世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

「尖閣は係争地」—意義深い「鳩山訪中」

f0166919_1821376.jpg

     1月16日、人民大会堂で鳩山由紀夫元首相と賈慶林全国政協主席会見    


日本リーダーは「国際常識」の認識を!

                                  山上 真

 1月17日付の『朝日新聞』に依れば、訪中している元首相・鳩山由紀夫氏は、16日、中国指導部代表と会談し、「尖閣」諸島の領有権問題について「係争地」であることを日中双方が認めた上で解決法を探るべきだ、という見解を伝えたという。

 この見解は、先の日本首相・野田氏や、現首相・安倍氏の「尖閣問題存在せず」という頑な態度に変更を迫る、極めて「前向き」なものであり、「日中衝突」を懸念している「国際常識」、即ち、「岩だらけのちっぽけな島を巡って交戦するなど愚かの極み」という理性的判断を代弁している。

 これまでの「衝突」で、日中間の貿易は減少し、中国側の「反日デモ」被害、双方の巡視船・航空機出動の「出費」など、膨大なものに上っている筈である。両国にとって、一体どんな利益があっただろうか。

 石原慎太郎の「尖閣買い取り」騒ぎから始まって、野田の「国有化」、現首相の「公務員常駐化計画」に至る動きは、全く子供じみた「幼稚さ」で、これらによって国民が蒙る被害は、甚大だ。

 唯一の解決法は、以前の「領有権・棚上げ」状態に戻すことしかないことを、まともな思考力を具備する人なら誰でも分かるだろう。

 少し遡るが、1月5日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙は、これまで数度に渉って、「日中対立」に関する記事を認(したた)めているニコラス・クリストフ氏が、
‘China’s New Leader, and the Islands Dispute’ 「中国新指導者と島嶼紛争」と題するブログを掲載している。同氏の意見は、かなり世界的な普遍性を持つものと思われるので、ここに紹介しておきたい。

f0166919_21253476.jpg


                  Nicholas Kristof 記者

 その「大意」は次の通りである。

 「日中双方とも、戦争は望んでおらず、鄧小平が提案した『以前の状態』、即ち、抜き差しならぬ不一致は、その解決を未来世代に任せよう、と提案した時点の状態に戻りたいと思っているが、独断に走りがちな指導者によって、対立がエスカレートし、それぞれが自国の勝利を信じるという危険な方向に向かってしまった。

 「先ず私の立場をはっきり言うと、明治時代の史料から見て、『尖閣』諸島は*1895年の戦利品として、日本が中国から事実上奪ったものであるということだ。日本側は、それらが1895年以前は、中国のものでなく、誰の所有物でもない無人島に過ぎない、と尤もらしく言うが。更におかしいと思うのは、日本は全く紛争がないと主張していることだーーー勿論紛争になっているし、だからこそ戦争になるリスクもあるのだ。

 「石原前都知事のような右翼過激分子が尖閣諸島への上陸を組織したことから始まったエスカレーションで、日本政府が『後始末』に追い込まれたことを同情するが、一方中国政府は、『愛国勢力』に動かされて、反日デモを容認したことも、危険な方向に向かわせてしまった。

 「こうして、日中双方が問題処理を間違ったことに加えて、米国政府もまた、誤りを犯した。事実上日本側に加担する姿勢を見せることで、中国を牽制しようとしたが、中国は却って、警備船舶や航空機を頻繁に派遣するようになり、対立を高めてしまった。米国は、この紛争でいずれの側にも加担するべきではなく、いかなる米大統領もTVで、『米国は今や、海軍艦艇を配備し、あなた方が聞いたこともないような大平洋の人の住まない岩礁を巡って、中国との核戦争に踏み切ろうとしている』などと宣うのを現実に目にすることはない。
 
 「私共は必死になって釣魚・尖閣諸島問題で、以前の状態に戻る必要があり、日本は自己の正当性を主張しつつ、紛争が実在することを認めて、撃ち合いをどうやって避けるべきか中国とあからさまな議論をするべきだ。とにかく、現状を超えない努力を双方がすることを望むばかりだ。

                                  
<注> *印 1895年:日清戦争後、講和条約締結で、遼東半島・台湾・澎湖列島の日本への割譲が決まった。 
                                   (2013.01.17)

                   <追記>
1. 先日2月9日付『産経新聞』紙上に、「尖閣問題」解決の方向性に示唆を与える注目すべき論説記事が掲載されているので、ここに紹介しておきたい。日本・銀座の大百貨店が、中国「春節」の訪日客を当て込んでも軒並み閑散としている「非常事態」に、右派系紙も、漸く事態打開の必要性を痛感しているようだ。 (2013.02.13)
[政治]
【世界のかたち、日本のかたち】

大阪大教授・坂元一哉 尖閣の「よい」棚上げ

2013.2.9 03:13 [世界のかたち、日本のかたち]
 中国共産党の習近平総書記は先月25日、安倍晋三首相の親書を携えた山口那津男公明党代表との会談に応じた。その席で総書記は、首相との首脳会談を「真剣に検討したい」と述べ、日中関係の改善に、それなりの意欲を示した。中国の指導部も、そろそろ振り上げた拳(こぶし)の下ろしどころを探りたいということなのかもしれない。
 むろん楽観はできない。会談後も、尖閣諸島周辺では中国公船の領海侵入が続いているし、同30日には中国海軍の艦船が海上自衛隊の艦船に射撃レーダーを照射するという危険な事件も発生している。
 だが中国が強硬姿勢をいくら続けても、日本がそれに怯(おび)えて日本の主張を変えるわけではない。また強硬姿勢がさらにエスカレートし不測の事態になれば、中国は日米同盟との衝突を覚悟しなければならない。
 中国政府は、米国が尖閣諸島の主権問題に立ち入らないのを見て、日本の施政権さえ掘り崩せば、日米同盟との衝突を回避できると誤解していたのかもしれない。しかし習・山口会談の1週間前、クリントン米国務長官(当時)は、日本の施政権下にある尖閣諸島が日米安保条約の適用対象であることを確認したうえで、「日本の施政権を害そうとするいかなる一方的な行為にも反対する」と明言している。そうした誤解を嫌っての発言と思われる。
 習総書記はこの3月、国家主席に就任する。そういう時期に日本だけではなく、米国との関係も決定的に悪くするのは中国にとって得策ではなかろう。とくに今後、ミサイル発射実験に対する安保理の非難決議に反発し、核実験を強行しようとしている北朝鮮をめぐる情勢の緊迫化が予想されるのでなおさらである。
 習・山口会談の前日、中国共産党の高官は山口氏に、尖閣問題は「前の世代が棚上げし、中日友好が保たれた。後々の世代に解決を託すこともある」と述べたという。中国側はそうした「棚上げ」をおとしどころにしたいのかもしれない。
 日本はどう対応すべきか。私は、いわゆる棚上げには、日本にとって「よい」棚上げと「悪い」棚上げがあると思う。尖閣をめぐる双方の意見対立を「領土問題と認め、その解決を将来の世代に託す」というのは「悪い」棚上げ。日本が受け入れられる棚上げではない。
 しかしそうではなく、尖閣をめぐる対立を「日中関係の大局をふまえて、いまは領土問題にしない」という棚上げならばどうか。それは日本も受け入れ可能な、少なくとも比較的には、「よい」棚上げなのではなかろうか。
 実際、1972年の日中国交回復交渉において、中国の周恩来首相が田中角栄首相(いずれも当時)に対し、尖閣は「今回は話したくない」と述べたのは、日中国交回復の大局をふまえ、この問題をいまは領土問題にすべきでない、と判断したからであろう。田中首相もそのことに異を唱えなかった。
 尖閣棚上げ論について日本政府は、そういう棚上げならば受け入れてもよい、との態度でいいのではないか。もし中国政府が、いやどうしても領土問題にしたいという場合は、国際司法裁判所への提訴でそうしたらどうですか、と勧めるのがよいだろう。(さかもと かずや)


                    <参考資料>

1. 【新華社北京1月17日】中国全国政治協商会議の賈慶林主席は16日、人民大会堂で日本の鳩山由紀夫元首相と会談した。
賈慶林政協主席は席で次のように述べた。中日両国は互いに重要な隣国であり、相互交流と利益は広範囲で徹底したものだ。両国が平和で、協力の道を歩むことは両国と両国人民の根本的な利益に合致し、当地域と国際社会の共通した期待に合致する。中国側は対日関係の発展を重視し、中日4つの政治文書が確定した原則の基礎の上、歴史を教訓として未来に向かうという精神に従い、両国戦略的互恵関係を引き続いて推進していきたい。双方は対話交渉を通して、釣魚島などの問題において存在する立場の相違を妥当に処理し、両国関係が健全で安定した軌道に入るよう推進していく。
鳩山元首相はこれを受け、次のように述べた。日本の発展は中国との協力が必要で、日中両国は手を携えて協力し、共同に環境保護、エネルギーなど世界的な課題に対応し、東アジア協力を推進していくべきだ。歴史を教訓として未来に向かうことに賛成し、対話を通して現在直面している難しい問題を妥当に解決し、中日4つの政治文書の基礎の上、日中戦略互恵関係を推進する。(翻訳・編集/李翔華)

2. 1月5日付『ニューヨーク・タイムズ』紙
January 5, 2013, 6:54
China’s New Leader, and the Islands Dispute
By NICHOLAS KRISTOF
My Sunday column, probably the last from this China trip, looks at the new Chinese paramount leader, Xi Jinping, and offers a pretty optimistic take about what may happen in the next 10 years under his leadership. I should acknowledge that plenty of Chinese disagree with me and think that Xi will be another drip like President Hu Jintao. But let me cling to my optimism as long as I can — and I welcome your views as well.
If I’d had more space in the column, I would have discussed the Diaoyu/Senkaku Islands dispute at greater length, because there is some risk that this will escalate out of control and even trigger a war.
Neither Japan nor China wants a war, and both would like to return to the previous status quo when it was a back-burner disagreement put off for future generations to resolve. That was Deng Xiaoping’s take, and he was exactly right: the issue is much too toxic to resolve now, so it needs to be deferred. But both Japan and China perceive that the other has escalated, and each feels the need to respond. Each country is led by a more self-confident assertive leader who feels the need to show he’s boss. Another worry: Japan and the United States are convinced that if a conflict did erupt, Japan would destroy the Chinese navy or air force assets sent to the area; some people in the Chinese military, on the other hand, think that its air force would triumph over Japan’s. If each side thinks it would win, it becomes less determined to avoid a fight.
My starting point is that China makes a decent case for ownership of the islands. It seems pretty clear from Meiji era documents that Japan effectively stole the islands as spoils of war in 1895, although Japan can also make a plausible argument that prior to that in 1895 they weren’t Chinese but terra nullis, owned by no one. I also think it’s absurd for Japan to claim that there is no dispute at all — of course there’s a dispute, and that’s why there’s some risk of war.

China argues that Japan started the latest round of escalation by buying the islands and making them government property. I’m not so sure: There was a real risk that a volatile grenade-thrower like Governor Ishihara of Tokyo or other rightists would organize visits to the islands or even set up a presence there, which would have been far more destabilizing — and in a democracy, there’s not much the central government could have done. So I’m sympathetic to Tokyo’s argument that it was trying to calm tensions rather than inflame them, but it certainly didn’t manage to explain that effectively. Then China escalated by playing the nationalist card and permitting major anti-Japan demonstrations, and by sending in ships and, recently, airplanes. That unquestionably was a dangerous escalation. If planes collide (as a US and Chinese plane did near Hainan in 2001), we’ll have a huge problem.
So my take is that both Japan and China have mishandled the situation — and so has the US as well. The United States officially doesn’t take a position on who owns the Senkaku/Diaoyu islands, but it seems clear to me that it de facto sides with Japan. Washington says that under the US-Japan Security Treaty, it must help Japan defend not only its own territory but also lands “administered” by Japan. And since the islands are administered by Japan, the US says it would join militarily with Japan in any conflict. Presumably the US thought this would intimidate China and reduce the risk of a conflict, but if so it misjudged: China has sent more ships and planes into the area since. And the US shouldn’t be taking sides in this dispute, especially when in reality I don’t see any American President going on TV and saying: “The US is now going to deploy naval vessels and risk nuclear war with China over a few uninhabited rocks in the Pacific that you’ve never heard of.” Effectively, the US managed to further escalate the crisis rather than deescalate it.
One good sign is that China has said recently that it will refer the issue of its continental shelf in the area to the UN — that diffuses the conflict, brings in multilateral actors, and lowers the temperature a bit. It would be great if China and Japan agreed to refer the matter to the International Court of Justice, but I don’t see that happening. There are rumors that China will finally clarify its sea claims this year, which would help its position. In the South China Sea, China has a dashed line around nearly the whole sea, but it has always refused to explain what exactly it claims. Is it sovereignty over the entire South China Sea? Is it the islands within the sea? Last year, the Foreign Ministry took a helpful step forward by explaining that it claimed not the waters but the land within the dashed line. But when I asked a Chinese general about that, he responded: “That’s the Foreign Ministry position. That’s not China’s position.” (PLA generals have often been particularly vociferous in their claims and sometimes anti-American, and I thought it was a good sign on this trip that three different generals all said that they couldn’t see me — I had the sense that they had been reined in to avoid further mishaps. Which is quite appropriate.)
We desperately need to return to the previous status quo with the Diaoyu/Senkaku Islands. My suggestion is that Japan acknowledge that there is a dispute in fact, while insisting that it is in the right, and open discussions with China about how to avoid shots being fired. Maybe China would agree to make periodic ritual shipping (but not aerial) visits to the general area, stopping at a 12 mile limit, and Japan would refrain from confronting the ships. Both sides would continue to insist on ownership of the islands, and acknowledge the dispute, but there would be less risk of a naval or aerial confrontation. Effectively Japan would concede that there is a dispute, and China would pull back from air and sea patrols within 12 miles of the islands. Your thoughts?

3. 1月17日付『読売新聞』
「尖閣は日本の戦利品」と書いた米記者に抗議
 【ニューヨーク=柳沢亨之】当地の日本総領事館は16日、尖閣諸島は日本の「戦利品」とする記事を書いた米紙ニューヨーク・タイムズの著名コラムニスト、ニコラス・クリストフ氏に抗議した、と発表した。
  記事は5日付同紙ブログに掲載され、「日本は(日清戦争の)戦利品として事実上(中国から尖閣を)盗んだ」と主張。また、尖閣に「領土問題は存在しない」とする日本政府の立場を「ばかげている」とした。
 これに対し総領事館の川村泰久首席領事が15日、同氏と面会。「戦利品」との主張は「事実に反する」と抗議し、日本政府の立場についても「国際法上、正当だ」とした。同氏は日本側との意見交換を続けたいと述べるにとどまったという。   (2013年1月17日10時35分 読売新聞)
by shin-yamakami16 | 2013-01-17 18:25