世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16
f0166919_19525081.jpg


                2015年9 月28日国連本部

「シリア難民」で未曾有の危機に直面する欧米諸国の「失敗と責任」


                               山上 真

 これまで本ブログで度々取り上げてきた*「シリア問題」が、最近の中欧に押し寄せる膨大な数の「シリア難民」の及ぼす衝撃によって、改めてその深刻さを欧米諸国に実感させている様だ。

 彼ら難民は、シリア国内での熾烈な戦闘や、米空軍機の爆撃などによって破壊尽くされた市街地から逃れて命からがら漸く欧州大陸に辿り着いた訳であるが、迷惑げに国境から押し戻そうとする警備兵や、取材する欧米メディア記者たちは「西側諸国の責任」を問う難民たちの抗議の声に対して、黙するばかりだ。


f0166919_1052572.jpg



f0166919_19594130.jpg



f0166919_2002268.jpg



 このシリア内戦が、少数派のシーア系アサド政権に反対する多数派スンナ系住民の抗議行動が武力衝突に発展したところから始まったのであるが、「民主主義への弾圧」と受け取った欧米諸国の反政府勢力への武器供与などの支援が戦闘を一層激化させ、大規模な難民問題を生じさせる事態に立ち至ったことは否定し難いところだ。その事実が、欧米側の責任を問われる所以である。

 各国政府が事態への明確な態度決定を迫られている中、この度の国連総会・一般演説で、先ず米国オバマ大統領が「シリア問題」の解決には、アサド政権の退陣が不可欠とする従来の主張を繰り返したのに対して、ロシア・プーチン大統領は、西側の*「反政府勢力・支援」を止める様に呼びかけ、アサド政権抜きには問題解決は有り得ないことを指摘し、米・露が真っ向から対立することを改めて示した。

f0166919_19554611.jpg



 その一方でプーチン氏は、現在ロシア国内のイスラム過激派約3,000人がシリア反政府勢力側で活動し、ロシア国内に戻ってテロ活動を続けることを懸念したのであろう、嘗ての「反Hitlerファシズム・統一戦線」並みの態勢を国際的に組んで、シリアIS に対する闘いを開始することを呼びかけた。

f0166919_19575988.png


                 Simon Jenkins 氏

  この様なオバマ・プーチン対立の状況について、9月29 日付英国『ガーディアン』紙上で、著名なコラムニスト・*Simon Jenkins 氏が、’ Why the west should listen to Putin on Syria’ 「西側はSyria 問題で何故 Putin に耳を傾けるべきか」と題する論説を掲載しているので、ここにその要旨を紹介したい。
            ・       ・       ・

 プーチンの言っていることは全く正しい。誰もが、シリアに於ける殺戮を止めさせるには、既存のアサド政権とレバノン・イランの*同盟者たちを通じてしか有り得ないことを知っている。それが現実政治というものだ。それは合理主義が指図するものだ。ロシアに安定性と誇りを齎しているプーチンは、国連の場で欧米指導者たちを前にして、大きな成果を挙げた。彼は国際関係を正しく読み取り、決して愚か者ではないことを証明している。最近ロンドンを訪れたヘンリー・キッシンジャーは、ロシアを同盟者と看做して、一緒にイスラム原理主義者と闘う様に、講演で懇願した。ロシアは西欧と共に、文明と長期的利益を共有しており、一体となって働くべきだと言う。ロシアに対してウクライナ問題などについて制裁を行っても、それは何の効果も生まないだろう。
シリアはこの世界で最も悲惨な無秩序状態に陥っており、無辜の民を西側の無差別爆撃などあらゆる形で死に至らしめている。アサド政権を引き摺り下ろすことは決して問題の解決にならないだろう。米国人の気に入る遣り方が成功した試しは無く、破滅しかなかった。我々がシリアについて良い知恵が無ければ、プーチンの言う事に耳を傾けるべきだ。かれはその知恵を持っている。

<サイモン・ジェンキンズ論文・原文>

Why the west should listen to Putin on Syria
Simon Jenkins
t loThe result of American and British grandstanding at the UN this week – seeing who can be ruder about Assad – is that Vladimir Putin has gathered ever more cards to his pack. Photograph: Xinhua/Landov/Barcroft Media
Tuesday 29 September 2015 10.18 BST
Last modified on Tuesday 29 September 2015 12.06 BST

Putin is right. Everyone knows Putin is right, that the only way forward in Syria, if not to eternal slaughter, is via the established government of Bashar al-Assad and his Lebanese and Iranian allies.
That is the realpolitik. That is what pragmatism dictates. In the secure west, foreign policy has long been a branch of domestic politics, with added sermonising. “What to do”, in Iraq, Afghanistan, Libya, Syria, even Ukraine, has been dictated not by what might work but what looks good. The megaphone is mightier than the brain.

Putin says he can work with Obama despite trading barbs on Syria and Isis
Read more

The result of American and British grandstanding at the UN this week – seeing who can be ruder about Assad – is that Vladimir Putin has gathered ever more cards to his pack. Putin has already performed the two primary duties of a Russian leader, bringing stability and pride. He now faces turbulent Russian minorities across his European frontier and a serious menace from Muslim states to his south. He is perforce becoming a player on a wider stage. He has read Iran, India and Syria correctly. He is no fool.
On a visit to London last June, the veteran diplomat Henry Kissinger pleaded with his audience to see Russia as an ally, not an enemy, against Muslim fundamentalism. Russia and the west shared a civilisation and long-term interests, he said. They had to work as one. It is easy for western democracies, centuries in the making, to sneer at Russia’s imperfections and at Putin’s cynical antics in Ukraine. But the idea that economic sanctions were going to change Moscow’s mind or weaken its kleptocracy was idiotic.

Syria is experiencing the most ghastly anarchy anywhere on earth. If ever there were a case for humanitarian “troops on the ground” it must be here. Those who seek this end cannot pick and choose their merchants of atrocity. All sides in war kill innocent people, including western addicts of air bombing (such as Hilary Benn at the Labour party conference yesterday). Russia has accepted that the forcible toppling of Assad – which Britain has predicted since 2011 – is not a realistic path to peace. If he is to go, it will be after his enemies have been driven back, not before.
The true nature of the west’s commitment in Syria was revealed in Barack Obama’s remark to the UN that “because alternatives are surely worse” is no reason to support tyrants. In other words, American feelgood is more important than Syrian lives. That cosy maxim has guided western policy in the region for over a decade. It has been a disaster. If we have nothing more intelligent to say on Syria, we should listen to Putin. He has.

(2015.09.30)

<注>
1. 「シリア問題」:本ブログから
* Isis 「日本人殺害」;「生命価値」至上としない日本首相の「鈍さ」
...シリアで活動する武装勢力)  先日(2月1日)5時半頃起きて,いつもの様に先ずBS・TV のチャンネルを幾つか点けて、続いて’NHK 1’を視たところ、常にないニュース番組をやっていて、字幕を見ると、後藤健二さんが「殺害されたというv...
クーリエ・インフォ 2015/02/04 10:40:00
shinhito41.exblog.jp

* ISIS との戦いで誰が真の「勝利者」か?—英国’The Independent’ 紙
...シリア・トルコ国境「アインアラブ」での空爆 さて「文明の衝突」事態をどう回避するか? 一方には、戦争で大儲けする‘Lockheed Martin’ など武器大商人の存在                           ...
クーリエ・インフォ 2014/10/24 22:30:00
shinhito41.exblog.jp

*  米国の「暑く悲しき晩夏」:黒人少年「射殺」とIS捕虜James Foley氏「斬首・処刑」の世界的衝撃
...シリア内戦」取材中に シリア北西部トルコ国境近くでイスラム過激派ISIS に捕えられた。彼は当時、米国通信社 'GlobalPost’ の仕事をしていた。  米国報道官は当初、このヴィデオ映像の「信憑性を調べる」と述べて、一旦...
クーリエ・インフォ 2014/08/23 12:45:00
shinhito41.exblog.jp

* 「Iraq War 再燃」:厳しく問われる2003米・英侵攻「責任」
...シリア・アサド政権との対峙を一旦方向転換させる形でイラク・マリキ政権への攻勢を急激に開始した。瞬く間にイラク北部モスルを陥落させ、次いで油田都市キルクークを抑え、南下してティクリートを占拠し、6月中旬には、イラク最大の石油精製基地バイジを制...
クーリエ・インフォ 2014/07/01 00:43:00
shinhito41.exblog.jp

* ローマ法王・カンタベリー大司教・スノーデン氏の「Xmas 演説」
...シリアでの激化する内戦に取り分け心を痛め、和解による戦争終結を呼びかけた。また、*Lampedusa島での悲劇に触れて、アフリカ移民への人道的救援を訴えた。                              ...
クーリエ・インフォ 2013/12/26 18:24:00
shinhito41.exblog.jp

* ‘Forbes’ 世界影響力評価 : 日本・安倍首相 57 位の「理由」
...シリア攻撃」という戦略が議会・国民の支持を得られず失敗したことと、最近の国家「財政破綻」危機に因る ’shutdown’、即ち政府機関「閉鎖」という事態を避け得なかったこと、更には、「スノーデン事件」で暴露された米国諜報機関NSAを操る最高...
クーリエ・インフォ 2013/11/05 13:58:00
shinhito41.exblog.jp

* シリア:「オバマはアルカイダの側で戦っているのを自覚しているのか?」— 英国『インディペンデント』紙
...シリア空爆」に反対        9月2日ブリュッセル・フランス大使館前・シリア人在住者抗議デモ               ...
クーリエ・インフォ 2013/08/28 22:57:00
shinhito41.exblog.jp

* G8・Putin:「シリア兵の内蔵を食べる反政府軍を援助するのか?」—英国各紙
...シリア内戦」→「中近東戦争」→「第三次世界大戦」?  「シリア内戦は第三次世界大戦へ発展するか?」—‘Mirror’ 紙                                     山上 真  今日6月...
クーリエ・インフォ 2013/06/17 23:43:00
shinhito41.exblog.jp

* 「シリア少年、神への冒涜で反政府軍に処刑される」ー'Le Monde'
...シリア反政府勢力の「実像」を直視せよ!                                     山上 真  今日6月10日付のフランス『ル・モンド』紙及び英国『インディペンデント』紙は、シリア反政府軍によって引き起こ...
クーリエ・インフォ 2013/06/10 23:00:00
shinhito41.exblog.jp

* トルコ騒然・シリア政府軍 ’Qusair’ 奪還・「サリン疑惑」再び
...シリア内戦」対応、即ち、欧米の「アサド政権退陣」要求に同調し、事実上シリア反政府勢力を支持する姿勢に抗議するデモが発生していた。  2011年1月末のシリア内戦発生以来、トルコ国内に数十万人のシリア人難民が流入し、その処遇を巡ってトル...
クーリエ・インフォ 2013/06/06 22:57:00
shinhito41.exblog.jp

* 「シリア切り裂き映像は反政府軍支援の見識に疑念を掻き立てる」—英国『ガーディアン』紙
...シリア軍」Farouq Brigades 揺籃地 反政府軍指揮官「人肉食」事件の異常性と欧米指導者に問われる「責任」   

2. 「西側・反政府勢力支援」:シリアのテロリストグループに欧米側支援武器・物資が渡っていることが最近暴露されている。欧米物資が穏健派反政府勢力から過激派に渡されているという。

3. Simon Jenkins 氏
From Wikipedia, the free encyclopedia
Sir Simon Jenkins
Jenkins in 2012
BornSimon David Jenkins
10 June 1943 (age 72)[1]
Birmingham, England
Alma materSt John's College, Oxford
OccupationJournalist
Spouse(s)Gayle Hunnicutt[1] (1978–2009) Hannah Kaye (2014-)
AwardsKnight Bachelor
Websiteguardian.co.uk/profile/simonjenkins
Sir Simon David Jenkins FSA FRSL (born 10 June 1943) is an English newspaper columnist, editor and author. He is the son of Daniel Thomas Jenkins (1914–2002), theologian and United Reformed Church minister.[2]
Since November 2008, he has been chairman of the National Trust. He writes columns for both The Guardian and London's Evening Standard. Previously, Jenkins was a commentator for The Times, which he edited from 1990 to 1992. Having also edited the Evening Standard, Jenkins was appointed a Knight Bachelor for services to journalism in the 2004 New Year honours.

Jenkins was born in Birmingham.[dead link] He was educated at Mill Hill School and St John's College, Oxford, where he read Philosophy, Politics, and Economics.

4. 「同盟者たち」:シリア政府軍と共に戦っているレバノン・シーア派ヒズボラとイラン・シーア派民兵などを指す。

                     <追記>
1. このブログを書いた翌日、ロシアがシリア「テロリスト」グループに対する空爆を開始したのは、かねてから空軍機多数をダマスカス郊外の基地に集結させていたので「驚き」ではないが、やはり「皮肉」と言う外ない。英国労働党新党首Corbynが言う様に、空爆がいくら注意深く展開されても、民間人をその被害者として巻き込むことが避けられない。しかも、イラク・シリアでの米軍によるこれまでの空爆を見ても、決して有効に働いていない。ISとの「話し合い解決」は最初から無理とせず、彼らにあらゆる圧力を掛けつつ、有効な解決策を「叡智を尽くして」探るべきではないか。ISが米国・英国などによるイラク戦争の「落し子」である以上、もっと柔軟な対策・戦術が求められるところだ。  (2015.10.02)

<写真> The New York Times, The Guardian, Le Monde, The Atlantic


                       <参考資料>
1. The Washington Post

Both Mr. Putin and Mr. Obama are wrong on Syriaー「プーチン氏もオバマ氏も共にシリア問題で間違っている」

Russian President Vladimir Putin listens at the United Nations General Assembly at U.N. headquarters in New York on Monday. (Mikhail Klimentyev/Associated Press)
By Editorial Board September 28 at 7:08 PM
HAVING BOLDLY deployed troops and planes on behalf of Syria’s bloodstained dictatorship, Russian President Vladi­mir Putin mounted the podium of the U.N. General Assembly on Monday and called on the nations of the world to join him in a broad coalition to defeat the Islamic State and similar groups across the Middle East. Like the World War II “anti-Hitler” alliance, Mr. Putin observed, such a coalition would unite governments of all varieties: democracies, dictatorships and theocracies alike. Only by shoring up existing governments — including undemocratic ones like that headed by Bashar al-Assad in Damascus — and restoring the principle of “state sovereignty” could the threat of revolutionary upheaval be banished and international stability restored, Mr. Putin asserted. He invoked the bygone days in which the “Yalta system” kept the peace.
May the nations of the world resist this siren song. What Mr. Putin leaves out of his little tale is the fact that the United States and its allies were fighting not only against fascism but also for democracy. The alliance with Stalin’s Soviet Union was a necessary evil; and the peace kept by Yalta (as mendaciously implemented by the Soviet dictator) was a poor, liberty-less one for half of Europe. As the events of 1989 were to prove, that order was, in fact, quite unstable due to its sacrifice of human liberty.
Mr. Putin is just as wrong to blame all the troubles of Syria, and, seemingly, the world on Western pro-democracy meddling. To the contrary, as President Obama ringingly declared in his speech to the General Assembly, the mass killing in Syria began when Mr. Assad brutally crushed a peaceful pro-democracy uprising of domestic origin. There can be no lasting peace in Syria or anywhere else on the basis of tyranny restored. “Catastrophes, like what we are seeing in Syria, do not take place in countries where there is genuine democracy and respect for the universal values this institution is supposed to defend,” he said. Mr. Obama’s vision, in short, was not only morally preferable to Mr. Putin’s but also, as a statement about humanity’s long-term needs, more realistic.
Unfortunately, Mr. Obama lacks any strategy to back up this vision or to counter Mr. Putin, who is backing his words with a show of military “hard power” and a flurry of alliance-building in Syria, Iraq and Iran. Mr. Obama failed to lend timely, effective support to Syria’s rebellion before extremists took it over. Then he laid down a blurry “red line” against Mr. Assad’s chemical weapons use, threatening to enforce it with airstrikes before backing down in return for a Russian-brokered disarmament deal that kept Mr. Assad in power. At the United Nations, Mr. Obama now offers to cooperate with Russia, and Iran, on a “compromise” solution to Syria whose goal — “a managed transition” to a post-Assad government — is incompatible with Russian and Iranian principles to the extent it doesn’t violate Washington’s own.
“Plan beats no plan,” as former treasury secretary Timothy F. Geithner used to say. Shortsighted and cynical as it may be, at least Mr. Putin has a plan for Syria. After all this time, Mr. Obama still does not.
# by shin-yamakami16 | 2015-09-30 20:02 | Comments(0)
f0166919_19234493.jpg

                               ー『日刊ゲンダイ』

                        
先ず「民主・共産」の小異を捨て、大同に就く合意努力を!

                                  山上 真

 誠に残念乍ら、安倍政権の企図した「安保法=戦争法」は、誰が見ても「合法的」と言えぬ「委員会審議終了」を経て、国会を「通過した」形となっているが、早くも日本全国*至る所で、この悪「法」を取り消させる活動が始まっている。

 一つは、この「法」に関わる事件がどんな小さな形でも発生次第、訴訟に持ち込み、憲法判断にまで発展させて、「違憲」判決を勝ちとろうとする*法律関係者多くの努力である。

 更に直接的効果を生じさせる方法としては、次の参院・衆院選挙での「反戦勢力」結集に依る「安倍政権打倒」を通じての「政権交代」実現後の、「戦争法」廃案の道である。
 
 この「選挙協力」について、恐らく多くの識者の求めに応じたものであろうが、先日9月19日、共産党・志位委員長が*「戦争法廃止の国民連合政府」の実現という呼びかけを行ったことは、全く当を得たものである。

 筆者からすれば、この種の提案を、先の衆議院選挙辺りからやって欲しかったと思っている。そうすれば、或は、今度の事態を未然に防ぎ得たのではないか?勿論、選挙協力の相手の出方が関わること故、そう簡単なことではないだろうが。

 民主党・岡田代表は、「志位提案」に対して、「先ずは話を良く聞いて見なければ」と、やや一歩退いた態度を示しているが、党内に「右寄り」の構成員が少なからず居ることを考慮すれは、致し方なかろう。

 しかし、例えば9月22日付『読売新聞』が、「仮に来年夏の参院選で選挙協力が実現すれば、七つの一人区で野党候補が自民を逆転することが分かった」と書いている様に、選挙協力が現状克服の為に必須の条件であることは、明々白々である。

 一度「民主・共産」協力の核が生まれれば、「戦争法・反対」の立場での社民・生活、そして維新など他党の協力関係も大いに可能性を増大させることが出来るだろう。兎に角、安倍「好戦」政権を打倒するという一点で、大同団結することが、民主主義・「平和希求」国家・日本を守る唯一の道である。 (2015.09.24)


<注>
1)『 日刊ゲンダイ』9月26日付
野党共闘に難色 煮え切らない岡田民主党に国民のいら立ち

 野党共闘で大注目だった民主・岡田代表と共産・志位委員長の党首会談。両者は今後も話し合いを続けるとは言うが、25日の第1回は岡田代表がグダグダ理屈を並べ「不調」に終わった。民主が煮え切らない態度のままだと、「安保法案反対」で盛り上がった野党応援の民意が離れてしまいかねない。

 共産の提案は、来夏の参院選と次期衆院選での選挙協力と、暫定的な「国民連合政府」の樹立。いずれも目的は自公から政権を奪取して、安保法を廃止に持ち込むことだ。しかし、これに対し岡田代表は、「共産党と政府を一緒につくるのは、かなりハードルが高い」と難色を示したのだった。

 岡田代表が挙げた“NO”の理由はこんな感じだ。

「保守層・中間層の支持が減ってしまい結果的に(政権交代の)目的が達成できなくなるという議論もある」

「共産党とは政策が違う中で現実的なのか。国民にとって困ったことになる」

「国民連合政府のハードルが高いので、選挙協力はなかなか厳しいなという印象」

 だが、野党が選挙協力できずバラバラだと、2012年、14年の総選挙、13年参院選のように、自公に圧倒的な議席数を与えるだけ。同じことを4度も繰り返すつもりか。野党候補が1人だけなら、13年参院選では1人区の7選挙区で逆転していたというデータもある。

 政策の一致の重要性を完全否定するつもりはないが、そもそも政権を取らなければ政策は実現できないし、多数がなければ、今回の安保法のように安倍政権の悪政を受け入れるしかない。安倍内閣の不支持が支持を上回り、「打倒安倍」の世論が大きくなっているのに、民主党はハナから政権を取る気がないとしか思えない。政治ジャーナリストの角谷浩一氏もこう言う。

「次の選挙では、共産党が候補者を立てないというのが最重要なのに、民主党が屁理屈ばかりをこねていたらうまくいくわけがない。岡田さんは、細野さんや前原さんら保守系議員に気を使い過ぎ。それに世論は共産党アレルギーより、むしろ政権交代を台無しにした民主党へのアレルギーの方が強いのが現実です。党が一緒になるわけじゃないし、まずは参院選で自公に勝利して衆参のねじれをつくる。そうしたことが理解できないのなら、政治オンチ。民主党は解党した方がいいですよ」

2)『 日刊ゲンダイ』9月24日付

小林節氏が語る「民主主義を取り戻す戦いは始まったばかり」

小林節氏が安倍政権を追い詰める“秘策”を語る
 明白な憲法違反の法案に対して、安倍首相は何一つ、国民を納得させられる事実、論理を示さないまま、安全保障関連法案を強行採決しました。これに対して、多くの国民が怒りで立ち上がった。我々は愚民ではない、文明国家の国民であると。これは歴史的瞬間だと思います。

 普段は街頭でマイクを持つことに慣れていない学者たちもひとつになって、毎日、デモの前で声を張り上げた。大学生、ママの会、東京でも地方でも、反対の声が広がっています。これは組織的なものではなく、自然発生的なものです。つまり、旧安保法案の反対運動とは明らかに違う。この怒りは燎原の火です。ずっと燃え広がっていくと思います。

 さて、今後の闘い方はいくつもあります。

 まず、言論人で立憲政治を守るネットワークを立ち上げます。100人くらいを発起人にして、生臭い政治家は入れず、超党派のネットワークを広げて、政治に勝手をさせない、民主主義的手続きを守る、独裁国家を生ませないための国民的啓蒙運動を広げていく。

 違憲訴訟も視野に入れています。自衛隊の犠牲者が出たら、親が訴える。しかし、これは切なすぎるので、別の方法もある。この法案が成立したことによって、我々はいつ戦争に巻き込まれるかという恐怖にさいなまれることになった。これは生存権の侵害ですから、あちこちで少額の損害賠償請求を起こす。弁護士はボランティアで支援する。

 日弁連では違憲訴訟に備えた内輪の勉強会が始まっています。弁護士の中にもさまざまな意見、考え方がありますが、今回、史上初めて、権力者による憲法破壊が行われたわけです。それに対して、憲法と人権を守るのが職業的使命である弁護士たちが最低限の義務を果たすべく立ち上がり、行動することは正しいことです。

 こういう訴訟を続けることによって、国民に怒りを忘れさせない。どれだけ、我々が失礼な目にあったか、その怒りを抱かせ続ける。それを持続させて、来年の参院選を戦う。

 参院選は野党共闘の練習だと思っています。本番は2年後か3年後の総選挙ですが、そのために参院選では真の野党共闘の準備をする。総選挙で政権交代させれば、閣議決定をやり直し、安保法案の廃止法案を提出して、可決させる。憲法蹂躙法案を葬り去ることができるのです。

 憲法を守るために共闘する政治運動に私は参加することを厭わない。今月13日に投開票された山形市長選でも応援に行きまして、共産党に「目立ちすぎだよ」などと言いたいことを言いました。「共産党と共闘したら組織が乗っ取られる」と恐れている連合にはこう言ってやりました。

「乗っ取られたっていいじゃないか。安倍政権に乗っ取られている国を取り戻す戦いではないのか。敵は安倍政権である」と。こう言うと、みんなハッとした顔になってうなずいていました。

 小沢一郎さんとも時々話します。自分は2大政党制の枠組みをつくった。民主党は国民に失礼なことをしたから退場させられた。復帰した自民党も失礼なことをしたから追い出す。そうして初めて、2大政党制が機能していく。これを実現させなければ死んでも死に切れない。だから、そのために自分はすべてを捧げる。彼はそんな決意、気持ちだと思う。

 民主主義を取り戻す戦いは、まだ始まったばかりなのです。

3) 『日刊ゲンダイ』9月23日付

反原発・反基地も合体…燃え広がる安倍政権「倒閣運動」第2幕

 安倍政権が国民の声を無視して強行成立させた安保法は、連休に突入しても「反対」の声は冷めやらず。それどころか、「反原発」や「反米軍基地」の運動と“合体”し、さらにヒートアップ。19~23日は少なくとも、全国33の会場で「反安倍政権」の集会が開かれ、24日も18時半から、国会前で「安倍退陣」の抗議活動が行われる。もはや倒閣運動は中東の「アラブの春」に匹敵する勢いで広がり続けている。

 23日、東京・代々木公園で行われた「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」には約2万5000人が集まった。

 福島原発告訴団の代表である河合弘之弁護士や、沖縄米軍基地問題に取り組む木村辰彦氏、安保法に反対する社会学者の上野千鶴子氏らがそれぞれ登壇し、そろって安倍政権に「NO」を突きつけた。

 集会に参加した「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー奥田愛基氏(23)は日刊ゲンダイ本紙にこう言った。

「安保法や反原発、米軍基地問題と、立場を超えて『打倒安倍』で協力すべきです。来年の参院選では、しっかりと僕たちの意思を示したいと思います」

 安倍政権は、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げた。来年の参院選で新たに生まれる約240万人の有権者の票が自公などの与党に流れる――と見込んでいたのだろうが、大間違い。神戸女学院大学名誉教授の内田樹氏は、毎日新聞のインタビューで「240万人に今一番影響力を持つのは『SEALDs』」と答えていた。つまり、新たな若者票はそのまま「反自公政権票」となる可能性が高いのだ。

 さらに、ここにきて17日の参院特別委の「安保法案」の採決が「無効」という指摘も広がっている。「委員長席周辺が騒然とし、委員会再開の宣言がなされなかった。いつ採決されたのかも分からない」(野党議員)といい、速記録(未定稿)にも「議事騒然、聴取不能」と記されているだけで、委員長の発言も質疑打ち切り動議の提案も記されていないためだ。

 この問題で、東大名誉教授の醍醐聰氏は「採決不存在」と断じ、25日に2万人以上の署名を鴻池祥肇委員長に提出するという。

「17日の委員会では、参院規則が定める『表決』の条件を満たしていません。第136条に規定される『委員長の宣言』を聞き取れた委員はいたのか。また、委員長は『問題を可とする者を起立させ、その多少を認定』(第137条)しなければいけませんが、与党議員に取り囲まれる中、確認できたとは思えない。こんな乱暴なやり方で国民が納得するワケがありません。採決は無効です」(醍醐聰氏)

 違憲の上、国会審議も「不存在」の法律がマトモなはずがない。そんな国民のまっとうな指摘に頬かむりし、別荘に泊まって趣味のゴルフに興じている安倍首相は狂っているとしかいいようがない。国民をなめ切った安倍政権が世論の鉄槌を思い知る日は近い。


4) 『しんぶん赤旗』

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます

2015年9月19日 日本共産党中央委員会幹部会委員長 志位和夫

私たちは、空前の規模で広がった国民の運動と、6割を超す「今国会での成立に反対」という国民の世論に背いて、憲法違反の戦争法を強行した安倍自公政権に対して、満身の怒りを込めて抗議します。

同時に、たたかいを通じて希望も見えてきました。戦争法案の廃案を求めて、国民一人ひとりが、主権者として自覚的・自発的に声をあげ、立ち上がるという、戦後かつてない新しい国民運動が広がっていること、そのなかでとりわけ若者たちが素晴らしい役割を発揮していることは、日本の未来にとっての大きな希望です。

国民の声、国民の運動にこたえて、野党が結束して、法案成立阻止のためにたたかったことも、大きな意義をもつものと考えます。

このたたかいは、政府・与党の強行採決によって止まるものでは決してありません。政権党のこの横暴は、平和と民主主義を希求する国民のたたかいの新たな発展を促さざるをえないでしょう。

私たちは、国民のみなさんにつぎの呼びかけをおこないます。

1、戦争法(安保法制)廃止、安倍政権打倒のたたかいをさらに発展させよう

戦争法(安保法制)は、政府・与党の「数の暴力」で成立させられたからといって、それを許したままにしておくことは絶対にできないものです。

何よりも、戦争法は、日本国憲法に真っ向から背く違憲立法です。戦争法に盛り込まれた「戦闘地域」での兵站、戦乱が続く地域での治安活動、米軍防護の武器使用、そして集団的自衛権行使――そのどれもが、憲法9条を蹂躙して、自衛隊の海外での武力行使に道を開くものとなっています。日本の平和と国民の命を危険にさらすこのような法律を、一刻たりとも放置するわけにはいきません。

戦争法に対して、圧倒的多数の憲法学者、歴代の内閣法制局長官、元最高裁判所長官を含むかつてない広範な人々から憲法違反という批判が集中しています。このような重大な違憲立法の存続を許すならば、立憲主義、民主主義、法の支配というわが国の存立の土台が根底から覆されることになりかねません。

安倍首相は、〝国会多数での議決が民主主義だ〟と繰り返していますが、昨年の総選挙で17%の有権者の支持で議席の多数を得たことを理由に、6割を超える国民の多数意思を踏みにじり、違憲立法を強行することは、国民主権という日本国憲法が立脚する民主主義の根幹を破壊するものです。

私たちは、心から呼びかけます。憲法違反の戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどす、新たなたたかいをおこそうではありませんか。安倍政権打倒のたたかいをさらに発展させようではありませんか。

2、戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同して国民連合政府をつくろう

憲法違反の戦争法を廃止するためには、衆議院と参議院の選挙で、廃止に賛成する政治勢力が多数を占め、国会で廃止の議決を行うことが不可欠です。同時に、昨年7月1日の安倍政権による集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回することが必要です。この2つの仕事を確実にやりとげるためには、安倍自公政権を退陣に追い込み、これらの課題を実行する政府をつくることがどうしても必要です。

私たちは、心から呼びかけます。〝戦争法廃止、立憲主義を取り戻す〟――この一点で一致するすべての政党・団体・個人が共同して、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」を樹立しようではありませんか。この旗印を高く掲げて、安倍政権を追い詰め、すみやかな衆議院の解散・総選挙を勝ち取ろうではありませんか。

この連合政府の任務は、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回し、戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどすことにあります。

この連合政府は、〝戦争法廃止、立憲主義を取り戻す〟という一点での合意を基礎にした政府であり、その性格は暫定的なものとなります。私たちは、戦争法廃止という任務を実現した時点で、その先の日本の進路については、解散・総選挙をおこない、国民の審判をふまえて選択すべきだと考えます。

野党間には、日米安保条約への態度をはじめ、国政の諸問題での政策的な違いが存在します。そうした違いがあっても、それは互いに留保・凍結して、憲法違反の戦争法を廃止し、立憲主義の秩序を回復するという緊急・重大な任務で大同団結しようというのが、私たちの提案です。この緊急・重大な任務での大同団結がはかられるならば、当面するその他の国政上の問題についても、相違点は横に置き、一致点で合意形成をはかるという原則にたった対応が可能になると考えます。

この連合政府の任務は限られたものですが、この政府のもとで、日本国憲法の精神にそくした新しい政治への一歩が踏み出されるならば、それは、主権者である国民が、文字通り国民自身の力で、国政を動かすという一大壮挙となり、日本の政治の新しい局面を開くことになることは疑いありません。

3、「戦争法廃止の国民連合政府」で一致する野党が、国政選挙で選挙協力を行おう

来るべき国政選挙――衆議院選挙と参議院選挙で、戦争法廃止を掲げる勢力が多数を占め、連合政府を実現するためには、野党間の選挙協力が不可欠です。

私たちは、これまで、国政選挙で野党間の選挙協力を行うためには、選挙協力の意思とともに、国政上の基本問題での一致が必要となるという態度をとってきました。同時に、昨年の総選挙の沖縄1~4区の小選挙区選挙で行った、「米軍新基地建設反対」を掲げての選挙協力のように、〝国民的な大義〟が明瞭な場合には、政策的違いがあってもそれを横に置いて、柔軟に対応するということを実行してきました。

いま私たちが直面している、戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどすという課題は、文字通りの〝国民的な大義〟をもった課題です。

日本共産党は、「戦争法廃止の国民連合政府」をつくるという〝国民的な大義〟で一致するすべての野党が、来るべき国政選挙で選挙協力を行うことを心から呼びかけるとともに、その実現のために誠実に力をつくす決意です。

この間の戦争法案に反対する新しい国民運動の歴史的高揚は、戦後70年を経て、日本国憲法の理念、民主主義の理念が、日本国民の中に深く定着し、豊かに成熟しつつあることを示しています。国民一人一人が、主権者としての力を行使して、希望ある日本の未来を開こうではありませんか。

すべての政党・団体・個人が、思想・信条の違い、政治的立場の違いを乗り越えて力をあわせ、安倍自公政権を退場させ、立憲主義・民主主義・平和主義を貫く新しい政治をつくろうではありませんか。

                  
# by shin-yamakami16 | 2015-09-24 21:46 | Comments(0)
f0166919_1932764.jpg


         支持者と共に「党首選」運動を展開するコービン氏


英国政治「大変動」の予兆

                                  山上 真

 世界経済は、所謂「ブラック・マンデー」株価大暴落を契機として、行き先不明の大混乱に陥ってしまったが、折しも英国では、この9月初めに予定されている英国労働党「党首選挙」で、「市場経済」批判で著名な「反戦・社会主義者」Jeremy Corbyn 氏の当選が発表される可能性が濃厚となっており、2020年英国総選挙でも、ひょっとすると「労働党大勝利」に終わり、こともあろうに「カール・マルクスから大いに学ぶべきものがある」と言う人物が英国首相に躍り出るという「世界的ハプニング」を起こすかも、という話題で騒然としている。

f0166919_19333344.jpg


f0166919_1935115.jpg


 ことの始まりは、既に予定されていた若手男女三人の立候補者では党首選挙の盛り上がりに欠けるだろうという小話から、労働党議員20人が「到底選ばれる筈のない」古参下院議員コービン氏を担ぎ上げて、立候補に必要な推薦人を集めた所からだ。これら推薦人たちは、ついぞ同氏が党首有力候補になるだろうとは思わなかったという。

f0166919_19363590.jpg


 左上 Jeremy Corbyn 右上 Liz Kendall 左下 Yvette Cooper 右下 Andy Burnham の各候補

 ところが「瓢簞から駒」が出てしまった様だ。コービン氏が立候補してから大して時が経たずに、以前から有力党首候補と目されていた男女三人の人物を抜き去って、労働党内「人気投票」でトップの座に躍り出てしまった。「極左のコービンが一体どうして!」というのが驚愕したマス・メディアの一般的印象だ。

f0166919_19425215.jpg



f0166919_19432090.jpg



 7月26日付の『ガーディアン』紙は、「コービニズム」が喝采を浴びている様子を次の様に伝えている。

Maggie Dunn has worked with Jeremy Corbyn since the Winter of Discontent in 1978-79, when they were both officials at Nupe, the now-defunct National Union of Public Employees. She is one of his oldest political friends. On Friday she took a break from the Corbyn for Leader campaign and headed to the Buxton opera festival in Derbyshire.
“It is all very exciting,” says Dunn, who can’t quite believe how, after all the years of singing old tunes that few wanted to hear, Corbynism is now resonating up and down the country with young and old. In Buxton she found herself discussing plans to take state services back under public ownership with a clerk from the House of Commons.
“It does feel unreal. I am having political discussions that I haven’t had for donkey’s years. People are talking about whether we should be renationalising things. It is wonderful.”
She has a grandson at Oxford University who tells her that Corbynism is catching on there, too. “He says they are all wearing Corbyn-for-PM T-shirts. They are struggling to pay for their books and coming out of university with huge debts and here is someone saying he wants a completely different society.”
Corbyn has given young people like me new hope in politics. Labour must listen

<大意>
「マギー・ダンさんはコービン氏と共に活動をやってきたが、最近の大きな状況の変化に驚いている。以前は大した関心を呼ばなかったコービン氏の主張が至る所で鳴り響いている感じだ。彼女の孫はオックスフォード大に在籍しているが、彼の言うことには、学生仲間たちが皆『コービンを首相に』というTシャツを着ているというのだ。彼らは本代を払うのに苦労して居り、*巨額の借金をして大学を卒業することになる。彼らは全く違った社会を望んでいる。コービン氏は若い人々に政治への新たな希望を抱かせている」
*英国大学・授業料は年間、2020年迄に一万ポンド(約190万円)に達すると推定される。

 筆者から見ると、最初から立候補していた人物たち三人については、先の総選挙で失敗した前党首Ed Miliband 氏の実績と知名度と引き較べても、「何だこれは?」という違和感と、話にならない程の空しさしか感じられなかったから、「イラク反戦・社会主義者」として夙に知られているコービン氏の党首候補としての登場には、実際のところ、ほっとするものが有った。これで論戦が面白くなった、という印象を抱いたのは、筆者ばかりではなく、良識に富んだ多くの英国人のものだろうと推察した。ただ、実際の「党首」に選ばれる可能性があるとは、ついぞ考えなかった

  コービン支持者については、先ず 労組 'Unite’ 30,000人を始めとして、官公労 'Unison’などが次々に支持表明をしており、前ロンドン市長Ken Livingstone、前労働党首 Ed Miliband、'celebrity '女優 Maxine Peake、歌手 Charlotte Churchさん などが続々と名を連ね始めている。こうしてコービン氏は7月中旬段階の各種世論調査でトップに躍り出た。

<コービン候補を支持する人々>


f0166919_1946868.jpg


               女優 Maxine Peake さん

f0166919_6241938.png


            下院議員 Diane Abbottさん

f0166919_1950149.jpg


              前ロンドン市長 Ken Livingstone 氏

f0166919_2059016.jpg


               歌手 Charlotte Churchさん

 他候補の間では、党首は「子供の親でなければならない」とか、「男性の方が好い」とかいう低レベルの個人攻撃合戦が批判を浴びているが、特に自慢する様な「学歴」には無縁で、*離婚歴を持つコービン氏は、それら「俗衆」レベルの話には超然として、ひたすら高度な「政治の問題」を取り上げて、至る所で会場に入れない程の聴衆を集めている。例えば、英国は新規更新を迫られて、多大な財政負担を予期されている戦術核ミサイル「トライデント」を放棄するべきだ、という様な重大な問題を、臆することなく訴えている。キャメロン保守党政権が、伝統的に誇るべき「社会保障制度」を、「緊縮財政」の名の下に改悪しようとしている今、軍事費削減を訴え、「弱者切り捨て」政策に敢然として闘おうとしているのは、コービン氏以外に見当たらない以上、若者を中心とした大衆の支持を集めるのは当然の成り行きだ。

f0166919_13293439.jpg


 コービン氏は、労働党・党首に選出されたら、先ずブレア政権が犯した最大の過ち、即ち米国と共に*「イラク侵攻」を行ったことを、イラク国民と英国民に対して公式的に謝罪することを表明した。 
 外交面では、現在米国に左右されているEU・NATOの東欧・ロシア政策を根本から見直し、ウクライナ・ポロシェンコ政権「擁護」をやめて、ロシアとの親善関係を回復する意向の様だ。これは、独・仏を始めとするEU諸国への少なからずの打撃となることだろう。また、「イラク戦争謝罪」に関連して、「イスラム国・IS」に対する軍事攻撃を中止し、「話し合い」による解決策を模索する可能性が強い。既に ’Hamas’ を友人として遇しているコービン路線としては、当然の成り行きかも知れない。このことも、米国政権への衝撃となることだろう。 

 内政面では、現保守党政権の押し進める福祉予算カットなどの「緊縮策」を中止し、鉄道・電力・エネルギー産業など重要部門の「再国有化」政策に転じる方針だ。また、例えばウェールズ地方などの採算可能な炭坑の採掘再開を考慮するという。英国では、「利潤優先」の民営化鉄道の「高運賃・故障多発・乗客サービス劣化」が大きな問題になっており、「再国有化」は一般的に支持されているという。
 「民営化」が大手を振って罷り通っている日本でも、英国と同様の「民営化・弊害」が起こっており、英国の方向は将来的に教訓となるかも知れない。

 コービン氏の「大胆不敵な」行動は、過去の「テロ活動」故に、英国内で必ずしも好感されていない元*IRA活動家・現Sinn Fein 党指導者のGerry Adams氏やMartin McGuiness と、英国議会内で公然と会談・談笑していることでも明らかだ。保守系「チャンピオン」紙『テレグラフ』は、「同志としてコーヒーを啜っている」などと、写真入りで皮肉っているが、コービン氏の行動の動機に、「アイルランド再統一」という大事業構想があることを意識的に無視しているものだ。

f0166919_19523123.jpg


       現 Sinn Fein 党指導者 Gerry Adams氏・Martin McGuiness らと共に

 コービン氏が主張している主な政策は次の通りだ。

 税制・「富裕層への重税」:英国民の約1%を占める年間所得15万ポンド(約3,000万円)以上の富裕層への税率50%課税制度への復帰。加えて、高額所得者への累進課税を考慮。これについては、56%の英国民が支持しているという。
 重要産業の「再国有化」を中心とする ’Corbynomics’ については、『ガーディアン』紙に依れば、英国銀行元相談役を含む40人以上の経済学者・専門家が支持を表明しているという。
 
 核兵器廃棄:1000億ポンド(約19兆千億円)を要するとされる英国「トライデント」核ミサイル・システムの」更新に反対し、大量破壊兵器の廃棄の為に世界的キャンペーンを行う。これについて、64%の英国民が賛成しているという世論調査が出ている。

f0166919_19554518.jpg



f0166919_9162484.jpg

   今年も8月6日「広島原爆」の日に核兵器廃絶を訴えたジェレミー・コービン氏
「核兵器は防衛ではない。核兵器はセキュリティでもない。それなのに依然としてそこにあります。僕たちは1945年に核兵器で命を落とした人々、核兵器の実験で苦しめられた人々のことを思い出し、それは不必要であり、二度と繰り返してはならないと言わなければなりません」ー「ブレイディみかこ」ブログより

 大学授業料無償化:この為に71 億ポンド(約1兆4千億円)を学費補助分とし、30億ポンド(約6千億円)を大学維持費に当てる計画だ。

 最低賃金:現行(2015年)時給6.7ポンド(約1280円)を10 ポンド(約1910円)に引き上げる。

 EU:その中央集権的体質を批判しており、現首相キャメロンがEUをより良い方向—労働者の権利擁護や環境保護、’tax haven’ 「税金回避地」を無くすことや外国への税逃れを阻止することーに向かわせられるかどうかということによって、EUに留まるべきかどうかが判断されるとする。現状では、左派コービン支持者の多くがEU脱退を期待しているが、古くからの労働党員・議員一般はEU残留を支持している。そのバランスを見て、コービン氏は現時点で明言を避けている様だ。当面は「内なる改革」に落ち着きそうだ。

 英国*「イラク参戦」:コービン氏は2003年「イラク戦争」以前から、「反戦連合」指導部の一員として一貫して闘ってきており、この参戦はトニー・ブレア政権の「最悪の遺産」と述べている。世論調査では、参戦支持は37%、反対は43%と出ている。

 英国王制:コービン氏は徹底的な「共和主義者」であり、いずれ王制は廃止されるべきものと考えているが、当面は国民生活に根ざした優先課題に取り組むとしている。

 ‘Falklands’:コービン氏は英国の「フォークランド諸島侵攻」に反対の立場であるが、今後は英国支配下に留まるとしても、アルゼンチンとの話し合いで、「共同利用」を可能にさせる。

 「女性専用車両」:女性への迷惑行為防止の為に日本などが行っている女性専用鉄道車両を設けたらどうか。この提案は交通労組幹部によって支持されているが、他三人の候補によって、「差別・隔離の思想」という烙印を押されて、退けられている。

f0166919_1331173.jpg


 コービン氏は、主張する政策は飽くまで個人的原案に過ぎず、具体的政策は全ての「労働党構成員」が討議を通じて創るべきものであり、労働党幹部や国会議員が主たる作成者となるべきではない、と述べている。

f0166919_19581519.jpg


「コービン党首」で労働党を奈落へ落とすと宣う「イラク戦犯」トニー・ブレア

 ブレア元首相を始め、彼の息の掛かっている労働党主要幹部は押し並べて「コービン登場」を迷惑気に思っており、中には「コービン党首」の下では「保守党政権」が永久に続くことになるという危機感を滲ませている者も居る。要するに「過激派党首」誕生によって、中間市民層が労働党を離れ、ごっそり保守党に投票することになるという訳だ。
 こうした見方は、一見説得力ある様に見えるが、多くの国民大衆が保守党・労働党の「違い」が見えず、後者が最近では特に、キャメロン政権の「緊縮財政」に手を貸しており、公然と*「弱者切り捨て」が罷り通るのを目にしているに衝け、就中青年層が大きく「コービン支持」の声を挙げているのが実情だ。

 マス・メディアは「コービン登場」にどの様な反応を示しただろうか。
 
 進歩的とされる『ガーディアン』紙は、当初「夢想家の無謀な立候補」という扱い方だったが、爆発的支持者を集めていることが判明するや、賛否併記の「慎重な扱い方」に転じている。しかし、社説では労働党本流の女性候補 Yvette Cooperを支持していることが容易に看て取れる。
 しかも、8月30日付の ’Blair’s final plea/ Corbynmania is “Alice in Wonderland” politics’ —「ブレアの最後の訴え:コービン熱狂者は『不思議の国のアリス』政治の虜だ」掲載に見られる様に、3回に渉って「左翼コービン登場」を激しく揶揄・批判する「ブレア主張」を紹介している意図は明らかだ。
 なお、ブレア元首相が異常な程に対コービン「攻撃的」な理由は、コービン氏が党首になった暁は、イラク参戦を行ったブレア氏を「戦争犯罪者」として、訴追する意向を示唆しているからだろう。

 『テレグラフ』は、初めからトップに「コービンこき下ろし」記事を掲載し、「噴飯もの・立候補」→「危険な動き」→「諦念」といった変化を論調に披露しているが、コービン氏が「イラク謝罪」を口にするや否や、当時「イラク参戦・賛成」の論陣を張った「深い罪」を追及される危険を感じ取ったのだろうか、今や「大人しい批判」に変わって来ている。

 伝統保守『タイムズ』紙は、『テレグラフ』紙と同様に、「反コービン」であるが、後者程にヒステリックに「危機感」を露にせず、却って労働党の「後退」に資するだろうと見ている様だ。

 革新派『インディペンデント』紙は、一般紙で唯一最初から「コービン登場」に肯定的評価を与えており、党首選4候補に対して、最も客観的な紙面構成を行っているように見受けられる。

 この他、労働党「機関誌」的 ’New Statesman’ 誌は、ほぼ『ガーディアン』紙と同様の誌面構成を行っていたが、矢張りコービン「高揚」に従って、同氏についての肯定的取材姿勢に変わって来ているのは、若年層読者の「コービン傾斜」を意識しているからだろう。

f0166919_13334916.jpg


f0166919_1411669.jpg


 今度の労働党・党首選挙を契機に、5月以来党員数が40万人増え、総党員数は、以前の三倍の60万人以上に達するという。所謂「コービン効果」の顕著な表れと見られる。
各種世論調査に依れば、現時点で Corbyn 氏は53%の支持を獲得し、二位候補に32%の差を衝けているという。

 8月14日から投票が始まった労働党・党首選挙は9月12日に結果発表が行われる予定だ。その結果が事前予想通りになるか興味津々というところだが、資本主義「元祖」英国の「大変革」が緒に就くことになれば、それこそ「世界史的意義」を持つことになるだろう。   (2015.08.30)

<注> 1. イラク侵攻:2003年サダム・フセインがイラク国内に「大量破壊兵器」を所有することが英国など欧米にとって脅威であるという「虚偽」の主張で同国に侵攻して、少なくとも22万人のイラク市民が死亡し、英国兵149人、米国兵4426人の戦死者を出した。この「戦争犯罪」行為について、ブッシュ・ブレアなど当時の米・英指導者たちは、公式的に「誤り」を認めていない。
—<本ブログ2013.03.29 付「イラク侵略戦争から10年—悲劇の過去・現在・未来」>参照されたし

f0166919_20412034.jpg


           キャメロン保守政権の身障者手当削減に抗議する人々

2.「キャメロン・弱者切り捨て」政策: この8月26日に政府監視機関の要求に応じて、「2011年12月から2014年2月に掛けて、精神・身体障害者が労働可能と判断されて手当を打ち切られた結果、2,380人が死亡した」という統計資料が公表された後、労働党首候補コービン氏は、労働・年金担当相 Iain Duncan Smith 氏の責任を追及し、辞任を要求したという。
  
3. 「コービン離婚暦」:'Daily Mail' などが伝える所に依ると、Corbyn 氏は11歳の息子 Ben の進学先問題で、12年間連れ添った妻 Claudia Bracchitta さんとの離婚に踏み切ったという。コービン氏はかねてから息子を「競争」には無縁の 、近くの 'comprehensive school' に進学させたいと思っていたが、妻 Claudia さんは、余り「評判の良くない」公立校よりも、伝統的で試験を経て入学する 'grammar school' への息子の進学を望み、コービン氏の「平等社会」を重んじる「信条」と衝突した様だ。なお、妻 Claudia さんもチリ出身の左翼活動家だったという。 (2015.09.02)                    
⒋ 9月12日付の英国各紙は一斉にトップで、コービン氏が59.5% の得票率で労働党党首に選出されたことを、衝撃的に伝えている。
(2015.09.12)

<写真> The Guardian, The Independent, The Telegraph, New Statesman, Morning Star, The Mirror

     <参考資料>
1. 'The Guardian'

This is like Stop the War with bells on’: Jeremy Corbyn team shocked at momentum
Veterans of decades of campaigning, they expected to see their candidate abused and dismissed. Instead, they’re struggling to keep up with a flood of volunteers
Jeremy Corbyn on his way to a radio Labour leadership hustings in London. Photograph: Rex Shutterstock
Toby Helm Political editor
Sunday 26 July 2015 00.04 BST
Last modified on Sunday 26 July 2015 01.22 BST
Maggie Dunn has worked with Jeremy Corbyn since the Winter of Discontent in 1978-79, when they were both officials at Nupe, the now-defunct National Union of Public Employees. She is one of his oldest political friends. On Friday she took a break from the Corbyn for Leader campaign and headed to the Buxton opera festival in Derbyshire.
“It is all very exciting,” says Dunn, who can’t quite believe how, after all the years of singing old tunes that few wanted to hear, Corbynism is now resonating up and down the country with young and old. In Buxton she found herself discussing plans to take state services back under public ownership with a clerk from the House of Commons.

2. 'The Guardian'
Jeremy Corbyn wins economists’ backing for anti-austerity policies
Former adviser to Bank of England among signatories to letter dismissing criticism of economic plans, saying they are ‘not extreme’
Jeremy Corbyn’s economic policies have received the backing of more than 40 leading economists. Photograph: Christopher Thomond for the Observer
Daniel Boffey Policy editor
Saturday 22 August 2015 21.00 BST
Last modified on Saturday 22 August 2015 22.27 BST
More than 40 leading economists, including a former adviser to the Bank of England, have made public their support for Jeremy Corbyn’s policies, dismissing claims that they are extreme, in a major boost to the leftwinger’s campaign to be leader.
The intervention comes as the Corbyn campaign reveals that a Labour government led by the MP for Islington North would reserve the right to renationalise Royal Bank of Scotland and other public assets, “with either no compensation or with any undervaluation deducted from any compensation for renationalisation” if they are sold at a knockdown price over the next five years.
The leftwinger’s economic policies – dubbed Corbynomics – have come under sustained attack in recent days, including by members of his own party, with Andy Burnham warning his party in an interview with this paper not to forget the lessons of the general election about the importance of economic credibility.

3. Le Monde
Grande-Bretagne : Jeremy Corbyn bouscule le Labour sur sa gauche
LE MONDE | 12.08.2015 à 06h53 • Mis à jour le 14.08.2015 à 00h07 |
Par Philippe Bernard (Londres, correspondant)
Personne n’aurait misé un penny sur Jeremy Corbyn, lorsque s’est ouverte, à la mi-juin, la primaire du Parti travailliste qui doit désigner le successeur d’Ed Miliband, démissionnaire au lendemain de son échec aux élections législatives du 7 mai. Les trois candidats considérés comme sérieux ne l’avaient aidé à obtenir in extremis les parrainages nécessaires que pour affaiblir leurs adversaires.
Presque deux mois plus tard, alors que le vote s’ouvre vendredi 14 août – il sera clos le 10 septembre –, M. Corbyn, 66 ans, député du quartier londonien d’Islington depuis plus de trente ans, considéré comme un dinosaure gauchiste par l’establishment du Labour, fait la course en tête. Mardi, un sondage YouGov lui attribuait 53 % des voix, 32 points de plus qu’Andy Burnham, un proche d’Ed Miliband, et 35 points de plus que la candidate modérée Yvette Cooper. Quant à Liz Kendall, qui se réclame de l’héritage centriste de Tony Blair, elle plafonne à 8 %. Nombre de militants travaillistes se sont sentis humiliés par la pique de l’ancien premier ministre, désormais très décrié : « Ceux dont le cœur penche pour Corbyn ont besoin d’une transplantation », avait ironisé M. Blair.
« L’antidote au virus Blair »
Alors que l’échec du Labour aux législatives est généralement attribué à un positionnement trop à gauche, l’émergence de l’un des rares députés à s’affirmer « socialiste » dans un pays où ce mot équivaut à un chiffon rouge, est considérée comme suicidaire. La presse de gauche a d’ailleurs longtemps traité M. Corbyn avec condescendance, attribuant sa popularité à la mode du vintage et au profond désarroi consécutif à l’échec électoral.

# by shin-yamakami16 | 2015-08-30 20:02 | Comments(0)
f0166919_11224658.jpg


    英国「敬意の仕草」ー「*ジェスチャー政治」は、日本「未来図」か?

f0166919_544273.jpg


  8月30日国会を包囲した「反安保法・安倍倒閣」12万人デモー「ニコニコ生放送」より


「虚言」で国民の信を失った安倍「自・公」政権の末路は?

                                     山上 真
  
   2021年3月22日未明のことだ。

  韓国西北部インチョン(仁川)西北80キロ沖合の「北方限界線・NLL」南の黄海を、駆逐艦2隻と共に哨戒航行中の米国強襲揚陸艦 ‘USS Bonhomme Richard’(排水量40500トン)が、突然低空を飛んできた巡航ミサイルの攻撃を受け、右舷後部を大破したという情報が在韓米軍・在日米軍・日本防衛省に一斉に飛び込んで来た。

f0166919_9333811.gif


f0166919_9344914.gif


 この時期は、「北」朝鮮指導者キム・ジョンウンが、米国・共和党大統領ジェブ・ブッシュの「対朝鮮政策」、即ち「北」経済封鎖策に加えて、「北」核施設をターゲットにした「即応戦略」に依り、何時如何なる時点にでも核施設を強襲するという基本政策に対して猛烈に反撥し、盛んに中・短距離ミサイルの発射実験を行っている最中だった。

 何故優秀さを誇る米艦艇が、「ミサイル攻撃の被害」を受けるに至ったのかという事は、全く謎のままだ。唯、ミサイル航跡の推定などから、「『北』朝鮮海上から発射された対艦巡航ミサイル・KH-35に因る攻撃」という断定が、米統合作戦本部から直ちに下され、即時対応策が取られる段階に入った。

 佐世保・沖縄の日本自衛艦・航空自衛隊が米国務省・米軍の要請を受け、日本政府の「集団的自衛権行使」決定を経て、朝鮮半島・日本海側の哨戒・出動命令を下されたのは、在日米軍が朝鮮半島での作戦行動に出た後、僅か2時間後のことだ。かねてから、米国は「朝鮮有事」の際に、日本自衛隊を半島に派兵させ、「北」と戦わせることを企図していた。
 
 この時すでに、沖縄駐留米空軍機多数が対地ミサイルを抱えて、朝鮮半島に出撃していた。在韓空軍と共に、「北」核施設所在地と看做されている東倉里・舞水端里・博川・琴湖・舞水端里・寧辺などの最重要拠点を、この際徹底的に叩く作戦であった。
 未だ量産段階に入っていない筈の「北」ICBM「テポドン2」施設を、初期に破壊し尽くすというのが、米国防省の方針だった。しかし、既に米国本土を射程に入れられる核ミサイルは、充分に蓄えられていた。

 米軍側には、核攻撃ではない通常兵器に依る「北」攻撃に対して、よもや「北」が核ミサイルで応戦して来るだろうという推定は実際的に無かった。ところがその様には事は運ばなかった。

f0166919_11324357.jpg


 米軍の「北」空爆が二日目に最重要核拠点・寧辺に及んだ途端、「北」トップは最終決断を下した様だ。
 3月25日、日本の横須賀・岩国・沖縄嘉手納・呉・三沢・北海道千歳、韓国の仁川・慶州、米国の「ノーラッド・北米航空宇宙防衛司令部」・コロラド州ピーターソン空軍基地・グアム・カルフォルニア州 ’Lancaster’など軍事拠点12目標に向けて中・長距離核ミサイルが発射された。

  米・日側のパトリオットなど各種防空網で沖縄及び「ノーラッド」は第一段階の核爆発を免れたが、その他の地域では被爆し、約30万人が死亡、百万人が負傷した。韓国では、約20万人が被曝・死傷した模様だ。
 一方、「北」は米軍の核攻撃・反撃を受けて、首都平壌・中・北部の諸都市住民約80万人が死傷したという。

 又しても、日本で原爆犠牲者が出た。日本だけでなく、韓国・「北」朝鮮・米国でも初めての核爆発惨禍を目にした。

 第一撃で見る限り、「北」のミサイル精度は、米・日軍事専門家の予想を超えて高いものであることが判明し、両国の指導者たちに衝撃を与えた。他方、両国のミサイル防衛網には、多くの隙間があることが露呈した。

 この間、日本海上自衛隊・護衛艦2隻は、その頃迄に米国から密かに買い入れていたトマホーク・巡航ミサイルを6発、「北」東部海岸から約350キロ離れた日本海海上から元山・寧辺など数カ所の戦略目標に打ち込んだ。その成果の程は未詳だ。

 「北」朝鮮軍が南下作戦を開始したのは、米軍機がピョンヤン近郊の軍事施設を爆撃した直後のことだった。38度戦全線で、先ず猛烈な砲撃の後、戦車など機甲部隊を先頭にして、大兵力が急激に南下・進攻を開始した。韓国軍も激しく反撃したが、少しずつ後退して行った。前線がソウルー江原道—江陵に達した時点で、韓国政府及び米国防省は日本政府に対して、自衛隊の朝鮮半島での参戦を正式に要請してきた。「朝鮮半島での新たな動乱は、韓国のみならず日本・米国の運命に関わる事態」ということが、出動要請理由である。

 <日本の平和的進路に「悪影響」を及ぼしている「札つき」米国人「知日派」>
f0166919_1294151.jpg

                 Michael Green
f0166919_1211960.jpg

                Richard Lee Armitage

  日本政府は、米韓両国の要請の趣旨は理解するも、自衛隊の「北」部隊との直接的戦闘行動については、憲法上応じられないとしたが、結局、韓・米部隊の物資・兵員輸送など「後方支援」に限って、自衛隊部隊を渡韓させることに同意した。規模としては、海・陸・空合わせて、15, 000人ということになった。これに対しては、日本国内では「直接の戦争行為」という反対運動が巻き起こったが、政府は米国との「条約上の義務」として、第二次朝鮮戦争に事実上参戦した。

  先ず北九州・築城基地から、先遣輸送部隊が武器・弾薬などを積んでC-130ハーキュリーズ 3機が韓国南部に向け飛び立った。その二日後に、海上自衛隊はイージス艦2隻・護衛艦3隻・輸送艦2隻が佐世保基地から釜山に向かった。陸上自衛隊は、「北」軍の南下侵攻次第で出動出来る様に、機械化部隊を中心に密かに準備されていた。つまり、後方支援を超えた、戦闘部隊の出動が整えられていた。

  米軍は、在日米軍及びグアムから、予定兵力69万人の内の先遣5万人、艦艇約160隻、航空機約2,000機を迅速に韓国へ派遣しつつあった。戦争勃発から24〜72時間以内に、平壌~元山(ウォンサン)以南の軸線を遮断し、最短時間内に平壌を攻略するシナリオであった。然し乍ら、「北」軍は、黄海での軍事衝突から12時間以内に、既に38度線から十数キロ以上、南進していた。韓・米部隊は、この電撃的進撃を食い止めることが、先ず必要となった。

 「北」は総兵力が約120万で、韓国のそれの約二倍であった。艦艇は殆どが中・小型であるが、約650隻を数え、ミサイル・魚雷を高速艇から打ち込む作戦に秀でていると見られる。空軍は作戦機620機であるが、多くは旧式で米軍機には歯が立たないものだ。結局、「北」が依拠する作戦は、ミサイル攻撃と、圧倒的な陸上兵力に依る、電撃的人海戦術ということになる。

 日本自衛隊参戦から3日目、釜山西部・馬山の韓国軍補給基地で兵站作業中の自衛隊部隊付近で「北」ミサイルが爆発し、一瞬にして韓国兵8人、自衛隊員17人が死亡し、数十名が負傷したことを韓国軍司令部が明らかにした。これは、太平洋戦争後、異国での初めての大量戦死者ということになる。
 
 韓国との友好関係で中国・ロシアは軍事的には「中立」の立場を保ったが、背後では「北」に対して食料・生活物資を援助していた。武器・弾薬などの提供も部分的には行われた様だ。しかし、「核戦争」の現実的脅威に際して、「国連安保理」での、停戦と「北」・米衝突の真相究明を先ず優先させて外交交渉に努めた。

  米軍ステルス爆撃機の「北」戦略拠点への核攻撃に対して、「北」は移動式中・長距離ミサイル・KN-08による第二波核攻撃に移っているという情報が米国防省から発表されて間もなく、日本・防衛省は日本の首都圏を含む数都市が更なる攻撃目標として挙げられていることを警告した。

  筆者は、「第二次朝鮮戦争・勃発」の時点では、偶々伊勢原の知人宅に出掛けていて、突然の世界変転に驚愕しつつ、其処から急遽車で東京に戻ろうとして、そろそろ鎌倉に差し掛かる頃、横浜方面・中空の凄まじい閃光が目を射し、意識が失われた。「これで終りだ」という思いに襲われた瞬間、夢から覚めた。

             *         *         *

  安倍政権による「安保」法案が、日本を主として米国が企てる戦争に巻き込む危険性を現実的に高めるが故に、老いも若きも未曾有の規模で国民大衆が、この「戦争法案」廃案を目指して立ち上がっている。

f0166919_1136487.jpg


  安倍が何故この法案成立に執念を燃やしているかということは、この男の幼稚な発想、先ず日本が「世界に冠たる一流国家になる」為には、国連安保理「常任理事国入り」を果たさねばならない、その為には、欧米主要国から求められる条件、即ち、「血も汗も流せる国」、つまり「戦争参加可能国」にならねばならないという思い込みがある。これは勿論、長らく米国指導部が日本に対して求め続けてきたものだ。

  実際には多くの国々が「米国べったりの安保理票を増やすだけ」として、日本「常任理事国」に反対しており、結局、「ヴェトナム」・「イラク」・「アフガン」などと同様の、米国に因る「間違い戦争」のお手伝いをするだけのことだ。

  前例として韓国のヴェトナム戦争・参戦がある。韓国の場合は、「北」との対峙で、米国の援助に全面的に負んぶしており、独裁者・朴正熙(パク・チョンヒ)の下、「韓米同盟」と「集団的自衛権」に基づいて、ヴェトナムにのべ32万人派兵し、戦死者4,968、負傷者8,004 という犠牲者を出した。当時「勇猛」を馳せた韓国軍だが、現地人に対する「レイプ・大量虐殺」の汚名は、今でも韓国社会に重く伸し掛かっており、「忘れたい過去」という。

f0166919_720599.jpg


         国立ソウル顕忠院・ヴェトナム戦争戦死者墓地

  米国は基本的戦略として、自ら始めた戦争でも、米国人の血を出来る限り流すことなく、「戦争の現地化」、即ちアジアでの戦争は「アジア人同士で戦わせる」ことを建前としている。

  結局のところ、安倍一派は、まんまと米国の「戦争政策」に乗せられているに過ぎない。しかし、その結果は日本人の「放棄した道」である戦争加担と、戦死者の「棺桶」・「葬列」に繋がる悲劇に違いない。

  いやはや、安倍のやっている事は、日本を滅ぼす「罪深い」犯罪と言う外ないだろう。このことを、日本国民の最大限多数が自覚しなければならない。筆者の「悪夢」でなく、意外と早く日本が過去の「過ちと不幸」の歴史を繰り返してしまうのではないかと恐れるのだ。

f0166919_11342950.jpg


  幸いにして、漸く多くの人々が「危険な道」に気づいて、安倍政権批判の声を高め始めている。「戦争法」が「平和の為」という、「ヒトラー張り」虚言が通じる筈がない。最近の各種世論調査では、政権支持率が十数パーセント下落して30%台になる一方、不支持率は過半数にまで達している始末だ。

f0166919_11354652.jpg


 問題はこれからだ。たとえ「戦争法」が国会を通過しても、「政権打倒」デモが一層高揚して、政権維持が不可能になる程支持率が低下すれば、政権「転覆」の可能性が高まり、結果的に保守本流が目指す「憲法」改変も「頓挫」することは間違いない。それによって、「戦争法」も非実体化させることが可能になる。 (2015.07.26)

<注> gesture politics:any action by a person or organization done for political reasons and intended to attract public attention but having little real effect:「ジェスチャー政治・姿態政治」:政治的動機と大衆的関心の惹き付けを狙った個人的又は組織的行為であるが、実体的効果は無に近いものを指す。
 
<写真・資料> The Independent, The NYT, Wikipedia, biglobe, 毎日新聞、朝日新聞、東京新聞

                  <追記>
1. 今日8月9日の長崎「原爆の日」平和祈念式典で、田上市長が安保法案に触れて、「平和の理念が揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっている」として被爆地としての懸念を示しのに続き、被爆者代表・谷口氏が、ご自身の文字通り「赤裸々な」被曝体験を語った上に、最近の政権による「戦争への方向」を決して許してはならないと、安倍首相眼前で厳しく述べたことは、広島式典に見られない「真に迫った」、価値ある記念式典として、世界的に高く評価されることだろう。
(2015.08.09)
f0166919_21132026.jpg


f0166919_1391791.jpg


       被爆者代表・谷口稜曄氏:この挨拶場面で会場は大拍手に包まれた

8月9日付英国『インディペンデント』紙
'The Independent' Sunday 09 August 2015
Nagasaki remembered: Japan's Prime Minister Shinzo Abe told, get off the road to warー「長崎原爆記念日:日本首相シンゾー・アベは『戦争への道に足を踏み外すな』と求められた」

f0166919_10585657.jpg

Sumiteru Taniguchi, a survivor of the bomb in Nagasaki, spoke out at the ceremony

On the anniversary of Nagasaki's destruction by the atomic bomb, David McNeill reports from Tokyo on widespread fears that the government’s plans to beef up its military could dismantle Japan’s 70-year-old pacifist constitution
In the months after the United States dropped its atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki, a new Japan emerged. Occupied by the allied forces to which it had surrendered, Japan adopted a new pacifist constitution, under which it would “forever renounce war”. In a country that was still losing tens of thousands to the effects of the bomb, the idea of peace was welcome.

At a commemoration of Nagasaki’s nuclear destruction on Sunday, those who lived through the horrors of 9 August 1945 warned that Prime Minister Shinzo Abe risked taking the country to the brink of a new war with his pledge to expand the role of the nation’s military forces.

“The security bills that the government is trying to push through would jeopardise our long-time movement for nuclear abolition and the hopes of hibakusha [atomic bomb survivors],” said Sumiteru Taniguchi, 86, to loud applause from the crowd in Nagasaki Peace Park. “We cannot allow this,” he said, looking directly at Mr Abe.

The anniversaries of Nagasaki and Hiroshima have come as Japan’s parliament debates legislation that critics say will hollow out the nation’s pacifist constitution, written a year after the war ended. The bombs took an estimated 200,000 lives in August 1945. Tens of thousands more died subsequently from burns and radiation-induced illnesses.
<後略>

2. 昨日8月6日「広島原爆記念日」の式典を見ていて、市長挨拶の迫力の無さに失望し、首相挨拶に「絶望」した。この日前後に度々「原爆」報道していたBBCが、この式典の印象を 'ceremonial' 「儀式的」と評していたが、原爆「悲劇の実態」に迫らない演説は全く「空虚」だ。「戦争政策」に突き進む安倍氏の演説が「空しい」のは当然としても、酷暑の中、数万人の人々が参集した式典全体が「原爆悲劇」の真相から少なからず疎外されているという印象は筆者だけのものではないだろう。
 一方、この日の夜7時前後に NHK が放映していた「原爆番組」で、最も多かった爆死者が十代の「学徒動員」学生だったこと、米占領軍当局が悲劇の実態を隠す為に「原爆写真」を執拗に探し回って没収した事実、被爆者坪井氏の「殺し合いの戦争は決して許されない」という激白などを伝えていたことは、「民放」が及びも衝かない「誠実な報道」態度を示したものだ。
 なお、プーチン側近のロシア下院議長・ナルイシキン氏が、米国による「ヒロシマ・ナガサキ原爆投下」を「不要なものだった」として、「人道上決して許されない」もの故、「ナチス戦争犯罪」と同様に「国際法廷」で裁かれるべきだと述べたことは、最近の「米露対立」問題を超えて、国際的に注目すべき動きとして、今後の展開を見守りたい。大平洋戦争末期に「何故、非人道兵器が無辜の民に向けられたのか」という根本問題は、徹底的に究明されて然るべきだ。  (2015.08.07)

       <ロシア・TASS (8月5日)が公表した広島「爆心地写真」>

f0166919_19242562.jpg


f0166919_1925347.jpg


f0166919_19253014.jpg


3. 7月30日付・仏共産党機関紙『ユマニテ』Japon : la bataille du pacifismeー「日本:平和主義の闘い」
LINA SANKARI  JEUDI, 30 JUILLET, 2015

f0166919_1957152.jpg


Les manifestations se multiplient contre le déploiement de soldats sur des théâtres de conflit. Une rupture avec une tradition héritée de l’après-guerre.ー「戦場への派兵に反対するデモが幾度も繰り拡げられている。戦後受け継がれてきた伝統との断絶への抗議」
                                  (2015.07.30)

                     <参考資料>          
1. 8月20日付『朝日新聞』
銃声、群衆が陸自包囲 撃てば戦闘…サマワ駐留隊員恐怖
谷田邦一 今野忍2015年8月20日03時54分

 自衛隊初の「戦地派遣」となったイラクで、隊員たちは危険と隣り合わせの活動を強いられた。政府は当時、「一人の犠牲者も出さなかった」と安全性を強調したが、実際は隊員が銃を撃つ判断を迫られるなどの事態が起きていた。陸上自衛隊が2008年に作った内部文書「イラク復興支援活動行動史」や関係者の証言で明らかになった。新たな安全保障関連法案では活動範囲がより拡大し、危険はさらに高まる。

 突然、銃撃音と怒声が響いた。自衛隊が駐留したイラク南部サマワから約30キロ離れた街ルメイサ。活動開始から2年近くになる2005年12月4日、復興支援群長の立花尊顕(たかあき)1佐ら幹部たちはムサンナ県知事らと、修復した養護施設の祝賀式典に参列していた。

 発端は、会場のそばで起きた反米指導者サドル師派と、自衛隊を警護していた豪州軍の銃撃戦だった。サドル師派は頻繁に多国籍軍を襲撃し、自衛隊も「占領軍」と敵視した。会場内の陸自幹部たちは「ただ事ではすまない」と青ざめた。

 銃撃戦に続き「ノー・ジャパン」などと抗議しながら押し寄せた群衆の渦は、あっという間に100人前後に膨らんだ。幹部らは建物に閉じ込められ、外で警備にあたっていた十数人の隊員は群衆に包囲された。車両に石を投げつける男、ボンネットに飛び乗って騒ぐ男、銃床で車の窓をたたき割ろうとする男までいた。

 「どうすべきかわからず、みんな右往左往していた」と当時の隊員は話す。

 群衆の中には銃器をもつ男たちもいた。もし銃口が自分たちに向けられたら――。政府が認めた武器使用基準では、まず警告し、従わなければ射撃も可能だ。

 「ここで1発撃てば自衛隊は全滅する」。どの隊員も、1発の警告が全面的な銃撃戦につながる恐怖を覚えた。「撃つより撃たれよう」と覚悟した隊員もいた。結局、地元のイラク人に逃げ道を作ってもらい窮地を脱することができた。

2. 『日刊ゲンダイ』
安保“強行採決ムード”も…小林節氏が宣言「安倍政権は倒せる」

f0166919_7194481.jpg


1000人規模の弁護団結成も視野(C)日刊ゲンダイ
 安全保障関連法案を審議している衆院特別委員会は13日、中央公聴会を終え、いよいよ、強行採決カウントダウンだ。野党は猛反発、全国規模に広がっている反対運動も怒りのシュプレヒコールを上げているが、狂乱政権は聞く耳を持とうとしない。かくなるうえはどうするか。憲法学者の小林節氏はこう訴えている。
 「だんだん強行採決が行われそうになってきましたね。結論を先に言いますと、強行採決は行われると思っていなければなりません」
こう言う小林氏は、その根拠をこう説明した。
 「安倍内閣はそういう体質だからです。『上御一人』ということです。子供の時からそういう育ちをした人は、何があっても、爺や婆やがその通りにしてくれました。周りには2種類の人間がいて、ひとつは、あの方と同じような先祖代々の世界、価値観の人たち。もうひとつは、秀才なのだけれども、その貴族集団にゴマすることで出世しようとする政治家・官僚たち。良心を売って新貴族階級に自分を入れてもらおうとする価値観しかない人たちです。ですから『殿、だいぶ風雲急になってきております。作戦を変えてはいかがでしょうか』とは言えない。言った途端、クビを切られるから。ですから暴走自動車は止まりません。彼らが衆議院で3分の2以上の多数を握っている以上、強行採決をやる。そう思っていないと、ガクッと来ちゃう。絶望します。その後、どうしてくれるのかということですね」
 小林氏がまず挙げたのが野党共闘だ。
「この前の総選挙の時は、国民の中に反民主の感情があって、結果、3割の得票で自公は7割の議席を獲得して、『何でもできる』と威張っている。いまもって反民主の感情はありますが、『自民党感じ悪いよね』というムードも広がりつつある。来年は参議院選挙があります。3大野党(民主党と維新と共産党)と生活の党と社民党がきちんと(選挙区を)すみ分ければ、政権交代が可能な状態になる。いま我々が何よりも考えるべきことは、史上最悪の政権の退場です。この国は“狂った迷走状態”に入っている、日本丸という巨大な船。船長がいかれているのですよ。それなのに周りのクルーが『あんたが大将』と担いでいる。我々はこの船のオーナーであり受益者です。狂ったような船員集団を追い出さないといけないのです」
 小林氏は最後にこう力説した。
「今回、強行採決をされても、諦めないで下さい。予定通り、バカがバカをやっただけです。『やっぱり来たか! バカ野郎!』と言っていればいいのです。強行すれば、参院選はつまずく。いや、つまずかせる。違憲訴訟も準備しています。法律が成立してしまったら、その瞬間から我々の平和的生存権がシクシクと害され続けるのです。たくさんの人が集団訴訟を起こすでしょう。今日も弁護士会でお願いをしてきました。『何百人という話も出ていますが、1000人の弁護団を作りませんか』と。そうすると、地裁の裁判官も『違憲』の判決を出しやすくなる。私は死ぬまで諦めません」
(取材協力=ジャーナリスト・横田一)
# by shin-yamakami16 | 2015-07-26 11:36 | Comments(0)
f0166919_10301732.jpg


    South Carolina, Charleston 教会で黒人信者9人を射殺した Dylann Roof



「内なるテロリスト」に苦悶する米国

                                    山上 真

 米国では銃を用いた犯罪で一度に数十名が犠牲になる事件は決して稀なことではないが、キリスト教会でその関係者9人もが、しかも黒人ばかり射殺された今度の ‘Charleston Massacre’ は、米国全土ばかりか世界的に「戦慄的」衝撃を及ぼしている。

f0166919_1136975.gif


f0166919_1032488.jpg



f0166919_10344647.jpg



f0166919_1048524.jpg



 先日6月17日夜8時半頃、米国南部サウス・カロライナ州チャールストンで由緒ある教会Emanuel African Methodist Episcopal Church(1861年創立)の 牧師Clementa C, Pinckney氏を始めとする重要関係者十人余りが恒例の聖書講読会を開いていたところ、突然白人青年が一人入って来て、学習に参加したいと申し出た。彼は聖書に手を置くなど教会の慣習に従った。暫くして、突然立ち上がった彼は「お前たちを撃ち殺す」と言い放って、拳銃を参加者に向けて射撃し始めた。9人が複数の銃弾を受けて死亡し、4人は犯人が銃弾を再装填する合間に逃げ出した。
犯人は、一人の女性信者に銃の狙いを定めたものの、「お前たち黒人は白人をレイプし、米国を乗っ取ろうとしている」と言って、そのまま逃がしたという。

f0166919_10354044.jpg


        Roofに よって 射殺された Clementa Pinckney 牧師

f0166919_10383869.jpg


                  Cynthia Hurd さん

f0166919_1040233.jpg


               De payne Middleton-Doctor さん


 この事件を引き起こした21歳の白人犯人Dylann Roof は逃走し、犯行現場から約250マイル北のShelbyで車の中に居るのを発見されて捕えられた。その車のプレートには、奴隷制度を維持しようとした南部諸州の連邦国家国旗である ’Confederate flag’ を付けていたという。


f0166919_10452753.jpg



f0166919_1044830.jpg


 これだけの殺戮を犯したRoof が、一体何を考え、どの様な人物だったのかということは、当然のこと乍ら人々の関心の焦点となった。
 これ迄起こった多くの銃による大量殺事件と同様に、精神異常者による偶発的事件と看做す共和党議員も確かに居るが、黒人教会で計画的に犯行に及んだことから見て、更には、捜査当局からRoof のWeb サイトに犯行に直結する ’manifesto’ 「表白」があるのを公開されて、犯人の「思想と行動」のほぼ全貌が早くも明らかになった。

 其処では、彼の住むCharleston で市内中心に黒人が多く住むようになって犯罪が増加し、白人がその状況に嫌気をさして都市郊外へと脱出していることへの批判、米国がこのまま行けば黒人が支配する国へと変質してしまうことへの恐れと怒りが盛り込まれているという。また、同時に掲載されている数十枚の写真には、奴隷制度時代、南部諸州「米国連邦」国旗の ’Confederate flag’ や、旧南ア連邦・白人優位時代の国旗を強調したものが写されているということだ。

 Roofの個人的生活面については、複数の友人が証言をしており、高校生活では二つの学校で第9学年を二度繰り返した揚げ句退学していること、親の離婚などで彼の家庭が壊れていて、トレーラーハウスで友人たちと共に寝起きし、一時は園芸関係の仕事に就いたものの、南部の暑さに耐えられず罷めて、ぶらぶらする生活を続けていたことなどが明かされている。また、’Fox Radio’に依ると、Roof は昨年麻薬絡みの事件で警察に逮捕されたこともある様だ。

 こうして見ると、彼の生活状態は、所謂「プア・ホワイト」の典型的なものと言えるだろうが、この文章を書いている内に、偶々出会った、現地在住の方のブログに次の様な分かり易い「説明」があったので、ここに紹介させて戴く。

「貧しい白人の人たちのことですが、悪くいうとNo.2さんもいっている通りwhite trashという表現でされます。アメリカで貧乏な暮らしをしている人種といえば、一般的に黒人というイメージがでるかもしれませんが、白人にもそういう暮らしをしているひとはいます。

そういう白人が住んでいる所ですが、これは全州にみられます。市内でも、下層階級のひとが住んでいる所、低中産階級の人が住んでいる所、上層中流階級のひとが住んでいる場所、それと上流階級のひとが住んでいる所とありますが、それで、white trashが住んでいる場所というのは、下層階級や低中産階級の人が住んでいる場所に見られます。その場所もいろいろですが、トレーラーに住んでいるひともいれば、汚いぼろアパートに住んでいるひともいれば、ぼろモーテルに住んでいるひともいれば、安くて汚い1戸建てに住んでいるひともいるいう感じでとにかくいろいろです。でも、一般的に共通していえるのは、そういった白人が住んでいる場所は、あまりいい地域ではなく、危険な感じの場所ですので、暗くなったら歩かない方がいいといわれる場所です。

そういったひとたちの仕事ですが、blue collar jobという仕事についているひとがいっぱいですので、ウェイトレスやごみを集める仕事といったような、賃金の低い仕事をもっているひとが多いです。イメージ的には、普段から安いビールを飲んで、たばこを吸って、やりきれない生活に不満があって、麻薬などに手を出したりするので、警察のお世話になることも頻繁。女性の場合は体を売ったりなんかしてお金を稼いだりしたりする。身なりは汚くて、髪の毛はくすんだブロンドの色で、伸ばしっぱなしの傷んだ髪。とにかく身なりやしゃべり方でwhite trashだと分かることが出来ます。

それから、どうしてそういった白人がそういった環境から脱出できないのかですけど、これはいろいろ理由があります。ここには書ききれない理由がありますので、できればそういった白人のことが書いてあるsociologyの教科書などを読んでみるといいと思います。ただ、そういった環境で生まれた典型的な白人のひとたちの考え方ですが、白人以外の人種(これは外国人も入ります)が人種差別を受けていたため、人種差別がないようにアメリカの社会が変わってきてから、白人が仕事につこうとしても、他の人種を優先されるため、白人に仕事が回ってこないという事が起こり、白人に対しての「逆差別」問題があるということです。ですから、教養のない白人が低賃金の仕事をとろうとしても、移民してきた英語のしゃべれない外国人がそういった仕事をもつことが増えたために、白人に仕事が回ってこないということが起きています。こういった逆差別問題もあるせいで、白人のひとたちが他の人種に対する差別意識を強くする傾向もあります。他の人種を受け付けない白人のことを差別用語ですが、レッド・ネックといいます。そういうひとたちの家では、レッド・ネックの旗(=南部の旗)を飾っているひともいます」
—‘OkWave’ より 

 こうして見ると、犯人Roof の如き青年は、この国のどこにでも居そうということになり、米国社会の特殊性、言い換えれば「異常性」が一般化していることの「深刻さ」が理解される。それは、人種差別意識から生じる憎悪に加えて、米国銃社会が可能にする武器に依る威嚇と実際の行使という悲劇的事態である。

 このことについて、6月19日付英国『ガーディアン』紙のJonathan Freedland 論説員は、’On guns and race, America is a nation shackled to its past’—「米国は銃と人種で過去の足枷に繋がれた国家」というタイトルの論文で概ね次の様に述べている。

f0166919_6403676.png

           
 オバマは大統領就任以来、米国での銃による大量殺人について、実に14回も悲しみのコメントを言わなければならなかった。これまで大統領は銃規制に失敗し、黒人に対する白人警察官による残忍な対応の仕方も何ら改善されなかった。

f0166919_10505462.jpg


 South Carolina 州議会・議事堂:今なお翻っている「奴隷時代」アメリカ連邦旗

 これら人種と銃の問題は結局、「奴隷は自由人の5分の3」として扱い、「銃の保持・携帯の権利を国民に保障する」とした合衆国憲法に起因し、前者は原則的に廃止されたものの、例えばサウス・カロライナ州議事堂に、奴隷所有時代を象徴する *’Confederate flag’が未だに翻っているのを見ても、人種差別の残滓は消えていない。後者に至っては、英国兵から身を守る手段から、若者に「人種戦争」を仕掛け、事実上の「テロ行為」を可能にする武器を保持させる結果になっている。米国は、こうした過去の桎梏から脱出しなければ、世界の進歩的な国々と対等に渉り合える国家に成り得ないだろう。
              ・      ・      ・

 米国では昨年一年間で 12,600人もの人々が銃で射殺されているという。先程米国ABC ニュースを覗いたところ、またしても昨日21日、デトロイトで銃撃事件が発生し、10 人近くの死傷者が出ている模様だ。
 これらの事態を受けて、オバマ大統領など米国指導部が先ずやるべきことは何か。「銃規制」を改めて国民に提起し、現実的な成果を挙げなければならない。’poor white trash’ への即効のある経済的支援体制と就労支援は、人種的区別なく総合的且つ抜本的に行われなければならないだろう。財源は、端的に言って、年間5,000億ドル(62兆円)以上に及ぶ軍事費削減で賄えるだろう。その為には、ロシアとの軍事的対峙を強める様な動き、例えば、ポーランド国境への重武装兵器の配置などという愚挙を取り止めたらどうか。そうすれば、プーチン・ロシアも、ICBM 40台増強などという、これまた愚挙を取り止めることだろう。相互軍縮によって、民生面の支出を増やすことがどんなに賢明なことか、誰にでも分かることだ。
 人種間の軋轢は、全ての人種の経済的格差改善によって大きく解消に向かうことになると筆者は信じている。      (2015.06.22)

<注>6月22日付『ワシントン・ポスト』紙
Confederate flag is an uneasy subject for GOP
Amber Phillips
The flag — a symbol of racism to some, of Southern pride to others — is an issue that has tripped up many Republicans, no matter what their view.
—「アメリカ連邦旗は共和党にとっても不安な問題」—「この旗は或る人々には人種差別の象徴であり、別の人々には南部の誇りの象徴なのだが、多くの共和党員にとっては彼らの見方がどうあれ、間違いを犯す恐れのある代物だ」


<写真> The Washington Post, The New York Times, Chicago Tribune, ABC News, CBS News, BBC News, The Guardian, Time, Le Monde

                   <追記>
1. 昨日7月23日夜、米国ルイジアナ州 Lafayette の映画館で上映が始まって数分後に、白人の男(58歳) が突然立ち上がって、100人を超える観客に向かって短銃を乱射し、2人が死亡、9人以上が負傷し、犯人は自殺するという事件が起こった。 (2015.07.24)

f0166919_7182671.jpg


犯人 John Russel Houser

f0166919_19311530.jpg


2. 7月10日、シカゴ出身黒人女性Sandra Bland さんがテキサス州警察官に車のウィンカーを出さなかったという「罪」で逮捕され、拘留三日後に「自殺」したのが発見されたという信じ難い事件が全米に波紋を拡げている。事件の全貌はいずれ明らかになるだろうが、既に人種差別に根ざした米国警察の「ファッショ」的側面が如実に示されていると言えるだろう。 (2015.07.23)

f0166919_20251356.jpg


f0166919_20254718.jpg


3. 英国『インディペンデント』紙(7月18日付)に依ると、オバマ大統領は15日中部'Okahoma City' を訪問し、その滞在中のホテルで、奴隷制度の象徴旗 'Confederate flag' を掲げた10人余りの白人たちがデモを展開したという。南部諸州では、連日この旗を掲げた白人群衆と、これに抗議する黒人グループとの衝突が起きている様だ。このままで行くと、「内戦」に発展することが懸念される。(2015.07.19)

f0166919_9442588.jpg


4. BBC ニュースなどが伝えるところに依ると、昨日7月16日、米国テネシー州海軍施設内2か所で発砲事件があり、4人の海兵隊員が死亡したという。犯人は、テロリストとされて、現場で射殺された。  (2015.07.17)

5. 今朝7時(11日)のBBC・TVニュースが伝えるところに依ると、米南部「奴隷制度」の象徴的な遺物である 'Confederate Flag'は、サウス・カロライナ州議会決議・州知事署名を受けて、大群衆が見守る中、遂に議事堂前から引き下ろされたという。  (2015.07.011)

f0166919_9251525.jpg


6. 今日 7月6日付『ニューヨーク・タイムズ』紙の報道に依ると、4日「独立記念日」の夜間8時間の内に、シカゴ市街地での何者かによる銃撃で、7人が死亡し、41人が負傷したという。昨年の同時期にもシカゴでは16人の死者と82人の及ぶ負傷者を、銃撃の為に出しているということだ。この後見た『ワシントン・ポスト』紙では、4日シカゴの 'holiday violence'で「9人死亡、47人負傷」としている。 (2015.07.06)

6. 今日6月28日付『共同』ニュースに依ると、黒人女性活動家がサウス・カロライナ州議会議事堂の 'Confederate flag' を引き下ろして逮捕されたという。この旗はその後再び掲揚されたということだ。  (2015.06.28)
【ニューヨーク共同】米南部サウスカロライナ州コロンビアの州議会議事堂脇で27日、南北戦争の南軍旗掲揚に反対する黒人活動家の女がポールをよじ登り、旗を降ろした。女は現場で逮捕され、旗は間もなく再掲揚された。米メディアが伝えた。

f0166919_1843140.jpg


 同州の黒人教会で9人が射殺された銃乱射事件では、容疑者の男が白人優位の象徴として南軍旗を使った。ヘイリー州知事は旗の撤去を議会に要請し、オバマ米大統領も撤去の動きを支持している。

8. 今日6月26日付英国『インディペンデント』紙が伝えるところに依ると、24日(水)夜、米国ノース・カロライナ州の黒人系協会'Briar Greek Road Baptist Church' が放火・炎上したという。現地警察は明らかに「憎悪犯罪」として捜査を始めたということだ。  (2015.06.26)
'The Independent' 紙ー「過去一週間に6つの黒人系教会が放火される」7月1日
FBI investigating as six black churches burn down in seven days as activists blame Dylann Roof arrest backlash

f0166919_722497.jpg


9. 'ABC' News
1 Dead, 9 Others Shot at Detroit Block Party
DETROIT — Jun 20, 2015, 11:23 PM ET
By The Associated Press

One person was killed and nine others wounded Saturday night when someone opened fire at a neighborhood block party on a basketball court in Detroit, police said.
Asst. Police Chief Steve Dolunt said a 20-year-old man was killed. He was not being identified while relatives were informed.
Another man was critically injured and eight others, five men and three women, were listed as seriously injured. The victims ranged in age from 21 to 46, he said.
Dolunt said the shooting happened at a neighborhood party that included a barbecue attended by families with some small children in strollers.
"Through the grace of God no children were shot," he said.
Authorities suspect the dead man was targeted by the shooter, although Dolunt said that was preliminary.
No other information was immediately available.

                  <参考資料>
1. ‘The Guardian’
On guns and race, America is a nation shackled to its past
「米国は銃と人種で過去の足枷に繋がれた国家」
Jonathan Freedland
The Photographs of the nine people killed in the shooting at the Emanuel African Methodist Episcopal Church in Charleston are held up during a prayer vigil in Washington. Photograph: Win Mcnamee/Getty Images
Contact author

@Freedland
Friday 19 June 2015 19.36 BST
Last modified on Saturday 20 June 2015 00.03 BST
J
on Stewart and Barack Obama are men of a similar age with, on some days, a similar role. Sometimes it falls to both of them to help their fellow Americans digest what’s happening around them, to make sense of it. Yesterday it was the murder by a white supremacist of nine black churchgoers in Charleston, South Carolina.
The TV host did something unusual, dispensing with his usual gag-packed opening to deliver a joke-free monologue. Obama, by contrast, did something that has become all too usual, delivering what is now a rhetorical genre of its own: the presidential post-massacre speech. “I’ve had to make statements like this too many times,” he said. By one count, it was the 14th time he had had to speak in such a way after such a mass shooting.

What happened at the Charleston, South Carolina, church shooting?
Read more

Stewart’s emphasis was on America’s enduring struggle over race. Obama chose to focus on the country’s equally stubborn problem with guns. But what was striking was that on both questions – what my colleague Gary Younge rightly calls America’s “twin pathologies” – both the presenter and the president struck the same tone. They matched each other in weary resignation.
Stewart said Americans had been forced to peer into a “gaping racial wound that will not heal”. Then, with a comic’s timing, he added that he was confident that “by staring into that and seeing it for what it is … we still won’t do jack shit”.
For his part, Obama began with a declaration that “it is in our power to do something about” the guns epidemic. But then he dampened any expectation of action. “I say that recognising the politics in this town foreclose a lot of those avenues right now.” Mindful of a hostile Congress that has thwarted him at every turn, all he could promise was that America would, “at some point”, have “to come to grips with” the issue of gun violence, and “shift how we think about” it.
You can see why both men – nearing the end of their terms of office – have given up hope that change is on its way. When it comes to both race and guns, there have been episodes so shocking that people assumed action was bound to follow. And yet the brutality, especially police brutality, shown towards black Americans – those doing nothing more threatening than walking or breathing or swimming or praying – goes on.

When in 2012 a 20-year-old man walked into Sandy Hook elementary school in Newtown, Connecticut, killing 20 children and six adults, many assumed this would finally expose the limits of American indulgence of gun rights. Obama declared enough was enough and proposed a raft of gun control measures. They seemed to be making progress until the National Rifle Association got busy, pressuring wavering senators facing tough re-election battles, and the effort was crushed.
Race and guns are the birth defects of the American republic, their distorting presence visible in the US constitution itself. The very first article of that founding document spelled out its view that those “bound to service for a term of years” – slaves – would count as “three fifths of all other Persons”. Meanwhile, the second amendment enshrines “the right of the people to keep and bear Arms”.
The three-fifths rule was eventually discarded, but the legacy of slavery hangs heavy. In South Carolina the flag of the slave-owning Confederacy still flies. The church where those worshippers were gunned down was on Calhoun Street, named in honour of a luminary of 19th-century white supremacism. As for guns, a rule written in the age of the musket, designed to protect an infant republic from the return of King George’s redcoats, still holds – allowing a 21-year-old bent on provoking a race war easy, legal access to a weapon that lets him commit what, in a different context, would be called an act of terror.
A rule written in the musket age, to protect an infant republic from the return of King George’s redcoats, still holds
The result is paralysis and a desperate fatalism. The paradoxes are obvious. America, the land of restless innovation, is shackled to its past. The United States sees its own wounds and cannot heal them, its hands tied by a constitution that in almost every other respect is a manifesto for liberation.
This is obviously a catastrophe for Americans, and not only because of the damage guns and racism inflict both separately and when they collide, as they did so devastatingly in Charleston. It also feeds a corrosive cynicism. Americans are already sceptical of their democracy, which can seem more like a dynastic plutocracy, a perennial battle of the House of Bush against the House of Clinton, bankrolled by unseen corporate giants. But when they see a US president apparently impotent in the face of the gun menace, what are they meant to think of their own power to change things for the better?
<後略>

2. 'Libération'
「チャールストン:Dylann Roof は取り調べられて、法廷は『内なるテロ行為』に言及した」
Charleston : Dylann Roof inculpé, la justice évoque un «acte de terrorisme intérieur»
AFP 19 JUIN 2015 À 16:26 (MIS À JOUR : 19 JUIN 2015 À 22:29)

Une femme apporte des fleurs devant l'Emanuel African Methodist Episcopal Church, le 18 juin 2015, au lendemain de la fusillade qui a fait neuf morts (Photo BRENDAN SMIALOWSKI. AFP)
Le jeune homme blanc de 21 ans a avoué à la police avoir tué neuf Noirs dans l'attaque d'une église de Charleston. La gouverneure de Caroline du Sud réclame la peine de mort.

Au lendemain de l'attentat raciste commis par un jeune Blanc dans une église de Charleston, aux Etats-Unis, la justice fédérale américaine a évoqué ce vendredi un «acte de terrorisme intérieur», indiquant que son enquête déterminerait si le crime de Dylann Roof entre dans cette catégorie.
<後略>
# by shin-yamakami16 | 2015-06-22 10:54 | Comments(0)