ‘Comfort Women’
By MARTIN FACKLERJAN. 27, 2014
The new chairman of Japan’s public broadcaster apologized Monday after drawing sharp criticism for saying that his nation should not be singled out for forcing women into sexual servitude during World War II. Katsuto Momii, the newly appointed chairman of the public broadcaster, NHK, also was criticized for saying that the broadcaster would refrain from criticizing the government on such delicate issues as visits to a controversial shrine honoring war dead. On Monday, Mr. Momii said his comments on Sunday about the so-called comfort women forced to work in wartime military brothels were “personal opinions that were not appropriate to say.”<後略>
「日本NHK会長は右傾化非難に直面」
Japan’s Public Broadcaster Faces Accusations of Shift to the Right
By MARTIN FACKLERJAN. 31, 2014
TOKYO — First, there was the abrupt resignation of a president accused by governing party politicians of allowing an overly liberal tone to news coverage. Then, his newly appointed successor immediately drew public ire when he seemed to proclaim that he would loyally toe the line of the current conservative government.
till more public criticism came Thursday, when a longtime commentator on economic affairs angrily announced that he had resigned after being told not to criticize nuclear power ahead of a crucial election.
These are hard times for NHK, Japan’s influential public broadcaster, which faces an increasing number of accusations that the pro-nuclear, right-wing government of Prime Minister Shinzo Abe is interfering in its work. NHK’s new president, Katsuto Momii, a former vice president at a trading company, seemed to confirm those fears in his inaugural news conference last weekend, when he stated, “We cannot say left when the government says right.”<後略>

2.「日本安倍首相:中国との緊張関係を1914年の独・英関係に譬える」
Japan’s Leader Compares Strain With China to Germany and Britain in 1914
By JANE PERLEZJAN. 23, 2014

BEIJING — Relations between Asia’s two biggest powers, Japan and China, have been strained for months, with near-constant sniping over a territorial dispute and the two countries’ fraught history.

Now, Prime Minister Shinzo Abe of Japan has escalated the war of words, telling an audience on Wednesday at the Davos conference in Switzerland that the increasing tensions between China and Japan were similar to the competition between Germany and Britain before World War I, a blunt assessment that concurs with recent remarks by prominent historians.

Mr. Abe, a star speaker at the gathering, said a “similar situation” existed in both periods because while each set of countries enjoyed strong trade relations, that was not sufficient to overcome the strategic rivalry.

His remarks were in answer to a question at a forum moderated by a columnist for The Financial Times, Gideon Rachman, who has written on the subject.  

The prime minister then went on to argue that China’s annual double-digit increase in military expenditures was a major source of instability in the Asia-Pacific region.

Mr. Abe previously stoked controversy in December when he visited the Yasukuni Shrine, where Japanese war dead are commemorated, including 14 Class A war criminals.

The Obama administration had warned Mr. Abe not to make the visit. Japan is Washington’s major ally in Asia, but the United States must balance those ties with its relationship with China.

An increasingly assertive China has also angered its neighbors, most recently with its unilateral declaration of an air defense identification zone over a chain of islands in the East China Sea claimed by China and administered by Japan.

The deputy secretary of state, William J. Burns, and the assistant secretary of state for East Asian and Pacific affairs, Daniel Russel, were in Beijing on Wednesday and Thursday for talks on a variety of issues. American officials do not want to become mediators between China and Japan, but they are eager to encourage Japan and South Korea, also an American ally, to improve their sour relations, administration officials have said.

In Beijing, Mr. Abe’s remarks comparing Germany and Britain in 1914 with China and Japan today met with a blistering response. The chief spokesman for the Foreign Ministry, Qin Gang, said that Mr. Abe was “saying these things for the purpose of escaping Japan’s history of aggression.” Mr. Qin said that any possibility of a meeting between Mr. Abe and the Chinese leader, Xi Jinping, as Mr. Abe has suggested, was out of the question.

After Mr. Abe made his remarks, Japan’s chief cabinet secretary, Yoshihide Suga, said that the prime minister had not meant that war was possible between China and Japan, and pointed out that in his formal address to the conference Mr. Abe had called for peace and stability in Asia.
by shin-yamakami16 | 2014-01-29 10:52 | Comments(0)
f0166919_8334229.jpg

                    辺野古


「日米安保」廃棄が「アジア・世界平和」への唯一の道

                                    山上 真
 
 先日1月19日に行われた沖縄・名護市長選挙で現職稲嶺氏が約4千票という大差で、自民推薦の候補を破ったことは、日本に於ける革新運動の歴史でも稀に見る「歴史的快挙」と言えるだろう。

f0166919_8362198.jpg



f0166919_8381677.jpg


             カチャーシーを踊る稲嶺氏

 美しい海を穢して、そこに戦争即ち人間同士の「殺傷」にしか役立たない軍事基地を新たに造るという行為は、大平洋戦争中日本帝国によって悲惨な犠牲を強いられた沖縄の人々にとって、到底受け入れ難い愚行であることを、その聡明な投票行動によって顕示したのである。

f0166919_840218.jpg


 やれ振興予算3000億円だの、やれ500億円だのと言う「札束で頬をひっぱたく」様な政府・自民の恥知らずな「甘言」には、如何に貧しい島民でも決して乗せられることは無かった。それらの金が島民の生活を潤すどころか、一部土建業者たちの建設ラッシュによる自然・生活環境破壊にしかならないことをよく知っているからだ。

 安倍政権は沖縄・辺野古に新たな米軍基地を設ける大義名分として、頻りに中国などの動きを想定した日本の「安全保障」の為であることを言い張った。「尖閣」問題などで殊更対立・緊張関係を作り出しつつ、だからこそ「日米同盟」が重要なのだという欺瞞的な論法を用い、米軍の為の新基地建設の合理化を謀っているが、米国との同盟を止め、平和憲法の理念を生かしつつ極東近隣諸国との親善関係を押し進めて行くことの方が,軍事基地も要らず、年間6兆円もの膨大な軍事予算も不要な、遥かに理に合った道であることに「気づかない振り」をしている。国民の血税を使っての日米産軍複合体への「貢献」が、日本保守政権の「至上命令」であるからだ。

 我々はここで,改めて「日米安保条約」がもたらす害悪を見つめ、その根本的見直しを行い、その撤廃に向けた努力を早めなければならない。

 安倍政権は早くも「名護敗北」を無効化するべく辺野古工事の入札公告などを始めているが、民主主義の概念を少しでも知っている者ならば、この21世紀に地元大多数の人々の意思を無視して、そこにとてつもない建造物を造れるなどと思うとしたら、度し難い愚か者ということになるだろう。もし強行でもしようものなら、流血の惨事と共に、政治・社会全般に渉る「大変動」が起こるものと、乱暴者たちは覚悟しておくべきだ。その衝撃は日本国内に止まらず、世界的な波紋を描き、日米両政府への抗議運動が世界中で巻き起こることだろう。
 すでに欧米の幾つかの著名新聞で、「名護・反基地派」勝利などを伝えているので、ここにその記事内容の大要を紹介しておきたい。


f0166919_8445562.gif



f0166919_843418.jpg


 米国1月19日付『ワシントン・ポスト』紙は、’Japanese mayor opposed to US air base re-elected’ 「米軍基地反対の日本市長が再選」という見出しで、長らく日米政府が計画してきた新基地建設が「あらゆる手段を動員した努力にも拘らず」多くの市民の反対に遭っている状況を淡々と紹介している。

 英国紙では、1月20日付『ガーディアン』紙が見出しで ’Okinawa: plans to move US base suffer setback’ 「米軍基地移設計画は敗北を蒙った」とし、副題では ’Voters in proposed new location re-elect mayor opposed to base dogged by complaints over pollution, crime and fear of accidents’ 「新たな移設地の選挙民は環境汚染・犯罪・事故の恐れで悩みの種の基地に反対する市長を再選」としている。本文では、安倍政権の膨大な援助の約束を受けて、「普天間・島外移設」の主張を取り下げた仲井真知事に対する反対の声が高まる一方であり、基地反対運動の高揚と共に,安倍政権への全国的な支持率も下降することだろうと言う。
 
 英国BBCニュース (1月20日)は、「反政府的」な『ガーディアン』紙の内容を意識した為か、タイトルで ‘Okinawa: US base move 'to proceed despite vote' 「沖縄米軍基地移設は投票にも拘らず進む」として、日本政府は基地反対派が勝っても、辺野古基地建設の方針に変わりないことを強調する内容になっている。

 1月20日付『ニューヨーク・タイムズ』紙は、印刷するとA4・5枚に及ぶ長文記事で、タイトルは ’In a City on Okinawa, Mayor’s Re-election Deals a Blow to Marine Base Relocation Plan’「沖縄の一都市で市長再選は海兵隊基地移設計画に打撃を与えた」として、中国・朝鮮半島と対峙する「右翼」安倍首相の核心的問題である「沖縄基地移設」が財政的大盤振る舞いにも拘らず頓挫する危機を迎えていること、島民が様々な基地問題で苦しんできた実情、名護市長の権限で新基地建設を妨害できることなどを詳述している。

               ・ ・・・・・・・・・・・・・

 一昨日(月曜日)の晩、名護市での「歴史的選挙結果」をどのようにTV各局が伝えるかを知りたく、先ず,NHK 9時台のニュース番組を見守ったところ、冒頭は「北海道厳冬」、次に「ノロウィルス」、そして「ソチ五輪・選手結団式」、これは何と20分間以上,更に「中国餃子事件」、そして漸く9:32 に「名護」と来た。また、そのたった8分の内容たるや、うら若い政治記者の、「名護選挙結果に拘らず、辺野古を進める」という首相官邸声明の代弁が主な内容で,沖縄現地の空気を伝えるというメディアの使命を果たすことから全く程遠い。こんな放送内容で、よく高い視聴料を取れるのかと呆れ返って物が言えない。
 とにかく、今後の日本政治・社会の場で、かなり大きな問題として幾度も出て来る筈の「沖縄・名護」そして基地問題をこんなに軽く扱っていいものか?

 そこで思い当たったのは、NHKトップ人事で、安倍好みの「極右」人物2,3人が経営委員会に入ったという事実である。その為か全般的に番組内容が軽薄化し、特にニュース番組が酷く「首相官邸宣伝係」の気配強く、先日は最近の余りの「右傾化放送内容」故に、代々木NHK本局各入り口で,大勢の人々が抗議のビラ撒きをした程だ。

 つぎに、10時台ANN「ニュース・ステーション」を見守った。最初の話題は「ノロウィルス」。これは日本各地で広がっている、緊急性を帯びた大問題で納得される。

 そして,「名護・稲嶺勝利」と出て、安心した。しかも,その内容たるや、現地で丹念に取材した記者たちが、何故再選された稲嶺氏と自民候補の間に、前回1,600票差が,今回4,000 にまで広がったかという原因を語り、稲嶺支持が公明は固より,自民支持層にまで及んでいることを明らかにした。また、元自民幹部や、幾つもの大ホテルを経営する「かりゆしグループ」平良氏など地域財界の大物が、自民党の基地政策に批判意見を述べていた。
 特に注目されたのは、安倍首相は今回の事態—名護市長再選—を見越して、先手を打つ為に昨年末に仲井真知事に普天間基地・辺野古移設を承認させ、「既成事実化」したというのである。いかにも民主主義を恐れる「暴君」がやりそうな事だ。
 とにかく多方面での取材活動から生まれた情報内容に「感動した」20分間だった。
 ただ一つ惜しまれたのは、朝日新聞論説委員子が「日米同盟の恩恵を受けている我々云々」という蛇足のコメントをしていたことだ。
                                              この日、南相馬市でも「脱原発」の桜井氏が再選されたという。

f0166919_846517.jpg



 次の都知事選、そして秋の沖縄知事選と、日本の「明るい未来」を切り開く契機を一つ一つ大事にして、変革への道筋を衝けて行きたいものだ。
                                 (2014.01.22)


<写真> The Guardian, BBC News, The New York Times, The Washington Post

               
                    <追記>
1. 今日25日新任記者会見したNHK籾井会長は、「従軍慰安婦」問題について「どこの国でもあったこと」と、旧日本軍の恥ずべき行為を正当化したという。この問題は、国連人権委員会などで「日本の過去の恥部」として度々論難の対象となっており、やはり安倍首相はどんでもない人物を公共放送のトップに据えた様だ。この男はどうもNHKを「アベの放送局」に作り変える気でいるらしい。それならばそれで,我々は「一党一派の主張」の受信料など払う必要は無いことになる。とにかく今後の国会論戦などで「公共放送の中立性」という点から、徹底的に追及することが肝要だ。
(2014.01.25)

f0166919_2095889.jpg


1月25日付『朝日新聞』DIGITALより
NHK籾井新会長「従軍慰安婦、どこの国にもあった」
 NHK新会長の籾井勝人氏は25日の就任会見で、従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」と述べた上で、日本に補償を求めている韓国を批判した。従軍慰安婦問題を取り上げた過去のNHK番組に関連し、この問題に関する見解を問われ答えた。
 籾井氏は会見で放送法の遵守を語ったが、その放送法がNHKの番組に義務づけている「政治的公平性」を疑われかねない発言だ。
 籾井氏は従軍慰安婦問題について「今のモラルでは悪いんですよ」としつつ、「戦争をしているどこの国にもあった」としてフランス、ドイツの名を挙げた。「なぜオランダに今ごろまだ飾り窓があるんですか」とも述べた。飾り窓はオランダにある売春街を指す。
 さらに、個人的発言と断った上で、韓国についても「日本だけが強制連行したみたいなことを言っているから話がややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っている。しかし、すべて日韓条約で解決している。なぜ蒸し返されるんですか。おかしいでしょう」と批判した。その後、会長会見の場であることを指摘されると、発言を取り消した。
 NHKの海外向け国際放送については、尖閣諸島、竹島という領土問題について「明確に日本の立場を主張するのは当然。政府が右ということを左というわけにはいかない」と述べ、政府見解を積極的に伝える考えを強調した。

2. 今日27日朝10時過ぎのBBC World ニュースは、日本NHK 新ボス・籾井「暴言」に対する韓国での抗議デモの様子を伝えていたが、これでNHK・日本放送協会は「悪名高い」メディアとして世界中にその名を馳せることになった。 (2014.01.27)
1月27日付『朝鮮日報』
慰安婦:NHK新会長が妄言「どこの国にもあった」
「竹島は日本領土」と主張
 中立報道によりその権威を認められた日本の公共放送NHKの籾井勝人新会長(70)が旧日本軍の慰安婦問題に関連、「戦争をしているどこの国にもあった」と妄言を発した。
 籾井会長は25日、就任記者会見で「(慰安婦は)ドイツにもフランスにもヨーロッパはどこでもあった。なぜオランダにまだ飾り窓(売春街)があるんですか」と述べた。旧日本軍の慰安婦が一般的な売春婦と同じだという意味だ。さらに同新会長は「韓国は日本だけが(慰安婦を)強制連行したようなことを言っている」とも述べた。 <後略> 東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員

1月27日付『東京新聞』
NHK会長 慰安婦発言 官房長官「問題ない」
菅義偉(すがよしひで)官房長官は二十七日午前の記者会見で、NHKの籾井勝人(もみいかつと)会長が就任会見に際し、従軍慰安婦問題について「戦争地域ではどこでもあった」と発言したことに関し「籾井会長が個人として発言した。社会的使命を担う公共放送のトップとして、放送法に基づいて職務を果たしていただきたい」と、辞任は必要ないとの考えを示した。
 安倍政権として、籾井氏を擁護する姿勢を明確にした発言。日本政府に対し海外から批判が出るのは必至で、国内でも二十八日から衆参両院で始まる与野党代表質問で野党側は政権を追及する構えだ。<中略>
◆「個人的」ありえぬ
ジャーナリズム論が専門の桂敬一東大元教授の話 NHK会長として失格だ。就任の記者会見は、公人として会長としての所感を披歴する場。記者は趣味の質問をしているのではなく、会長がどのような物の考え方かを聞いているのであって、個人としての発言はありえない。それをわきまえないで、中立・公正を求める放送法に縛られるNHK会長としての役割が果たせるわけがない。また、慰安婦問題などが百歩譲って個人の意見としても、「政府が右というものを左というわけにはいかない」との発言は到底、個人の発言とは思えず、NHKの在り方を語った言葉だ。菅官房長官の擁護発言はおかしい。

1月27日付『朝日新聞』
「BBCは政府批判も堂々と報道」山下・共産党書記局長
■山下芳生・共産党書記局長
 NHKの籾井勝人会長の就任会見での発言のなかに、国際放送について、その見解、立場が述べられている。国際放送は明確に日本の立場を主張するのは当然のこと。政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない、と。
 公共放送というよりも、政府の代弁者、国営放送的な発想であって、この件でも、NHK会長としての資格が問われる。
 ご存じのように、国際放送というのは、世界各国の放送局がやっているが、たとえば、英国のBBCは、政府の見解と違う立場から、政府の見解や立場を批判的に紹介する報道を堂々とやっている。むしろ、そういう放送をすることが、その公共放送として、ジャーナリズムとしての信頼を高めることになっている。
 政府の代弁者となってしまっては、放送のあるべき姿からも極めて逸脱したものにならざるをえない。NHK自身が戦前の軍国主義に追随した歴史を反省して出発したはず。そういう点からも、今回の籾井氏の発言は大変憂慮すべきものだ。(国会内での記者会見で)
 
3. 1月27日付『ニューヨーク・タイムズ』紙
「日本の会長が公共放送者は政府を批判するべきでないと述べて非難されている」と題する記事では、NHK新会長籾井氏が選ばれた経緯・「暴言内容」即ち、「靖国」では首相の行動をコメントする立場にないこと、従軍慰安婦は単に売春婦に過ぎず,韓国などの賠償要求は解決済みであること、領土問題では政府の言うことに従うべきであることなどを紹介し、右翼・安倍首相が「教科書改編」などを通じてじわじわと右翼的愛国心強化の方向にもって行こうとしている一環として、「公共放送」をも政府支配下に置こうとする意図があることを示唆している。 (2014.01.27)
'The New York Times'
ASIA PACIFIC
Japan Official Under Fire for Saying Public Broadcaster Won’t Criticize Government
By MARTIN FACKLER-JAN. 27, 2014
TOKYO — The head of Japan’s influential public broadcaster drew sharp criticism on Sunday for saying that the broadcaster would refrain from criticizing the right-leaning government on such delicate issues as visits to a controversial shrine honoring war dead. He also said his nation should not be singled out for forcing women into sexual servitude during World War II.
The newly appointed chairman of the public broadcaster, NHK, Katsuto Momii, made the comments during his inaugural news conference on Saturday.
Other members of the news media in Japan quickly complained that NHK, widely seen as the nation’s most influential news broadcaster, appeared to be under political pressure to adhere to the government’s nationalist line on wartime and other issues. Mr. Momii, a former corporate executive, was selected chairman last month by a 12-member board of governors, four of whom were named last year by the government of Prime Minister Shinzo Abe.
While the publicly funded NHK is nominally independent from the government, members of its governing board are named by the government and approved by Parliament.
Many liberals fear that Mr. Abe will try to drive Japan to the right as he tried to do during his first term as prime minister. His government has begun to slowly make some moves in that direction, including a proposal that textbooks be rejected if they do not teach patriotism in a way officials deem proper. Mr. Abe also recently visited a Tokyo shrine that pays homage to the country’s war dead, including war criminals — angering the Chinese and South Koreans who say such visits signal a lack of repentance for Japan’s wartime atrocities.
Mr. Momii also drew criticism from the South Korean news media for his comments about the women forced to work in wartime brothels; many of the women were Korean. Many South Koreans say these so-called comfort women should be compensated as victims of imperial Japan’s brutal early 20th-century colonization of the Korean Peninsula.
Some members of the Abe government say that the women were no more than common prostitutes, a view disputed by many historians.
On Saturday, Mr. Momii said that “all nations” ran military brothels during the war, and questioned South Korean demands that Japan compensate surviving comfort women, most of them now in their 80s and 90s.   <後略>

4. 『東京新聞』社説ー1月28日
NHK会長発言 公共放送の信頼損ねた
そもそも適任だったのだろうか。NHK新会長、籾井勝人(もみいかつと)氏である。経済界からの就任だが、放送の役割を深く理解しているとは言い難い。公共放送の信頼を損ねたのなら、退場願うしかあるまい。
 籾井氏は、NHKが従うべき放送法第一条の「目的」に掲げられた「不偏不党」の意味を取り違えてはいないか。例えば、昨年暮れの臨時国会で与党が強行可決した特定秘密保護法である。
 籾井氏は就任会見で「一応(国会を)通っちゃったんで、言ってもしょうがない。政府が必要だと言うのだから、様子を見るしかない。昔のようになるとは考えにくい」と述べた。
 同法は、防衛・外交など特段の秘匿が必要とされる「特定秘密」を漏らした公務員らを厳罰に処す内容だが、法律の乱用や人権侵害の可能性が懸念されている。
 にもかかわらず「昔の(治安維持法の)ようになるとは考えにくい」と言い張るのは、一方的な見解の押し付けにほかならない。
 秘密保護法を推進した安倍晋三首相側への明らかなすり寄りで、もはや不偏不党とはいえない。
 首相の靖国神社参拝も同様だ。籾井氏は「昔の人は『死んで靖国に帰る』と言って心を慰めた。千鳥ケ淵(戦没者墓苑)ではだめだという人が大勢いる」と述べた。
 賛否が分かれても、時の政権の主張に唯々諾々と従うことを、不偏不党と考えているのだろうか。
 さらに、籾井氏は「従軍慰安婦は今のモラルでは悪いが、現実としてあった。戦争地域ではどこでもあったこと」とも語った。
 女性の人権を著しく蹂躙(じゅうりん)した従軍慰安婦の存在を、戦争中という理由で肯定的にとらえるのは、公共放送のトップとしての見識が疑われても仕方があるまい。「個人の発言」では済まされない。
 心配なのは、籾井氏の会長としての資質に加え、会長や安倍内閣寄りの委員が加わった経営委員会の考えを忖度(そんたく)し、制作現場が萎縮したり迎合したりして、放送内容が政権寄りに改変されることだ。
 NHKは視聴者の受信料と信頼で成り立つ、民主主義国家たる日本の公共放送だ。どこかの専制国家の国営放送のように、権力側の言い分を押し付けるのなら存在意義はない。
 良識あるNHK職員には奮起を促したい。放送法第一条「目的」の三項にはこうある。「放送に携わる者の職責を明らかにすることによって、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」

                    <参考資料>
1. The Washington Post
Japanese mayor opposed to US air base re-elected
By Associated Press, Published: January 19
TOKYO — A Japanese mayor who opposes moving a U.S. military base to his city in Okinawa won a hard-fought re-election battle Sunday, dealing a potential blow to hopes in Washington and Tokyo that the long-delayed plan would move forward.
Nago city Mayor Susumu Inamine, who has vowed to block construction of the base by denying permits for the project, declared victory before 500 supporters at the city’s civic center.
The U.S. and Japan agreed in 1996 to move the Marines Corps Futenma air station to Nago from a more congested part of Okinawa, but many Okinawans want the base off their island completely.
<後略>

2. The Guardian
Okinawa: plans to move US base suffer setback
Voters in proposed new location re-elect mayor opposed to base dogged by complaints over pollution, crime and fear of accidents
Justin McCurry, Tokyo
theguardian.com, Monday 20 January 2014 08.56 GMT
Attempts to relocate a controversial US marine base on the southern Japanese island of Okinawa received a blow when voters in the base's proposed new location re-elected a mayor who has vowed to block the move.
The victory by Susumu Inamine, who stood on an anti-base platform in the city of Nago, is a serious setback to efforts by the prime minister, Shinzo Abe, to move the Futenma marine corps base from a heavily populated part of the island to a more remote site.
The base's uncertain future has been a thorn in the side of relations between Japan and the US, which appeared to have made a breakthrough last month when Okinawa's governor, Hirokazu Nakaima, ended his opposition to the relocation plan.
But the move is opposed by many Okinawans who want it taken off their island altogether. They complain of noise pollution, crime perpetrated by US servicemen and the risk of aircraft accidents.
Attempts by Abe to garner support with promises of a huge increase in development aid to Okinawa failed to win over voters.
Now, plans to build two new runways on an offshore location in the picturesque Henoko area of Nago will be next to impossible without local consent.
<後略>

3. The New York Times
In a City on Okinawa, Mayor’s Re-election Deals a Blow to Marine Base Relocation Plan
By MARTIN FACKLER AN. 19, 2014
TOKYO — Efforts to relocate a Marine air base that has been a longstanding irritant in ties between Japan and the United States suffered a new setback on Sunday when voters in a small Okinawan city re-elected a leftist mayor who promised to block construction of a replacement site.
The victory for the mayor of Nago, Susumu Inamine, dealt an embarrassing blow to Prime Minister Shinzo Abe, who has invested his political capital in efforts to restart the long-stalled relocation deal, and who seemed to achieve a breakthrough last month by gaining the support of Okinawa’s governor.
Mr. Abe, a conservative, has vowed to build closer ties with the United States at a time when both nations face growing challenges from a militarily resurgent China and a nuclear-armed North Korea.
<後略>
by shin-yamakami16 | 2014-01-22 08:46 | Comments(0)
f0166919_19252549.jpg


    放射能汚染牛を飼うヨシザワさんーKo Sasaki for The New York Times


日本政府「原発被害隠蔽」への「超現実的」告発

                                   山上 真

 昨日1月11日付『ニューヨーク・タイムズ』紙は、「世界」の欄で、放射能汚染著しい福島・浪江町に今なお住んで牧場を営むYoshizawa さんの「ドンキホーテ的な生き方」に取材した長文の*ルポルタージュ記事を掲載しているので、ここに、その記事内容の概要を紹介しておきたい。そこには、未曾有の原発事故被害に遭って,全てを失った人々の絶望的な境遇と、この様な悲劇的事態を招いた「政府」及び責任企業「東電」の果たすべき義務が示唆されている。

「彼の抗議の仕方は、世界でも稀に見る空想的なものの一つに入ることだろう。福島原発事故の不都合な真実を掃き捨てようとする日本政府の企てに憤って、ヨシザワ・マサミさんは原発プラントを取り囲む放射能汚染地域にある彼の牧場に舞い戻った。其処には全く隣人は居らず、政府が殺すように命じているが、彼の方は守ることを固く誓っている数百頭の放置されていた牛たちが居る」


f0166919_19264789.jpg


            福島浪江町・放射能汚染された「黒毛和牛」

「彼が牧場を再開することに決めた直接的な理由は、政治的主張を行う為というよりも、寧ろ、至る所に放置されて死んで行く牛たちを黙って見て居られないという感情的な所から発している様だ」

「『希望牧場』と改名された牧場の入り口には、大きなブルドーザーが番兵の様に立ち塞がり、通路の周りには白っぽい家畜の骨や『希望の牛たちを生かせ』とか、『核への叛乱だ!』という様な手書きのプラカードが並んでいる。過密状態の牧場内では、大声で鳴いたり、闊歩する牛たちで溢れ返っている」

「長らく政府のやり方に抵抗してきた59歳のヨシザワさんは、『ここの牛は人間の愚かさの生き証人です』と、朴訥ながら雄弁な語り口で言う。『政府はここで起こったことを消し去りたいが故に彼らを殺し、日本を原発事故以前の姿に差し戻したいのです。私はそうさせたくないのです』」

「ヨシザワさんは感傷家では全然ない,と言うのは、大災害前には屠殺の為に牛を飼っていた。しかし、食料の為に牛を殺すことと、汚染された状態で、もはや無用になって殺すことの間には違いがあると彼は言う。彼は、事故後皆に見捨てられて彼の牧場に居る牛たちは、家を見捨て二年半に渉って汚染地域外に住むことを余儀なくされた8万3千人の人々と同様に,犠牲者だと信じているのだ」

 この記事はこの後、牧場での生活が放射能被曝の為に危険であることは分かっているが、国が三度に及んだ原発メルトダウン事故を、2020年五輪などに託つけて忘れ去ろうとしているのではないかと恐れて、彼は政治的意思表示として抗議行動を続けていると述べていること、彼の抗議活動を幾らかの人々が寄付などで支えてくれているが、360頭もの牛を喰わせて行くことが困難であること、一部の牛には放射能に因るものと思われる「白班」の症状が出ていることなどを語る。

 最後にヨシザワさんは、東電本社前での彼一人だけの抗議行動について、
「全ての日本人が受け身な訳でなく、私の牛たちや私は、今でも変化への機会があることを示そうと努めているのです」と結んでいる。 (2014.01.12)


The New York Times 原文
ASIA PACIFIC
Defying Japan, Rancher Saves Fukushima’s Radioactive Cows
By MARTIN FACKLERJAN. 11, 2014

NAMIE, Japan — His may be one of the world’s more quixotic protests.
Angered by what he considers the Japanese government’s attempts to sweep away the inconvenient truths of the Fukushima nuclear disaster, Masami Yoshizawa has moved back to his ranch in the radioactive no-man’s land surrounding the devastated plant. He has no neighbors, but plenty of company: hundreds of abandoned cows he has vowed to protect from the government’s kill order.

Angered by what he considers the Japanese government’s attempts to sweep away the inconvenient truths of the Fukushima nuclear disaster, Masami Yoshizawa has moved back to his ranch in the radioactive no-man’s land surrounding the devastated plant. He has no neighbors, but plenty of company: hundreds of abandoned cows he has vowed to protect from the government’s kill order.

“Let the Cows of Hope Live!” says one. Another, written on a yellow-painted cow skull, declares: “Nuclear Rebellion!” Inside the now overcrowded ranch, bellowing cows spill from the overflowing cattle sheds into the well-worn pasture, and even trample the yard of the warmly lit farmhouse.

“These cows are living testimony to the human folly here in Fukushima,” said Mr. Yoshizawa, 59, a gruff but eloquent man with a history of protest against his government. “The government wants to kill them because it wants to erase what happened here, and lure Japan back to its pre-accident nuclear status quo. I am not going to let them.”

At Masami Yoshizawa’s newly renamed Ranch of Hope, which is in the evacuation zone created by the 2011 disaster at Fukushima Daiichi nuclear plant. Mr. Yoshizawa returned to take care of the abandoned cows on his own and other ranches in the area. Ko Sasaki for The New York Times

Mr. Yoshizawa is no sentimentalist — before the disaster, he raised cows for slaughter. But he says there is a difference between killing cows for food and killing them because, in their contaminated state, they are no longer useful. He believes the cows on his ranch, abandoned by him and other fleeing farmers after the accident, are as much victims as the 83,000 humans forced to abandon their homes and live outside the evacuation zone for two and a half years.

He is worried about his health. A dosage meter near the ranch house reads the equivalent of about 1.5 times the government-set level for evacuation. But he is more fearful that the country will forget about the triple meltdowns at the plant as Japan’s economy shows signs of long-awaited recovery and Tokyo excitedly prepares for the 2020 Olympics — suggesting his protest is as least as much a political statement, as a humanitarian one.

“If authorities say kill the cows,” he said, “then I resolved to do the opposite by saving them.”
The cows at the Ranch of Hope are what is left of a once-thriving beef industry in the towns around the plant.

Entire herds died of starvation in the weeks after the residents left. The cows that survived escaped their ranches to forage for food among the empty homes and streets, where they became traffic hazards for trucks shuttling workers and supplies to and from the stricken plant. Proclaiming the animals “walking accident debris,” officials from the Ministry of Agriculture ordered them to be rounded up and slaughtered, their bodies buried or burned along with other radioactive waste.

Entire herds died of starvation in the weeks after the residents left. The cows that survived escaped their ranches to forage for food among the empty homes and streets, where they became traffic hazards for trucks shuttling workers and supplies to and from the stricken plant. Proclaiming the animals “walking accident debris,” officials from the Ministry of Agriculture ordered them to be rounded up and slaughtered, their bodies buried or burned along with other radioactive waste.

Although he describes his protest in mainly political terms, his explanation for returning despite the possible danger is tinged with a hint of emotion. He describes his horror on visiting abandoned farms where he found rows of dead cows, their heads fallen into food troughs where they had waited to be fed. In one barn, a newborn calf hoarsely bawled next to its dead mother. He said his spur-of-the-moment decision to save the calf, which he named Ichigo, or Strawberry, was his inspiration for trying to save the others left behind.

He still searches the evacuation zone for the often emaciated survivors, which he often has to pull by their ears to get them to follow him home. He tries to dodge police roadblocks; it is technically illegal for anyone to live inside the evacuation zone. Nonetheless, he has been caught a half-dozen times and forced to sign prewritten statements of apology for entering the zone. He has done so, but only after crossing out the promises not to do it again.

Mr. Yoshizawa is no stranger to challenging authority, having protested against nuclear power before. But he says he felt particularly bitter after the Fukushima accident, which he fears could permanently ruin the ranch that he inherited from his father.

t does not help that his town, Namie, felt especially deceived by its leaders. After he heard the explosions at the plant, whose smokestacks and cranes are visible from his kitchen, he and many other townspeople ended up fleeing into the radioactive plume because the government did not disclose crucial information about the accident.

“I needed to find a new philosophy to keep on living,” said Mr. Yoshizawa, who is unmarried and lives alone on the ranch. “Then I realized, why is Japan being so meek in accepting what authorities are telling them? I decided to become the resistance.”
<後略>

<写真> The New York Times
by shin-yamakami16 | 2014-01-12 19:30 | Comments(0)
f0166919_13502670.jpg
    

  2013年9月8日 ブエノスアイレス「東京五輪勝利:狂喜する日本代表団」—AFP=時事


都知事には憲法擁護「反秘密保護法」・「脱原発」の人物を

                                    山上 真
 
 「東京五輪」支持を声高に叫ぶ一部の政治家・財界人などは、「10兆円*経済効果」の思惑に取り憑き、来るべき大災害に対して現実直視を避けている様だ。彼らはオリンピックという国際「スポーツ祭典」を祝うことより、日本の *経済「再生」という機会として捉えていることを、公然と述べて憚らない。

 安倍首相や前都知事猪瀬氏は、福島原発事故以来、現在でも続いている東京周辺の*「放射能汚染」を隠し、更には、首都圏が抱える「大地震」や「富士山噴火」などの大災害の恐れを封印して、「天真爛漫な」IOC委員たちに「日本安全神話」を振りまくことに成功した様だ。

 この東京という大都市では、*公的想定で東京湾北部M7クラス大地震が30年以内に起こる確率70%であり、死者は一万人以上、M8なら7万人に及び、発生後5〜10分で6〜8メートルの津波が到達すると言われている。各国から集う選手たちの「選手村」は、大津波がもろに襲う東京湾埋め立て地に造る計画だ。

f0166919_13343855.jpg


去年12月20日、三十年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した「全国地震動予測地図」の最新版を、 政府の地震調査委員会(委員長・本蔵義守東京工業大名誉教授)が公表した。


  大地震・津波が2020年の五輪開催前に起きたらどうなるのか?
 17日間開催中の場合、延べ一千万人の来場者、一日92万人移動の観客をどうするのか?これまでのところ、政府や都の関係者から、何の説明も無い。
  数万人の観衆が集う五輪会場での「阿鼻叫喚」の図が思い浮かばないのか。

              ・・・・・・・・・・

 前知事猪瀬氏が安倍首相共々派手な五輪招致運動を展開して成功した揚げ句に、都の補助金を受けている徳洲会グループの徳田氏から5,000万円を受領していたことが発覚し遂に知事辞任に追い込まれたことは、五輪史上でも稀に見るスキャンダルとして、内外に衝撃を及ぼしている。徳田グループと都の関係は、前・前知事石原氏の頃からのものであり、検察の毅然たる追及が俟たれるところだ。

 斯くして、一年足らずして一回の選挙に50億円かかるという都知事選挙をまたしても迎えるという異常事態となった訳だが、前回次点だった元日弁連会長・*宇都宮健児氏の再立候補表明以外には、今のところ候補者が出ていない。

 その訳としては、名が取沙汰されているタレント的著名人でさえ、「猪瀬事件」の後、先に述べた「五輪と大地震」を念頭にして、果たして都知事職が「採算の合う」仕事かどうか決めかねているのではないかと憶測されるのだ。

 確かに、いつ来るか全く分からない大災害と、確実に5年半後までに仕上げなくてはならない膨大な「五輪準備」という仕事を前にして、余程「勇気ある」人物以外は、都知事候補者として名乗りを挙げにくいのではないか。

 その点、宇都宮氏は当初から「五輪よりも弱者救済」を訴えていた人物であるから、都知事当選の暁には、一旦決まってしまった「五輪」は過不足なく処理して、重点を福祉政策に置くことだろう。

 筆者からすれば、想定外の「大災害」による人命損失を招く恐れのある「五輪」を、この際IOCに返上することを申し出て、トルコ又はスペイン開催の方向に持って行くことが、日本として最も「良心的な」方策と思われるのだが。

 平和憲法を守る立場から、安倍政権下での悪法即ち「秘密保持法」・「武器輸出解禁」などに反対し、「脱原発」の人物が都知事として登場することの意味は、*アジアと世界の安定と平和を守る上で,量り知れなく大きいことであろう。 (2014.01.01)
 

<注>
五輪「経済効果」:‘Wedge Infinity’ より
 実際、オリンピック開催時期に向けて財政赤字が拡大した国(ギリシャ、スペイン、ロサンゼルスオリンピック(1984年)時のアメリカ)がある一方、逆に財政赤字が改善ないしは健全さを維持した国(韓国、オーストラリア、イギリス、アトランタオリンピック(1996年)時のアメリカ)もある。  <中略>
 以上を踏まえて2020年の東京オリンピックが日本経済に与える影響を考えてみよう。
 まず言えることは、2020年の東京オリンピックに向けてインフラ整備が加速するとしても、景気上振れ/下振れは成長途上にあった64年東京オリンピック当時よりははるかに小さく、期間も短いと見られることだ。
 課題は財政にある。オリンピックに向けて、財政赤字を膨らませる事業はいくらでも出てこよう。しかし、オリンピックを免罪符に財政赤字を野放図に膨らませれば、すでに財政赤字が深刻な日本では、世界に日本経済復活を示す好機となるオリンピックが財政危機への引き金となってしまいかねない。
 84年以降の各国の例で見ると、オリンピック開催で財政収支を悪化させるかどうかは、どれだけ財政規律を意識した経済運営ができるかにかかっている。同様の経済運営が日本にできないはずはないし、できなければそれこそオリンピックの失敗例として世界の記憶に残りかねない。<後略>

*東京周辺「放射能汚染」:筆者ブログ2013年1月11日「東京放射能値はロンドンと同じ」?参照されたし。

*首都圏大地震「公的想定」:
1. 首都直下地震、死者2万3千人想定 M8なら7万人
首都直下地震の被害対策を検討してきた国の有識者会議は19日、30年以内に70%の確率で起きるとされるマグニチュード(M)7級の地震で、最悪の場合、死者が2万3千人、経済被害が約95兆円に上るとの想定を発表した。政府は今年度中に、緊急対応や省庁機能のバックアップなどを定めた基本計画を策定する。
想定のとりまとめは2004年度以来。当面の発生可能性は低いが、長期的な対策の対象として、今回初めてM8級も想定。死者は7万人、経済被害は160兆円に上ると試算した。
有識者会議は、増田寛也元総務相をトップとする中央防災会議の作業部会。阿部勝征・東大名誉教授が座長を務める検討会が「防災対策の対象とすべきだ」としたM7級の19タイプの地震のうち、首都中枢機能への影響が最も大きい都心南部直下地震(M7・3)の具体的被害を推計した。
発表によると、震度6以上の揺れが襲う地域は約4500平方キロで、1都3県の面積の約33%。冬の夕方(風速8メートル)に起きた場合、建物の全壊は17万5千棟、焼失は41万2千棟になり、被害は最悪の計61万棟に達した。死者は1都3県で2万3千人に。このうち、火災の死者が1万6千人で、7割を占めた。
経済被害は、建物や設備などが42兆4千億円、ライフラインや公共土木施設の被害が4兆9千億円で、直接被害は計47兆4千億円に上った。このほか、製品やサービスの提供ができなくなることによる間接的な影響は47兆9千億円で全国に及ぶ。経済被害は総計95兆3千億円に及ぶとした。
東京湾北部地震(M7・3)を対象にした前回04年度の想定では、死者は1万1千人、全壊・焼失建物は85万棟、経済被害は約112兆円だった。耐震・不燃化が進んだこともあり、今回は建物被害や経済被害が減った。一方で、過去の火災データを基に逃げ惑いによる被害を積み増し、死者数が大幅に増えたという。
M8級の想定は、「想定外」とされた東日本大震災の教訓を踏まえた。200~400年間隔で発生しており、直近は1923年の関東大震災(M7・9)。試算では最悪の場合、死者は津波による1万1千人も含めて計7万人、建物の全壊・焼失は133万棟に。経済被害は直接被害が90兆円、間接被害が70兆円で、計160兆円に達した。房総半島の南端と相模湾を中心に、地震後5~10分で6~8メートルの津波が到達する。
政府の地震調査研究推進本部は、南関東で今後30年にM7級の地震が起きる確率を70%程度、M8級は0~2%とみている。【石川智也】
—『朝日新聞DIGITAL

2. 首都直下地震 確率
首都直下地震は、政府以外にも様々な方が発生する確率を出しています。
遠田晋次・京都大学防災研究所准教授らが行った2012年1月21日までの計算結果は、
首都圏直下地震が発生する確率は5年以内に28%、30年以内に64%
となっています。
酒井慎一・観測開発基盤センター准教授を中心とする平田直教授らの研究グループは、
首都圏直下地震が起こる確率をは4年以内で50%以下、30年以内に83%、
としています(2012年2月の報道)。

f0166919_6414577.jpg


           2014年都知事選挙立候補者・宇都宮健児氏

*宇都宮健児氏:「安倍政権の暴走を止める」為に都知事選に立候補した。経歴は次の通り。
愛媛県東宇和郡高山村(現:西予市明浜町)田之浜に傷痍軍人の長男として生まれる。故郷の田之浜は江戸時代前期に開発された半農半漁の地だった。1955年、一家で大分県国東半島に開拓入植。
1959年、熊本県に住む母方の叔父の元に預けられる。中学、高校、大学と卓球部に所属した。1965年、熊本県立熊本高等学校卒後。東京大学に入学し、駒場寮で暮らす。
1968年、司法試験合格。1969年、東大法学部を中退して司法修習生となり、1971年、弁護士登録(東京弁護士会。岡安法律事務所に入所。1979年、佐藤法律事務所に入所。1983年、宇都宮健児法律事務所を開設、後に東京市民法律事務所とする。
2010年、日本弁護士連合会会長選挙に立候補。元副会長の山本剛嗣との選挙戦となる。2月5日に投票が行われ、得票数では山本に及ばなかったが、全国に52ある弁護士会のうち地方を中心とする42会で山本を上回る。同選挙においては、最多得票者は全国の3分の1以上の会においてそれぞれ最多票を得なければ当選できないという規定(日弁連会則61条2項)があるため、史上初の再投票となる。3月10日の再投票では、宇都宮が山本を上回る得票を獲得し、かつ46会で最多票を得て当選した[6]。
2012年、史上初の再選を目指して再び日弁連会長選挙に立候補。異例の3度に渡る投票の結果、元副会長で東京弁護士会所属の山岸憲司に敗れ、再選は成らなかった。
同年11月9日、人にやさしい東京をつくる会からの支援を受けて東京都知事選に立候補表明した。キャッチコピーとして「東京なのに宇都宮、弁護士なのに健児」を標榜して脱原発、福祉の充実、格差是正などを訴えたが、次点で落選した。
2013年には、脱原発を求める市民グループによる脱原発政治連盟の呼びかけ人に名を連ねた。
同年12月28日、猪瀬直樹東京都知事の辞職に伴い、再び東京都知事選に立候補表明。投票は2014年2月9日に行われる予定である。
人物
大学在学中に司法試験に合格。当初は顧客開拓が思うようにいかず、簿記学校で商法の講師をしながら生計を立てる。1970年代後半、当時ほとんど顧みられることのなかった多重債務者の弁護を引き受けた。そして、サラ金被害者向けに、弁護士費用分割払いを初めて実践。宇都宮らの活動により、グレーゾーン金利の違法性が確定することとなった。
しかし、依頼者が急増した結果、当時勤務していた事務所から「サラ金問題をやるなら事務所を辞めてくれ」と言われ独立。独立した1983年には貸金業規正法、出資法改正法が成立したこともあり、事務所は追い風に乗った[3][4]。以降、豊田商事事件、地下鉄サリン事件、オレンジ共済事件、KKC事件[12]、日栄事件、八葉グループ事件、五菱会事件[5]、商工ファンド事件などに取り組む。オウム真理教幹部に殺害された坂本堤弁護士の妻は、宇都宮の事務所で勤務していた。
映画『夜逃げ屋本舗』を監修[5]したほか、宮部みゆきの小説『火車』に登場する弁護士のモデルである。 ーWikipediaより

*『アジアの平和』:「尖閣」を巡って日中間の軍事衝突が懸念されている。日本国憲法では「戦争放棄」を定め、武力に依る国際間の問題解決の道を閉ざしている筈なのだが、最近の安倍内閣「防衛省」長官などは軍拡を進め、平気で他国基地「先制攻撃」を口にしている。もし日本が何らかの形で武力行使すれば、それこそ「東京五輪」などは吹き飛んでしまうことを政権は銘記するべきだ。

                   <追記>
1. 元日の英国保守系大衆紙『テレグラフ』は、「日本は第二次世界大戦中の軍国主義を再燃させて、世界平和への脅威を招いている」と題する中国大使の*寄稿論文を掲載しているが、英国で最も発行部数の大きなこの全国紙の記事内容は、最近のキャメロン首相の中国への「熱烈な肩入れ」姿勢と相俟って、日本安倍首相への厳しい批判を巻き起こすことが予想される。 (2014.01.02)
'The Telegraph'
Japan risks threat to global peace by rekindling militaristic spirit of Second World War, senior Chinese official warns
Liu Xiaoming, China’s ambassador to London, launches a strong criticism of the Japanese prime minister, Shinzo Abe, accusing him of deliberately raising tensions in Asia and putting the world on a “perilous path”
By James Kirkup, Political Editor10:29PM GMT 01 Jan 2014

f0166919_1227506.jpg


 「韓国の人々は物議を醸している安倍首相の靖国参拝をテレビで見守る」-'Telegraph' 紙



Japan risks a “serious threat to global peace” by “rekindling” the militaristic spirit that helped cause the Second World War, a senior Chinese official has warned.
Liu Xiaoming, China’s ambassador to London, has launched a strong criticism of the Japanese prime minister, Shinzo Abe, accusing him of deliberately raising tensions in Asia and putting the world on a “perilous path”.  <後略>
<中国大使寄稿文・原文>
Liu Xiaoming: China and Britain won the war together
Japan’s refusal to face up to its aggressive past is posing a serious threat to global peace
In the Harry Potter story, the dark wizard Voldemort dies hard because the seven horcruxes, which contain parts of his soul, have been destroyed. If militarism is like the haunting Voldemort of Japan, the Yasukuni Shrine in Tokyo is a kind of horcrux, representing the darkest parts of that nation’s soul.
Last week, in flagrant disregard of the feelings of his Asian neighbors, Shinzo Abe, the Japanese prime minister, paid homage at the Yasukuni Shrine, where 14 Class A war criminals – defined as those who committed “crimes against peace” – are enshrined. They were among the 28 Japanese political and military leaders convicted by an international military tribunal after the Second World War.
The Yasukuni Shrine was established more than 150 years ago, and Asian people know very well how it has since been used by Japanese militarists as a spiritual symbol to launch wars of aggression. In addition, it is deeply offensive to witness convicted war criminals being venerated. These were leaders found guilty of inflicting indescribable suffering on countless individuals during the war. Rightly, within hours of Mr Abe’s visit, there were strong condemnations from China, South Korea and across the international community.
Visits to the shrine by Japanese leaders cannot simply be an internal affair for Japan, or a personal matter for any Japanese official. Nor does it concern only China-Japan and Korea-Japan relations. Deep down, paying this kind of homage reveals whether Japan is trustworthy. It raises serious questions about attitudes in Japan and its record of militarism, aggression and colonial rule.
<中略>
China and Britain are both victors of the Second World War. We played a key role in establishing the post-war international order that has delivered great benefits for mankind. Our two countries have a common responsibility to work with the international community to oppose and condemn any words or actions aimed at invalidating the peaceful post-war consensus and challenging international order. We should join together both to uphold the UN Charter and to safeguard regional stability and world peace.
Liu Xiaoming is the Chinese ambassador to the United Kingdom

                 <参考資料>
1. 『週刊朝日』2013年9月20日号より
五輪決定も大地震は大丈夫か? 専門家が惨事に見舞われる可能性を指摘
 五輪招致に成功し、浮かれに浮かれているニッポン列島。しかし、ちょっと待ってほしい! ニッポンはいま、問題が山積みだ。
 神戸女学院大名誉教授の内田樹(たつる)氏が力説する。「現在、日本ができる最大の国際貢献は、五輪の開催ではありません。世界中が注目する大災害となった福島第一原発の汚染水問題を、世界中の英知を集めて一刻も早く解決することです」。
 世界の海に放射能をまき散らし、まともな対応ひとつできないニッポン。そんな国に五輪を招く資格はない、と憤るのはジャーナリストの斎藤貴男氏だ。「ブエノスアイレスでの記者会見で、『東京は福島から遠いので安全だ』と胸を張り、身内以外の報道陣から笑い物にされたのもむべなるかな。それでも本気の挙国一致態勢が恐ろしい」。
 安倍首相は最終プレゼンで、「状況はコントロールされている。決して東京にダメージを与えるようなことを許したりはしない」と、自信に満ちた口調で断言した。だが、8月には貯水タンクからの高濃度の汚染水漏れが発覚し、「レベル3」の事故と認定されたばかり。コントロールどころか、実際は「制御不能」ではないのか。
 また、汚染水について「原発の港湾内の0.3平方キロメートル範囲内で完全にブロックされている」と強調したことも引っかかる。港湾口には放射性物質の拡散を防ぐ水中カーテン「シルトフェンス」が張られているが、専門家は水溶性の放射性物質の移動は防げないと指摘しているのだ。
 首相の発言が“ハッタリ”だったとしたら、今後、国際社会から強い批判にさらされることになる。
 東日本大震災からの復興を掲げて招致にいそしんだ人々の中には、別の思惑を持った者もいたようだ。「『復興五輪』をでっち上げた出陣式に、『原発バンザイ』の経団連会長が出張って、気勢まで上げてしまう無神経さは、尋常ではありませんでした」(斎藤氏)。
 一方で前回の東京五輪はまさに戦後を乗り越え、日本人としての誇りや自信を取り戻すきっかけとなった。「焼け野原から20年で立ち直り、平和な国に生まれ変わった日本を世界に見てほしい、という素朴な情念があった。いまのように『経済のカンフル剤になればいい』などと公言する人はいませんでした。日本人は、いつからこんなに卑しくなったのか」(前出の内田氏)。
 評論家の大宅映子氏は、地方都市が舞台なら、日本での開催にも賛成という。「本当に必要なことは、地方経済を元気にし、日本経済を盛り上げていくこと。成熟都市の東京よりも、伸びしろのある地方での開催のほうが、さまざまな可能性を見いだせたのでは」。
 地震大国ニッポンでの開催を危惧するのは、防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏だ。「日本列島はいま、地震活動の活発期。開催までの7年間に大地震が起こってもおかしくはない。最悪、開催中に大地震に見舞われることも想定しなければ」。
 渡辺氏によると、869年に起きた「貞観(じょうがん)地震」は、東日本大震災とほぼ同じ規模、同じ震源地だった。その9年後に関東大震災クラスの「相模・武蔵地震」が発生した。「貞観地震と東日本大震災の関連性から言って、その9年後、すなわち2020年に大地震が起きることも考えられます」(渡辺氏)。
 環境破壊への懸念もある。「葛西臨海公園の西側半分がカヌー競技の会場として整備されます。同公園は東京湾に面し、面積が東京ドーム17個分と広大で、多様な生態系が形成されています。予定地に限っても鳥類76種、昆虫140種、樹木91種、野草132種が確認されているんですが……」(日本野鳥の会東京)。

2. 『週刊現代』2013年10月25日号 「経済の死角」
2020年東京五輪 晴海(埋め立て地)の選手村が津波に流される いつくるか分からない直下型大地震世界のトップアスリートが被害者になる
「東京は安全です」と首相が胸を張り、誘致を勝ち得た2020年東京五輪。だが、日本国民の多くも計画の詳細は知らないだろう。海ぎわに施設が集中するなか、世界との安全性の約束は守れるのか。
東京湾は危険がいっぱい
待望の五輪が、東京にやってくる。そのこと自体はめでたいと、多くの地震・防災の専門家たちも顔をほころばせる。しかし世界中から大勢の人が訪れる五輪の防災対策に話題が及ぶと、彼らは「まだまだ課題は多い」と口を揃えるのだ。
「五輪の選手村や競技施設は湾岸部に集中しています。
東京都などによる巨大地震の被害想定によると、死者数が最大になるのは、首都直下地震が起こった場合で約9700人。このうち津波による死者はゼロだといいますが、これは断言できるものではない」
関西大学社会安全学部教授の河田惠昭氏はこう指摘する。河田氏は、政府の中央防災会議で、南海トラフ巨大地震の被害想定をまとめた作業部会の主査を務めた人物でもある。
「この被害想定は、関東大震災と阪神・淡路大震災のデータに基づいて計算されただけ。残念ながら、この程度の犠牲者数では済まないでしょう」
なにしろ、東京五輪の計画を見ると、主要施設の多くが「東京ベイゾーン」と東京都が名づけた臨海部に集中する。都内に設置される33競技会場のうち7割近い23会場、さらに選手村やメディアセンターなど多数の関連施設が海ぎわに建つことになる。
河田氏は、これまでの被害想定は津波に関して甘いのではないかと指摘する。
「たしかに、東京湾の海底地形は平坦で、ここで過去に大きな津波は発生していないと考えられる。太平洋から東京湾への入り口の部分がくびれており、大きな津波が入りにくいためです。また伊勢湾や大阪湾に比べて東京湾は浅い。これも津波が大きくならない要因です。それでも、震源の位置によっては津波は2m以上になると想定されている。さらに現状では、東京港の防潮堤など海岸施設は建設から40年以上経過しているものがある。見た目はきれいでも耐震性や液状化の心配があり、実際にはボロボロ。東京の海岸施設すべてを作り直すには、約4兆円かかりますが、五輪をやるからには今後の7年間で少しずつ新しくしていくしかない」  <中略>

f0166919_1044195.jpg


五輪開催期間中は、選手のみならず、多数の観光客も来日しますから、外国人の数が圧倒的に増える。
震度2~3の揺れでも狼狽する人もいるでしょう。また大きな地震の際に、日本人なら建物の外に飛び出すと落下物で危ないと知っていても、外国の人はそれが分からない。
まして液状化で水が噴き出し、マンホールが浮き上がってくるのを目にしたら、パニックに陥っても仕方がない。
いいことばかりを言うのではなく、『日本では地震が起こります』『その際はこう動いてください』と各国の選手団や観光客にもはっきり伝えることです」
早稲田大学理工学部教授で元土木学会会長の濱田政則氏は、こう話す。
「安倍総理は『東京は安全だ』と宣言して五輪を誘致しましたが、東京の臨海部が安全かというと、それは疑問ですよ。
しかし、やると言ったからには、2020年までに臨海部の防災性を高めて、さすが東京、と思わせないといけない。
私は、当然、言われなくてもあらゆる対策が取られるものと考えています。繰り返しますが、世界に向かって、『安全だ』と言ったわけですからね」
もはや国際公約ともいえる「安全な五輪」。準備不足が露呈したとき、「想定外でした」と泣き言を言っても、世界は許してくれない。せめて世界のトップアスリートが集結する選手村くらいは立地場所を根本的に見直すところから安全対策を考えたほうがいいのではないか。タイムリミットは、わずか6年と9ヵ月後に迫っている。
by shin-yamakami16 | 2014-01-01 13:51 | Comments(2)