世界中で起きている重要な事件、事象についての忌憚なき批判、批評の場とします。


by shin-yamakami16

「アベの国家主義は憂慮すべき方向に向かっている」—英国 ‘FT’ 紙 「社説」

f0166919_2143332.jpg

December 2013: Shinzo Abe has become the first Japanese prime minister to visit Yasukuni shrine in seven years, provoking anger in China where the controversial war memorial is reviled as a symbol of Japanese imperialismー「2013年12月:シンゾー・アベは過去7年間でヤスクニ神社に詣でた最初の日本首相となったが、物議を醸すこの戦争記念館が日本帝国主義の象徴として弾劾されている中国で憤激を巻き起こしている」ー『フィナンシャル・タイムズ』紙

 
「日本びいき」さえも案じる安倍政権「極右化」

                                   山上 真

 昨日2月9日付英国経済紙『フィナンシャル・タイムズ』紙は、その「社説」で日本・安倍政権によるNHKへの露骨な言論干渉問題を取り上げ、日本の国際的地位を損なうものとして警鐘を鳴らしている。

 同紙は世界的に流通している経済専門紙であり、これまで日本の「アベノミクス」を一定程度評価してきただけに、今度の様な日本・安倍政権への手厳しい「社説」は決して軽く看過されてはならないであろう。何故ならば、もし日本経済の将来を左右する政権が「国際基準」にそぐわない実態を本質的に内包すると判断された場合、日本株式など多方面に関わり、多大な影響を及ぼしている外国人投資家などは、既に報道されている「日本からの逃避」ペースを一層速めるに違いないからである。例えば、最近「ヘッジファンドのジョージ・ソロス氏が日本株を売り仕掛けている」とか、「ダボスでソロス氏が安倍首相に会って日本を見限ったらしい」との「尾ひれも付いた噂」が飛び交っているという。

'Abe’s nationalism takes a worrying turn'

「アベの国家主義は憂慮すべき方向に向かっている」という見出しの FT紙「社説」は、

'Attempt to stifle Japan’s national broadcaster is deplorable'

「日本国営放送局を押し殺そうとする企ては嘆かわしい」という副題を掲げている。

以下は FT『社説』及び、2月10日付『日本経済新聞』に掲載されている訳文である。

'THE FINANCIAL TIMES'
Editorial

February 9, 2014 5:23 pm
Abe’s nationalism takes a worrying turn
Attempt to stifle Japan’s national broadcaster is deplorable

Much of the motivation for Abenomics, Japan’s bold gambit to breathe life into its economy, comes courtesy of Beijing. It was fear of a rising, more assertive China that led the Liberal Democratic party to turn to the jingoistic Shinzo Abe in the first place and convinced many Japanese to hold their nose and vote for him. It was the same conviction that persuaded Mr Abe himself that something had to be done to rid the country of 15 years of deflation and to build a prosperous country capable of defending its interests. For a while Mr Abe, a revisionist who thinks Japan has been unfairly singled out for criticism about wartime atrocities, concentrated on getting his economic plan up and running. Now, more than a year into a premiership likely to last at least until 2016, he is pushing his nationalist agenda more forcefully – with some worrying implications for Japanese democracy.

In December Mr Abe visited the controversial Yasukuni shrine against the advice of Washington and in defiance of diplomatic sense. The prospects of dialogue with Beijing – and perhaps even South Korea – have sharply receded as a result. Before his visit to Yasukuni, the government rammed home a secrecy bill that is too draconian. There is always a balance between security and freedom of speech. But Japan’s law tilts too far towards secrecy.

Suspicions about the state secrets law have been reinforced by Mr Abe’s clumsy attempt to rein in NHK, the national broadcaster that is Japan’s equivalent of the BBC. In December the NHK board appointed Katsuto Momii as president. He has alarmed many by suggesting that NHK should not challenge the government on important issues. “We cannot say left when the government says right,” is how he put it.

Mr Momii has also raised concerns by endorsing – before retracting – the standard rightwing line denying that tens of thousands of Korean and other Asian women were dragooned into prostitution during the war. One of Mr Abe’s four appointees to the 12-member NHK board went one worse by suggesting the Nanjing Massacre of 1937 was fabricated. Another board member said women’s “rational” place was in the home. NHK also appears to have stifled criticism of the nuclear industry ahead of elections for Tokyo governor in which the use of nuclear power was high on the agenda. Mr Abe’s party is pro-nuclear but the public has become more wary after the 2011 meltdown at Fukushima.

Mr Abe’s government is seeking to narrow the scope of public debate. Beijing is making his task easier by its constant hectoring of Japan. A recent Pew poll found that only 5 per cent of Japanese had a positive opinion of China. But Mr Abe’s manipulation of events to further his agenda is dangerous in a country where the public is, if anything, too passive, not too boisterous.

December 2013: Shinzo Abe has become the first Japanese prime minister to visit Yasukuni shrine in seven years, provoking anger in China where the controversial war memorial is reviled as a symbol of Japanese imperialism

The Japanese people have much to discuss. It may be reasonable, for example, to change Japan’s interpretation of “collective self-defence” such that its military could come to allies’ aid. It is even legitimate to debate the possibility of amending article nine of Japan’s constitution, which – virtually alone among nations – forbids it from the right to wage war. The inconvenient truth for Mr Abe, however, is that a majority of Japanese are strong supporters of Japan’s postwar pacifism and significantly less conservative than the prime minister. Mr Abe’s plan seems to be to shift opinion in his direction through the steady erosion of debate. China’s claim that Mr Abe is a danger to Japan’s neighbours is mostly nonsense. But he could be a danger to Japan itself. It would be a tragedy if the threat of China were used as an excuse to mount an attack on Japan’s relatively open society.


『日本経済新聞』電子版

[FT]国家主義的傾向強める安倍首相(社説)
2014/2/10 15:00

 日本経済の活性化を目指す大胆な戦略である安倍晋三首相の「アベノミクス」の陰には台頭する中国の脅威がある。そもそも自民党の関心が安倍氏に向かい、国民の多くが選挙で同氏を支持したのは、拡大する中国の影響力への懸念が理由だった。安倍氏が、15年に及ぶデフレを根絶し、経済力の向上を追求するのも同じ危機感からだ。

f0166919_21443573.jpg


衆院予算委で発言を求めて挙手する安倍首相(10日午前)
 
同氏は、歴史修正主義の立場から、日本は戦時の残虐行為を巡り不当に批判されてきたと考えているが、これまでは経済運営を優先してきた。ただ、就任後1年が過ぎ、少なくとも2016年まで政権の安定が予想される今、国家主義的な政策を前面に押し出し始めている。
 安倍氏は2013年12月、米国政府の忠告や外交上の懸念を無視して靖国神社を参拝。その結果、中国との関係改善の見通しが大きく後退、韓国とも緊張が高まっているようだ。靖国参拝の前には、過度に厳しい特定秘密保護法案を成立させている。
 この政策に対する懸念は、官邸が影響力を持つNHKのトップ人事でさらに強まった。会長に指名された籾井勝人氏は12月の就任記者会見で「政府が右ということを左というわけにはいかない」と発言し、多くの関係者を驚かせた。
 また、同氏は従軍慰安婦問題を「戦場地域にはどこの国にもあった」などと発言、その後撤回したものの、大きな波紋を呼んでいる。さらに、安倍氏が任命した別の経営委員が「南京大虐殺はなかった」などと述べ、事態を悪化させた。原子力の利用が焦点となった東京都知事選を前に、NHKは原子力業界に対する批判の抑制を図ったようにもみえる。自民党は基本的に原発推進を支持する立場だが、11年に起きた東京電力福島第1原発の事故を受けて国民は警戒感を強めている。
■議論の機会を狭めようとする安倍氏
 安倍政権は公の議論の幅を狭めようとしており、中国の日本批判はそれを後押ししている。米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが最近行った世論調査では、中国に肯定的な印象を持つ日本人はわずか5%にすぎないことが分かった。国民の多くが受け身で、意見を主張しない日本では、世論を操作しようとする安倍氏の政策は危険だ。
 日本にとって議論すべき課題は多い。「集団的自衛権」の解釈を変更し、同盟国などが攻撃された場合、自国への攻撃と見なして反撃できるようにするのはその一つ。およそ世界に類を見ない戦争放棄を定めた憲法9条の改正も議論が必要だろう。安倍氏にとって不都合なのは、国民の大部分が戦後の平和主義を支持しており、同氏のように保守的ではないということだ。安倍氏は、議論の機会を減らすことで、自身に好ましい方向に世論を向かわせようとしているようだ。
 安倍氏は日本の近隣諸国にとって脅威だとする中国の主張はおおむねばかげているが、同氏の政策は日本自身を脅かしかねない。中国の脅威が口実にされ、日本の開かれた社会がたたかれればこれ以上の悲劇はない。
(2014年2月10日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)


<写真> FINANCIAL TIMES, Nikkei

                   <参考資料>
1. 1月13日付『朝日新聞』Digital

f0166919_12438100.jpg


NHK経営委の言動、非難せぬ政権に懸念 海外メディア
2014年2月13日10時05分

 NHK経営委員の百田氏、長谷川氏の言動については、海外メディアでも報道が相次ぎ、公共放送と政権との距離の近さに懸念の声が広がっている。

 英フィナンシャル・タイムズ紙は4日、「安倍首相の介入でNHKの姿がぶれる」と題する記事を配信。「東京裁判は広島などで日本が受けた虐殺をごまかすためのもの」という趣旨の都知事選の応援演説での百田氏の発言を報じ、首相が選んだ両経営委員の考え方により、日本で何がまともな保守主義と考えられているか、その境界線が試されている、と表現した。

 記事を書いたジョナサン・ソーブル東京支局長は「多くの海外メディアが関心を持って見るのは、靖国参拝以降、右傾化に向かう安倍政権であり、NHKの一連の問題も、その一環として捉えられている。ひとつの放送局の問題ではない」と語る。経営委員の言動が規則や法律上問題であるかを問う以前に、そのような歴史観の人物を選んだ安倍首相が世界をどう見ているのかが焦点だという。

2. 『朝日新聞』Digital
経常収支、過去最少の黒字に 揺らぐ輸出立国
2014年2月10日23時21分

f0166919_11154966.jpg


経常収支でみる日本経済の移り変わり
 日本経済を支えてきた「輸出立国」という成長モデルが揺らいでいる。海外への輸出や投資のもうけなどから輸入などを差し引いた経常収支が、2013年に過去最少の黒字(比較ができる1985年以降)になったからだ。これから日本はどうやって稼いでいくかが問われている。

 財務省が10日に発表した13年の経常収支は、85年から29年続けて黒字を保ったが、黒字額は前年より31・5%減って過去最少の3・3兆円にとどまった。2年続けて最少を更新し、ピークだった07年の24・9兆円の7分の1以下に減った。

 最大の理由は、輸出額から輸入額を引いた「貿易収支」が10・6兆円の大幅な赤字になったことだ。東日本大震災後に火力発電の燃料となる天然ガスや石油などの輸入が増えたところへ、輸入品が割高になる円安が進み、輸入額が前年より15・4%増えた。円安で売り上げが増える輸出額は9・0%増にとどまった。

 一方、日本企業の海外子会社でのもうけから海外企業の日本でのもうけなどを引いた「所得収支」は15・8%増えて過去最大の16・5兆円の黒字になった。この伸びが貿易赤字を埋め合わせ、経常黒字を保った。

『東京新聞』より

f0166919_11181448.jpg

by shin-yamakami16 | 2014-02-10 21:47 | Comments(0)