世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0166919_1020413.jpg


     キング牧師の「平等社会・実現の夢」はオバマ政権の下でも潰えたか?


「警察は長らく黒人抑圧の道具だった」—仏 ‘L’Obs’ 誌


                                   山上 真

 米国ミズーリ州「大陪審」は11月24日、今年8月9日に「丸腰の18歳青年」Michael Brownを射殺した白人警官Darren Wilsonを、不起訴処分とする決定を下したが、この不当処分に抗議する運動はニューヨークを始めとする全米約170都市に拡大し、現在も、大通りを埋め尽くすデモ行進の外、’Black Friday’ と呼ばれるクリスマス・セールで賑わう都市中心部・盛り場での ’die in’ 抗議の形などで展開されている様だ。


f0166919_10274510.jpg


f0166919_10322550.jpg


f0166919_10325238.jpg


f0166919_1040479.jpg


f0166919_10403653.jpg


f0166919_10414174.jpg



 ミズーリ「大陪審」が、当の白人警官を「不起訴」処分にしたということに、先ず「違和感」を覚えるのは、筆者ばかりではなかろう。このケースの場合、「有罪・無罪」はさて措いても、少なくとも「裁判」があって、どのような経緯で黒人青年が射殺されるに至ったのか、具体的に明らかにされるべきだった。
 裁きの場で、「人種差別」実態が明々白々と暴露されることを恐れたのだろうか? 捜査対象者を起訴するかどうかを判断する、12人の市民から成る大陪審の構成は、白人が9人、黒人が3人だったという。
 抗議運動は、現地ファーガソンでの商店焼き打ちや略奪という不法行為も見られたが、圧倒的多数の参加者は整然とした、説得力を伴ったものだった。

 米国オバマ大統領は今度の「大陪審」評決について、不満な表情を浮かべ乍らも、決定には従うべきだとしたが、Holder司法長官は、連邦段階でMichael Brown「射殺」が法に則ったものかどうか、「再審議」を行う方針を表明した。

 米国内外のマス・メディアは、概ね、ミズーリ「大陪審」評決について批判的であるが、大手・米『ワシントン・ポスト』紙や仏『ル・モンド』紙が揃って、「何故こうした評決に至ったか?」という形の、ともすれば「評決・弁護」的とも受け取られかねない長文記事を、評決直後に掲載しているのは不思議だ。


f0166919_1448138.jpg


米国'ABC'TV局・George Stephanopoulos のインタヴューを受けるDarren Wilson(右)ー出演料は6桁(ドル)だと言われる。猶11月29日、Darren Wilson は警官を辞職した。ー<YaHOO TV>より


 その内容は、被害者Michael Brownの「無抵抗」行動を目撃したという人物たちが、証言途中で「姿を消した」とか、Michael が手を「上に上げず、ズボンのポケットに突っ込んでいた」という証言者が居るという様な、被害者にとって不利な「事実」を紹介しているものだ。その上で、警官Darren Wilsonは「正当防衛」でMichaelを射殺したという「評決」を紹介している。
 確かに大柄のMichael が白人警官を「威嚇した」ことはあった様である。—<本ブログ8月23日付参照されたし>
 しかし乍ら、武装警官が「丸腰」被害者を「7発もの銃弾」で射殺したという「厳然たる」事実を軽く見る姿勢は、メディアとしての良心を疑わせるものだ。


f0166919_10354230.jpg


    11月22日、レプリカ銃を持っていて白人警官に射殺されたTamir Rice

f0166919_10364949.jpg



 驚いたことに、同様の黒人射殺事件が先週11月22日、オハイオ州Clevelandで起こっていた。12歳の黒人系少年Tamir Riceが 公園で ‘toy gun’ を持って遊んでいたところ、白人警官から二発の弾丸を受け、翌日死亡したという*事件である。
 この事実については、筆者が偶々Michael Brown の事件を調べていたところ、英国 ’Mail Online’ 及び ’The Independent’ 紙が、米国で新たに起こった事件としてかなり詳細に報じているのを見て知った次第である。

    ・         ・         ・

 米国での痛ましい事件の結末について、英仏のメディアは辛辣な批判報道を続けている。例えば、仏*『リベラシオン』紙(11月28日付)は、’Racisme, Le rève perdu’ 「人種差別:失われた夢」という見出しで、週末版の特集記事を掲載している。副題は「ファーガソン:米国の悪魔の目覚め」として、次の様に続ける。

Le meurtre impuni de Michael Brown, symbole de la fracture raciale qui continue de miner le pays, résonne comme un échec pour toute une génération de Noirs réléguée socialement et économiquement.—「マイケル・ブラウン殺害が罰せられなかったことは、この国を蝕み続ける人種的断絶の象徴であり、社会的・経済的に疎外される一世代黒人たち全てにとっての挫折として鳴り響く」
 
 一方、同じく仏紙*『ヌーヴェル・オプセルヴァトウール』(11月27日付)は、

ETATS-UNIS. "La police a longtemps été l'instrument de répression des Noirs" —米国:「警察は長らく黒人弾圧の道具だった」

として、警察制度の米・仏での違いを文化的背景に基づいて歴史学者が説明している。例えば、米国では「白人優位」の仕組みを維持する為に、特に南部では白人至上主義・秘密結社「クー・クラックス・クラン」メンバー出身者が警官になっていることが屢々あるという指摘は驚くべきものだ。
 
 11月28日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙は、

'Protesters United Against Ferguson Decision, but Challenged in Building Movement' ー「抗議する人々はファーガソン評決に反対して団結しているが、運動を造り上げる点で挑戦を受けている」

と題する長文記事の中で、セントルイス・オークランド・シカゴ・ニューヨークなどでの「ファーガソン大陪審評決・抗議」デモの模様を詳しく紹介しながら、これ迄起こった幾つもの白人警官による「黒人射殺」事件と関連づけ、関係者が如何に「差別主義・廃止」の運動を長期的に構築して行くかという課題に苦しみ乍ら取り組んでいることを伝えている。   (2014.11.30)
 

<写真> The Washington Post, The New York Times, Le Monde, Libération,
The Independent, Daily Mail, The Guardian

                     <追記>
1. 12月2日付『ニューヨーク・タイムズ』紙の記事 'A Week Later, Protests Continue Over Ferguson Decisions'に依ると、12月1日、St.Louis は固より、New England、Texas、California、など全米で MIchael Brown 射殺事件についての「大陪審」・白人警官「不起訴」評決に対する抗議運動が、大学・学校構内、駅、裁判所、市役所、連邦官庁などの前で展開され、Michael の遺体が「4時間半」に渉って路上に放置されていたことを象徴する「4分半」の'die-in' も各地で行われたという。『ハーバード』大 'Law School' では、約300人の学生たちが、'No justice, no peace' 「正義無き所に平和無し」と唱和したという。また首都ワシントンでは、抗議デモが大通りを閉鎖し、司法省の前で座り込みが行われたということだ。 (2014.12.02)

f0166919_13473687.jpg


12月1日 Fergusonでの 'die-in'

2. この12月3日、ニューヨーク・Staten Island「大審院」が、タバコの「不法販売」の罪で無抵抗の43歳黒人男性Eric Garner を取り押さえようとして、首を絞めて死に至らしめた白人警官Daniel Pantaleo(29歳)に対して、またもや「不起訴」処分とした件は、先の「ファーガソン」事件に引き続いて全米に激しい衝撃を巻き起こしている。この事件の経過はヴィデオに撮られ、TVなどで放映されており、白人警官4人が大柄とは言え,黒人一人を強引に抑え掛かる状況は、黒人・白人を問わず、多くの人々の激怒を招いており、現在ニューヨーク・マンハッタンなどで数千人規模の抗議デモが展開されている。 (2014.12.04)

f0166919_2183754.jpg


7月17日、ニューヨークで白人警官に首を絞め殺されたEric Garner:'I can't breathe'が最後の言葉

f0166919_2054529.jpg


f0166919_2055133.jpg

               
                   12月3日マンハッタン

3. 12月2日、アリゾナ州 Phoenix でも、ドラッグ犯罪歴を持つとされる34歳の黒人Rumain Brisbonが、「女友達と子供の前で」丸腰で居たところ、白人警官に2発の銃弾を受けて死亡するという事件が発生した。現地でも、間もなく抗議デモが始まったというが、これ迄の事件と相俟って、現在「全米でデモが市街地を埋め尽くしている」ー『ニューヨーク・タイムズ』紙ー状態だということだ。
 今日5日の 'BBC World' TV・'Hard Talk' に出演した米・人権問題専門家の話に依ると、米国では「28時間に一人」の割合で黒人が白人警官の銃弾を受けているという。 (2014.12.05)

f0166919_2111271.jpg


12月2日 Phoenix :白人警官に射殺された Rumain Brisbon さん

               <参考資料>
1. ‘Libération’ 紙
Ferguson : le réveil des démons de l’Amérique
FRÉDÉRIC AUTRAN 28 NOVEMBRE 2014 À 19:46
Le meurtre impuni de Michael Brown, symbole de la fracture raciale qui continue de miner le pays, résonne comme un échec pour toute une génération de Noirs réléguée socialement et économiquement.

Debout devant la grille du commissariat de Ferguson, Tracy White observe, dépitée, les soldats de la garde nationale et les policiers anti-émeutes alignés de l’autre côté. «Regardez, ils sont tous blancs», soupire cette assistante maternelle, qui ne se dit «ni manifestante ni activiste» mais «simple citoyenne». Depuis le début de l’affaire Michael Brown, en août, cette habitante noire d’une cinquantaine d’années a surtout suivi les événements sur CNN. Après la décision du grand jury populaire de ne pas poursuivre le policier qui a tué l’adolescent, elle s’est toutefois sentie «obligée» de venir voir par ...

2. L’Obs
ETATS-UNIS. "La police a longtemps été l'instrument de répression des Noirs"
Par L' Obs
Voir tous ses articles
Publié le 27-11-2014 à 20h20
Mis à jour à 21h10

Après les meurtres de deux jeunes Noirs par les polices municipales de Ferguson et Cleveland, "l'Obs" s'interroge : quelles tensions entre ces deux populations ? L'historien François Durpaire répond.
Darren Wilson : "Je ne crois pas que ça va me hanter"
Cleveland : comment la police a abattu en 2 secondes Tamir Rice
Ferguson : au milieu des émeutes, un homme abattu
Tamir Rice avait 12 ans lorsqu'il a été tué par la police de Cleveland (Ohio) samedi 22 novembre, après avoir joué avec un pistolet à billes. Deux jours plus tard, lundi 24 novembre, le verdict du grand jury de l'affaire Ferguson tombe : c'est un non lieu. Darren Wilson, le policier incriminé dans le meurtre le 9 août dernier de Michael Brown, un jeune-homme de 18 ans, ne sera pas poursuivi en justice.
Outre leur jeunesse, les deux victimes ont un point commun : ils sont tous deux Noirs. Deux drames qui mettent en exergue la sinueuse question raciale dans la police américaine. Pourquoi un tel rapport entre les forces de l'ordre et les Noirs américains ? Quelles différences culturelles entre les polices française et américaine ? L'historien François Durpaire, spécialiste de la diversité culturelle aux Etats-Unis, éclaire "L'Obs". Interview.
Pourquoi la relation entre la police et les Noirs américains est-elle si complexe aux Etats-Unis?
- Historiquement, il y a aux Etats-Unis un imaginaire particulier de la police. Cette dernière, exclusivement blanche, a longtemps été l'instrument de la répression des Noirs, dans un système de domination et de suprématie blanche. Dans les municipalités du sud notamment, les policiers étaient souvent membres du Ku Kux Klan.
LIRESur Twitter, Anonymous humilie le Ku Kux Klan

Cette influence est encore présente aujourd'hui, comme le montre l'enquête menée par le Pew Research Center du 14 au 17 août, juste après la mort de Michael Brown. Celle-ci a évalué l’écart entre les Blancs et les Noirs sur l’appréciation de la police municipale. Les résultats sont éloquents : 65 % des personnes noires interrogées estimaient que la police avait fait un usage excessif de la force dans le cas Ferguson, contre 33% seulement pour les Blancs.
Pourquoi cette tension est-elle particulièrement aiguë avec la police de Ferguson ? 

- Dans sa composition raciale, celle-ci ressemble à la police des années 1960 : 56 policiers sur 57 sont Blancs. Ce sont eux qui, municipalement, tiennent les rennes, alors que démographiquement, les Noirs sont bien plus nombreux.
Les codes de la police américaine sont-ils différents de ceux de la police française ?
- Il est important de comprendre qu'il n'y a pas une mais des polices américaines. Difficile donc de faire une comparaison avec la France. Nous avons tendance à penser que les forces de l'ordre dégainent plus vite outre-Atlantique. Or aux Etats-Unis, il y a d'une part les polices municipales, d'une autre la police fédérale : le FBI.
Dans le cas de Ferguson, c’est de la police municipale dont on parle, alors qu'au niveau fédéral, deux enquêtes sont en cours. L'une concerne la question du droit civique, à savoir : y a-t-il eu du racisme dans cette affaire ? La seconde se concentre directement sur l'action de la police de Ferguson.
Cela signifie-t-il que, d'une municipalité à l'autre, le rapport entre les forces de l'ordres et les communautés diffère ? 

- Absolument, et certaines sont plus en avance que d'autres dans la réflexion sur la relation entre la police et son environnement. Prenons celle de Ferguson : elle apparaît bien plus rétrograde que la police française, puisqu'elle n'intègre pas les minorités. En revanche, la police de Détroit mène une politique complètement différente en matière d'abolition des préjugés, de formation de ses agents, etc. On pourrait même se dire qu'elle a des choses à nous enseigner.
<後略>
Propos recueillis par Julia Mourri

3. ‘Mail Online’
Tamir Rice was shot by rookie officer Timothy Loehmann, 26, after a 911 caller said he saw the boy with a gun that was 'probably fake' on Saturday
But the dispatcher did not tell the officers that the gun might be fake
Cops 'told him to raise his hands' but instead he reached for his waistband
Newly-released footage shows Loehmann shooting him dead just two seconds after he pulled up in a car, driven by officer Frank Garmback
BB guns have an orange safety indicator on the muzzle but his did not
On Tuesday, hundreds took to the streets in Cleveland to call for justice
The protests came as rallies continue across the U.S. against the decision not to indict the Ferguson cop who shot dead Michael Brown in August

By LYDIA WARREN FOR MAILONLINE and ASSOCIATED PRESS
PUBLISHED: 12:53 GMT, 26 November 2014 | UPDATED: 16:40 GMT, 27 November 2014

Cleveland police have released video footage showing the moment 12-year-old Tamir Rice was shot dead by a rookie officer who mistook his BB gun for a real weapon.
The boy was shot by Timothy Loehmann, 26, on Saturday after a 911 caller reported seeing a juvenile waving around a gun - but did not know whether or not it was real. Newly-released audio showed that the 911 dispatcher did not pass on this concern to the responding officers.
At a press conference on Wednesday, authorities released the 911 call, police dispatch calls and a grainy video showing the moment the officers arrived and shot the boy.
The footage shows Rice - who the officers thought was about 20 - reaching for his waistband instead of responding to police requests to raise his hands, police said. They fatally shot him just two seconds after pulling up in their cruiser, the footage shows.

4. 'The Guardian'
St Louis activists interrupt Black Friday shopping to stage Michael Brown protest
Protesters hold signs and shout ‘Hands up, don’t shoot’
Retail boycott uses Twitter hashtag #BlackOutBlackFriday
Black Friday: protests organised around the US – live updates
Film directors lead Black Friday protest over Ferguson
Lauren Gambino in New York
theguardian.com, Friday 28 November 2014 16.06 GMT
People take part in a demonstration in Times Square, New York, on Thanksgiving. Photograph: Carlo Allegri/Reuters
As millions of American shoppers headed to stores in search of post-Thanksgiving bargains, scores of demonstrators interrupted Black Friday shopping in St Louis as part of a retail boycott over the death of unarmed teen Michael Brown in Ferguson.
The boycott is the latest strategy by protesters to draw attention to issues snapped into focus by Brown’s death: racism, economic inequality and police brutality in America. Monday’s grand jury decision not to indict Darren Wilson for killing Brown on 9 August led to days of violent protests in a number of American cities.
Beginning on Thanksgiving night, dozens of activists turned up at major retailers around the St Louis area with protest signs. They chanted “Hands up, don’t shoot!” as shoppers whizzed past in search of heavily-discounted TVs and vacuum cleaners.
The demonstrations, staged at a local Target and multiple Walmart stores, were brief and peaceful. As of mid-morning, there were no reports of arrests related to the protests. In at least one instance, protesters were ordered by police to leave, and they did so peacefully, Reuters reported. More protests were expected throughout the day on Friday.
The boycott, which used the hashtag #BlackOutBlackFriday on Twitter, is an extension of the Black Lives Matter campaign, meant to empower black voices by demonstrating their purchasing power.
The movement was explained in a video produced by Ryan Coogler, director of Fruitvale Station, a film recounting the story of a young black man shot dead by a white transport policeman in Oakland, California.
“This season, show your worth,” the video exhorts its viewers. “Help stop police brutality by speaking a language everyone understands. Don’t shop November 28th.”
Meanwhile, millions of Americans were reveling in Black Friday spoils, queueing for sales on Thursday evening or arriving in time to catch the early-bird specials on Friday morning.
The National Retail Federation, an industry group, estimated that 140 million Americans would shop in-store and online over the Thanksgiving weekend. The group predicted seasonal shopping sales would rise by 4.1% from the same months last year to $616.9bn.
The commercial creep of Black Friday saw stores opening as early Thursday evening. As many as 25.6 million US people were expected to shop on Thanksgiving day this year, the federation said. Macy’s said more than 15,000 people were lined up outside its flagship New York City store when it opened its doors at 6pm on Thanksgiving.
Wilson: “Yes, that’s not an area where you can take anything really. Like I said, it is a hostile environment.”
We are in a bad place.
My 20-year-old grandson, Will, the most gentle and respectful young man you would ever want to meet, posted this on his Facebook page:
“Regarding the recent events in Ferguson: I’ve always wanted to believe my country was free. But today’s grand jury decision tells me this cannot be the case. No country that refuses to hold the police, those so-called ‘defenders of the law,’ accountable for its unjust brutality — and yes, it is often very brutal — can be free. When the grand jury declined to charge Darren Wilson for his actions, what kind of a message does that send? . . . It doesn’t seem fair that police can commit brutal acts against innocent people and get away with it.”
It’s not, Will. Not today. Not in your great-grandmother’s day when that Mississippi grand jury let that white farmer get away with murder. Not ever.
by shin-yamakami16 | 2014-11-30 10:43 | Comments(0)
f0166919_10135942.jpg


           2006年6月30日・北京ー仏'L'OBS'誌



問われる「後ろ向き」日本の「気候変動」取り組み

                             山上 真

 北京で今月7日から11日にかけての 'APEC’ (アジア太平洋経済協力会議)に続いて開催された中米首脳会談では、欧米各メディアが ’historic’ 「歴史的」とか、‘landmark’「画期的事件」などと表現する程の重みを持った内容の「温室効果ガス」削減を図る為の「合意」に達したという。


f0166919_10182882.jpg



f0166919_10184386.jpg



 11月12日・13日の二日間、延べ10時間に及ぶ会談で、中国・習近平主席とオバマ米大統領は安全保障・経済関係・環境問題を話合ったというが、両国を超えて国際的に大きなインパクトを及ぼすのは、「大気汚染源」として「悪名高き」世界第一位・第二位の座を占める両国の環境保護政策だ。

 温室効果ガスが地球環境に及ぼす影響は、最近の厳しい気象現象や、*海面水位上昇、中国の大都市などの深刻な大気汚染の様子を見れば、歴然としている。今や「一刻の猶予も無い」状況に置かれているというのが一般常識だ。

f0166919_10212251.jpg


f0166919_10215260.jpg


 然し乍ら、「温室効果ガス・発生源」として歴史的に「横綱」格の米国はブッシュ政権下、1997年に各国の明確な「ガス削減」目標を定めた「京都議定書」から離脱し、大国としての責任を放棄していた。だが、そのことでの国際的威信低下を恐れたのだろうか、今年9月23日の「国連気候変動サミット」でオバマ大統領は、クリーン・エネルギーに対して野心的な投資をして、 CO2削減に取り組むことをアピールし、世界の二大経済国である中国とアメリカが、CO2削減で世界をリードしていく責任があると述べた。

f0166919_10262359.png


f0166919_1027420.jpg


 一方中国は、経済発展を最優先する立場から、「発展途上国」への「先進国並みの」厳しい汚染ガス・削減「強要」に反対してきた。しかし、昨今の中国都市部での「PM2.5」騒ぎに見られる大気汚染「深刻化」に鑑み、漸く重い腰を挙げ始めた様だ。中国では、工場排水などに因る土壌・河川汚染も深刻だ。

  何処の国でも、「経済発展」を何よりも優先させる政策によって、環境汚染という「公害」を充分に意識せず、悲劇を生んだ歴史にこと欠かない様だ。例えば、高度成長期 (1954-1973) の日本では、経済成長の陰で社会公共投資や福祉支出は低水準にとどまる一方、環境破壊が起こり、「水俣病」(1956年)や「イタイイタイ病」(1956年認定)、「四日市ぜんそく」(1960年)といった公害病が発生した。
  「高度成長」を誇る今日の中国でも、嘗ての日本と同様の問題が起きている様に思えてならない。

f0166919_1030113.jpg


f0166919_10313287.jpg


 この度の中・米「温室ガス」削減・合意は、オバマ政権が9か月前から北京に特使を派遣して周到に準備した成果ということだ。その内容は、米国が2025年までに、2005年比で26〜28%を削減、一方中国は、CO2排出量について2030年頃を頂点にして減少させるという目標を、それぞれ表明した。
 習近平主席はこの目標を達成する為に、2030年迄に中国エネルギー生産総量の20%を、所謂「クリーン・エネルギー」源としての太陽光と風力発電で賄うことを約束したという。
 兎に角、中国が温室効果ガスの排出量の削減目標を明示するのは初めてということだ。

 中米共同声明(11月12日)では、「世界の3分の1以上の温室効果ガスを排出する中米が気候変動問題に決定的な役割を果たさねばならない」としているが、これは、来年2015年末にパリで開かれる’COP21’ 「国連気候変動枠組み条約会議」の交渉に向けた、明確な「意思表示」と看做されるだろう。

f0166919_1352734.jpg


           モンタナ州南部コルストリップ石炭火力発電所

 *『ニューヨーク・タイムズ』紙(11月12日付)の記事 ’U.S. and China Reach Climate Deal After Months of Talks’ 「米中は数か月の交渉後に気候変動協定・合意に達した」に依れば、オバマ大統領は先の中間選挙で上下院共に共和党に制された議会で、中国との「ガス削減」合意は「反対に直面するだろう」が、議会承認を必要としないので、共和党の一定の「抵抗」に留まるだけであることを示唆している。
 
 寧ろ、今度の「米中合意」で、議会選挙「敗戦」にも拘らず、オバマの「格」を挙げた「外交勝利」と受け取られる可能性が大きいのは、これまで述べた「温室ガス・削減」問題ばかりでなく、通商関係面で就中、*’ITA’ と呼ばれる「情報技術協定」による「関税撤廃」、即ち、コンピューター・ソフト・医療機器・半導体など情報産業機器の「関税率」を無くすことを、中国側に合意させたという大成果があるからだ。

f0166919_1381148.jpg


    2014年9月21日:「温室効果ガス・削減」要求・ニューヨーク40 万人デモ

  中・米両国が温室効果ガス・削減の方向に具体的な一歩を踏み出した今、「京都議定書」を事実上離脱した日本は、国際的道義上、嘗て無い圧力に晒されている。
 ブログ『現代ビジネス』(2013.11.22付)は、ドイツのメディアが次の様に激しく日本を非難していると言う。

「1月13日、ドイツのニュースでは、日本政府が発表した温暖化ガス削減の新目標のことが槍玉に上がっていた。日本の新目標というのは、2020年までにCO2の排出量を、2005年比で3.8%削減するというものだ。 

ドイツのメディアは一斉に、あたかも日本が地球温暖化防止のための努力を投げ出したかのような非難がましい書き方をしている。福島の事故のせいで原発が停止したため、際限なく化石燃料を燃やし、地球の空気を汚している日本というイメージだ。最近は、福島の汚染水を海に垂れ流しているという報道も盛んになされているので、まさに「迷惑国家、日本」の図である。

ドイツメディアは書く。2009年、日本はCO2の排出量を2020年までに、1990年比で25%削減すると言っていたはずなのに、新目標では25%削減どころか、3%増加になってしまうではないかと。
それだけではない。中国までが、「経済発展と気候変動対策の折り合いは付けられるはず。国際社会が足並みをそろえている中で、日本は自らの取り組みについてしっかりと反省すべき」と言ったらしい(レコードチャイナ)。」—後略

f0166919_10355394.jpg


 東日本大地震・津波と、それに引き続く「福島原発」事故で、鳩山元首相が2009年、日本が「2020年までに1990年比でCO2排出量25%削減」と世界に宣言したことは、吹き飛んでしまったかに見えるが、地球環境を巡る深刻な事態を目の当たりにして、「鳩山演説」は決して誇張でも、絵空事でもない。寧ろ、経済・産業「至上主義」を放棄して、国際連帯の精神に基づいた「環境保全政策」の下、国民生活重視の「遅速・共助社会」への道を選択することによってこそ、国民にとって真の幸福が得られるのではないか。  (2014.11.15)
 
<注>
*海面水位上昇:
ブログ ’The Page’ より
海面上昇で国が水没する? 南太平洋のツバルやキリバス
THE PAGE 2月26日(水)10時19分配信

f0166919_10373058.jpg


              水没の危機があるツバルとキリバス

 南太平洋にあるキリバス共和国周辺の海面は過去20年間、毎年数ミリずつ上昇し、水没の危機が叫ばれています。首都タラワ周辺では2055年までに最大30センチ近く上昇すると予測され、世界銀行はタラワのある島の5~8割が50年までに浸水する恐れがあると警告しています。そのため、キリバス政府は将来の国民の海外移住も視野に入れているのです。
フィジーが移住受け入れ表明
「キリバスが水没したら、フィジーが全キリバス人の移住を受け入れる」
 2月11日、フィジーのナイラティカウ大統領はキリバス政府に対してこう表明しました。キリバスはすでにフィジーに広大な農地を購入し、塩害でキリバスが耕作不能になる事態に備えています。今後の対処にも両国が連携して取り組んでいくことでしょう。海面上昇により、国家消滅の危機が叫ばれているのはキリバスだけではありません。おなじく南太平洋のツバル、インド洋のモルディブもそうです。

 ツバルは、9のサンゴ礁の島からなり、平均海抜は2メートル(最大5メートル)。人口1万人の国です。この国では海面上昇や地盤沈下などによって、洪水や海水の浸水、塩害などすでに発生しています。モルディブは国土の80%が海抜わずか1.5メートルで、1000以上の島がありますが、ほぼすべての島の海岸が浸食されているといいます。

 これらの国々は島国であるため、水の問題もあります。洪水による地下水の貯蔵タンクの破損や水の塩分濃度の増加なども起き、安全な水の輸入も増えているのです。モルディブは関連費用としてGDPの27%を費やしているといいます。
日本も人ごとじゃない?
「現在の温暖化ガス排出のペースが続くと2100年までに世界の海面は約1メートル上昇し、その後10年ごとに約18センチ高くなっていく」
 気候変動に関する最先端の研究論文が掲載される月刊誌「Nature Climate Change 」は、2012年6月号でこんなショッキングな論文を掲載しました。これまでも地球温暖化による海面上昇については数々の指摘がされています。

 1990年のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が出した報告書では、「過去100年間に全球平均地上気温は0.3~0.6度、海面は10~20センチ上昇し、特段の対策がとられない場合、21世紀末までに全球平均地上気温は約1~3度の上昇し、全球平均海面水位は65センチ(最大1メートル)の上昇が予測される」としていましたが、その予測の最大値で海面上昇は進んでいることになります。

 仮に海面が1メートル上昇すると、どこまで土地が浸水されるでしょうか。フロリダ州やバングラデシュ、マンハッタンの大半が浸水すると予測されています。日本では現在の砂浜が90%ほど失われ、東京の西側はほぼ水没してしまいます。

 海面上昇によって、国そのものが存亡の危機にひんしている地域もあります。南太平洋のツバル、キリバス、インド洋のモルディブといった国々です。水没や海岸浸水の危機にある島々の多くは水も資源もない小国です。他国からの援助が必要ですが、観光客に対応するための土地開発がさらに島の侵食を誘発している面もあります。

IPCC:「海面水位最大82センチ上昇」の予測報告書
毎日新聞 2013年09月27日 20時07分(最終更新 09月27日 23時57分)
予測される海面水位と気温の変化
 地球温暖化に関する科学的分析や予測をまとめる国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第1作業部会は27日、有効な対策が取られなかった場合、今世紀末に地球の平均気温が最大4.8度、海面水位は同82センチ上昇すると予測した第5次報告書を発表した。人間の活動が温暖化の主要な原因である可能性を「極めて高い」(95%以上)とし、2007年の第4次報告書の「90%以上」より表現を強めた。
 各国は20年以降の新たな温暖化対策の国際枠組みを15年に作る予定で、報告書は交渉に影響しそうだ。スウェーデン・ストックホルムで記者会見したIPCCのパチャウリ議長は「前代未聞の気候変動が起きていることは疑いがない」と各国政府に行動を呼びかけた。
 報告書は、世界の気温が1880~2012年に平均0.85度上昇したと分析。海では3000メートルより深い層でも水温が上昇している可能性が高いと初めて指摘した。大気中の二酸化炭素(CO2)濃度は産業革命前の1.4倍に急増。海に溶けるCO2が増え、海洋酸性化が進むことはほぼ確実とした。
 また、今後取られる温暖化対策の効果によって、CO2濃度が変化する4種類のシナリオを想定し、それぞれ今世紀末の地球を予測。海面水位は、南極やグリーンランドの氷が解ける影響を新たに計算に入れた結果、第4次報告書の18~59センチを上回る26~82センチ上昇すると分析した。
 一方、有効な対策を取らないままCO2濃度上昇が続けば、気温は2・6~4・8度上昇するとした。逆に、今世紀中に濃度を下降に転じさせられれば、0・3~1・7度の上昇幅に抑えられるとした。

*ITA :IT 製品の関税撤廃を定めた情報技術協定. (Information Technology Agreement: ITA ) は、1997年に成立した WTO 協定の一つ。この協定の下、コンピュータ、通信 機器、半導体、ならびに、それらの製品に使用される部品の関税撤廃が進められ、IT 製品 の 貿 易 は 大 幅 に 拡 大 し た。

*The New York Times:’U.S. and China Reach Climate Deal After Months of Talks’ by Mark Landler
‘Administration officials acknowledged that Mr. Obama could face opposition to his plans from a Republican-controlled Congress. While the agreement with China needs no congressional ratification, lawmakers could try to roll back Mr. Obama’s initiatives, undermining the United States’ ability to meet the new reduction targets.’

‘For all the jockeying, the biggest trade headline was a breakthrough in negotiations with China to eliminate tariffs on information technology products, from video-game consoles and computer software to medical equipment and semiconductors.’


<写真・資料> The New York Times, Liberation, The Guardian, The Washington Post, France Info, L’OBS


                   <参考資料>
1. ブログ『環境市民』
日本政府の温室効果ガス「増加」目標の撤回と、責任ある目標を再提出することを求める提言(2013年11月)
                         2013年11月18日
2. 日本政府は「2005年度比3.8%減」という2020年までの温室効果ガス削減目標を、ワルシャワで開催されている国連気候変動枠組み条約の第19回締約国会議(COP19)の会期中である11月15日に発表した。この目標値は、京都議定書の基準年(1990年)で換算すると「3.1%増」となるもので、世界と未来世代に対して、完全に無責任を決め込むものである。

今年日本では異常気象が相次ぎ、日最高気温の更新、過去最大数の熱中症患者の発生、伊豆大島をはじめとする「かつて経験したことがない」豪雨による被害など、多くの国民が気候変動を実感した。また世界中で豪雨、干ばつ、異常高温などの異常気象が続出し、大きな被害が生じている。

さらに、この日本政府の目標値の発表直前には、フィリンピンを巨大で猛烈な台風30号が襲い、甚大な被害を出している。この台風被害に関してCOP19のフィリピン政府のサニョ代表は「祖国を襲った極端な異常気象は狂気だ。私たちでなければ、誰がいつ地球温暖化を食い止めるのか」とスピーチし各国代表他団からスタンディング・オベーションを受けた。さらに「COP19で意義ある合意を形成できるまで、私は自発的に断食する」と宣言し実行中である。このような状況にもかかわらず、日本政府は温室効果ガス「増加」目標を臆面もなく発表した。まさに恥ずべきことである。

国際的なNGOネットワークCANが、通常の「化石賞」では不十分だとして日本に特別化石賞を与えたのも当然である。またAOSIS(小島嶼国連合、44の島国で構成)は、「日本の新目標は海面上昇などの温暖化の被害に苦しむ小島嶼国を、さらに脅威にさらすものだ」と批判、EUも「今回の会議では2020年までの削減目標も大きな焦点となっている。日本の新たな目標は各国の取り組みを前進させようという会議の議論に明らかに逆行するものだ」と批判した。

今後、私たちが手をこまねいていると、気候変動に伴う異常気象により、豪雨、干ばつ、異常高温がより激しくなり、また農業生産や水資源に大きなダメージを与え、戦争をも誘発するという悲劇的な未来を迎えることが、科学的に予測されている。
日本政府は、このような事態、科学的予測と世界中からの批判に真摯に向き合い、この恥ずべき目標値を撤回し、少なくとも1990年比で2020年に25%減という目標値を再提出し、真剣な取り組みを自治体、NGO、国民とともに進めることを求める。
2013年11月18日
NPO法人 環境市民
(代表理事 杦本 育生)

2. ‘The Guardian’:US and China strike deal on carbon cuts in push for global climate pact
Barack Obama aims for reduction of a quarter or more by 2025, while Xi Jinping sets goal for emissions to fall after 2030
theguardian.com, Wednesday 12 November 2014 09.23 GMT
US President Barack Obama looks on as Chinese President Xi Jinping speaks during a joint press conference in the Great Hall of the People in Beijing Photograph: GREG BAKER/AFP/Getty Images
The United States and China have unveiled a secretly negotiated deal to reduce their greenhouse gas output, with China agreeing to cap emissions for the first time and the US committing to deep reductions by 2025.
The pledges in an agreement struck between President Barack Obama and his Chinese counterpart, Xi Jingping, provide an important boost to international efforts to reach a global deal on reducing emissions beyond 2020 at a United Nations meeting in Paris next year.
China, the biggest emitter of greenhouse gases in the world, has agreed to cap its output by 2030 or earlier if possible. Previously China had only ever pledged to reduce the rapid rate of growth in its emissions. Now it has also promised to increase its use of energy from zero-emission sources to 20% by 2030.
The United States has pledged to cut its emissions to 26-28% below 2005 levels by 2025.
The European Union has already endorsed a binding 40% greenhouse gas emissions reduction target by 2030.
<後略>

3. ‘The Washington Post’
China, U.S. agree to limit greenhouse gases
By David Nakamura and Steven Mufson November 11 at 10:40 PM
BEIJING — Chinese leader Xi Jinping and President Obama struck a deal Wednesday to limit greenhouse gases, with China committing for the first time to cap carbon emissions and Obama unveiling a plan for deeper U.S. emissions reductions through 2025.
China, the world’s biggest emitter of greenhouse gases, pledged in the far-reaching agreement to cap its rapidly growing carbon emissions by 2030, or earlier if possible. It also set a daunting goal of increasing the share of non-fossil fuels to 20 percent of the country’s energy mix by 2030.
Obama announced a target to cut U.S. emissions 26 to 28 percent below 2005 levels by 2025, the first time the president has set a goal beyond the existing 17 percent target by 2020.
The announcement capped a trip that also resulted in steps to cut tariffs on technology products, adopt warning measures to reduce the chance of accidental military conflict, and ease visas.
The two countries together account for about 45 percent of the world’s greenhouse-gas emissions, and their commitments are likely to energize talks underway to set new post-2020 targets when climate negotiators meet in Paris in December of next year. “The announcement provides a real shot of momentum for international climate negotiations,” one administration official said before the Obama-Xi announcement.

“We have a special responsibility to lead the global effort against climate change,” Obama said of the two nations at a joint news conference. “Today, I am proud we can announce a historic agreement.”
Meeting the goals will be difficult for both countries.
China completes a new coal plant every eight to 10 days, and while its economic growth has slowed, it is still expanding at a brisk rate of over 7 percent.
 <後略>

4. ‘L’OBS’
Gros pollueurs, la Chine et les Etats-Unis concluent un accord "historique"
Par L'Obs avec AFP
Voir tous ses articles
Publié le 12-11-2014 à 05h48
Washington s'engage à réduire ses émissions de gaz à effet de serre de 26-28% d'ici 2025, tandis que Pékin promet un pic de ses émissions "autour de 2030".
La Chine et les Etats-Unis, les deux premiers émetteurs de gaz à effet de serre, se sont fixés mercredi 12 novembre à Pékin de nouveaux objectifs concernant leurs émissions, pressés par l'urgence d'un accord mondial à la conférence climat fin 2015 à Paris.
La Chine, premier émetteur mondial, s'est fixée l'objectif d'un pic de ses émissions de gaz à effet de serre "autour de 2030", avec l'intention "d'essayer d'y arriver plus tôt", a annoncé la Maison Blanche.
De leur côté, les Etats-Unis se sont engagés sur une réduction de 26-28% de leurs émissions d'ici 2025 par rapport à 2005.
Limiter le réchauffement à 2°C
C'est la première fois que la Chine s'engage sur un pic de ses émissions, c'est-à-dire sur l'année à partir de laquelle celles-ci cesseront d'augmenter et la courbe s'inversera.
Le constat des scientifiques est sans appel : les efforts actuels sont insuffisants pour limiter la hausse de la température mondiale à +2°C, objectif que s'est fixée la communauté internationale pour éviter un emballement catastrophique des dérèglements climatiques.
Or, fin 2015 à Paris, la conférence annuelle sur le climat doit décrocher un accord suffisamment ambitieux pour limiter le réchauffement à 2°C. Les Etats-Unis et la Chine représentent à eux deux 45% du total des émissions de CO2 de la planète.
Barack Obama a salué mercredi un "accord historique" avec la Chine sur la question du climat. Pékin et Washington sont déterminés à atteindre cet accord à Paris, a affirmé Xi Jinping.
Pékin émet plus de CO2 que... l'UE
L'objectif américain "est à la fois ambitieux et réalisable", a commenté un haut responsable américain sous couvert de l'anonymat. Cet objectif pourrait toutefois se heurter à l'opposition des élus du Congrès. Le leader républicain du Sénat juge en effet "irréalistes" les nouveaux objectifs de son pays.
"Le fait que les Etats-Unis et la Chine, traditionnellement considérés comme les leaders de deux camps opposés [dans les négociations sur le climat], avancent ensemble, va avoir un gros impact", a-t-il ajouté.
Ces annonces ont été réalisées alors que le président américain Barack Obama a été reçu mercredi à Pékin par son homologue chinois Xi Jinping, après que les deux dirigeants eurent participé la veille au sommet de coopération économique de l'Asie-Pacifique (Apec).
<後略>
by shin-yamakami16 | 2014-11-15 10:41 | Comments(0)
f0166919_23192518.jpg




‘Virgin Galactic’ 宇宙船も墜落:「地上」・「安全」優先で、「国際協力」事業としての平和的な「宇宙開発」を!

                                    山上 真
 
 僅か3日間の間に、米国で打ち上げられた「宇宙ロケット・宇宙船」が相次いで爆発・墜落して、前者では幸いにして死傷者は無かったものの、後者の事故ではパイロット一人が死亡、もう一人はパラシュートで降下し、負傷したという。
 
f0166919_10584986.png


f0166919_11085.jpg

 10月28日午後6時半頃、ヴァージニア州Wallops島の米航空宇宙局・NASA基地から打ち上げられた ’Antares’ ロケットは、国際宇宙ステーション・*ISSに水・食料・燃料を補給する無人補給船 ‘Cygnus’ を搭載していた。米国民間宇宙企業 ‘Orbital Sciences Corp’ が製作し、打ち上げたものである。

 この宇宙船は、ISS補給物資の他、NASA実験設備・隕石分析装置、機密任務を帯びた装置や、日本の大学が開発した流星観測用の高感度カメラシステムなども搭載していたということで、ロケット打ち上げ失敗に因る損害額は少なくとも2億ドルに上ると見積もられている。

f0166919_2323042.jpg


f0166919_23251230.jpg


f0166919_23271325.jpg



f0166919_23254918.jpg


f0166919_23301074.jpg


f0166919_2328270.jpg



 今回の「アンタレス」爆発事故では幸い死傷者は出なかった模様だが、宇宙開発に関わる*事故として、これまでに「飛行中の事故により19名の宇宙飛行士が死亡、訓練中の事故により11名の宇宙飛行士が死亡、また発射台での事故により少なくとも71名の地上整備員が死亡している」-Wikipedia-という。

 米国の宇宙開発事業は、伝統的な「軍事開発」と結びついた国防総省指揮のものと、経費削減の為、民間委託の「国際宇宙開発」関係のものに分けられているが、今回の事故は、民間企業「オービタル・サイエンシズ」社がロシアから購入した’NK33’ エンジンに最新の電子機器と誘導機構を加えて改良された ’AJ26’ を一段目ロケットに使用していたという。しかし今度の事故を契機として、約40年も前のソ連時代に開発された古いエンジンを二基も採用していることに、各方面から批判が出ている様だ。

 米国NASA及び民間宇宙企業は、今後も「アトラスV」ロケット用にロシア・ロケット ‘RD-180’ を購入・使用する方針であるが、今度の事故と相俟って、ロシア ’RT’ ニュースに依ると、「ウクライナ」を巡っての欧米の「制裁」に関連して、ロシア政府は米国への「強力なRD-180」エンジン・売却を禁じることを考慮中ということで、米国政府にとっても無視し難い不安材料になりそうだ。

f0166919_23322296.jpg


             米国'Orbital Sciences Corp' 幹部の記者会見

 現在国際宇宙ステーションには、NASAから二人、欧州宇宙局から一人、ロシアから三人、計6人の宇宙飛行士が搭乗しているが、米国ロケット爆発・数時間後に、ロシア・ ’Baikonur’宇宙基地から’Progress’ 無人運搬ロケットが成功裡に打ち上げられ、5,000ポンド以上の食料・燃料など補給物資が届けられた。

 宇宙空間の「軍事利用」については、1967年10月に発効した「宇宙憲章」が存在しており、次の様に定めている。
宇宙空間の探査・利用の自由
第1条で規定されている。天体を含む宇宙空間の探査および利用は「すべての国の利益のために」「国際法に従って」全人類が自由に行うことができる。
領有の禁止
第2条で規定。天体を含む宇宙空間に対しては、いずれの国家も領有権を主張することはできない。
平和利用の原則
第4条で規定。核兵器など大量破壊兵器を運ぶ物体(ミサイル衛星等)を地球を回る軌道に乗せたり、宇宙空間に配備してはならない。
また、月その他の天体はもっぱら平和目的のために利用され、軍事利用は一切禁止される。

 然し乍ら、米国防総省は、NASAを上回る予算規模で「軍事」関係への支出を増やしており、「世界の核拡散の危機にたいして、アメリカは世界中に核の乗るであろう弾道弾迎撃システムを広げるかまえを見せて、宇宙域での撃墜についても検討されている。また、偵察衛星は200機以上存在している。宇宙は安全保障の分野でも重要な位置づけを占めるようになっている」-Wikipedia-ということだ。

 一方、浅井基文氏の2014.06.23付ブログ『21世紀の日本と国際社会』に依れば、これ迄独自に宇宙開発を進めている中国が、今後ロシアとの協力関係を強め、米国の宇宙軍事利用に対抗して、「宇宙軍事研究」に着手する方向にあることを指摘している。

 更に問題なのは、日本政府が宇宙航空研究開発機構の設置法の規定を削除し、「防衛利用」を可能とするよう改正することを提案し、2012年6月20日参議院で可決成立したことである。

 各国共、安全保障分野の強化を狙いとしているが、「宇宙憲章」に反して、野放図な宇宙の軍事利用が進むことが懸念されている。やはり、宇宙開発は、膨大な「費用面」からも国際的共同事業として,原則的に全ての国々が利用出来る形で行われるべきであり、しかも、「平和目的」に限られることは、全く当然なことだ。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0166919_2341392.jpg


f0166919_23402969.png


f0166919_23413599.jpg


f0166919_234417100.jpg



 英国・「ヴァージン航空」などのグループ会長・Richard Branson氏が設立した「宇宙旅行」会社 ’Virgin Galactic’ が10月31日、4回目の試験飛行させていた「スペースシップ2」は、カリフォルニア・モハビ砂漠上空で爆発・墜落した。

 この宇宙旅行の仕組みは、高度13キロまで母船・航空機でロケットを運び、そこで母船から離脱させ、ロケット動力で高度100キロの宇宙空間に達して、「無重力飛行」を約6分間楽しんだ後、地上に帰還するという形式である。

 一人当り25万ドル(=約2700万円)という費用の、この「宇宙旅行」に代金支払い済みの旅行希望者は740人であるという。ブランソン会長は事故後、全額返還を表明した。

 事故原因は不明であるが、ロケットの「新燃料」使用の問題が指摘されている。一方、航空専門家から、この飛行方式について以前より’very crude’(非常に粗削り)であるという警告が為されていたという。

f0166919_23452247.jpg


 ブランソン会長は、希望としては計画を続けたいが、原因調査の結果如何によっては、これ迄に開発費として10億ドルを費やした宇宙旅行計画「断念」ということも有り得ることを示唆した様だ。

 以上二件の「宇宙事故」を踏まえて、筆者としての「大胆なる」感想を披瀝させて戴きます。

f0166919_23371710.jpg


 現在、地球上の飢えたる人口は7.6人に一人、実に8億5千万人に達するとされている。軍事目的であれ、平和目的であれ、地上の「悲劇」を蔑ろにした形で宇宙に乗り出したところで、一体何の役に立つというのか?
 
f0166919_11252456.jpg


 特に日本について敢えて言えば、いつ噴火してもおかしくないと言われる「富士山」も、そして「確率は100年に1%」ということだが、日本人1億2000万の命に関わるという「阿蘇」などカルデラ「巨大噴火」という逃れ難い「地上の問題」が実在する。火山学専門家さえ、日本がいつ「消滅」しても不思議でないと明言している始末だ。

f0166919_10282065.jpg


          「開発・打ち上げ」費417億円のHIIB2号

 そのことと、日本・宇宙航空研究開発機構(JAXA)の、例えば、開発費270億円・打ち上げ費用147億円の最新型 ’H-IIB’ ロケット「打ち上げ成功」がどういう相関性を持っているのか、「政治」に説明して貰いたいものだ。    (2014.11.03)

<注>
*ISS:
国際宇宙ステーションの開発は、1988年9月に締結された日米欧の政府間協定により着手された。1998年にはロシア、スウェーデン、スイスを加えた国際宇宙ステーション協定[12]が署名され、これによりISS計画の参加国は、アメリカ、ロシア、カナダ、日本、ESA加盟の各国(ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス)の15カ国となっている[13]。これとは別に、ブラジル宇宙機関がアメリカと二国間協定を結んで参加している。また、イタリア宇宙機関はESAを通じてだけでなく、NASAとの直接契約で多目的補給モジュールを開発している。
中国はISSの参加を打診したことがあると発言しているが[14]、2009年9月末現在は実現していない。インドもISSへの参加を希望しているが、他の参加国の反対に遭い、ロシアに協力を求めている[15]。

*宇宙開発「惨事」:Wikipedia より
宇宙探査の歴史の中には、飛行士や地上整備員の死亡という悲劇が数多く起こっている。2007年現在、飛行中の事故により19名の宇宙飛行士が死亡、訓練中の事故により11名の宇宙飛行士が死亡、また発射台での事故により少なくとも71名の地上整備員が死亡している。
宇宙船の打ち上げ/再突入の事例のおよそ2%で、乗務員が死亡している。これはソユーズとスペースシャトルでほぼ同じ割合である。ほかの発射方法については、X-15(弾道飛行を行うロケットプレーン)を除くと、妥当な安全率が算出できるほど打ち上げ回数は多くない。
また、打ち上げ経験者のおよそ5%が死亡している(上記の2%との違いの理由は、宇宙飛行士は多くの場合複数回の打ち上げを経験するからである)。2004年11月現在、439名(ロシア/ソビエト連邦:96名、アメリカ:277名、その他:66名)が宇宙飛行を経験しているなかで、22名が宇宙船の中で死亡している。内訳は、アポロ1号で3名、ソユーズ1号で1名、X-15-3で1名、ソユーズ11号で3名、スペースシャトルチャレンジャーで7名、スペースシャトルコロンビアで7名である。また、宇宙計画によって、18名のNASAの宇宙飛行士(4.1%)と、4名のロシアの宇宙飛行士(打ち上げ経験者の0.9%)が宇宙船搭乗中に死亡している
飛行中の事故[編集]
飛行中の死亡事故は5回ある。死亡事故が起きたどのケースでも、遭遇した全乗組員が死亡しており生存者はいない。今までに、複数の乗組員のうち特定のメンバーだけがミッション中に死亡したという事故は起きていない。
1967年4月24日[編集]
ソビエトの宇宙飛行士ウラジミール・コマロフは、ソユーズ1号に搭乗中に死亡した。
この機は新型の宇宙船ということもあり重大なトラブルが連続して発生していた。最終的には大気圏再突入時、再突入用カプセルのパラシュートが適切に開かなかったために、カプセルは地面にたたきつけられ、コマロフは死亡した。
1967年11月15日[編集]
マイケル・J・アダムスが、ロケットプレーンで弾道飛行の試験運転中に死亡した。
アダムスはアメリカ空軍のパイロットで、NASA/USAFのX-15プログラムに従事していた。その7回目の飛行であるX-15 Flight 191の飛行中、最初に電気系統に問題が起きた。それが、機体が最高点に達したときに、制御の問題を引き起こした。そのときパイロットも混乱したかもしれない。最高高度266,000フィート(81.1km)からの再突入時に、X-15はコントロールを失って横方向に進路をそれ、マッハ5のスピードでスピンを始め、回復できなくなった。およそ65,000フィート(19.8km)の高度で、過度の加速度によってX-15は分解した[1]。
アダムスは死後、宇宙飛行士バッジ(Astronaut Badge)を授与された。これは彼が、(アメリカの宇宙空間の定義である)高度50マイル(80.5km)を突破したことによるものである。ただし、この飛行は、国際的な宇宙空間の定義である高度100km(62.1マイル)に達していないため、専門的にはこの事故が「宇宙飛行事故」として数えられるかどうかについて異論がある。
1971年6月30日[編集]
ソユーズ11号の乗組員ゲオルギー・ドブロボルスキー、ビクトル・パツァーエフ、ウラディスラフ・ボルコフが死亡した。
宇宙ステーションサリュート1号に3週間滞在して、分離した後、逆噴射を行って再突入に備えてモジュールを分離した時に、彼らの乗った宇宙船の換気用の弁が開くという不慮の事態が発生し、空気が宇宙空間に漏れた。カプセル自体は通常通り再突入し、着地したが、回収チームがカプセルを開いたときには彼らは窒息死していた。これは専門的な意味で「宇宙空間」(高度100km以上)で起こった唯一の事故である。
1986年1月28日[編集]
「チャレンジャー号爆発事故」も参照
アメリカにおける最初の飛行中の死亡事故である。ミッションSTS-51-Lに従事するスペースシャトル・チャレンジャーは発射から73秒後に空中分解し、乗員7名が死亡した。固体燃料補助ロケットから高温のガスが漏出したことが事故原因だと判明している。
2003年2月1日[編集]
「コロンビア号空中分解事故」も参照
スペースシャトル・コロンビアは、2週間のミッションSTS-107を終え、大気圏に再突入した際に空中分解を起こした。この事故により7名の宇宙飛行士が死亡した。打ち上げ時に外部燃料タンクから断熱フォームが落下して翼前縁の耐熱材を損傷させたことが事故の原因であった。
主な事故の一覧[編集]
ソユーズ[編集]
1967年 - ソユーズ1号の帰還失敗
大気圏再突入時にパラシュートが正常に開かず地上に激突。宇宙飛行士1人が死亡。
1971年 - ソユーズ11号の帰還失敗
大気圏再突入の準備中に宇宙船内の空気が失われた。宇宙飛行士3人が死亡。
1975年 - ソユーズ18a号の打ち上げ失敗
打ち上げ中にロケットが異常を起こした。高度145kmでカプセルが緊急分離され宇宙飛行士2人は生還。
1983年 - ソユーズT-10-1の爆発
打ち上げ直前にロケットで火災が発生。打ち上げ脱出システムが作動し宇宙飛行士2人は生還。
アポロ計画[編集]
1967年 - アポロ1号の火災事故
訓練中の事故で司令船が炎上。船内にいた宇宙飛行士3人が死亡。
1970年 - アポロ13号の酸素タンク爆発
月に向かう途中で液化酸素タンクが爆発。月面着陸を中止し、月の周回軌道を利用して宇宙飛行士3人全員が地球に生還。
スペースシャトル[編集]
1986年 - チャレンジャー号爆発事故
米国のスペースシャトル「チャレンジャー」がケネディ宇宙センターからの打ち上げ直後に爆発した。宇宙飛行士7人が死亡。
2003年 - コロンビア号空中分解事故
米国のスペースシャトル「コロンビア」が大気圏再突入時に空中分解した。宇宙飛行士7人が死亡。
その他、ロケット爆発[編集]
1960年10月24日 - ニェジェーリンの大惨事
ICBM R-16の試験用ミサイルが射点で爆発し、約120人が死亡。
1964年4月14日 - ケープカナベラル射点のスピン試験棟で、デルタロケット3段の固体モータをOSO衛星に設置していた時に突然点火し、作業員3人がひどいやけどを負って死亡、8人が負傷した。静電気でスパークが起きたのが原因。
1973年6月26日 - コスモス3Mロケットの打上げ時に爆発が起き、9人が死亡。
1980年3月18日 - ヴォストークロケットの射点での爆発事故
ソ連のプレセツク宇宙基地で、推進剤を充填中のボストーク2Mロケットが爆発事故を起こし、48人が死亡。
1996年2月15日 - 長征3Bロケットの爆発
中国四川省のリャンシャン・イ族自治州で打ち上げられた長征3Bロケット1号機が西昌市に墜落・爆発した。強い腐食性を持つ非対称ジメチルヒドラジンが一帯に飛散し、村は壊滅。中国政府の公式確認では死者は56人。米国の軍事情報筋によれば、200人以上が死亡したとみられている。500人が死亡したという情報もある[2]。
現地にいた米国人技術者の目撃談などを基にまとめた記事[3]によれば、打上げ9秒後に機体が水平方向に傾き、打上げ22秒後にロケットは山腹に激突した。衛星を搭載した部分はその少し前に荷重に耐えられなくなってちぎれ落下した。衛星組み立て棟から見学していたアメリカ人技術者たちの所にも爆発の衝撃波がおよび、ガラスの破片が飛び散った。幸い、有毒ガスは検知されず、風で流された。ロケットが落下した場所は宇宙センターのゲートの隣で、その場所には打ち上げ前に数百人の村人たちが集まって見学していた所だった。中国当局者は打ち上げ前には、彼らを全員退避させたと語ったが、それは疑わしい。ホテルなどがある居住地域に戻ると、損傷を受けていない建物はなかった。ホテルに入るとすべての部屋の窓やドアは吹き飛ばされており、壁にも穴が開いていた。数百人の軍隊が集まっている様子は、死体回収のためではないかと疑った。多数の救急車以外にも、多数の軍用トラックの荷台に散乱した遺体を積んでいるのを目撃したとの話しもある。このアメリカ人技術者たちは、米国製の衛星の破片が中国側に渡らないよう、数週間かけて残骸の回収を行った。2週間後、中国の新聞は、この事故の死亡者は6人、負傷者は57人であったと発表した。この数は、技術者たちの被害としては現実的だと思われるが、集まっていた村人たちのうち、どのくらいが死んだのかはわからない。だが数百人が死んだのは間違いないだろう。
2002年10月15日 - ソユーズ-Uロケットの打ち上げ失敗
プレセツク宇宙基地から打ち上げられたソユーズロケット(フォトンM1を搭載)が打ち上げから29秒後に墜落して爆発。衝撃で落ちてきた窓枠の破片で兵士1人が死亡、8人が負傷した。
2003年8月22日 - ブラジルロケット爆発事故
打ち上げ準備中のVLS-1ロケットがブラジルマラニョン州にある射場で爆発。21人が死亡。


<写真> The Washington Post, The New York Times, The Guardian,
The Telegraph, The Guardian, Le Monde, Le Figaro, Wikipedia, IT media news


                   <参考資料>
1.米国 ' Chicago Tribune'ー「当局は無人補給ロケット爆発に対する調査を始めた」
Authorities start investigation of unmanned supply rocket explosion
Tribune wire report
2:25 am, October 30, 2014
Authorities on Wednesday started investigating what made an unmanned U.S. supply rocket explode in a fireball moments after lifting off from a launch pad in Virginia, destroying supplies and equipment bound for the International Space Station.
The 14-story Antares rocket, built and launched by Orbital Sciences Corp, blasted off from the NASA Wallops Flight Facility on Wallops Island at 6:22 p.m. on Tuesday but burst into flames moments later. It was the first disaster since the National Aeronautics and Space Administration turned to private operators to run cargo to the space station.
Shares of Orbital, which agreed to buy Alliant Techsystems Inc's aerospace and defense business in April, fell as low as $25.02 and were last down 15.7 percent at $25.60.
The explosion is unlikely to unravel the deal, sources familiar with the situation said. The transaction, which is expected to close this year, was touted by the companies as a $5 billion merger of equals when it was announced.
An Orbital spokesman said the company would issue a statement shortly but declined to give details. Officials of Alliant, better known as ATK, could not be immediately reached for comment.
The rocket that exploded on Tuesday was carrying a Cygnus cargo ship with a 5,000 pound payload for the station, a $100 billion research laboratory owned and operated by 15 nations that orbits about 260 miles above Earth.
The loss of the supply vessel posed no immediate problem for the orbiting station's six crew: two from NASA, one from the European Space Agency and three Russians, officials said.
"There was no cargo that was absolutely critical to us that was lost on that flight. The crew is in no danger," NASA Associate Administrator William Gerstenmaier said.
Russia's Roskosmos space agency said it was ready to help ferry extra U.S. cargo to the space station if NASA requested. The station is overseen by Russia and the United States, whose relations are at a low ebb over the Ukraine crisis.
The unmanned Russian Progress supply vehicle launched from Baikonur Cosmodrome in Kazakhstan hours after the explosion and the capsule, carrying more than 5,000 pounds of food, fuel and supplies, reached the station at 9:08 a.m.
No one was hurt in the U.S. accident but witnesses said the explosion shook buildings for miles around and described a massive ball of fire lighting up the evening sky.
In the control room, reaction was a mix of "shock and professionalism," said Frank Culbertson, Orbital Executive Vice President and mission director.
In a few days investigators would have a good idea of where the failure began but "what exactly caused it may take a little bit longer and corrective action probably will take some time, from weeks to months," he added.
The area around the launch facility was cordoned off on Wednesday and a helicopter circled overhead.
The Cygnus mission was non-military but the company's Antares program manager, Mike Pinkston, said the craft included "some classified cryptographic equipment, so we do need to maintain the area around the debris in a secure manner."
The Cygnus carried a prototype satellite owned by Redmond, Washington-based startup Planetary Resources Inc., which is developing technology to mine asteroids.
Russian rocket engine
The Antares is powered by the AJ-26 engine built by GenCorp Inc division Aerojet Rocketdyne. In May, an AJ-26 exploded during a ground test at NASA's Stennis Space Center in Mississippi. GenCorp shares on Wednesday lost 6.6 percent to $16.04.
The accident also renewed questions about the use of Russian engines in U.S. rockets. Congress has been concerned about Russian-made RD-180 engines that power United Launch Alliance's Atlas 5 rockets, used primarily to fly U.S. military satellites.
Reuters

2. 英国 'Channel 4 News'ー「ブランソンの夢は破滅的墜落の後、生き延びられるか?」
Can Branson's dream live on after fatal crash?
The crash of SpaceShipTwo has thrown the whole future of passenger space travel into doubt. Sir Richard Branson refused to say his dream goes on as he visited the site in California, merely that if they can overcome the problem that caused the crash the dream will go on. The pilot who died has not yet been named, but one journalist who claims to have known him has given an angry and emotional response last night saying his life had been stolen. Our reporter Harry Smith will have the latest.
by shin-yamakami16 | 2014-11-03 23:45 | Comments(0)